my curriculum vitae.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Pull request Compare This branch is 5 commits ahead of okohs:master.
Latest commit 3e5f1c7 Apr 20, 2018
Permalink
Failed to load latest commit information.
README.md fix username Apr 20, 2018

README.md

職務経歴書

基本情報

key value
Name kondo takeshi
Blog ツナワタリマイライフ
Twitter @chaspy_
Speakerdeck chaspy
Qiita chaspy

スキル

  • オンプレミスクラウド導入経験およびインフラ知識
  • パブリッククラウド(OpenStack)開発/運用/保守経験、アーキテクチャの知識
  • インフラのコード化・自動化
  • CI/CDを実現するOSSの知識および導入経験
  • チームビルディング

言語

  • プログラミング言語

    • Ruby
    • Python
    • Go
    • shell
  • 仮想化/クラウド

    • OpenStack
    • VMware
    • KVM
  • Infrastructure as code

    • ansible

    • docker

    • capistrano

    • terraform

    • serverspec

  • CI/CD

    • gitlab-ci
    • circleci
    • jenkins
  • チーム開発推進

    • カンバン
    • chatops
  • 日本語

    • ネイティブ
  • 英語

    • 検索結果を調べながら読むことができる
    • gitのREADMEをかける

資格

資格名 取得年月
情報セキュリティスペシャリスト 2015-6
ネットワークスペシャリスト 2014-12

強み

CI/CDおよびInfrastracture as Codeの導入

CI/CDおよびInfrastracture as Codeの分野に積極的に取り組んできました。未導入のチームに対し、プロトタイプ検証、概要と効果の説明、実装、以降後のメンバーフォローまでのプロセスを多数経験してきたため、新技術および改善の導入をリードすることができます。

OpenStackによるクラウド構築・開発・運用経験

プライベート(オンプレミス)/パブリッククラウドのIaaSを長く担当してきたため、インフラレイヤーとソフトウェアレイヤーの両方に関する技術・知識を持っています。Infrastructure as Codeの実践、もしくはアプリケーションに最適なインフラの設計・構築・保守を行うことができます。

チームへの継続的改善

チームでの生産性を最大化することに強い関心があります。チームでのコミュニケーション潤滑化、および問題の早期解決のためmattermost(slackのようなチャットツール)を導入、インターン生サポートのための試験導入を経てチームにも導入。メール文化の組織から、内部の連絡や課題解決はチャットで行われるようになりました。

継続的な技術アウトプット

チームビルディングに関連し、属人化の排除のためのアウトプットを習慣化しています。個人学習はブログへ、社内で得た知見はqiitaへ、業務情報は全てgitlabおよびredmineのwikiにアウトプットをしています。

やったことはないが興味があるもの

  • SRE(Site Reliability Engineering)
  • パブリッククラウドでのシステム構築・導入・運用
  • モニタリングと可視化
  • データベースパフォーマンスチューニング
  • 組織改善

職務経歴

2014/04 - : 某SIer

職務: ソフトウェアエンジニア

プライベートクラウド向け管理製品の開発

  • Ruby on Railsによるプライベートクラウド向け管理製品の開発を行う
  • 管理対象のハードウェアを制御するため、サーバ・ネットワーク・ストレージといったインフラの基礎技術を学ぶ
  • チームで使うクラウド環境(VMware)の管理者を担当し、開発者のテスト環境の運用・トラブル対応を行う

OpenStackによるパブリッククラウド開発/保守

  • IaaS(+α)のnova,cinder,glance,keystone,heatを担当
  • 障害対応を行い、バグ修正、トラブル対応を担当
  • 開発環境改善としてインフラやconfigの自動テストに取り組む

開発工程へのCI/CDプロセス導入

  • リーダーを担当(4人チーム)
  • デリバリ(リリース)方式をrpmパッケージへ変更
  • ソースコード管理方式を改善し、ブランチ運用、テストの実施、テスト環境への適用のフローを整備
  • UnitTest/IntegrationTestを導入し、CI環境を構築、開発者の導入支援を実施。(Jenkins/Gitlab-CI/Docker)

クラウドにおけるデータベースのオンラインアップグレード

  • サブリーダーを担当(12人チーム)
  • MariaDB(Galera Cluster)のバージョンを5.5系から10.2系にアップグレード
  • バージョン間の非互換調査およびバージョンアップ検証を実施。バージョンアップ方法を複数検討、調査、検証。
  • IaaSサービス停止時間が伴うため、関連部署への説明、調整。
  • 他、Galera Clusterの仕組みを勉強会で共有、チーム内の知識向上に寄与。