Modified for Japanese. original: http://rationalqm.us/dgmpgdec/dgmpgdec.html
Clone or download
Pull request Compare This branch is 76 commits ahead, 41 commits behind maki-rxrz:workaround.
Latest commit 054479a Sep 7, 2016
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
bin DGIndex: Update the language file for Simplified Chinese Jan 7, 2015
build/msvcX edit readme. Sep 7, 2016
src move all functions of motion.cpp into getpic.cpp. Sep 7, 2016
.gitignore Update .gitignore Apr 16, 2016
README.md edit readme. Sep 7, 2016
config.sh Update config.sh Oct 11, 2014

README.md

MPEG2DecPlus

これはDGDecode.dllをAvisynth+用に改造するプロジェクトです。

###やりたいこと: - 改築を重ねた温泉旅館のようなコードをきれいにする。 - VFAPI用コード、YUY2用コード等、現在では必要ないコードの排除。 - アセンブラの排除による64bitへの対応、及びSSE2/AVX2でのintrinsicによる最適化。等

###必要なもの: - Windows Vista SP2 以降の Windows OS - SSE3が使えるCPU(Intel Pentium4(prescott) または AMD Athlon64x2 以降) - Avisynth+ r2172以降 またはAvisynth 2.60以降 - Microsoft VisualC++ Redistributable Package 2015.

###使い方:

MPEG2Source(string "d2v", int "cpu", int "idct", bool "iPP", int "moderate_h", int "moderate_v",
            bool "showQ", bool "fastMC", string "cpu2", int "info", int "upConv", bool "i420", bool "iCC")
d2v: dv2ファイルのパス

cpu: 現在使用不可。設定しても何も起こらない。iPP, moderate_h, moderate_v, fastMC, cpu2も同様。

idct: 使用するiDCTアルゴリズム。
    0: d2vの指定に従う。
    1,2,3,6,7: AP922整数(SSE2MMXと同じもの)。
    4: SSE2/AVX2 LLM(単精度浮動小数点、SSE2/AVX2の判定は自動)。
    5: IEEE 1180 reference(倍精度浮動小数点)。

showQ: マクロブロックの量子化器を表示する。

info: デバッグ情報を出力する。
    0: 表示しない。(デフォルト)
    1: 動画フレームにオーバーレイで表示。
    2: OutputDebugString()で出力。(内容はDebugView.exeで確認)
    3: hintsをフレーム左上隅の64バイトに埋め込む。

upConv: フレームを出力するフォーマット。
    0: YUV420なソースはYV12で出力、YUV422なソースはYV16で出力。
    1: YV16で出力。
    2: YV24で出力。

i420: trueであればYUV420をi420として出力する。現在ではどちらでもほぼ変わりはない。

iCC: upConvにおけるYUV420の取扱いの設定。
    未設定: フレームフラグに従ってinterlaced/progressiveを切り替える。
    true: 全フレームをinterlacedとして処理する。
    false: 全フレームをprogressiveとして処理する。
Deblock(clip c, int "quant", int "aOffset", int "bOffset")

H.264式デブロックフィルタ。manao氏のフィルタを取り込んだもの。

clip: Y8, YV12, YV16, YV411, YV24をサポート。

quant: 0~51(デフォルト25)
    デブロックの強さ。

aOffset: 0 ~ 51-quant(デフォルト0)
    ブロック検出の閾値。高いほどブロックと判定されやすくなる。

bOffset: 0 ~ 51-quant(デフォルト0)
    デブロックの強さ及び検出率の補正値。
    高いほどデブロックが強くかかり、ブロックと判定されやすくなる。
LumaYUV(clip c, int "lumoff", int "lumgain")

入力クリップの輝度をlumoffとlumgainの値によって変更する。出力Y = (入力y * lumgain) + lumoff

clip: Y8, YV12, YV16, YV411, YV24をサポート。

lumoff: -255 ~ 255 (デフォルト0)

lumgain: 0.0 ~ 2.0 (デフォルト1.0)

###ソースコード https://github.com/chikuzen/MPEG2DecPlus/