Shell
Switch branches/tags
Nothing to show
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
LICENSE
README.md
package.zsh
zshenv
zshrc

README.md

Zshのオススメ設定集

使い方

% git clone https://github.com/clear-code/zsh.d.git ~/.zsh.d
% echo "source ~/.zsh.d/zshrc" > ~/.zshrc
% echo "source ~/.zsh.d/zshenv" > ~/.zshenv

カスタマイズ

Eメールアドレス

~/.zsh.d/emailまたは~/.emailにメールアドレスを書いておくと、そ のファイルの中身が環境変数EMAILに設定されます。

その他のカスタマイズ

~/.zshenv~/.zshrcの最後に追記してください。

パッケージ管理システム

package.zshはGitHub上にあるパッケージを簡単にインストールする パッケージ管理システムです。設定ファイルは以下のようなディレ クトリ構成とし、パッケージの設定は~/.zshrcではな く、~/.zsh.d/config/packages.zshで行うことをオススメします。 このように設定ファイルをキレイに整理してメンテナンスしやすく します。

~
├── .zshrc                    # シェルを起動する毎に読み込まれる。
│                               # ~/.zsh.d/zshrcを読み込んで
│                               # 標準機能の追加設定を行う。
├── .zshenv                   # ログイン時に一度だけ読み込まれる。
│                               # ~/.zsh.d/zshenvを読み込んで
│                               # 追加設定を行う。
└── .zsh.d                    # zsh関連のファイル置き場。
       ├── config             # 標準機能以外の設定を置くディレクトリ。
       │    └── packages.zsh # 追加パッケージの設定をするファイル。
       ├── zshrc              # オススメ~/.zshrc設定。
       ├── zshenv             # オススメ~/.zshenv設定。
       ├── package.zsh        # パッケージ管理システム。
       └── packages           # パッケージをインストールするディレクトリ。

auto-fuの設定例を以 下に示します。まず、以下のようなパッケージ用の設定ファイル ~/.zsh.d/config/packages.zshを作成します。

~/.zsh.d/config/packages.zsh:

# -*- sh -*-

# パッケージ管理システムを読み込む。
source ~/.zsh.d/package.zsh

# パッケージがインストールされていなければGitHubからcloneしてくる。
package-install github hchbaw/auto-fu.zsh
# パッケージを読み込む。
source $(package-directory hchbaw/auto-fu.zsh)/auto-fu.zsh
# auto-fuを初期化する。
zle-line-init() {
    auto-fu-init
}
zle -N zle-line-init
zle -N zle-keymap-select auto-fu-zle-keymap-select

# auto-fuをカスタマイズする。
## Enterを押したときは自動補完された部分を利用しない。
afu+cancel-and-accept-line() {
    ((afu_in_p == 1)) && { afu_in_p=0; BUFFER="$buffer_cur" }
    zle afu+accept-line
}
zle -N afu+cancel-and-accept-line
bindkey -M afu "^M" afu+cancel-and-accept-line

そして、~/.zshrcからこの設定ファイルを読み込みます。

~/.zshrc:

source ~/.zsh.d/zshrc
source ~/.zsh.d/config/packages.zsh

これで、次にシェルを立ち上げるとauto-fuが使えるようになります。

ライセンス

ライセンスはLGPLv3+です。 ライセンスに従うならだれでも自由に利用できます。

著作権者は次の通りです。

  • Copyright 2011-2015 Kouhei Sutou <kou@clear-code.com>
  • Copyright 2014 Kosuke Asami