Skip to content
CoderDojo Japan official website integrated with Cloud-based Rails CMS (Scrivito)
JavaScript Ruby HTML CSS Other
Branch: master
Clone or download
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
.dependabot 🔧 Add .dependabot/config.yml Sep 10, 2019
app Link to detailed article for further information Sep 9, 2019
bin bin/setup タスクで統計情報収集(3ヶ月分)、近日開催イベント情報収集も行う Jul 4, 2019
config Enable Rolling Restarts on Heroku using Puma #432: Jun 24, 2019
db Update logo of CoderDojo 一宮 Sep 12, 2019
docs Dojo を指定した統計情報収集 Aug 13, 2019
lib SoundCloudTrack T に published_date を追加して、SoundCloud の Release date を取り込む Sep 3, 2019
log Add rails command to create application file Apr 26, 2016
public Update logo of CoderDojo 一宮 Sep 12, 2019
scripts Add comment on which columns shows what information Feb 4, 2018
scrivito/migrate Add scrivito files by rails command Apr 26, 2016
spec 環境変数 SOUNDCLOUD_CLIENT_ID が設定されていないとき、SoundCloud のテストをスキップする Sep 5, 2019
vendor/assets Add rails command to create application file Apr 26, 2016
.dockerignore add docker files Jul 4, 2018
.env.sample Fix typo Mar 1, 2019
.gitignore Ignore spec/examples.txt Nov 12, 2017
.rspec Re-initialize with RSpec 3.5.2 Jan 19, 2017
.ruby-version Update Ruby: 2.6.2 -> 2.6.4 Sep 3, 2019
.travis.yml RSpec修正、Travis CI でのエラー対応見直し May 15, 2019
CODE_OF_CONDUCT.md Rename: code_of_conduct -> code-of-conduct to follow URL patterns Dec 14, 2017
Dockerfile Update Ruby: 2.6.2 -> 2.6.4 Sep 3, 2019
Gemfile Bump rails from 5.1.6.2 to 5.1.7 Sep 8, 2019
Gemfile.lock
LICENSE Put MIT license with the approval of @Scrivito! 🎉 Dec 14, 2016
NOTICE.md Update NOTICE.md Jan 17, 2018
Procfile Add Procfile to load config/puma.rb Apr 28, 2019
README.md Update README May 2, 2019
Rakefile Add rails command to create application file Apr 26, 2016
app.json Merge pull request #445 from coderdojo-japan/tweak_app.json May 29, 2019
config.ru Remove rack-rewrite gem; instead, redirect by JavaScript Dec 12, 2016
docker-compose.yml add docker files Jul 4, 2018

README.md

Cover

CoderDojo Japan

Build Status

一般社団法人 CoderDojo Japan の公式サイトです。Ruby on Rails で実装されています。

開発に参加するには?

coderdojo.jp の開発には以下のいずれかの方法で参加できます。Dojo 情報の修正やドキュメントの追加・執筆であれば、ブラウザだけで参加できます。

  1. Dojo 情報やドキュメントなどの修正
    • 必要なもの: ブラウザ + GitHub アカウント
  2. CoderDojo Kata の執筆・編集
    • 必要なもの: ブラウザ + coderdojo.jp アカウント
  3. 新機能の開発やデザインの改善
    • 必要なもの: 各種開発環境のセットアップ (開発者向け)

新機能の開発やデザインの改善には開発環境が必要ですが、ちょっとした文言の追記・修正であればブラウザだけで参加できるようになっているのが特徴です 📝💨 それぞれの参加方法は次のとおりです。

1. Dojo 情報の更新

Dojo 情報は次の手順で簡単に更新できます。

  1. db/dojos.yaml を開く
  2. 画面右にある ✎ アイコン (Fork this project and edit this file) をクリックする
  3. 気になる箇所を修正し、修正内容にタイトルと説明文を付け、Propose file change をクリックする
  4. 修正内容を確認し、問題なければ Create pull request をクリックする

以上で完了です。提案された修正はメンテナーによってチェックされ、問題なければ提案された内容が反映されます。もし問題があってもメンテナー側で気付いて修正できるので、まずはお気軽に提案してみてください ;)

https://coderdojo.jp/docs にあるドキュメントの編集方法も同様です。db/docsディレクトリをブラウザで開き、修正したいファイルをクリックして、修正内容を提案してください。同ディレクトページの右上にある Create new file ボタンをクリックすると、新しいドキュメントの追記を提案することもできます。

2. CoderDojo Kata の執筆・編集

KataSotechsha などのいくつかのページは、Scrivito と呼ばれる CMS (コンテンツ管理サービス) で運営しています。背景や使用例については次のスライドをご参照ください。

CoderDojo を支える Rails CMS の活用事例 - Speaker Deck
https://speakerdeck.com/yasulab/case-study-rails-cms-for-coderdojo

編集方法については下記の手順書をご参考にしてください。

記事の編集手順書 - Google Drive
http://bit.ly/coderdojo-kata-edit

編集用のユーザーアカウントを発行したい場合は @yasulab までお問い合わせください。

3. 新機能の開発やデザインの改善

本サイトでは以下の技術が使われているので、それぞれのツールをセットアップします。

セットアップ方法

  1. 本リポジトリを fork 後、clone します
  2. ターミナルから $ bin/setup を実行します
  3. $ rails server でローカルサーバーを立ち上げます
  4. ブラウザから localhost:3000 にアクセスします
  5. coderdojo.jp と同様のサイトが表示できれば完了です

Dockerを利用したセットアップ方法

Dockerを利用する場合は上記ツールをインストールする必要はありません。

その代わり、Dockerをインストールする必要があります。

  1. 本リポジトリを fork 後、clone します
  2. .env.sample をコピーして .env にリネームします
  3. ターミナルから $ docker-compose up を実行します
  4. ターミナルから $ docker-compose exec rails bin/setup を実行します
  5. ブラウザから localhost:3000 にアクセスします
  6. coderdojo.jp と同様のサイトが表示できれば完了です

Development with Scrivito

Some pages require Scrivito, Professional Cloud-Based Rails CMS, such as:

  • /kata
  • /news/*
  • /sotechsha/*

CMS enables wider people to contribute to editing contents,
but on the other hand, this requires Scrivito API Keys for
engineers to join developing Scrivito-used pages like above.

If interested in developing them, contact @yasulab to get production keys (SCRIVITO_TENANT and SCRIVITO_API_KEY).

他、開発に関する資料

開発に関する資料は /docs や下記サイトにまとめてあります (最新順)。必要に応じて適宜ご参照ください。

Development History & Contributors

License

Although Scrivito gem is publishd under LGPL-3.0, the author allows us to put MIT license. 😆

Sorry for the late reply, I wanted to confer with our team.
There is no conflict in the licenses and you are welcome to use the MIT license.

So, this application can be used and modified under the MIT License! 🆗

The MIT License (MIT)

Copyright © 2012-2019 CoderDojo Japan Association

Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

About ICON

The icons used in the website are created by Font Awesome, licensed under SIL OFL 1.1.

You can’t perform that action at this time.