Permalink
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
53 lines (38 sloc) 1.86 KB
#Core Push iOS SDKの変更点
=================================
Version 3.8 - November 27, 2016
=================================
- 変更: CoreResearchに対応しました。
- 変更: CorePushManagerクラスのプロパティやメソッドにNullabilityアノテーションを追加しました。
=================================
Version 3.7 - February 14, 2016
=================================
- 変更: SDKにBitcodeが正常に埋め込まれていない不具合を修正しました。
- 変更: アプリのビルド時にSDK内部の大量の警告が出力される事象を修正しました。
=================================
Version 3.6 - January 21, 2016
=================================
- 変更: CorePushManagerのメモリ管理を修正しました。
=================================
Version 3.5 - December 27, 2015
=================================
- 変更: iOS9のATS対応に伴い、SDK内部のapiの接続先をhttpからhttpsに変更しました。
=================================
Version 3.4 - September 9, 2015
=================================
- 変更: Xcode7、iOS9に対応しました。 
=================================
Version 3.3 - November 13, 2014
=================================
- 変更: Xcode6、iOS8に対応しました。
SDKの64ビット化に対応しました。
=================================
Version 3.2 - April 9, 2013
=================================
- 変更: [UIDevice uniqueIdentifier] の使用を削除しました。
CorePushManager#setDeviceIdEnabled で 端末ID(UDID)の送信を制御しておりましたが、
端末IDを送信しないように変更しました。
=================================
Version 3.1 - January 9, 2013
=================================
- 追加: 通知からのアプリ起動数を集計できるようにアクセス解析用のクラスを追加しました。