A symfony bundle provides a simple way to manage auth with annotation.
PHP
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
Annotation
DependencyInjection
EventListener
Exception
Resources/config
Security
Tests
.gitignore
.php_cs
.scrutinizer.yml
.travis.yml
CrocosSecurityBundle.php
LICENSE
README.md
composer.json
phpunit.xml.dist

README.md

CrocosSecurityBundle - README

Build Status:

  • master: Build Status
  • develop: Build Status

概要

CrocosSecurityBundle はよりシンプルに認証状態の管理を行うためにのSymfony用のバンドルで、複雑な SecurityBundle を置き換えるために開発されました。SecurityBundle と比べ、次のような違いがあります。

  • アノテーションのみを用いて設定を行います
  • ログイン、ログアウトの状態切り替えは開発者が明示的に行います

Symfony 2.0 を利用している方

CrocosSecurityBundle1.* バージョンを使ってください。

インストール方法

Composerを使ったインストール

crocos/security-bundlecomposer.json に追加します。

{
    "require": {
        "crocos/security-bundle": "dev-master"
    }
}

app/AppKernel.php

CrocosSecurityBundle を登録します。

public function registerBundles()
{
    $bundles = array(
        // ...
        new Crocos\SecurityBundle\CrocosSecurityBundle(),

    );
}

Symfony\Bundle\SecurityBundle\SecurityBundle の行は削除します。

app/config/config.yml

security.yml を読み込んでいる行は削除します。

イントロダクション

Secure アノテーション、SecureConfig アノテーションをコントローラのメソッドもしくはクラスに設定します。

<?php

use Crocos\SecurityBundle\Annotation\Secure;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\SecureConfig;

/**
 * @SecureConfig(forward="CrocosAppBundle:Security:login")
 */
abstract class AppController
{
}

class SampleController extends AppController
{
    /**
     * @Secure
     */
    public function securedAction()
    {
        $user = $this->get('crocos_security.context')->getUser();
    }
}

/**
 * @Secure
 */
class SecurityController extends AppController
{
    public function login(Request $request)
    {
        $user = $this->findUser($request->request->get('username'), $request->request->get('password'));

        $this->get('crocos_security.context')->login($user);

        return $this->redirect('/');
    }

    public function logout()
    {
        $this->get('crocos_security.context')->logout();

        return $this->redirect('/login');
    }
}

アノテーション

Secure アノテーション

Secure アノテーションを付与したコントローラは認証が必要として扱います。クラスに設定した場合はすべてのアクションに、メソッドに設定した場合は指定したアクションのみが対象です。

Secure アノテーションは次の属性が設定可能です。

disabled

  • type: boolean
  • default: false

trueに設定した場合、認証不要であることを表します。初期値はfalseなので、引数なしで Secure アノテーションを設定した場合は認証が必要になります。

allow

  • type: array
  • default: []

必要な権限を配列で設定します。

SecureConfig アノテーション

SecureConfig アノテーションは認証に関する設定を行います。Secure アノテーションと同様に、コントローラのクラスやメソッドに対して設定します。

SecureConfig アノテーションは次の属性が設定可能です。

domain

  • type: string
  • default: "secured"

同一プロジェクト内で異なる認証処理を行わなければならない場合(ユーザ専用ページ、管理者専用ページなど)、認証状況が適応される領域を指定したい場合に指定します。

デフォルトではセッションを用いて認証状態を保持しますが、domainはセッションの名前空間として利用されます。

auth

  • type: string
  • default: "session"

認証状態の管理方法を指定します。初期値は "session" で、セッションを用いて認証状態の管理を行います。 独自の管理方法を設定することもできます。

forward

  • type: string

非ログイン状態で認証が必要なコントローラにアクセスした場合、ここに指定したコントローラが呼び出されます。コントローラのメソッド名(クラス::メソッド)を指定するか、Symfonyの短縮形式(バンドル名:コントローラ名:アクション名)でも指定できます。 forward が指定されていない場合に認証が必要なコントローラにアクセスした場合はエラーになります。

forwardに指定したコントローラへのアクセスは、無限ループを防ぐため、認証が必須と設定されている場合であっても制御は行いません。

basic

  • type: string|array

BASIC認証を有効にします。値には「ユーザ名:パスワード」形式の文字列、もしくはその文字列の配列(= 複数ユーザ)を指定します。

@SecureConfig(domain="secured", basic="user:pass")

認証領域(realm)は domain の値を元に設定されます。"secured" の場合は "Secured Area" となります。

アノテーションの読み込み

Secure アノテーションがクラスに設定されている場合はすべてのアクションに同じ内容が適応されます。親クラスに設定されている値も読み込まれます。次の順番で読み込まれ、あとに読み込まれた値で上書きされます。

  1. 親クラス
  2. 子クラス
  3. メソッド

disabled 属性を指定しなかった場合は認証が必要として上書きされますが、その他の属性は指定しない限り上書きされません。メソッドのアノテーションが読み込まれた段階で指定されていない場合のみ、デフォルト値が設定されます。

roleManager

  • type: string
  • default: "session"

権限の管理方法を指定します。初期値は "session" で、セッションを用いて認証状態の管理を行います。

"in_memory" を指定すると、権限を設定したプロセス中のみ保持され、プロセスが終了すると破棄されるようになります。

httpsRequired

  • type: boolean
  • default: false

true を指定したコントローラに http でアクセスした場合、強制的に https にリダイレクトします。

@SecureConfig(httpsRequired=true)

なお、開発用サーバなどでSSL通信設定を行っていない環境では、 app/config/config_dev.yml などに https_requiring: false を設定することで、httpsへの強制リダイレクトを無効にできます。 (デフォルでは有効になっています)

crocos_security:
  https_requiring: false

サンプルコード

次のコードはアノテーションを用いて認証を行うサンプルコードです。

CrocosSecurityBundle を使用する際は、設定をしやすくするためにアプリケーションごとに共通のコントローラクラスを作成することを推奨します。

基本的なサンプル

AppController
├── AccountController
│   ├── indexAction()
│   └── loginAction()
└── ProductController
    ├── buyAction()
    └── showAction()

AppController を継承した ProductControllerAccountController が定義されています。ProductControllerbuyAction には Secure アノテーションが指定されているので認証が必要となります。 AccountController はクラスに Secure アノテーションが指定してあるため、すべてのアクションで認証が必要です。ただし、AppControllerSecureConfig アノテーションで loginAction が forward に指定されているため、loginAction は常に認証が不要になります。

<?php

namespace Crocos\AppBundle\Controller;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Template;
use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\Secure;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\SecureConfig;

/**
 * @SecureConfig(forward="CrocosAppBundle:Accont:login")
 */
abstract class AppController extends Controller
{
    protected function getUser()
    {
        return $this->get('crocos_security.context')->getUser();
    }
}

/**
 * @Route("/product")
 */
class ProductController extends AppController
{
    /**
     * @Route("/{id}", requirements={"id" = "\d+"})
     */
    public function showAction($id)
    {
        // ...
    }

    /**
     * @Secure
     * @Route("/{id}/buy", requirements={"id" = "\d+"})
     */
    public function buyAction($id)
    {
        // ...
    }
}

/**
 * @Secure
 */
class AccountController extends AppController
{
    /**
     * @Route("/account")
     */
    public function indexAction()
    {
        // ...
    }

    /**
     * @Route("/login")
     * @Template
     */
    public function loginAction(Request $request)
    {
        if ($request->getMethod() === 'POST') {
            $username = $request->request->get('username');
            $password = $request->request->get('password');

            $user = $this->get('doctrine')->getRepository('CrocosAppBundle:User')
                ->findUser($username, $password);

            $this->get('crocos_security.context')->login($user);

            return $this->redirect('/');
        }

        return array();
    }
}

管理者用ページ向けのサンプル

管理者用のコントローラを作る場合、次のように domain 属性を指定して、別の認証領域とします。AppControllerSecure アノテーションが指定されているため、すべてのコントローラで認証が必要となります。

<?php

namespace Crocos\AppBundle\Controller\Admin;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Template;
use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\Secure;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\SecureConfig;

/**
 * @Secure
 * @SecureConfig(domain="admin", forward="CrocosAppBundle:Admin\Accont:login")
 */
abstract class AppController extends Controller
{
    protected function getUser()
    {
        return $this->get('crocos_security.context')->getUser();
    }
}

/**
 * @Route("/admin")
 */
class AccountController extends AppController
{
    /**
     * @Route("/login")
     */
    public function loginAction(Request $request)
    {
        // ...
    }
}

Basic認証を設定する

Basic認証を設定するには SecureConfig アノテーションに basic 属性を指定します。この例ではユーザ名に "admin" 、パスワードに "password" を設定しています。

<?php

namespace Crocos\AppBundle\Controller\Admin;

use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Route;
use Sensio\Bundle\FrameworkExtraBundle\Configuration\Template;
use Symfony\Bundle\FrameworkBundle\Controller\Controller;
use Symfony\Component\HttpFoundation\Request;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\Secure;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\SecureConfig;

/**
 * @SecureConfig(domain="admin", basic="admin:password")
 */
abstract class AppController extends Controller
{
}

なおBasic認証の設定は Secure アノテーションの設定とは関連せず、 basic 属性が設定されている場合は認証領域内のすべてのアクションでBasic認証が行われます。部分的にBasic認証を無効にしたい場合は basic 属性の false を設定します。もちろん authforward 属性などを設定することでPHP側での認証も設定可能です。

また、ユーザ名/パスワードはパラメータ形式で指定することも可能です。

@SecureConfig(domain="admin", basic="%app.basic_auth%")

app/config/parameters.yml:

parameters:
    app.basic_auth: admin:password

SecurityContext

認証に関わる状態は crocos_security.context というキーでサービスコンテナに登録されている、 Crocos\SecurityBundle\Security\SecurityContext オブジェクトが保持しています。なお実際の処理内容については後述する Auth Logic によって変更可能です。

ログイン

ログインを行うには、login() メソッドにユーザ情報を渡します。

$user = $userRepository->findUser('Katsuhiro Ogawa');
$this->get('crocos_security.context')->login($user);

ログイン状態の確認

ログイン状態の確認は、isAuthenticated() メソッドにて行います。

if ($this->get('crocos_security.context')->isAuthenticated()) {
    echo 'ログインしています';
}

ログインしているユーザの取得

ログインしているユーザの取得は、getUser() メソッドにて行います。ログインしていない場合は null が返されます。

$user = $this->get('crocos_security.context')->getUser();

ログアウト

ログアウトは、logout() メソッドで行えます。

$this->get('crocos_security.context')->logout();

$this->get('crocos_security.context')->getUser();           // => null
$this->get('crocos_security.context')->isAuthenticated();   // => false

Auth Logic

Auth Logic は認証状態の管理方法を切り替える仕組みです。Secure アノテーションの auth と対応しています。標準では、セッションを用いて認証状態の管理を行う SessionAuth (auth="session")、セッションにエンティティを格納することを考慮した SessionEntityAuth があります。また、既存の Auth Logic を拡張したり、独自に作成することも可能です。

SessionAuth

@SecureConfig(auth="session")

SessionAuth はセッションを用いて認証状態を管理する仕組みです。

SessionEntityAuth

@SecureConfig(auth="session.entity")

SessionEntityAuth はログインユーザにエンティティが使用されることを想定したもので、基本的には SessionAuth と同等です。SessionAuth を用いた場合、ログイン中のユーザ情報はセッションにシリアライズして格納されます。ユーザ情報がオブジェクトの場合、オブジェクトがシリアライズされて保存されます。SessionEntityAuth を用いた場合、クラス名とIDのみをセッションへ格納し、アクセスがあるたびにリポジトリからエンティティを取得します。

SessionEntityAuth を用いるにあたって、ログイン対象のエンティティには必ず getId() メソッドを実装する必要があります。この値はセッションからエンティティを復元する際、リポジトリの find() メソッドに渡されます。また、ログイン中のユーザの有効性を確認したい場合、エンティティに isEnabled() メソッドを実装することで、エンティティ取得後に有効性の確認が可能です。ログインしていても isEnabled()false であれば、ログアウトされます。

カスタムAuth Logic

独自の Auth Logic を作成するにはまず、 Crocos\SecurityBundle\Security\AuthLogic\AuthLogicInterface インターフェイスを実装したクラスを作成します。Auth Logic には次の5つのメソッドを定義する必要があります。

  • setDomain($domain)
  • login($user)
  • logout()
  • isAuthenticated()
  • getUser()

setDomain() メソッド以外は SecurityContext クラスから委譲される形で呼び出されます。setDomain() メソッドはアノテーションで読み込まれた domain の値が渡されます。

カスタムAuth Logicの登録

Auth Logic を作成したら、DIコンテナに登録する必要があります。その際、crocos_security.auth_logic タグを付与することで CrocosSecurityBundle に登録可能です。アノテーションには alias に記述した値を指定します。

services:
    myapp.security.my_auth:
        class: Crocos\AppBundle\Security\MyAuth
        tags:
            - { name: crocos_security.auth_logic, alias: my_auth }

上記のAuth Logicを呼び出す場合は次のようになります。

/**
 * @SecureConfig(auth="my_auth")
 */
class AppController
{
}

AuthException

任意の場所でログイン画面に遷移したい場合は、 Crocos\SecurityBundle\Exception\AuthException オブジェクトをスローします。なお、 AuthException のコンストラクタの第2引数に attributes 配列を指定でき、ログイン画面へ遷移する際にルーティングのパラメータとして渡されます。

<?php

namespace Crocos\AppBundle\Controller;

use Crocos\SecurityBundle\Annotation\Secure;
use Crocos\SecurityBundle\Annotation\SecureConfig;
use Crocos\SecurityBundle\Exception\AuthException;

/**
 * @SecureConfig(forward="CrocosAppBundle:Demo:login")
 */
class AppController
{
}

class DemoController extends AppController
{
    /**
     * @Secure
     */
    public function someAction($id)
    {
        if ($this->hasSomeError()) {
            throw new AuthException('Login required', array('id' => $id));
        }
    }

    public function loginAction($id = null)
    {
        // do login
    }
}

Twig連携

CrocosSecurityBundleを読み込むとTwigテンプレート内で _security 変数が有効になります。_security 変数は SecurityContext オブジェクトへの参照を持ちます。これを用いてテンプレート内で条件分岐などを行えます。

{% if _security.isAuthenticated %}
  <p>Logged in as {{ _security.user }}</p>
{% endif %}