DDD sample implementation by Scala.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download

README.asciidoc

DDD on Scala

はじめに

Scala による DDD(ドメイン駆動設計) の実装サンプルです。

Scalaの関数型言語の特徴を活かして、 イミュータブル副作用のない(副作用を局所化した) DDDの実装を目指しています。

当サンプルの解説は、 こちらのスライド を参照してください。

Note

実装上のポイントを、コード中に NOTE: でコメントしています。
NOTE: で テキスト検索 するなどして参照してください。

セットアップ

前提

  • JDK 1.8 以上

  • sbt

DBの準備

このサンプルでは、一部で 組み込みのH2データベース を使用したコード例があります。

サンプルの実行前にDBを作成します。

  • sbt でDBにテーブルを作成します。

$ sbt "project rdb" flywayMigrate

ビルドと実行

このサンプルはアプリケーションとしてのエンドポイントはありません。
動作は sbt からユニットテストを実行して確認してください。

$ sbt test

構成

レイヤ・モジュール構成

このサンプルでは、 オニオンアーキテクチャ をもとにした レイヤ・モジュール構成を採用しています。

レイヤ構成図

レイヤ

責務

依存するレイヤ

ドメイン

ドメイン(業務)の関心事と仕様をモデル化します。

なし

アプリケーション

ドメインを使用して、ユースケースを実現します。

ドメイン

クエリ

CQRS のクエリモデルです。ドメインの読み取り専用ビューを提供します。

なし

インフラストラクチャ

アプリケーションの実行結果を永続化します。

アプリケーション / ドメイン / クエリ

インターフェース

利用者へのユーザーインターフェースを提供します。

インフラストラクチャ / アプリケーション / ドメイン / クエリ

  • ドメインレイヤアプリケーションレイヤ は特定のインフラストラクチャに依存しないので、 インフラストラクチャの変更が容易になります。
    また、インフラストラクチャをモック化することも容易なので、ユニットテストを簡単かつ軽量に実施することができます。

  • インフラストラクチャレイヤ は、採用するミドルウェア・サービスごとにモジュールを分割します。
    こうすることで、インターフェースレイヤ でインフラストラクチャモジュールを実行に必要なものだけに限定することができ、 使用しないライブラリ(JDBCドライバやクライアントライブラリなど)のために実行モジュールが肥大化することを回避できます
    特に AWS Lambda などのサーバレスプラットフォームでは、実行モジュールが大きくなると実行時のスピンアップ時間が長くなるため、 実行モジュールを小さくすることに価値があります。

  • インターフェースレイヤ は、提供するインターフェース(Web画面、REST API、CLIなど)ごとにモジュールを分割します。

コンポーネント構成

このサンプルのコンポーネント構成は下図の通りです。

アプリケーションサービス からコードを追っていくと、全体が把握しやすいと思います。

コンポーネント図

概念モデル

このサンプルのドメインでは、シンプルなタスク管理を扱います。
ドメインの概念モデルは下図の通りです。

概念モデル図

参考文献

Scala

その他

  • AsciiDoc cheatsheet
    AsciiDoc(このREADMEでも使用しているマークダウン言語)の書き方。一般的な Markdown よりも表現力が強力。