No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
Makefile
README.md
as_tanka_codejp.S
boot.ld

README.md

"CodeJP"アセンブラ短歌

TrelloのCode 2016 企画できんぎょばちにこっそり挙げていた「アセンブラ短歌」を勝手にやってみました。

b8 03 00 cd 10
b3 0f b9 06 00 b8 c0 07
8e c0 bd 19 00
b8 01 13 cd 10 eb fe
43 6f 64 65 4a 50

五・八・五・七・六で、一応、合計三十一バイト(みそひとバイト)です。

バイナリの内容について

上記のバイナリはOSレスでQEMU上に"CodeJP"と表示するプログラムです。

三十一バイトにコード(textセクション)とデータ(dataセクション)を含んでいます。

最後の6バイトがデータで、内容は"CodeJP"のアスキーコードです。

アスキーコード部分を文字で表すと以下のようになり、

b8 03 00 cd 10
b3 0f b9 06 00 b8 c0 07
8e c0 bd 19 00
b8 01 13 cd 10 eb fe
'C' 'o' 'd' 'e' 'J' 'P'

「ほにゃららほにゃらら・・CodeJP」と最後に"CodeJP"のアスキー値で締められている所がいい感じかなと思っています。

試し方

Makefileを同梱しており、make runでビルド・実行が行えます。(要GCC、Make、QEMU)

as_tanka_codejp.img について

最終生成物であり、QEMUが実行する対象であるas_tanka_codejp.img自体は512バイトあります。

これは、BIOSにディスクの先頭512バイトをMBR(Master Boot Record)である(実行するものである)と認識させるには、先頭から510バイト目に0xaa55を配置する必要があるためです。

as_tanka_codejp.imgの逆アセンブル結果は、以下のコマンドで確認できます。

$ objdump -D -b binary -mi386 -Maddr16,data16 as_tanka_codejp.img

as_tanka_codejp.img: ファイル形式 binary

セクション .data の逆アセンブル:

00000000 <.data>:
   0:   b8 03 00                mov    $0x3,%ax
   3:   cd 10                   int    $0x10
   5:   b3 0f                   mov    $0xf,%bl
   7:   b9 06 00                mov    $0x6,%cx
   a:   b8 c0 07                mov    $0x7c0,%ax
   d:   8e c0                   mov    %ax,%es
   f:   bd 19 00                mov    $0x19,%bp
  12:   b8 01 13                mov    $0x1301,%ax
  15:   cd 10                   int    $0x10
  17:   eb fe                   jmp    0x17
  19:   43                      inc    %bx
  1a:   6f                      outsw  %ds:(%si),(%dx)
  1b:   64 65 4a                fs gs dec %dx
  1e:   50                      push   %ax
        ...
 1fb:   00 00                   add    %al,(%bx,%si)
 1fd:   00 55 aa                add    %dl,-0x56(%di)
  • CPU起動直後のモードであるリアルモード(16ビットモード)の実行バイナリなので、objdumpに16ビットとして認識させるオプションを付けています

as_tanka_codejp.Sを見るとわかりますが、jmp 0x17がアセンブラのコードの最後で、それ以降はアスキーコードをobjdumpが無理やり命令として逆アセンブルしています。

データの最後である'P'(0x50)までで0x1f(31)であり、一応、三十一バイトに収まっています。