Vim plugin to lookup EPWING dictionary using eblook command
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
autoload
doc
plugin
syntax
README.markdown

README.markdown

eblook.vim - EPWING/電子ブック辞書検索プラグインスクリプト

概要

eblook.vimは、`eblook'プログラムを使って、 EPWING/電子ブック辞書の検索を行うプラグインスクリプトです。

VimでもEmacsのLookupのように辞書をひきたかったので作りました。

  • Vim上でカーソル位置の単語を辞書引きできます。
  • 複数の辞書を一度に検索できます。
  • eblookプログラムのフロントエンドです。

表示例

必要なもの

準備

eblookプログラムをPATHの通った場所に置いて、 実行できるようにしておいてください。

アーカイブに含まれるファイルを次の場所に置いてください。

  • ファイル 置く場所 ファイルの説明

  • plugin/eblook.vim 'runtimepath'/plugin/ コマンド、キー定義

  • autoload/eblook.vim 'runtimepath'/autoload/ スクリプト本体

  • autoload/eblook/stem_en.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 英語stemming用

  • autoload/eblook/stem_ja.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 日本語語尾補正用

  • autoload/eblook/supsubmap_utf8.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 上付き文字置換用

  • syntax/eblook.vim 'runtimepath'/syntax/ eblook.vim用syntaxファイル

  • doc/eblook.jax 'runtimepath'/doc/ スクリプトの説明書

    'runtimepath'で示されるディレクトリは、Vim上で :echo &runtimepath を実行することで確認できます。

使い方

doc/eblook.jax を参照してください。

更新履歴

  • 1.3.0 (2017-04-XXX)

    • contentウインドウ内でリンクをたどった際に、entryウィンドウ内容を更新しない 動作を可能にする、'eblook_update_entrywin_by_contentwin_link'オプション
  • 1.2.3 (2015-12-04)

    • oキーで最大化したcontentウィンドウの高さを復元する機能を追加(rキー)
    • 'wrapmargin'や'textwidth'により、entryウィンドウで長い行が折り返されると、 contentウィンドウの表示が行われない場合があるバグを修正。
    • 何も見つからない単語を検索後の単語入力プロンプトを<CR>でキャンセル時、 entryウィンドウやcontentウィンドウの高さが変わる問題を修正。
  • 1.2.2 (2014-09-07)

    • 'eblook_contentwin_height'オプションを追加。
    • eblook実行時に、max-hitsとmax-textを0にする処理を追加 (~/.eblookrcでの設定を不要にするため)
    • 起動後初回使用時、外字ファイルの読み込みがある場合、 eblook_entry_winheight等で指定した高さにならない問題を修正。
  • 1.2.1 (2014-02-02)

    • イタリック表示中にボールド表示がある場合に<b>等がそのまま表示される バグを修正。ボールド表示中のイタリック表示も同様。
    • plugin/eblook.vimからコマンド、キー定義以外をautoload/eblook.vimに移動。 (vim起動高速化のため。起動時に読み込む量を減らして辞書検索時に読み込む)
    • 'eblook_no_default_key_mappings'オプションを追加。 検索開始キーを<Leader>y``<Leader><C-Y>以外にしたい場合用。
    • &encがutf-8でも、&tencがeuc-jp等の場合は、上付き数字等のUnicode文字は 使用しないように修整。
    • Mac OS Xの端末内Vimでcontent/entryウィンドウが生成され続ける可能性を修正 (tcvimeのissue#3)
    • doc/eblook.txtをdoc/eblook.jaxにファイル名変更し、文字コードをUTF-8に変換。
  • 1.2.0 (2012-09-21)

    • eblook 1.6.1+mediaのdecorate-mode対応 * content中のインデント指定<ind=2>等に基づいて、 インデントを行う機能を追加。 * イタリック、ボールド表示 * <sup>による上付き数字(1-9)をUnicodeの上付き数字に置換 (&enc=utf-8環境のみ)。autoload/eblook/supsubmap_utf8.vimファイル追加。 * 上付き・下付き文字列を、^{上付き}_{下付き}のように表示する オプション(eblook_decorate_supsub)を追加
    • <unicode>タグの置換に対応(&enc=utf-8環境のみ)
    • 検索履歴を汚さないように修整
    • katonoさんによる変更を取り込み * PopUpメニュー追加 * マウス操作対応 * 前のreferenceに移動する<S-Tab>キーの追加 * 一時ファイルが削除されない問題の修正

表示例

  • 1.1.1 (2012-04-22)

    • Vimの'hidden'オプションがonの場合、 2回目以降の検索時にE139エラーが発生する問題を修正。
  • 1.1.0 (2012-04-05)

    • 新機能(表示関係) * 発音記号などの外字をUnicode文字列へ置換する機能を追加 (EBWin用の外字定義ファイルを使用) * <img>,<inline>,<snd>,<mov>を外部ビューアで 表示・再生する機能を追加(画像等へのリンク上でxキー)。 (音声<snd>と動画<mov>の再生は eblook 1.6.1+mediaが必要) * contentウィンドウ内の長い行を|gq|で整形する機能を追加(Oキー)。 (行が長く、ウィンドウの高さが狭い場合でも、問題なく表示できるように)
    • 新機能(動作関係) * stemming/語尾補正機能を追加。 何も見つからなかった時に、 活用語尾などを取り除いて検索し直す機能を追加。 porter-stem.vim がインストール済であれば、porter-stem.vimも使用。 また、日本語用はEBViewと同様の 語尾補正。 * 辞書をグループ化して登録、検索する機能を追加。 検索時に[count]で辞書グループ番号を指定。 * contentウィンドウをoキーで最大化する機能を追加
    • 変更点(表示関係) * 置換定義の見つからない外字を_(下線)に置換するように変更 * <reference>...<reference=xxxx:xxx><n|...|>に置換するように変更 (nは、各contentウィンドウ内で1から始まるreference番号。 xxxx:xxxとの対応を取るための番号)。 (conceal syntaxで非表示にしても整形時にはカウントされているため、 行の折り返しがかなり早めにされているように見えるので、なるべく短縮。) また、表示済の場合は<n!...|>に置換。 * statuslineに検索語、キャプション文字列、辞書名等を表示するようにした
    • 変更点(動作関係) * Vim6対応を終了。要Vim7 * Rキーやcontentウィンドウ内での<CR>キーにおいて、 [count]で対象reference番号を指定可能にした。 * 何も見つからなかった時に、検索語を編集して再検索するための プロンプトを出すように変更。再検索したくない場合は、 編集せずにそのままリターンキー。
    • 変更点(設定関係) * ~/.vimrcでの辞書の設定をVim7のDictionaryとListで行う形式に変更 (辞書の追加・削除・検索順の変更時の手間を減らすため)。 (従来形式の設定にも対応。新形式への変換は:EblookPasteDictListで可能) * entryウィンドウの高さを指定する'eblook_entrywin_height'オプションを 追加 * 検索開始キーを<Plug>EblookSearch<Plug>EblookInputで 設定可能にした
    • バグ修正 * 'noequalalways'オプションが設定されている時に、狭いウィンドウ上で 辞書を引こうとすると、見出し一覧や内容表示ウィンドウが開けずに エラー(E36: Not enough room)になる問題を修正 * appendix付きで指定した辞書の後にappendix指定無しの辞書を設定した場合、 eblook側でappendixが引き継がれて、 意図しない外字置換が発生する問題に対処 (eblook 1.6.1+mediaでは修正されているので問題は発生しない)
  • 1.0.5 (2012-01-19)

    • katonoさん作成のsyntaxファイルを取り込み
    • <reference></reference=xxxx:xxx>の非表示化 (Vim 7.3で追加されたconceal syntaxを使用)
  • 1.0.4 (2011-04-25)

    • Visual modeで選択された文字列を検索するためのmapを追加 (katonoさんのmapをもとに作成)
    • Vimのregisterを汚さないように修整
  • 1.0.3 (2009-04-07)

    • vim7で、単語が見つからない辞書がある場合に、entryバッファでのtitleの 挿入が二重になってしまい、内容が正しく表示されない問題を修正
    • set expandtabしている場合に、<reference>先の内容表示ができない問題を修正
  • 1.0.2 (2004-06-26)

    • 'eblook_dict{n}_name'が同じ辞書が複数ある場合に、内容が正しく表示されないバグを修正
    • オプションを2つ追加。 * 'eblookprg': eblookプログラムの名前 * 'eblookenc': eblookプログラムの出力を読み込むときのエンコーディング
  • 1.0.1 (2003-12-06)

    • スペースを含む単語(de facto等)の検索ができなかったバグを修正。
  • 1.0 (2003-06-15) 最初のリリース。