Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
doc
 
 
 
 
 
 
 
 

README.markdown

eblook.vim - EPWING/電子ブック辞書検索プラグインスクリプト

概要

eblook.vimは、`eblook'プログラムを使って、 EPWING/電子ブック辞書の検索を行うプラグインスクリプトです。

VimでもEmacsのLookupのように辞書をひきたかったので作りました。

  • Vim上でカーソル位置の単語を辞書引きできます。
  • 複数の辞書を一度に検索できます。
  • eblookプログラムのフロントエンドです。

表示例

必要なもの

準備

eblookプログラムをPATHの通った場所に置いて、 実行できるようにしておいてください。

アーカイブに含まれるファイルを次の場所に置いてください。

  • ファイル 置く場所 ファイルの説明

  • plugin/eblook.vim 'runtimepath'/plugin/ コマンド、キー定義

  • autoload/eblook.vim 'runtimepath'/autoload/ スクリプト本体

  • autoload/eblook/stem_en.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 英語stemming用

  • autoload/eblook/stem_ja.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 日本語語尾補正用

  • autoload/eblook/supsubmap_utf8.vim 'runtimepath'/autoload/eblook/ 上付き文字置換用

  • syntax/eblook.vim 'runtimepath'/syntax/ eblook.vim用syntaxファイル

  • doc/eblook.jax 'runtimepath'/doc/ スクリプトの説明書

    'runtimepath'で示されるディレクトリは、Vim上で :echo &runtimepath を実行することで確認できます。

使い方

doc/eblook.jax を参照してください。

更新履歴

  • 1.4.0 (2020-04-19)

    • 画像/音声/動画再生用の外部ビューアコマンドを辞書ごとに設定するための オプション'viewer_wav'等を追加。 音声データが(wavヘッダを付けた)mp3で収録されている場合に、ファイル名を wavからmp3に変えて再生するshell scriptを設定するため。 (shell script例: wav_mp3_sample.sh)
  • 1.3.0 (2017-04-10)

    • contentウインドウ内でリンクをたどった際に、entryウィンドウ内容を更新しない 動作を可能にする、'eblook_update_entrywin_by_contentwin_link'オプション
  • 1.2.3 (2015-12-04)

    • oキーで最大化したcontentウィンドウの高さを復元する機能を追加(rキー)
    • 'wrapmargin'や'textwidth'により、entryウィンドウで長い行が折り返されると、 contentウィンドウの表示が行われない場合があるバグを修正。
    • 何も見つからない単語を検索後の単語入力プロンプトを<CR>でキャンセル時、 entryウィンドウやcontentウィンドウの高さが変わる問題を修正。
  • 1.2.2 (2014-09-07)

    • 'eblook_contentwin_height'オプションを追加。
    • eblook実行時に、max-hitsとmax-textを0にする処理を追加 (~/.eblookrcでの設定を不要にするため)
    • 起動後初回使用時、外字ファイルの読み込みがある場合、 eblook_entry_winheight等で指定した高さにならない問題を修正。
  • 1.2.1 (2014-02-02)

    • イタリック表示中にボールド表示がある場合に<b>等がそのまま表示される バグを修正。ボールド表示中のイタリック表示も同様。
    • plugin/eblook.vimからコマンド、キー定義以外をautoload/eblook.vimに移動。 (vim起動高速化のため。起動時に読み込む量を減らして辞書検索時に読み込む)
    • 'eblook_no_default_key_mappings'オプションを追加。 検索開始キーを<Leader>y``<Leader><C-Y>以外にしたい場合用。
    • &encがutf-8でも、&tencがeuc-jp等の場合は、上付き数字等のUnicode文字は 使用しないように修整。
    • Mac OS Xの端末内Vimでcontent/entryウィンドウが生成され続ける可能性を修正 (tcvimeのissue#3)
    • doc/eblook.txtをdoc/eblook.jaxにファイル名変更し、文字コードをUTF-8に変換。
  • 1.2.0 (2012-09-21)

    • eblook 1.6.1+mediaのdecorate-mode対応 * content中のインデント指定<ind=2>等に基づいて、 インデントを行う機能を追加。 * イタリック、ボールド表示 * <sup>による上付き数字(1-9)をUnicodeの上付き数字に置換 (&enc=utf-8環境のみ)。autoload/eblook/supsubmap_utf8.vimファイル追加。 * 上付き・下付き文字列を、^{上付き}_{下付き}のように表示する オプション(eblook_decorate_supsub)を追加
    • <unicode>タグの置換に対応(&enc=utf-8環境のみ)
    • 検索履歴を汚さないように修整
    • katonoさんによる変更を取り込み * PopUpメニュー追加 * マウス操作対応 * 前のreferenceに移動する<S-Tab>キーの追加 * 一時ファイルが削除されない問題の修正

表示例

  • 1.1.1 (2012-04-22)

    • Vimの'hidden'オプションがonの場合、 2回目以降の検索時にE139エラーが発生する問題を修正。
  • 1.1.0 (2012-04-05)

    • 新機能(表示関係) * 発音記号などの外字をUnicode文字列へ置換する機能を追加 (EBWin用の外字定義ファイルを使用) * <img>,<inline>,<snd>,<mov>を外部ビューアで 表示・再生する機能を追加(画像等へのリンク上でxキー)。 (音声<snd>と動画<mov>の再生は eblook 1.6.1+mediaが必要) * contentウィンドウ内の長い行を|gq|で整形する機能を追加(Oキー)。 (行が長く、ウィンドウの高さが狭い場合でも、問題なく表示できるように)
    • 新機能(動作関係) * stemming/語尾補正機能を追加。 何も見つからなかった時に、 活用語尾などを取り除いて検索し直す機能を追加。 porter-stem.vim がインストール済であれば、porter-stem.vimも使用。 また、日本語用はEBViewと同様の 語尾補正。 * 辞書をグループ化して登録、検索する機能を追加。 検索時に[count]で辞書グループ番号を指定。 * contentウィンドウをoキーで最大化する機能を追加
    • 変更点(表示関係) * 置換定義の見つからない外字を_(下線)に置換するように変更 * <reference>...<reference=xxxx:xxx><n|...|>に置換するように変更 (nは、各contentウィンドウ内で1から始まるreference番号。 xxxx:xxxとの対応を取るための番号)。 (conceal syntaxで非表示にしても整形時にはカウントされているため、 行の折り返しがかなり早めにされているように見えるので、なるべく短縮。) また、表示済の場合は<n!...|>に置換。 * statuslineに検索語、キャプション文字列、辞書名等を表示するようにした
    • 変更点(動作関係) * Vim6対応を終了。要Vim7 * Rキーやcontentウィンドウ内での<CR>キーにおいて、 [count]で対象reference番号を指定可能にした。 * 何も見つからなかった時に、検索語を編集して再検索するための プロンプトを出すように変更。再検索したくない場合は、 編集せずにそのままリターンキー。
    • 変更点(設定関係) * ~/.vimrcでの辞書の設定をVim7のDictionaryとListで行う形式に変更 (辞書の追加・削除・検索順の変更時の手間を減らすため)。 (従来形式の設定にも対応。新形式への変換は:EblookPasteDictListで可能) * entryウィンドウの高さを指定する'eblook_entrywin_height'オプションを 追加 * 検索開始キーを<Plug>EblookSearch<Plug>EblookInputで 設定可能にした
    • バグ修正 * 'noequalalways'オプションが設定されている時に、狭いウィンドウ上で 辞書を引こうとすると、見出し一覧や内容表示ウィンドウが開けずに エラー(E36: Not enough room)になる問題を修正 * appendix付きで指定した辞書の後にappendix指定無しの辞書を設定した場合、 eblook側でappendixが引き継がれて、 意図しない外字置換が発生する問題に対処 (eblook 1.6.1+mediaでは修正されているので問題は発生しない)
  • 1.0.5 (2012-01-19)

    • katonoさん作成のsyntaxファイルを取り込み
    • <reference></reference=xxxx:xxx>の非表示化 (Vim 7.3で追加されたconceal syntaxを使用)
  • 1.0.4 (2011-04-25)

    • Visual modeで選択された文字列を検索するためのmapを追加 (katonoさんのmapをもとに作成)
    • Vimのregisterを汚さないように修整
  • 1.0.3 (2009-04-07)

    • vim7で、単語が見つからない辞書がある場合に、entryバッファでのtitleの 挿入が二重になってしまい、内容が正しく表示されない問題を修正
    • set expandtabしている場合に、<reference>先の内容表示ができない問題を修正
  • 1.0.2 (2004-06-26)

    • 'eblook_dict{n}_name'が同じ辞書が複数ある場合に、内容が正しく表示されないバグを修正
    • オプションを2つ追加。 * 'eblookprg': eblookプログラムの名前 * 'eblookenc': eblookプログラムの出力を読み込むときのエンコーディング
  • 1.0.1 (2003-12-06)

    • スペースを含む単語(de facto等)の検索ができなかったバグを修正。
  • 1.0 (2003-06-15) 最初のリリース。

About

Vim plugin to lookup EPWING dictionary using eblook command

Resources

License

Packages

No packages published