Vim text object plugin using boundary of ASCII character and multi byte character
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
plugin/textobj
README.markdown

README.markdown

mbboundary.vim - ASCII文字とマルチバイト文字の境界を区切りとするtext-object

mbboundary.vimは、 ASCII文字とマルチバイト文字の境界を区切りとするtext-objectを 扱えるようにするVimプラグインです。

日本語文章中の英語のフレーズを扱いやすくする目的で作成しました。

例えば、「VIM は Vi IMproved の略です。」のpにカーソルがある際に、 "Vi IMproved"をtext-objectとして扱えるようになります。

また、ASCII文字とマルチバイト文字の境界まで移動するキーもmapします。

デフォルトのマッピング

  • am a text-object. カーソル位置の文字の境界までを選択
  • im inner text-object. カーソル位置の文字の境界までを選択 (ASCII文字の場合はスペースは除く)
  • gn 次のASCII文字とマルチバイト文字の境界まで移動
  • gN 前のASCII文字とマルチバイト文字の境界まで移動

let g:mbboundary_no_default_key_mappings=1 と設定すると上記マッピングは行わず、 <Plug>MBBoundaryTextObjA等の<Plug>のみ登録します。

SEE ALSO

その他の、日本語編集関係のtext-objectプラグイン等。

Vimでは、どのtext-objectを使うかをユーザが簡単に選べるので、 様々なtext-objectを用意して選択肢を増やしておくと利便性が高まると思います。

  • Vim組み込みの、i", i), it

    ""や()や<tag></tag>にはさまれた文字列を対象とするtext object。

  • textobj-jabraces

    日本語のかっこ「」【】等の中の文字列を対象とするtext object。

  • textobj-between (記事)

    指定した文字ではさまれた文字列を対象とするtext object。

  • jasegment.vim

    日本語文字上でのWORDを文節単位にして、iWを日本語向けにするプラグイン。

    日本語文字上でも、英文のWORDと同様に、 空白文字で区切られた文字列を選択するtext objectを定義 して、iE等に登録可能。

  • jasentence.vim

    日本語句読点"、。"をsentenceの終わりとみなして、 isを日本語向けにするプラグイン。