Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 

nicemoji

screenshot

:smile: のようなGithubで使える絵文字を LimeChat for Mac で表示可能にするJavaScriptです。
Slackのオリジナル絵文字、Twitterスタイルにも対応してます。

How to Use

リポジトリ内の nicemoji.js をご利用中のテーマファイルの名前に合わせてリネームし、
同じ階層に配置してください。

~/Library/Application Support/LimeChat/Themes/ ……… LimeChatのテーマディレクトリ
│
├ Limelight.css ……… nicemoji を適用したいテーマファイル
└ Limelight.js  ……… リネームした nicemoji.js

設置後は LimeChat を起動するか、すでに起動している場合は Reload Theme (⌘+*) でテーマをリロードしてください。
正しく設置できていれば :smile: と送信すると 😄 で表示されます。

利用可能な絵文字は EMOJI CHEAT SHEET を参考にしてみてください。

Settings

nicemoji ではいくつかの設定を行うことができます。
JavaScript本体の先頭に定数が定義されています。

定数名 デフォルト 効果
ADD_EMOJI_BASE_CSS true 絵文字を表示するのに必要なスタイルを適用します。
ADD_EMOJI_SHADOW false 絵文字にドロップシャドウを設定します。
EMOJI_SHADOW_COLOR で指定した色の影が付きます。
EMOJI_SIZE 1.5em 絵文字のサイズを指定します。
EMOJI_SHADOW_COLOR #DDDDDD ADD_EMOJI_SHADOWtrue の時に表示される影の色を指定します。
EMOJI_STYLE twitter 絵文字のテーマを指定します。
twittergithub を指定することができます。
SLACK_API_TOKEN (null) Slackのオリジナル絵文字を利用する場合にSlack API Tokenを指定します。
USE_KEYWORD_HIGHLIGHT false true 指定時にキーワードハイライト機能を有効にします。
HIGHLIGHT_DICTIONARY (hash) ハイライトするキーワードと色を指定します。

FAQ

なんて読むの?

「にせもじ」「ナイスもじ」読みやすい方でどうぞー 🐱

nicemoji を有効にしたら表示が崩れた

nicemoji が追加するスタイルが影響している場合は ADD_EMOJI_BASE_CSSfalse にすることで
デフォルトのスタイルを無効にすることができます。その場合は別途テーマで絵文字のスタイルを調整してください。

Slackの絵文字が出ない

SLACK_API_TOKEN が正しく設定されているか確認して下さい。
Slack API Token は https://api.slack.com/web から取得できます。

キーワードハイライト機能とは?

LimeChatのハイライト機能とは別に任意の文字列を強調表示します。
あくまで視覚的なものなので通知が飛んだりはしません。

License

MIT

About

😄 Emoji Integration for LimeChat

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published