Docker Image of OpenDolphin Server
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
postgres
wildfly
README.md

README.md

OpenDolphin Docker

下記はOpenDolphinサーバーを構築する最も簡単な方法です。コンテナイメージは Docker Hub に公開しています。

サーバーとなるマシンに docker をインストール

  • CentOS7/Ubuntuの場合 Docker の公式サイトに手順があります。
  • Windows/Macの場合 Docker Toolbox を使用します。(インストールパッケージがあります。)

Dolphin 用の Postgres と WildFly イメージをインストール

docker pull dolphindev/postgres
docker pull dolphindev/wildfly

インストールには時間がかかります。ネットワーク速度の関係でタイムアウトが起きた場合、再度実行してください。

起動

docker run --name dolphin-db -d dolphindev/postgres
docker run --name dolphin-server --link dolphin-db:ds -p 8080:8080 -d dolphindev/wildfly

コマンドは正確に入力してください(コピーペーストが確実です)。上記コマンドが成功するとサーバーがバックグラウンドで動いています。

サーバーのIPアドレスを調査

クライアントと接続するため、サーバのIPアドレスを調べます。

  • Linuxの場合  インストールしたマシンのIPアドレス
  • Windows/Macの場合 ターミナルで下記コマンドを実行し、その戻り値を使用します。
docker-machine ip default (defaultは使用中のマシン名です)

以下、サーバーのIPアドレスを host_ip とし次の節で使用します。

クライアントから接続

  • クライアントマシン(Windows/Mac)に最新の Java8 実行環境をインストールしてください。
  • ここから クライアントプログラムをダウンロードします。
  • クライアントプログラムは ZIP 形式になっています。下記 Tips を参照し、OpenDolphinを起動してください。
  • ログイン画面が現れたら設定ボタンを押してください。
  • 接続設定に下記の値を入力します。
    • 医療機関ID  1.3.6.1.4.1.9414.70.1
    • ユーザーID  admin
    • ベースURI   http://host_ip:8080(サーバーのIPアドレス:8080)
  • 設定を保存するとログイン画面に戻ります。
  • パスワードに admin を入力し、ログインボタンを押します。

これによりOpenDolphinサーバーにログインした状態と成ります。 しかしデータベースにまだ何も登録されていないため、これ以上の操作はできません。カルテを作成するには ORCAと接続し、患者受付を行う必要があります。ファイルメニューの終了を選択しアプルケーションを終了してください。

Tips 解凍とクライアント起動

  • Windows
    • ダウンロードしたファイルを右クリック、メニューの全て展開(T)...を選択
    • 参照ボタンを押し、展開先にデスクトップを選択
    • デスクトップに展開されたOpenDolphinフォルダ内の OpenDolphin.jar をダブルクリック
  • Mac
    • ダウンロードしたファイルをダブルクリック
    • 解凍されたOpenDolphinフォルダ内の OpenDolphin.jarを右クリック
    • メニューの、このアプリケーションで開く、Jar Launcher.app を選択

サーバーの停止

WildFlyを停止 -> Postgresを停止

docker stop dolphin-server
docker stop dolphin-db

2回目からのサーバー起動

Postgresを起動 -> WildFlyを起動

docker start dolphin-db
docker start dolphin-server

WildFlyをフォアグラウンドで実行する

上記はWildFlyをバックグラウンドで実行するため、起動の失敗や接続トラブルがあった場合、コンテナに接続しログを見る 必要があります。次のコマンドで実行すると起動状態がターミナルに流れます。

docker run --rm --link dolphin-db:ds -p 8080:8080 -it dolphindev/wildfly

停止は

コントロールキーと英語のcキーを同時に押します。

既存の Postgres サーバーと接続する

既にOpenDolphinを運用していてPostgresサーバーにデータがある場合、WildFly コンテナとPostgresを直接接続することができます。

  • データのバックアップをとってください。
  • Postgresのバージョンを最新にしてください。(pg_dump, pg_restore等の決められた手順を実行してください。)
  • PostgresサーバーのIPアドレスを pg_server_ip とします。またポートはデフォルトの5432とします。
  • postgresql.conf に上記IPアドレスでのリッスンを許可してください。
  • pg_hba.conf にクライアントマシンからの接続を許可してください。

WildFly コンテナを下記のように起動します。 (環境変数でPostgresサーバーのIPアドレスとポート番号を与えます。)

docker rm dolphin-server  
docker run --name dolphin-server -e DB_HOST=pg_server_ip -e DB_PORT=5432 -p 8080:8080 -d dolphindev/wildfly

次のステップ

  • ORCAを導入し、OpenDolphinと接続してください。カルテの作成、診療行為の送信ができるようになります。
  • Postgres(dolphin-db)をデータコンテナ化してください。
  • Nginx 等のリバースプロキシーを立てると安全性が向上します。
  • このリポジトリのDockerfileを解析し、独自のイメージを作成すると良いかも知れません。
  • もし Windows/Mac をサーバーとする場合は(全く推奨されていませんが)メモリーやディスクサイズを十分に確保したMachineを作成してください。

またDocker ToolBoxが動いているマシン以外からアクセスできるようにするため、VirtualBox にポートフォーワードの設定を行ってください。

参考情報

免責事項


このドキュメントはOpenDolphinの構成を理解していただき、導入を進めていただくための参考になるこを目的としています。ご利用は自己責任の原則に基づきます。したがってこのドキュメントとコンテナを使用し、何らかの障害、損害、訴訟等が発生してもその責任は一切負わないものとします。実際に運用するためには、ここに述べた以外の知識、特にPostgresとJavaEEに関する理解と経験が必要です。できるだけ商用サービスをご利用ください。