A package for using Source Han Sans JP with upLaTeX
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
doraTeX Update UniSourceHanSansJP-UTF16-V
Rotate U+2B05(⬅), U+2B06(⬆), U+2B07(⬇)
Latest commit eb50095 Aug 4, 2017
Permalink
Failed to load latest commit information.
cmap/sourcehans Update UniSourceHanSansJP-UTF16-V Aug 4, 2017
sample Modify a sample Aug 21, 2014
tfm/sourcehans ver.0.2 Aug 21, 2014
vf/sourcehans ver.0.2 Aug 21, 2014
README.md Update README.md Oct 8, 2015
tcsourcehans.sty ver.0.2 Aug 21, 2014

README.md

tcsourcehans

upLaTeX で Source Han Sans(源ノ角ゴシック)を使うためのパッケージです。
ZRさんの tcsourcehans パッケージ を縦書き対応に拡張したものです。

インストール法

  1. アーカイブを展開して出てくる各ディレクトリ・ファイルを,適切なディレクトリに移動させます。
  • cmap/sourcehans$TEXMFLOCAL/fonts/cmap/sourcehans
  • tfm/sourcehans$TEXMFLOCAL/fonts/tfm/sourcehans
  • vf/sourcehans$TEXMFLOCAL/fonts/vf/sourcehans
  • tcsourcehans.sty$TEXMFLOCAL/tex/latex/sourcehans/
  1. GitHub のレポジトリ から,SourceHanSansJP.zip をダウンロードし,展開して出てくる各フォントファイルを $TEXMFLOCAL/fonts/opentype/sourcehans/ に移動します。

  2. 必要ならば maketexlsr を実行します。

使い方

ZRさんのオリジナルの tcsourcehans パッケージの使い方 に準じます。

\usepackage{tcsourcehans}

としておけば,

\kanjifamily{sourcehans}

で和文ファミリが Source Han Sans に切り替わります。

シリーズとフォントのウェイトの対応は次の通り。

  • el ↔ ExtraLight
  • l ↔ Light
  • m ↔ Normal
  • mb ↔ Regular
  • db ↔ Medium
  • b / bx ↔ Bold
  • eb ↔ Heavy

それゆえ,例えば

\kanjifamily{sourcehans}\fontseries{el}\selectfont

とすれば,和文フォントに SourceHanSansJP-ExtraLight.otf が使われるようになります。

使用例は,添付の test.tex や Gauche_the_Cellist.tex をご覧ください。