Twitter bot written in Ruby
Ruby
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
LICENSE
README.md
config.yaml
lasttweet.yaml
random_pattern.yaml
reply_pattern.yaml
twbt_friendship.rb
twbt_random.rb
twbt_reply.rb

README.md

twitterbot.rb

Rubyで書かれたTwitterのボットです。crontabに各機能のスクリプトを 実行するように書いておくことで、以下の機能を実現します。

  • あらかじめ用意しておいた文面を定期的にツイート
  • フォロワーに対する自動リプライ
  • 新規フォロワーに対するフォロー返し、アンフォローされたユーザの自動アンフォロー

設定

  • config.yamlに必要な情報を書き込んでください。

定期的なツイート

  • config.yamlのrandom_pattern_yamlに書かれたファイル (デフォルトではrandom_pattern.yaml)に、例に従って 文面を羅列してください。その中からランダムに選ばれた ものがツイートされます。
  • twbt_random.rbをcronなどで実行されるようにしてください。

フォロワーに対する自動リプライ

  • config.yamlのreply_pattern_yamlに書かれたファイル (デフォルトではreply_patter.yaml)に、例に従って 反応する文字列とリプライの内容を羅列してください。 複数のリプライ内容を書いた場合、その中からランダムに 選ばれたものがリプライされます。 反応する文字列は、正規表現が使えます。
  • twbt_reply.rbをcronなどで定期的に実行されるようにしてください。 フォロワーの数にもよりますが数分おきにするとよいでしょう。
  • config.yamlのlast_tweet_yamlに書かれたファイル (デフォルトではlasttweet.yaml)に、実行時に最後に チェックしたツイートの情報を自動で書き込むので、 重複して同じツイートにリプライしないようになっています。

フォロー返し、自動アンフォロー

  • twbt_friendship.rbをcronなどで実行されるようにしてください。