VS-RC003とOpenCM9.0.4を繋いで、ROBOTISのコマンドサーボをRobovieMaker2から制御するソースコードとプロジェクトファイル
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
VSRC003ConnectR
VSRC003_project
.gitignore
README.md

README.md

VSRC003-ConnectR

VS-RC003とOpenCM9.0.4を繋いで、ROBOTISのコマンドサーボをRobovieMaker2から制御するサンプルソースとプロジェクトファイル
製作者 : Onomichi Hirokazu = みっちー ( http://dream-drive.net )

もう少し詳しく説明すると・・・

VS-RC003とOpenCM 9.0.4をシリアル通信で接続し、VS-RC003のメモリをOpenCM9.0.4から参照し、16個のROBOTIS製シリアルサーボ(Dynamixel)にシンクライトパケットで角度を送信して動作させます。
モーションデータをRoboviemaker2で生成できるため、Dynamixelを用いたロボットに、PS2コントローラーや音声出力などの機能を加えて、ロボットのモーション開発が楽ちんになる(といいなー)と言うコンセプトで作られた、OpenCM9.0.4用のソースコードと、VS-RC003のサンプルプロジェクトファイルです。

両者を使い慣れていないと、なかなか触りづらいかもしれません。(汗

接続

VS-RC003のコマンドポートの(TxD、RxD、GND)を、OpenCM 9.0.4のシリアルポート3(TxD、Rxd、GND)に接続する(半田するとかいろいろ)
Open CM 9.0.4には電源とROBOTISのDynamixel(IDは事前に01~16を設定)を接続する

使い方

  1. OpenCM9.0.4にVSRC003ConnectR.inoにそのまま書き込む
  2. VS-RC003には、VSRC2OpenCM.rpjのプロジェクトファイルを開きCPU情報を書き込む

あとは、適当にRobovieMaker2でいじくると、接続されたDynamixelが動きます。

補足

このサンプルでは、使用できるモーターが最大モーターは16個となります。(モーター数と制御周期がトレードオフになります。) 脱力指示のコマンドは、基板のリージョンにより不安定なことが分かり、ver.20181119から削除されています。適宜、用途に合わせて実装してください。

更新

  • バージョン20181019-8 : 公開
  • バージョン20181119 : サーボ数を16個に変更、脱力機能削除、KO-Link用の機能(目を光らせる)の部分を削除