Skip to content
master
Switch branches/tags
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LINE 用の Salesforce Bot

DreamHouse サンプルアプリケーションで使用する、Salesforce ベースのBotです。

Botのインスタンスを作成するには、以下の手順を実行します。

ステップ 1:DreamHouse アプリをインストールする

DreamHouse サンプルアプリケーションをまだインストールしていない場合は、この手順を実行してインストールします。

ステップ 2:接続アプリケーションを作成する

Salesforce 接続アプリケーションをまだ作成していない場合は、以下の手順を実行して作成します。

  1. Salesforce の[設定]で、クイック検索ボックスに「アプリ」と入力して[アプリケーション]リンクをクリックします。

  2. 接続アプリケーション]セクションで、[新規]をクリックし、次のように接続アプリケーションを定義します。

    • 接続アプリケーション名:DreamhouseJpLineBot(または任意の名前)
    • API 参照名:DreamhouseJpLineBot
    • 取引先責任者メール:自分のメールアドレスを入力します。
    • OAuth 設定の有効化:チェックボックスをオンにします。
    • コールバック URL:sfdc://success (このURLは後で変更します)
    • 選択した OAuth 範囲:フルアクセス(full)
    • 保存]をクリックします。

ステップ 3:LINE Channelを作成する

  1. LINE ビジネスセンター及び LINE ビジネスセンター で、LINE Botタイプの LINE Channelsを作成します。

    • Channel Access Tokenは次のステップで利用するため、クリップボードに保持しておきます。

ステップ 4:Herokuへデプロイする

  1. Heroku ダッシュボードにログインしていることを確認します。
  2. 下のボタンをクリックして、LINE Bot を Heroku にデプロイします。

Deploy

  1. 以下の通りに環境変数を設定します。

    • LINE_ACCESS_TOKEN]:前のステップで作成したChannelのアクセストークンを入力します。
    • SF_CLIENT_ID]:Salesforce 接続アプリケーションのコンシューマキーを入力します。
    • SF_CLIENT_SECRET]:Salesforce 接続アプリケーションのコンシューマの秘密を入力します。
    • SF_USER_NAME]:Salesforce 統合ユーザーのユーザー名を入力します。
    • SF_PASSWORD]:Salesforce 統合ユーザーのパスワードを入力します。

ステップ 5:接続設定とアクセス確認

  1. LINE Channelの Webhook URL の部分にデプロイした Heroku アプリの URL を入力し、末尾に /webhook を付加します。次に例を示します。

    https://myapp.herokuapp.com/webhook
    
  2. Salesforceの [接続アプリケーション]セクションにある、コールバック URLをデプロイしたHerokuアプリのドメイン http://yourappname.herokuapp.com/oauthcallback.html へ変更します。

  3. LINE Bot Channelにクライアントからアクセスし(チャネルページのQRコードで友達登録でいます)、メッセージを送信してみます。チャットBotに「ヘルプ」と入力し、返事が帰ってくる事を確認します。

About

No description, website, or topics provided.

Resources

Releases

No releases published

Packages

No packages published