Local server to test DreamHouse Application driving Hue Lights
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Pull request Compare This branch is 1 commit ahead of dreamhouseapp:master.
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
www
.gitignore
README.md
package.json
server.js

README.md

DreamHouse スマートライトサーバー

これは、Philips Hue ブリッジに対応する開発時用の HTTP プロキシサーバーです。Hue ブリッジは現在、HTTPS アクセスに対応していません。その対策として、HTTPS リクエストをこのサーバーに送信することができます。このサーバーで受信したリクエストは、HTTP を使用して Hue ブリッジに送られます。これにより、HTTPS を使用して読み込まれるページ(Visualforce のページなど)からブリッジに対してリクエストを送信できます。このサーバーを使用することで、ローカルでのアプリケーションのテストができますが、実生活環境に導入するには適していません。実生活環境に導入する場合は、Hue リモート API が必要になりますが、これは現在、ベータ版です。

前提条件

このサンプルアプリケーションを実行するには、 Philips Hue ブリッジと、そのブリッジに接続するランプが 1 つ以上必要です。Philips Hue の「Getting Started(英語)」ページの記載に従って、ブリッジユーザーを作成します。

インストール手順

  1. リポジトリをクローン(複製)します。

    git clone https://github.com/dreamhouseapp-jp/dreamhousejp-iot-lights
    
  2. dreamhousejp-lights ディレクトリに移動します。

    cd dreamhousejp-iot-lights
    
  3. プロジェクトの依存関係をインストールします。

    npm install
    
  4. HTTPS サーバーを実行するための自己署名証明書を生成します。たとえば Mac の場合は、次のコマンドを入力します。

    openssl req -nodes -x509 -newkey rsa:2048 -keyout key.pem -out cert.pem -days 365
    
  5. ブラウザを開き、次の URL にアクセスして、ネットワーク上の Hue ブリッジの IP アドレスを取得します。 https://www.meethue.com/api/nupnp

  6. コマンドラインで次のコマンドを入力して、ノードサーバーで使用する環境変数を定義します。URL とユーザーは、実際の環境に合わせて置き換えてください。まだブリッジユーザーを作成していない場合は、「Getting Started(英語)」ページを参照して作成します。

    export HUE_BRIDGE_URL=http://192.168.1.5
    export HUE_BRIDGE_USER=1028d66426293e821ecfd9ef1a0731df
    
  7. サーバーを起動します。

    node server
    
  8. ブラウザを開き、次の URL にアクセスしてローカルの環境をテストします。 https://localhost:55555

  9. これで、Salesforce1 モバイルアプリの SmartHome コンポーネントまたはブラウザの Salesforce で照明を制御できます。