MacRuby-based simple IME for Mac
Ruby Objective-C
Pull request Compare This branch is 2 commits ahead, 36 commits behind masui:master.
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
Classes
English.lproj
Gyaim.xcodeproj
Resources
Romakana
Tests
WordSearch
.gitignore
Info.plist
Makefile
README.md
gyaim.mp4
gyaim.tiff
icon.graffle
main.m
rb_main.rb

README.md

Gyaim

  • MacRubyで作ったMac用のIMEです。
  • 数百行のRubyで実用レベルのIMEを作れることを示すものです
    • 単純な変換しかできませんがそれなりに使えます
    • 見栄えはInterfaceBuilderで簡単に変更できます
    • 変換アルゴリズムやIMEの動作はRubyで簡単に変更できます
    • 自前のIMEをいろいろ作りましょう!
  • 現在の変換部分は超いい加減です
    • 予測機能がありません
    • そのかわり(?)パタンに正規表現が使えます
      • "ke.*da" と入力すると "慶應大" が候補に出たり

インストール

  • MacRubyのインストールが必要です
  • 多分SnowLeopardが必要です
  • コンパイルは↓で
    • $ mkdir ~/.gyaimdict
    • $ touch ~/.gyaimdict/dict2d
    • $ make small または $ make large
  • その後、ログアウトして再ログインすると 「言語環境設定」からGyaimを選択できるようになります
  • PalmのIMEで利用してた「富豪辞書」を使っています
    • 自前の適当な辞書を使うことも可能です

使いかた

  • ローマ字を入力すると候補が表示されます
  • スペースキーで候補を選択し、改行キーで確定します
  • ローマ字入力の後ですぐ改行キーを押すと完全マッチで候補が検索されます
    • ひらがな、カタカナ入力に便利です
  • ローマ字入力した後「.」を入力するとGoogleSuggestが呼ばれます
    • 固有名詞の入力に便利です
    • "ottoga." などと入力するとひどいことになります
  • 単語登録
    • 登録したい単語をドラッグして選択した後で文字入力すると、選択した単語が第一候補に表示され、 その単語をスペースキーで選択して改行キーで確定するとユーザ辞書に登録されます
  • ユーザ辞書、学習辞書は以下にセーブされます
    • ユーザ辞書: ~/.gyaimdict/localdict.txt
    • 学習辞書: ~/.gyaimdict/studydict.txt
    • ユーザ辞書は普通に編集可能です

TODO

  • 様々な変換エンジンを切り替える
  • Romakana.rbをRuby1.9用に修正
  • 辞書キャッシュの扱い
    • Resourceに入れる
    • make dictでキャッシュをResource内に作る
      • Marshalを利用するのをやめる
  • 登録を簡単にしたい
    • 研究になるかも?
  • 単漢字変換
    • 候補が10個以上出るように
  • 予測機能
    • 実は要らないかも
  • SocialIMEとかGoogleIMEとかを呼ぶ
  • まともな変換システムを自力で作る
  • 現在のテキストを変換に利用する
    • IMEが使うNSTextは読むことができると思うので

言及など