Switch branches/tags
Nothing to show
Find file History
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
..
Failed to load latest commit information.
README.md
droonga-result-1node-node0-0to32.csv
droonga-result-1node-node1-0to32.csv
droonga-result-1node-node2-0to32.csv
droonga-result-2nodes-0to32.csv
droonga-result-3nodes-0to32.csv
groonga-result-node0-0to32.csv
patterns.txt
result.ods

README.md

Groongaとの比較のベンチマーク取得手順

前提

  • node0, node1, node2の3台のコンピュータがあると仮定し、これらをDroongaクラスタにする。
  • 比較用としてGroongaをnode0にインストールする。
  • ベンチマークのクライアントは、node3で実行する。

ネットワーク構成と各マシンの役割は以下の通り。

(internet)
   |
[192.168.10.0/24]
   |
   +-[node0: 192.168.10.50] droonga-1
   |
   +-[node1: 192.168.10.51] droonga-2
   |
   +-[node2: 192.168.10.52] droonga-3
   |
   +-[node3: 192.168.10.53] benchmark client
  • node0
    • OS: Ubuntu 14.04LTS
    • CPU: Intel Core i5 M460 2.53GHz
    • Memory: 8GB
  • node1
    • OS: Ubuntu 14.04LTS
    • CPU: Intel Core i5 650 3.20GHz
    • Memory: 6GB
  • node2
    • OS: Ubuntu 14.04LTS
    • CPU: Intel Core i5 650 3.20GHz
    • Memory: 8GB
  • node3
    • OS: Ubuntu 14.04LTS
    • CPU: Intel Core i5-4300U vPro 1.90GHz
    • Memory: 4GB

手順

基本的な手順はDroongaチュートリアル:DroongaとGroongaのベンチマークの取り方に則る。

データベースサイズ

上記の検証環境では、ノードのうち2台が8GB、1台が6GBのメモリを積んでいる。 なので、純粋な性能比較のためのベンチマークとしては、最大で6GB程度のデータベースサイズに留める必要がある。

今回は150万件のページを各ページごとに最大1000文字まで変換したデータに基づく4.3GiBのデータベースでベンチマークを行った。

リクエストパターン

実際の利用に即したベンチマーク結果を得るために、ドリルダウンありの全文検索のリクエストでパターンを生成した。