Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
branch: master
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

125 lines (109 sloc) 5.607 kB

org-redmine

概要

インストール

git でもってくる

  1. org-redmine リポジトリを clone します
    git clone git://github.com/hackers/org-redmine.git
        
  2. 以下を .emacs など、適当な箇所に書いておきます
    (add-to-list 'load-path "/path/to/org-redmine/")
    (require 'org-redmine)
        

auto-install ユーザ向け

以下を評価するとインストールできます

(auto-install-from-url "https://raw.github.com/hackers/org-redmine/master/org-redmine.el")

もしくは、以下を実行してください

M-x auto-install-from-url RET https://raw.github.com/hackers/org-redmine/master/org-redmine.el

設定

URL

;; 対象の Redmine の URL を設定します
;;   例. Redmine Project
(setq org-redmine-uri "http://www.redmine.org")
;;   例. Ruby Project
(setq org-redmine-uri "http://redmine.ruby-lang.org")

認証 (必須ではない)

認証設定は3つあります。優先度の高い順に紹介していきます。

すべて設定されていても、優先度の高いものだけ適用されます。

  1. API Key

    REST API Key が設定可能です。デフォルトは nil になっています

    (setq org-redmine-api-key "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx")
        
  2. ユーザ/パスワード認証

    ログインに用いるユーザ及びパスワードを使って認証を行います。

    (setq org-redmine-auth-username "gongo")
    (setq org-redmine-auth-password "secret")
        
  3. netrc 認証 $HOME/.netrc の使って認証を行うかどうかを設定します。
    (setq org-redmine-auth-netrc-use t) ;; デフォルトは nil
        

テンプレートに用いるシーケンス一覧

%-sequencemean
%as_i%担当者ID
%as_n%担当者名
%au_i%チケット作成者ID
%au_n%チケット作成者名
%c_i%カテゴリID
%c_n%カテゴリ名
%c_date%チケット作成日
%d%説明
%done%進捗率
%d_date%期日
%i%チケットID
%pr_i%優先度ID
%pr_n%優先度名(Normal とか重要とか)
%p_i%プロジェクトID
%p_n%プロジェクト名
%s_date%開始日
%s_i%ステータスID
%s_n%ステータス名 (Assigned とか完了とか)
%s%チケットのタイトル
%t_i%トラッカーID
%t_n%トラッカー名
%u_date%更新日
%v_n%バージョン名
%v_i%バージョンID

挿入するサブツリーのテンプレート

;; デフォルトのテンプレート
;; (defvar org-redmine-template-header "#%i% %s% :%t_n%:")
;; (defvar org-redmine-template-property nil)

;; このように挿入されます
;; * [#333] Subject :Tag:

(setq org-redmine-template-header "[%p_n%] #%i% %s% by %as_n%")
(setq org-redmine-template-property
      '(("担当者" . "%as_n%")
        ("対象バージョン" . "%v_n%")))
 
;; このように挿入されます
;; * [ProjectName] #333 Subject by gongo
;;   :PROPERTIES:
;;   :担当者:  dududu
;;   :対象バージョン: 1.2
;;   :END:

(setq org-redmine-template-header "[#%i%] %s%")
(setq org-redmine-template-property
      '(("プロジェクト名" . "%as_n%")))
 
;; * [#333] Subject
;;   :PROPERTIES:
;;   :プロジェクト名:  ProjectName
;;   :END:

テンプレートで使用できるフォーマットは、org-redmine.el に載っています。

テスト

テストに必要な Emacs lisp

テストの設定

test/run.sh の以下変数を実行環境に合わせてください

ORGMODE_DIR # org-mode ディレクトリ
ANYTHING_DIR # anything.el が置かれているディレクトリ
ELEXPECTATIONS_DIR # el-expectations.el が置かれているディレクトリ
ELMOCK_DIR # el-mock.el が置かれているディレクトリ

実行

$ make test

自動テスト

org-redmine は watchr を用いた自動テストを行っています。

$ watchr test.watchr

上記コマンドを実行後、org-redmine.el か test/org-redmine-test.el が変更されたら、 自動的にテストが実行されます。

ライセンスについて

このプロジェクトは MAHALO ライセンスです。詳しくは LICENSE.ja ファイルをご覧下さい。

Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.