No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
Anthy
English.lproj
Icons * Growl support Mar 17, 2009
Japanese.lproj
M17NLib
MacUIM.xcodeproj
Mozc
PRIME
Package
Sources
UIM
Info-Helper.plist
Info-MacUIM.plist
Info-PrefPane.plist
README.ja
deploy
get_skkdic

README.ja

-*- mode: rd -*-

= MacUIM

== MacUIMビルド環境の構築

かなり複雑です。健闘を祈る!

MacUIM本体だけビルドしたい場合は「/opt/macuimのgettext」と「MenuCracker」
から実行すればOK。

以下を実行する前に/Library/Frameworks/UIM.framework, /opt/macuimを削除
しておく。

=== /opt/macuimの準備

gettext, pkgconfig, glib, saryをビルドし、/opt/macuimにインストールする。
これらはsary-rubyとprimeのビルド用で、ユーザーの環境にインストールする
必要はない。

 % sudo mkdir /opt/macuim

==== gettext

PRIMEディレクトリにgettex-0.14.5.tar.gzを展開する。
gettext-0.14.5ディレクトリでパッチを当ててから、build-gettextを実行する。

 % cd PRIME
 % tar zxvf gettext-0.14.5.tar.gz
 % cd gettext-0.14.5
 % patch -p1 < ../gettext-0.14.5-mac.patch
 % ../build-gettext
 
make installで/opt/macuimにインストールする。

 % sudo make install

==== pkgconfig

PRIMEディレクトリにpkgconfig-0.15.0.tar.gzを展開し、build-pkgconfigでビルド
する。

 % tar zxvf pkgconfig-0.15.0.tar.gz
 % cd pkgconfig-0.15.0
 % ../build-pkgconfig

make installで/opt/macuimにインストールする。

 % sudo make install

==== glib

PRIMEディレクトリにglib-2.12.0.tar.bz2を展開し、パッチを当ててから
build-glibでビルドする。

 % tar jxvf glib-2.12.0.tar.bz2
 % cd glib-2.12.0
 % patch -p1 < glib-2.12.0-mac.patch
 % ../build-glib

make installで/opt/macuimにインストールする。

 % sudo make install

==== sary

sary-?.?.?.tar.gzをhttp://sary.sourceforge.net/からダウンロードし、展
開して、以下のようにビルドする。

 % cd sary-1.2.0
 % ../build-sary

make installで/opt/macuimにインストールする。

 % sudo make install

=== PRIMEのビルド

==== rubyモジュールのビルド

(Mac OS 10.3以前のみ)

PRIME 0.9以降をRuby 1.6で使用するには、libiconv-rubyが必要である。
PRIMEをUNIXドメインソケット・モードで実行するためには、コンパイルし直
したsocketモジュールが必要である。

===== libiconv-ruby

(Mac OS 10.3以前のみ)

libiconv-ruby_0.4.5.orig.tar.gzを
http://higgs.djpig.de/ubuntu/www/hoary/source/libiconv-ruby
からダウンロードする。

libiconv-ruby_0.4.5.orig.tar.gzをPRIMEディレクトリに展開し、以下のよう
にインストールする。

 % cd iconv-0.4.5
 % ../build-iconv

これによって、Package/dest/Library/PRIME/lib/rubyにiconv.rbがコピーさ
れる。

===== socket

(Mac OS 10.3以前のみ)

Mac OS XのRuby 1.6.8に含まれるsocketモジュール(socket.bundle)はUNIXド
メインソケットが無効になっているため、コンパイルし直して使用する。
ruby-1.6.8のソースを適当な所からダウンロードし、展開してから、以下のよ
うにビルドする。

 % cd ruby-1.6.8/ext/socket
 % ruby extconf.rb
 % make

できたsocket.bundleをPackage/dest/Library/PRIME/lib/rubyにコピーする。

==== sary-ruby

sary-ruby-?.?.?.tar.gzをhttp://sary.sourceforge.net/からダウンロードし、
展開して、以下のようにビルドする。

 % cd sary-ruby-1.2.0
 % ../build-sary-ruby

これによって、sary.bundleがPackage/dest/Library/PRIME/lib/rubyにコピー
される。

==== ruby-progressbar

ruby-progressbar-0.9.tar.gzを
http://namazu.org/~satoru/ruby-progressbar/からダウンロードし、展開し
て、中に含まれるprogressbar.rbをPackage/dest/Library/PRIME/lib/rubyに
コピーする。

 % cd ruby-progressbar-0.9
 % cp progressbar.rb ../../Package/dest/Library/PRIME/lib/ruby

==== suikyo

suikyo-2.1.0.tar.gzをhttp://prime.sourceforge.jp/src/からダウンロー
ドし、展開して、以下のようにビルドする。

 % cd suikyo-2.1.0
 % ../build-suikyo

これによって、suikyoがPackage/dest/Library/PRIME/lib/rubyにインストー
ルされる。

==== prime

prime-x.x.x.tar.gzを展開して、以下のようにビルドする。

 % cd prime-x.x.x
 % patch -p1 < ../prime-1.0.0.1-crash.patch
 % ../build-prime

これによって、primeがPackage/dest/Library/PRIMEにインストールされる。

==== prime-dict

prime-dict-x.x.x.tar.gzを展開して、以下のようにビルドする。

 % cd prime-dict-x.x.x
 % ../build-prime-dict

これによって、prime-dictがPackage/dest/Library/PRIMEにインストールされ
る。

==== uimに必要なライブラリの準備

==== インストール

Package/dest/LibraryにあるPRIMEディレクトリを/Libraryにコピーする。

=== anthyのビルド

anthy-xxxxをダウンロードする(xxxxはバージョン番号)。

Anthyディレクトリにanthy-xxxxを展開する。

 MacUIM/
   Anthy/
     anthy-xxxx/

Anthy/anthy-xxxxディレクトリで以下を実行する。

 % ../build

Package/dest/Library/Anthyディレクトリが作成される。
このAnthyディレクトリを/Libraryにコピーする。

=== m17nlibのビルド

==== 準備

m17nlibのビルドにはX11が必要である。Mac OS Xにプリインストールされてい
ない場合、AppleからX11.appをダウンロードして入れるか、Finkを使ってイン
ストールする。

/Library/Frameworks/UIM.frameworkをゴミ箱に移動する。
Package/dest/Library/Frameworks/UIM.frameworkが存在する場合、それもゴ
ミ箱に移動する。

 % mv /Library/Frameworks/UIM.framework ~/.Trash
 % mv Package/dest/Library/Frameworks/UIM.framework ~/.Trash

mvの代わりにrmする場合、あらかじめMacUIMでない別の入力プログラム(こと
えりなど)に変更しておかないと、アプリが異常終了するので注意する。

==== ispell

M17NLibディレクトリにispell-x.x.x.tar.gzを展開し、パッチを当てる。

 % cd ispell-3.2.06
 % patch -p1 < ../ispell-3.2.06-mac.patch

以下のようにビルドし、インストールする。

 % ../build-ispell

/Library/M17NLibディレクトリとPackage/dest/Library/M17NLibディレクトリの両方
にインストールされる。

==== m17n-db

M17NLibディレクトリにm17n-db-x.x.x.tar.gzを展開する。

m17n-db-x.x.xディレクトリにglibc-x.x.x.tar.gzを展開する。
glibcは適当なFTPサイトからダウンロードする。

m17n-db-x.x.xディレクトリで以下を実行する。

 % ../build-db <glibc_version>

例)
 % ../build-db 2.3.3

/Library/M17NLibディレクトリとPackage/dest/Library/M17NLibディレクトリの両方
にインストールされる。

==== m17n-lib

M17NLibディレクトリにm17n-lib-x.x.x.tar.gzを展開する。

m17n-libディレクトリでパッチを当ててビルドする。

 % for i in ../*.patch; do patch -p1 < $i; done
 % ../build-lib

/Library/M17NLibディレクトリとPackage/dest/Library/M17NLibディレクトリの両方
にインストールされる。

=== pixman
=== libpng
=== atk
=== cairo
=== pango
=== gtk+2

=== uimのビルド

FinkなどでperlのXML::Parseモジュールをインストールしておく。

UIMディレクトリにuim-x.x.x.tar.gzを展開する。

 MacUIM/
   UIM/
     uim-x.x.x/

MacUIM用のパッチを当てる。
uim-x.x.xディレクトリで以下を実行する。

 % for i in ../uim*.patch; do patch -p1 < $i; done


続いて、以下のようにビルドする。

 % ../fwbuild <version> <build>

<version>のフォーマットは<major>.<minor>.<tiny>とし、uimのバージョン番
号に従う(例: 0.2.5)。
ただし、uimのバージョンがtiny以下を含む場合、tinyまでとする。
例えば、uim-0.2.5.2の場合、0.2.5とする。

<build>はuimのバージョンが上がるごとに1からカウントし直す(例: 1)。

これによって、Package/dest/Library/FrameworksにUIM.frameworkができる。
これを/Library/Frameworksにコピーする。

=== MenuCracker

Mac OS X 10.3は通常、MenuExtraの使用を許可していない。そのため、ヘルパー
アプレットを動作させるために、MenuCrackerを使用する必要がある。

以下のURLからMenuCrackerのソースをダウンロードし、ユニバーサルバイナリとしてビルドする。
http://menucracker.cvs.sourceforge.net/

 % cvs -d:pserver:anonymous@menucracker.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/menucracker login
 % cvs -z3 -d:pserver:anonymous@menucracker.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/menucracker co -P

MenuCracker.menuをMacUIM/Sources/MenuCrackerに置く。
以下のようなディレクトリ構成になる。

 MacUIM/
   Sources/
     MenuCracker/
       MenuCracker.menu

=== Growl

Growlでメッセージを通知するために使用。
http://growl.info/files/source/Growl-1.2.2-src.tbzをダウンロードし、パッチを当てGrowl.frameworkを作成。

 % cd Growl-1.2.2-src
 % patch -p0 < ../growl.diff
 % ../build-growl

以下のようなディレクトリ構成になる。

 MacUIM/
   Sources/
     Growl/
       Growl.framework

=== Mozc のビルド

Mozcディレクトリで
 % ./build --clear-patch && ./build --apply-patch && ./build
すると、Package/dest/Library/MozcにMozcConverter.appとMozcTool.app、
Package/dest/Library/LaunchAgents/org.mozc.inputmethod.Japanaes.Converter.plistが配置される。また、UIM.framework内にlibuim-mozc.so、mozc*.scmがコピーされる。

MozcTool.appの作成には、Qt4 (Carbon i386) framework が必要である。

== MacUIMのビルド

配布するバージョンをビルドする場合はdeployを実行する。
これによってMacUIMがPackage_contentsディレクトリに置かれる。
 
Input Methods/MacUIM.app     - MacUIM本体
PreferencePanes/MacUIM.prefPane - 環境設定

=== リリース用

トップディレクトリのdeployを実行すると、Releaseビルドスタイルでビル
ドされ、Package/Package_contentsディレクトリにMacUIMができる。

deployで作成したMacUIMはデバッグオプションが無効になっている。

=== デバッグ用

deployコマンドでなく、Xcodeで普通にビルドする。
buildディレクトリにMacUIMができる。

=== インストール

MacUIM.appを/Library/Input Methodsに、
MacUIM.prefPaneを/Library/PreferencePanesにコピーする。

== SKK辞書

get_skkdicを実行。
これによって Package/dest/Library/Dictionaries/SKK ディレクトリに
SKK-JISYO.[LMS]がダウンロードされる。

インストールする場合はSKKディレクトリを/Library/Dictionariesにコピーする。

== パッケージ作成

上記すべてを実行したら、PackageMakerでPackage/MacUIM.pmdocを開き、パッケージを
作成する(control + b)。
このとき、ファイル名はMacUIM-<source_version>-<release_version>.pkgとする。

パッケージファイル(.pkg)から.dmgファイルを作成し、リリースする。


== パッケージにせず、ローカルでテストする場合

UIM.frameworkを /Library/Frameworks に、MacUIM.appを
/Library/Input Methods にコピーし、ログインし直す。


== ログインし直すのが面倒な場合

killloginをPATHが通っている場所にインストールし、コマンドラインから
killloginとすることで、loginwindowがkillされ、自動的に再ログインされる。

Script Menuを使うこともできる。
Script Menuは /Applications/AppleScript/Install Script Menu.app を実行
しインストールする。
killloginを ~/Library/Scripts にコピーすることで、メニューバーからこれ
を実行することが可能になる。