Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
1039 lines (839 sloc) 34.9 KB
.. todo:: もしかしてRPIだとそのまま動画が録画できるか
.. todo:: インストールが進むにつれてバックトラックをふやす
.. todo:: 無線LANの設定
.. todo:: rabbitのようなものでプレゼンできるか
.. todo:: bccksで豆本にできるか
.. todo:: latexに変換してみる
.. todo:: latex環境設定
.. todo:: facebookページとの連携:主なニュース取得とか
.. todo:: raid設定
.. todo:: tmpfs/unionfsまわり
.. todo:: http://www.fml.org/home/fukachan/ja/tech.netbsd.html
.. todo:: brasero,cheese,rhythmbox,sound juicer,totem
.. todo:: firefox,thunderbird
.. todo:: http://www.sekaichizu.jp/atlas/japan/area.html

NetBSDのご紹介

こういうOSが欲しい

世界中にあるコンピュータ、昔の計算機から最近のパソコン、組み込み系まで、身の回りで目についたすべてのコンピュータで動くOSは、どのようなものでしょうか?コンピュータに接続できる機器もたくさんあります。手持ちの周辺機器を全部利用できるOSを考えてみましょう。これまでに利用したことのあるソフトウェアすべてを動かすことのできるOSはどのようなものであればよいでしょうか?ソースコードを自由に読んだり、書いたり、引用したり、配布したり、売ったり買ったりできるOSを、世界中の人々と共同で作るためにはどのような枠組みがあればよいでしょうか?

NetBSD

NetBSDは、4.3/4.4BSD&386BSDベースのOSです。 プロジェクトは1993年3月21日から開始していて、現在も活発に開発が進んでいます。 60種類以上のハードウェアを、単一ソースツリーでサポートしています。

ハードウェア依存/非依存部分を分離しており、IPv6をはじめとする最新のネットワークプロトコルをサポートしています。 ソースコードは、商用ルータ・プリンタ・家電製品・ゲーム機など、幅広い機器に組み込まれています。 OSとして組み込まれることもあれば、ネットワーク機能など、一部のコードが取り込まれることもあります。

NetBSDのウエブサイトは、http://www.NetBSD.org/ です。

NetBSD全般に関するガイドは、http://www.NetBSD.org/docs/guide/en/ にあります。

BSDライセンス

2 条項 BSD ライセンス

http://www.jp.NetBSD.org/ja/about/redistribution.html

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

  1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
  2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

2条項BSDライセンス(訳)

http://www.jp.NetBSD.org/ja/about/redistribution.html

ソースおよびバイナリー形式の再配布および使用を、変更の有無にかかわらず、 以下の条件を満たす場合に認める:

  1. ソースコードの再配布においては、上記の著作権表示、この条件の列挙、下記の注意書きを残すこと。
  2. バイナリー形式の再配布においては、上記の著作権表示、この条件の列挙、下記の注意書きを、 配布物に附属した文書および/または他のものに再現させること。

このライセンスの前には著作権表示そのものが付きます。この後には注意書きが付き、このソフトウェアに関して問題が生じても、作者は責任を負わないと述べます。

BSDライセンスとNetBSD

NetBSDのソースコードを自由に売ることができます。 NetBSDのソースコードから作ったバイナリを売ることもできます。バイナリのソースコードを公開する義務はありません。

ライセンス条項が異なるソースを分離する

NetBSDの配布物には、2 条項 BSD ライセンスのソースコードで書かれているソフトウェアと、そうでないソフトウェアが含まれています。NetBSDでは、ライセンス条項が違うソースコードをディレクトリごとに分けて管理しています。
%  ls /usr/src/external/
CVS             atheros         gpl2            intel-fw-eula   mit
Makefile        broadcom        gpl3            intel-fw-public public-domain
README          bsd             historical      lgpl2           realtek
apache2         cddl            ibm-public      lgpl3           zlib

単一ソースツリー

NetBSDは、単一ソースツリーで15種類のCPUアーキテクチャと58種類以上のプラットホームで動きます。

% ls /usr/src/sys/arch
CVS          bebox        hp300        m68k         pmax         sun3
Makefile     cats         hp700        mac68k       powerpc      sun68k
README       cesfic       hpc          macppc       prep         usermode
acorn26      cobalt       hpcarm       mips         rs6000       vax
acorn32      dreamcast    hpcmips      mipsco       sandpoint    x68k
algor        emips        hpcsh        mmeye        sbmips       x86
alpha        epoc32       hppa         mvme68k      sgimips      xen
amd64        evbarm       i386         mvmeppc      sh3          zaurus
amiga        evbmips      ia64         netwinder    sh5
amigappc     evbppc       ibmnws       news68k      shark
arc          evbsh3       iyonix       newsmips     sparc
arm          evbsh5       landisk      next68k      sparc64
atari        ews4800mips  luna68k      ofppc        sun2

ソースコードからNetBSDをコンパイルする

ソースコードからNetBSDのインストールCDをコンパイルしてみましょう。

ダウンロード

ソースコードをダウンロードします。

% ftp ftp://ftp.jp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-current/tar_files/src.tar.gz

展開

ソースコードを展開します。

% tar xvzf src.tar.gz

コンパイル

ここではbuild.shを利用して、i386用のバイナリを作ってみます。

  • -U
スーパーユーザー以外の権限でコンパイルするときに指定します。
  • -m 機種種類
どの機種向けの実行ファイルを作るのか指定します。
% cd src
% ./build.sh -U -m i386 release
       :
===> Successful make release
===> build.sh ended:      Tue Jul  2 15:37:03 JST 2013
===> Summary of results:
        build.sh command:    ./build.sh -U -m i386 release
        build.sh started:    Tue Jul  2 17:38:40 JST 2013
        NetBSD version:      6.99.22
        MACHINE:             i386
        MACHINE_ARCH:        i386
        Build platform:      Linux 2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64 x86_64
        HOST_SH:             /bin/sh
        No $TOOLDIR/bin/nbmake, needs building.
        Bootstrapping nbmake
         MAKECONF file:       /etc/mk.conf (File not found)
        TOOLDIR path:        /home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64
        DESTDIR path:        /home/jun/NetBSD/src/obj/destdir.i386
        RELEASEDIR path:     /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
        Created /home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64/bin/nbmake
        Updated makewrapper: /home/jun/NetBSD/src/obj/tooldir.Linux-2.6.32-358.11.1.el6.centos.plus.x86_64-x86_64/bin/nbmake-i386
        Successful make release
        build.sh ended:      Tue Jul  2 19:37:03 JST 2013
===> .

コンパイルが正常に終了しました。NetBSD/i386のファイルができています。

% ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386
INSTALL.html  INSTALL.more  INSTALL.ps  INSTALL.txt  binary  installation
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386/binary/sets/
MD5       etc.tgz              kern-XEN3PAE_DOM0.tgz  man.tgz      text.tgz
SHA512    games.tgz            kern-XEN3PAE_DOMU.tgz  misc.tgz
base.tgz  kern-GENERIC.tgz     kern-XEN3_DOM0.tgz     modules.tgz
comp.tgz  kern-MONOLITHIC.tgz  kern-XEN3_DOMU.tgz     tests.tgz

次に、OSのCD-ROMイメージを作ってみましょう。

% ./build.sh -U -m i386 iso-image
      :
    RELEASEDIR path:     /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
      :
    Successful make iso-image

正常に終了すると、NetBSD/i386のCD-ROMイメージができています。このイメージは、VirtualBoxなどでも利用できます。

$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
NetBSD-6.99.22-i386.iso          ..... CDROMイメージができました!

次に、USBメモリに書き込むとブートするインストールイメージを作ってみましょう。

% ./build.sh -U -m i386 install-image
 RELEASEDIR path:     /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
      :
 Successful make install-image
$ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5  NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz  NetBSD-6.99.22-i386.iso  SHA512
    ...... USBメモリにコピーするとインストールできるイメージができました!

次に、USBメモリに書き込むとそのまま使えるLiveイメージを作ってみましょう。

% ./build.sh -U -m i386 live-image
 RELEASEDIR path:     /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir
$ ls  /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5
NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-sd0root.img.gz ... liveイメージができました!
NetBSD-6.99.22-i386-live-wd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386.iso
SHA512

X11も作ってみる

X11を含んだ形のCD-ROMイメージを作ってみましょう。

% cd ..
% ls
src  src.tar.gz
% ftp ftp://ftp.jp.NetBSD.org/pub/NetBSD/NetBSD-current/tar_files/xsrc.tar.gz
% tar xzvf xsrc.tar.gz
% ls
src  src.tar.gz  xsrc  xsrc.tar.gz
% cd src
% ./build.sh -U -u -X ../xsrc -x -m i386 release
-u オプション: 初期化しない
-X [パス名]  : Xを作る。パス名を指定しない場合/usr/xsrc

Xのコンパイルができました。X関連のtgzファイルができています。

% $ ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/i386/binary/sets
MD5       games.tgz              kern-XEN3_DOM0.tgz  tests.tgz  xfont.tgz
SHA512    kern-GENERIC.tgz       kern-XEN3_DOMU.tgz  text.tgz   xserver.tgz
base.tgz  kern-MONOLITHIC.tgz    man.tgz             xbase.tgz
comp.tgz  kern-XEN3PAE_DOM0.tgz  misc.tgz            xcomp.tgz
etc.tgz   kern-XEN3PAE_DOMU.tgz  modules.tgz         xetc.tgz

Xを含むCD-ROM/起動イメージを作ってみましょう。

% ./build.sh -U -u -m i386 iso-image
% ./build.sh -U -u -m i386 install-image
% ./build.sh -U -u -m i386 live-image
% ls ls /home/jun/NetBSD/src/obj/releasedir/images/
MD5
NetBSD-6.99.22-i386-install.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-sd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386-live-wd0root.img.gz
NetBSD-6.99.22-i386.iso
SHA512

X Window システムの初期設定

X Windowシステムも含めてインストールした場合、以下の手順で設定ファイルを作ります。

% su root                  .... root権限で実行します。
# X -configure             .... /root/xorg.conf.new ができます。
# mv /root/xorg.conf.new /etc/X11/xorg.conf
% startx                   .... twmの画面が出てくれば成功です!twm!twm!
% xeyes &                  .... 浮動小数点チェック:ちゃんと目が回るかな?

.xinitrc のコピー

cp /etc/X11/xinit/xinitrc ~/.xinitrc

キーボードレイアウトの変更

コンソール画面ではwsconsを利用して、キーボードレイアウトを変更します。

% more /etc/wscons.conf
     :
# Select a kernel builtin keyboard map by uncommenting the following line and
# altering the country code to your requirements
# (choose from user, us, uk, be, cz, dk, nl, fi, fr, de, gr, hu, it, jp, no,
# pl, pt, ru, es, sv, sf, sg, ua)
# See wsconsctl(8), pckbd(4), ukbd(4) etc. for more details.
#encoding us.swapctrlcaps
encoding jp.swapctrlcaps    .... この行を追加します

X Window システムでは、setxkbmapコマンドを利用して、レイアウトを切り替えます。

setxkbmap -model jp106 jp -option ctrl:swapcap

外部ディスプレイへの出力切り替え

外部ディスプレイへの出力は、xrandrコマンドで行います。xrandrを実行すると、X画面が表示されますが、色がおかしい場合、コンソールを一度、X以外に切り替えてからX画面に戻ると正しく表示されます。うまく切り替わらない場合は、/etc/rc.confに、wscons=YESが指定してあるか確認してください。
% grep wscons /etc/rc.conf
wscons=YES
% xrandr --auto    ... 外部ディスプレイ端子に出力されます。
Control+Alt+F4 を押して、コンソール画面に切り替えます。
Control+Alt+F5 を押して、X画面に戻ります。

ネットワーク設定

DHCPでつないでみる

# dhcpcd ale0

無線LANの設定(WEP)

# ifconfig ath0 up
# ifconfig ath0 ssid "SSIDをここに書く" nwkey "WEPキーをここに書く"

無線LANの設定(WPA-PSK)

% cat wpa.conf
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant

ctrl_interface_group=wheel

network={
       ssid="SSIDをここに書く"
       scan_ssid=1
       key_mgmt=WPA-PSK
       psk="pskをここに書く"
}
# /usr/sbin/wpa_supplicant -B -i athn0 -c wpa.conf
# dhcpcd athn0

rc.d

# ls /etc/rc.d
DAEMON          downinterfaces  ldpd            perusertmp      savecore
DISKS           envsys          local           pf              screenblank
LOGIN           fccache         lpd             pf_boot         securelevel
NETWORKING      fsck            lvm             pflogd          sshd
RCS             fsck_root       makemandb       postfix         staticroute
SERVERS         ftp_proxy       mdnsd           powerd          swap1
accounting      ftpd            mixerctl        ppp             swap2
altqd           gpio            mopd            pwcheck         sysctl
amd             hostapd         motd            quota           sysdb
apmd            httpd           mountall        racoon          syslogd
bluetooth       identd          mountcritlocal  raidframe       timed
bootconf.sh     ifwatchd        mountcritremote raidframeparity tpctl
bootparams      inetd           mountd          random_seed     ttys
ccd             ipfilter        moused          rarpd           veriexec
cgd             ipfs            mrouted         rbootd          virecover
cleartmp        ipmon           named           rndctl          wdogctl
cron            ipnat           ndbootd         root             wpa_supplicant
dbus            ipsec           network         route6d         wscons
devpubd         irdaattach      newsyslog       routed          wsmoused
dhclient        iscsi_target    nfsd            rpcbind         xdm
dhcpcd          isdnd           nfslocking      rtadvd          xfs
dhcpd           isibootd        npf             rtclocaltime    ypbind
dhcrelay        kdc             ntpd            rtsold          yppasswdd
dmesg           ldconfig        ntpdate         rwho            ypserv
# cat /etc/rc.conf
    :
wscons=YES
rtclocaltime=YES
hostname=yourhostname.example.com
ip6mode=autohost
rtsol=YES
sshd=YES
powerd=YES
dbus=YES

httpdの起動方法

NetBSDには、標準でbozohttpdというhttpdプログラムが含まれています。以下の手順で起動できます。
# cat > /var/www/index.html << EOF
<TITLE>test page</TITLE>
test
EOF
# /etc/rc.d/httpd onestart
# grep httpd /etc/rc.conf
httpd=YES
# /etc/rc.d/httpd start
# /etc/rc.d/httpd stop

Tier I/II/III

Tier I

Tier I: Focus — support is part of NetBSD's strategy
Port CPU Machines Latest Release
amd64 x86_64 64-bit x86-family machines with AMD and Intel CPUs 6.1
evbarm arm ARM evaluation boards 6.1
evbmips mips MIPS-based evaluation boards 6.1
evbppc powerpc PowerPC-based evaluation boards 6.1
hpcarm arm StrongARM based Windows CE PDA machines 6.1
i386 i386 32-bit x86-family generic machines ("PC clones") 6.1
sparc64 sparc Sun UltraSPARC (64-bit) 6.1
xen i386 x86_64 Xen Virtual Machine Monitor 6.1

Tier II

Tier II: Organic — evolving at its own pace
Port CPU Machines Latest Release
acorn26 arm Acorn Archimedes, A-series and R-series systems 6.1
acorn32 arm Acorn RiscPC/A7000/NC and compatibles 6.1
algor mips Algorithmics MIPS evaluation boards 6.1
alpha alpha Digital Alpha (64-bit) 6.1
amiga m68k Commodore Amiga, MacroSystem DraCo 6.1
amigappc powerpc PowerPC-based Amiga boards 6.1
arc mips Machines following the Advanced RISC Computing spec 6.1
atari m68k Atari TT030, Falcon, Hades 6.1
bebox powerpc Be Inc's BeBox 6.1
cats arm Chalice Technology's Strong Arm evaluation board 6.1
cesfic m68k CES's FIC8234 VME processor board 6.1
cobalt mips Cobalt Networks' Microservers 6.1
dreamcast sh3 Sega Dreamcast game console 6.1
emips mips Machines based on "Extensible MIPS" 6.1
evbsh3 sh3 Evaluation boards with Renesas (Hitachi) Super-H SH3 and SH4 CPUs 6.1
ews4800mips mips NEC's MIPS based EWS4800 workstations 6.1
hp300 m68k Hewlett-Packard 9000/300 and 400 series 6.1
hp700 hppa Hewlett-Packard 9000/700 series 6.1
hpcmips mips MIPS based Windows CE PDA machines 6.1
hpcsh sh3 Renesas (Hitachi) SH3 and SH4 based Windows CE PDA machines 6.1
ia64 itanium Itanium family of processors none
ibmnws powerpc IBM Network Station Series 1000 6.1
iyonix arm Iyonix ARM pc 6.1
landisk sh3 SH4 based NAS appliances by I-O DATA 6.1
luna68k m68k OMRON Tateisi Electronics' LUNA series 6.1
mac68k m68k Apple Macintosh 6.1
macppc powerpc Apple Power Macintosh and clones 6.1
mipsco mips Mips family of workstations and servers 6.1
mmeye sh3 Brains' mmEye Multi Media Server 6.1
mvme68k m68k Motorola MVME 68k SBCs 6.1
mvmeppc powerpc Motorola MVME PowerPC SBCs 6.1
netwinder arm StrongARM based NetWinder machines 6.1
news68k m68k Sony's m68k based "NET WORK STATION" series 6.1
newsmips mips Sony's MIPS based "NET WORK STATION" series 6.1
next68k m68k NeXT 68k 'black' hardware 6.1
ofppc powerpc Generic OpenFirmware compliant PowerPC machines 6.1
pmax mips Digital MIPS-based DECstations and DECsystems 6.1
prep powerpc PReP (PowerPC Reference Platform) and CHRP machines 6.1
rs6000 powerpc MCA-based IBM RS/6000 workstations 6.1
sandpoint powerpc Motorola Sandpoint reference platform 6.1
sbmips mips Broadcom SiByte evaluation boards 6.1
sgimips mips Silicon Graphics' MIPS-based workstations 6.1
shark arm Digital DNARD ("shark") 6.1
sparc sparc Sun SPARC (32-bit) 6.1
sun2 m68k Sun 2 6.1
sun3 m68k Sun 3 and 3x 6.1
vax vax Digital VAX 6.1
x68k m68k Sharp X680x0 series 6.1
zaurus arm Sharp C7x0/C860/C1000/C3x00 series PDA 6.1

Tier III: Life Support — severely incapacitated or broken

TierIII状態のPortはありません。

サポートしているCPU

Ports by CPU architecture
CPU Tier(s) Port(s)
alpha II alpha
arm I, II acorn26  acorn32  cats  evbarm  hpcarm  iyonix  netwinder  shark  zaurus
hppa II hp700
i386 I i386  xen
m68010 II sun2
m68k II amiga  atari  cesfic  hp300  luna68k  mac68k  mvme68k  news68k  next68k  sun3  x68k
mipseb I, II emips  evbmips ews4800mips  mipsco  newsmips  sbmips sgimips
mipsel I, II algor  arc  cobalt  evbmips  hpcmips  pmax  sbmips
powerpc I, II amigappc  bebox  evbppc ibmnws macppc  mvmeppc  ofppc  prep  rs6000  sandpoint
sh3eb II evbsh3 mmeye
sh3el II dreamcast  evbsh3  landisk  hpcsh
sparc II sparc
sparc64 I sparc64 (Can also run sparc binaries)
vax II vax
x86_64 I amd64 (Can also run i386 binaries), xen

NetBSDを使ってみる

daily-snapshot

ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ 以下には、 毎日コンパイルされているNetBSDの動作イメージがあります。 ミラーサイトは、http://nycdn.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ にあります。

ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/ の一覧
名前 サイズ 最終更新日時
HEAD   2013年07月10日 01時00分00秒
ファイル:README 1 KB 2012年11月21日 00時00分00秒
netbsd-5 2013年07月10日 01時00分00秒
netbsd-5-1 2013年07月05日 01時00分00秒
netbsd-5-2 2013年07月01日 01時00分00秒
netbsd-6 2013年07月04日 01時00分00秒
netbsd-6-0 2013年07月03日 01時00分00秒
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD の一覧
名前 サイズ 最終更新日時
201307060520Z   2013年07月06日 18時13分00秒
201307070030Z   2013年07月07日 12時23分00秒
201307071220Z   2013年07月08日 00時24分00秒
201307080020Z   2013年07月08日 12時17分00秒
201307081220Z   2013年07月09日 00時15分00秒
201307090630Z   2013年07月09日 18時29分00秒

PCでどの程度起動するか確認する

ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/images/NetBSD-6.99.23-amd64-install.img.gz

RPIでどの程度起動するか確認する

ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/evbarm/binary/gzimg/rpi.img.gz
ftp://nyftp.netbsd.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/201307080020Z/evbarm/binary/gzimg/rpi_inst.img.gz

ておくれイメージ

筒井さんが配布しているNetBSD/i386,amd64,WZero3で動作する イメージファイルがあります。 NetBSDの設定例としても優れているので、一読をおすすめします。

http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage  ...i386/amd64
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/netbsd/liveimage/wzero3.html ..WZero3
http://www.youtube.com/watch?v=Jl0BZVfVSLs ... WZero3起動動画
http://www.slideshare.net/tsutsuii/netbsdcrossliveimage
http://www.ceres.dti.ne.jp/tsutsui/osc12do/NetBSD-cross-liveimage.html

RaspberryPI用NetBSDイメージ

RaspberryPI用NetBSDイメージを配布しています。SDカードにコピーして、RaspberryPIから起動すると動作します。

ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/
ftp://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/jun/raspberry-pi/README-RPI.pdf

ドリームキャスト版CD

http://ftp.netbsd.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/dreamcast/
dreamcastbootcd-20101010.tar.gz
  1. CD-R付きNetBSDマシンで展開します。
  2. CD-R入れる
  3. makeすると、バイナリをダウンロードしてブートCDが焼ける
  4. dreamcastに入れるとNetBSDが起動します。

X68030エミュレータ XM6i

Windows/NetBSD/CentOS上で動くX68000エミュレータです。

  • NetBSD/x68kがブートします
  • http://xm6i.org/
  • OSC広島で祭り
  • 21世紀のX68→実機デバッグ&エミュレータデバッグ
  • CPU内部の挙動を細かく観測できる
  • ATCエントリが見える

WindowsCE向けNetBSD

MIPS系CPU搭載
NEC MobileGear SHARP Tellios
SH系CPU搭載
HP Jornadaシリーズ SEGA DreamCast
ARM系CPU搭載
Compaq iPAQ HP Jornadaシリーズ WZero3
ブートまでの流れ
コンパクトフラッシュを2分割します
WindowsCEの領域 NetBSD/hpcmipsの領域
WindowsCE上のブートローダからブート
メモリ空間を取れるだけ確保する
カーネルファイルをメモリ空間に送り込んで
NetBSDを起動します
NetBSD/hpcsh
  • SH搭載WindowsCEマシン向け
  • HP Jornada680 690 620LX
  • 日立ペルソナ HPW50 230
  • (NetBSD/sh3+NetBSD/hpcmips)/2+α
  • 従来の開発ノウハウとソフトウェア資産
  • NetBSD/hpcmipsとのソース共有化
  • NetBSD/Dreamcast互換
NetBSD/hpcarm
  • StrongArm搭載WindowsCEマシン向け
  • SA-1100/1110対応
  • HP Jornada720
  • WZero3
  • Compaq iPAQ
  • hpcファミリー中最速
NetBSD/evbarm
  • RPI
  • Gumstix
  • Netwalker
  • (KOBO)

新しく移植するときには

  1. まず、機種に依存しない部品を組み合わせます CPU..バス..
  2. 次に機種依存部分だけを追加します
  3. 足りない部分を作りこみます
  4. 自分で自分をコンパイルして、配布できる状態にします
  5. pkgsrcにあるソフトウェアを実際に動かしてみます
  6. 何か目的を持った配布イメージを配ってみます

 twitterクライアント,Webサーバ....

移植成果をNetBSDに組み込む

  • カーネル部分を移植する
  • セルフコンパイルでスナップショット作成
  • パッケージソフトウェアセットを作る
  • ドキュメント整備
  • Web・マニュアル・FAQ
  • インストーラを作る
  • メーリングリストを作る

プログラミング以外にすること

  • Port登録 NetBSD/???? 部分
  • Webページ作成
  • バグレポートデータベース作成
  • GNATS
  • マニュアル作成
  • インストールマニュアル・マニュアル・FAQ
  • メーリングリスト作成
  • ニュースとして報告

アーキテクチャに共通する部分

  • Package system
  • バス USB、CardBus
  • デバイスドライバ
  • オーディオフレームワーク
  • OSエミュレーション
  • バスサポート

仮想デバイス

  • Concatenated disk driver
  • Memory disk driver
  • RAIDframe disk
  • Random device
  • Vnode disk

物理デバイス

  • オーディオデバイス
  • WSCONS - ワークステーションコンソール
  • wsdisplay
  • wskbd
  • wsmouse

4.4BSD由来の機能

  • nullfs – loopbackマウント
  • unionfs – ファイルシステムを重ねる
  • lfs – 高速書き込み性能
  • NFS – NFSv3 NFSoverTCP
  • IP virtual hosting

NetBSD独自の改良

  • NFS – WebNFS
  • NFS over IPv6
  • UVM virtual memory system
  • UBC unified buffer cache system
  • Cardbus
  • Wscons
  • USB ver2.0
  • 64bit clean
  • Wireless networking
  • http://www.NetBSD.org/about/features.html
  • ZFS? Google Summer of Code

2038年問題

1970/1/19 0:0:0 GMTからの経過秒数
2^31-1=2147483647 2,147,483,648秒以上を表示できるか
対応済み:date -r 2147483648
Tue Jan 19 12:14:08 JST 2038
未対応:date -r 2147483648
Tue Jan 19 12:14:07 JST 2038

NetBSD:カーネル

  • 機種に依存する部分 i386/MIPS/SH/68000…
  • デバイスに依存する部分 PCIバス/ISAバス/PCMCIA…
  • その他 メモリ管理

新しいマシンをサポートするには

  • 搭載CPUがサポートされているか?
  • 搭載バスがサポートされているか?
  • 搭載デバイスがサポートされているか?
  • 共有部分はすべてで共有できる
  • サポートされていない部分だけを作り、CVSツリーに追加する

NetBSDのリリース

リリース版
2.0 3.0 4.0 5.0......
マイナーリリース
2.1.. 3.1...
パッチリリース
2.1.1... 3.1.1...
開発版
2.99 3.99 4.99 5.99...
カーネルAPIの変更があるとき
2.99.1...

NetBSD開発ロードマップ

NetBSD release announcements
NetBSD 0.8 20 Apr 1993
NetBSD 0.9 23 Aug 1993
NetBSD 1.0 26 Oct 1994
NetBSD 1.1 26 Nov 1995
NetBSD 1.2 04 Oct 1996
NetBSD 1.2.1 20 May 1997
NetBSD 1.3 04 Jan 1998
NetBSD 1.3.1 09 Mar 1998
NetBSD 1.3.2 29 May 1998
NetBSD 1.3.3 23 Dec 1998
NetBSD 1.4 12 May 1999
NetBSD 1.4.1 26 Aug 1999
NetBSD 1.4.2 19 Mar 2000
NetBSD 1.4.3 25 Nov 2000
NetBSD 1.5 06 Dec 2000
NetBSD 1.5.1 11 Jul 2001
NetBSD 1.5.2 13 Sep 2001
NetBSD 1.5.3 22 July 2002
NetBSD 1.6 14 Sep 2002
NetBSD 1.6.1 21 Apr 2003
NetBSD 1.6.2 01 Mar 2004
NetBSD 2.0 09 Dec 2004
NetBSD 2.0.2 14 Apr 2005
NetBSD 2.0.3 31 Oct 2005
NetBSD 2.1 02 Nov 2005
NetBSD 3.0 23 Dec 2005
NetBSD 3.0.1 24 July 2006
NetBSD 3.0.2 04 Nov 2006
NetBSD 3.1 04 Nov 2006
NetBSD 4.0 19 Dec 2007
NetBSD 4.0.1 14 Oct 2008
NetBSD 5.0 29 Apr 2009
NetBSD 5.0.1 02 Aug 2009
NetBSD 5.0.2 12 Feb 2010
NetBSD 5.1 19 Nov 2010
NetBSD 5.1.2 02 Feb 2012
NetBSD 5.2 03 Dec 2012
NetBSD 6.0 17 Oct 2012
NetBSD 6.0.1 26 Dec 2012
NetBSD 6.0.2 18 May 2013
NetBSD 6.1 18 May 2013

Automated Testing Framework

http://www-soc.lip6.fr/~bouyer/NetBSD-tests/xen/ に、i386/amd64に関する自動テストレポートがあります。

# cd /usr/tests;
# atf-run | atf-report

組織構成

  • Core 5人 テクニカルマネージメント
  • Port maintainer 28人 各実装に関する担当者
  • Developer CVS/WWW/FTP等開発資産に書き込みできる
  • アクティブなのは160人

NetBSD Foundation,Inc

developer

NetBSD開発者世界分布図

NetBSD開発者分布図

Developerになるには(1)

  • PGP/GnuPGの鍵を作る
  • fingerprint印刷
  • gpg --fingerprint jun@soum.co.jp
  • fingerprint交換
  • 他のDeveloperとfingerprint印刷を交換
  • 本人確認
  • 公的証明書を見せあって本人確認

Developerになるには(2)

  • 相手の鍵を取り込んで、fingerprint照合
  • gpg-email-confirm soda@netbsd.org..
  • ランダムな文字列を送る
  • メールを暗号化して送り返してもらう
  • 送った文字列とメールアドレスを照合する
  • 鍵にサインしてもらって送り返してもらう
  • Developerサイン入り自分の鍵ができる
  • 自分の鍵束にimport
  • pgp.mit.eduにサイン入り自分の鍵を登録する

世界中で打ち合わせをする時間

May 21 03:00 PM -0700 America/Los_Angeles
May 21 06:00 PM -0400 America/New_York
May 21 11:00 PM +0100 Europe/London
May 22 00:00 AM +0200 Europe/Berlin
May 22 01:00 AM +0300 Europe/Helsinki
May 22 07:00 AM +0900 Asia/Tokyo
May 22 08:00 AM +1000 Australia/Melbourne

Port-maintainer

  • 移植責任者
  • 57種類のうち15種類以上は日本人が担当
  • 日本人担当ハードウェア15/56
  • NetBSD動作マシン@日本

日本からの貢献

  • 国産ハードウェアサポート
  • ゲーム機・携帯情報端末サポート
  • IPv6/ IPSEC
  • Pkgsrc
  • CardBusサポート
  • MIPS/SH/m68K
  • NetBSD書籍が世界一多く出版される
  • developer22人

クロス開発環境

NetBSD/i386でクロスコンパイル
build.sh –m hpcmips
  • Pkgsrc/cross以下に各種パッケージ
  • Windows環境でクロスコンパイル
  • Cygwinなど
  • Linux上でクロスコンパイル
  • FreeBSD上でクロスコンパイル
  • distcc - コンパイルだけ速いマシンで
  • pkgsrcをクロスコンパイル
  • pkgsrcのcrossbuildでググる!
  • http://www.lins.jp/~obata/diary/200803242.html
  • クロス用toolsを作る

バイナリ互換性を利用する

  • Cobalt Qube2でhpcmipsバイナリ作成
  • MIPSでendian little =mipsel同士なら動く
  • ユーザランドはほとんどそのまま動く
  • パッケージも共通化
  • NetBSD/{pmax,cobalt,arc,hpcmips}で共通
  • 数GBある各種アプリケーション群を共通にする

エミュレーション環境

  • Linuxエミュレーション
  • i386以外のバイナリも動くようにする
  • FreeBSD
  • Windows2000/XP
  • PECOFF
  • Win32アプリケーションをそのまま動かす ゲーム/WINE
Unixware

NetBSD開発者情報

ftp/WWW/CVS/SUPサーバ
http://www.jp.NetBSD.org/ja/JP/sites.html
開発環境設定方法
http://www.NetBSD.org/developers/ http://releng.NetBSD.org

ソースコード取得方法

  • ftp
  • Cvs
  • cvsup
  • Sup
  • Anonymous CVS
  • rsync

www.netbsd.org 翻訳

現在
www.netbsd.org上のCVSリポジトリ 削除→各国のwwwサーバ
各国の翻訳
ドイツ語 韓国語 ポーランド語 フランス語 緊急度の高い情報を正確に広報する 古いドキュメントでもあった方がいいか そもそも英語のドキュメントは正確か

まとめ

  • NetBSDはいろんなハードで動きます
  • 自作ソフトをいろんなCPUで試せます
  • 最初から移植を考えて設計されています
  • 試作機に移植する工数が最小ですみます
  • 自分の専門分野だけを組み込めます
  • 自由に利用可能で再配布可能なOSです
  • 移植するとIPv6マシンに変貌
  • さまざまなCPU向けIPv6スタックがあります
  • 愛着あるハードウェアが生き返ります
  • 最新のネットワークコードが利用できます
  • もしかしたらリサイクル団体なんでしょうか?