Skip to content
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
242 lines (162 sloc) 8.1 KB
このパッケージには w3m を Emacs 上で動かすためのプログラム emacs-w3m が
含まれています.
1. はじめに
w3m は,伊藤彰則さんによって開発された World Wide Web に対応したペー
ジャです.あくまでページャですが,テキストベース WWW ブラウザとしても
使うことができます.詳細については,
http://w3m.sourceforge.net/
を参照してください.
emacs-w3m は,Emacs 上で動作する単なるインターフェースプログラムに過
ぎません.公式 Web ページの URL は,
http://emacs-w3m.namazu.org/
です.以下の説明のもっと詳しいものを,HTML 化された Info の形で読むこ
とができます.
http://emacs-w3m.namazu.org/info/
2. 動作環境
emacs-w3m をインストールする前に,必要な環境が整っているか調べてくだ
さい.
emacs-w3m を動かすには最新の w3m (バージョン 0.3.1 以上) が必要です.
このプログラムは w3m のバージョンに強く依存しているので,既に w3m を
インストールしてある場合は,それを確認してください.また,w3m のより
新しいバージョンがリリースされているかどうかをチェックするために,公
式の w3m ウェブページを訪問することをお勧めします:
http://prdownloads.sourceforge.net/w3m/
emacs-w3m に同梱して配布されている shimbun ライブラリを利用するために
は,FLIM を前もってインストールしておく必要があります.詳細については,
Info の「Shimbun Library」節を確認してください.
a) Emacs 21.x
emacs-w3m を動かすために,余分にインストールが必要なモジュールはあ
りません.
b) XEmacs 21.x
第一に,emacs-w3m は XEmacs 21.4.17 以上,および XEmacs 21.5-b19
以上だけをサポートすることに注意してください.加えて,
timer-funcs.el を含む最新の xemacs-base パッケージをインストールし
ておく必要があります.
APEL を前もってインストールしておく必要があります.次の場所にある
最新のものを使ってください.
http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/apel/
注意: APEL XEmacs パッケージ (SUMO に含まれています) のバージョン
1.32 より古いものは使えません.もしすでにそのような版のパッケージ
がインストールされているならば,それを更新するか,または上記のリ
ンクで示した APEL で置き換えるために,以下の命令を使ってください
(新規に APEL をインストールする場合も同じ命令を使うことができます):
% rm -fr /usr/local/lib/xemacs/xemacs-packages/lisp/apel
% cd apel-10.7
% make install-package XEMACS=xemacs-21.4.x\
PACKAGEDIR=/usr/local/lib/xemacs/xemacs-packages
XEmacs 21.x に emacs-w3m をインストールする場合は,必ず gifsicle
プログラムもインストールしてください.現在すべての XEmacs 21.x に
はオプティマイズされたアニメーション gif が正常に表示されなかった
り,ある種のインターレース gif を表示しようとするとクラッシュして
しまうバグがあります.emacs-w3m は gifsicle を利用して,gif データ
を XEmacs 21.x で扱える形式に変換します.これは次の場所から入手す
ることができます.
http://www.lcdf.org/gifsicle/
c) Emacs 20.x, Emacs 19.34 (含 Mule 2.3)
これらの Emacs を,emacs-w3m はサポートしません.
3. インストール
3.1. UNIX 系の環境でインストールする場合
最初に,configure スクリプトを実行してください.
% ./configure
もし、 configure スクリプトが見つかられなければ、 autoconf コマンド
を実行してください。 これは、 configure スクリプトを作成します。
% autoconf
Gnus ユーザへの重要なお知らせ:
==============================
いろいろなバージョンの Gnus がインストールされている場合 (リリース
版と開発版の Gnus があるかもしれません) は,あなたが使う gnus.elc
ファイルがインストールされているディレクトリが load-path の中で優先
されるようにしてください.それには以下のように `--with-addpath' オ
プションを使ってください.
% ./configure --with-addpath=/usr/local/share/emacs/site-lisp/gnus
APEL や FLIM などの必要なモジュールが,標準的ではないディレクトリに
インストールされている場合には,`--with-addpath' オプションを使って,
そのディレクトリを指定する必要があります (さらに,それに Gnus のディ
レクトリを `:' で分けて含めても構いません).
% ./configure --with-addpath=/opt/share/apel:/opt/share/flim
次に,emacs-w3m を適当なディレクトリにインストールするため,次のコ
マンドを実行してください.
% make
% make install
Emacs 21 または XEmacs を使っているならば,アイコン画像のファイルを
インストールした方が良いでしょう.それを行なうには:
% make install-icons
または
% make install-icons30
後者はちょっと大きな,文字も入ったアイコン画像を使うためのものです.
install の代わりに install-package を使うと,XEmacs の package とし
てインストールすることもできます.
% make
% make install-package
この場合 install-icons または make install-icons30 を実行する必要は
ありません.
`make install' または `make install-package' によって info ファイル
もインストールされます.
3.2. 非 UNIX 系の環境でインストールする場合
configure スクリプトを実行できない,または make コマンドが存在しな
い環境の場合は,以下のコマンドを実行してください.
% emacs -batch -q -no-site-file -l w3mhack.el NONE -f w3mhack-nonunix-install
APEL や FLIM などの必要なモジュールが,標準的ではないディレクトリに
インストールされている場合には,以下のようにそのディレクトリを指定
する必要があります.
% emacs -batch -q -no-site-file -l w3mhack.el //c/share/apel://c/share/flim -f w3mhack-nonunix-install
4. 設定
Emacs-w3m のいろんな変数をいじるときは,~/.emacs-w3m ファイル (これ
は `w3m-init-file' という変数のデフォルト値です) の利用を推奨します.
このファイルは ~/.emacs と似ていますが,こちらは emacs-w3m が起動する
ときに読み込まれます.しかし,例えば w3m-command のように,そこに書く
ことができないオプションがあることに注意してください.
4.1. 基本
次の設定を ~/.emacs ファイルに追加してください.
(require 'w3m-load)
XEmacs package として emacs-w3m をインストールしたのならば,この設
定は不要です.
4.2. mime-w3m
T-gnus や Wanderlust などの SEMI MUA 上で,メッセージ中の text/html
パートを emacs-w3m を使って表示させるには,以下の設定を ~/.emacs ファ
イルに追加する必要があります.
(require 'mime-w3m)
4.3. Proxy Gateway
これにはいくつかの方法があります.一つは環境変数 http_proxy を
shell 上で,こんなふうにグローバルに設定することです:
setenv http_proxy http://proxy.hogege.com:8000/
他に,オプション `w3m-command-arguments' をカスタマイズして,"-o"
および "http_proxy=http://PROXY_SERVER_NAME:PORT/" を追加する方法が
あります.これは ~/.emacs-w3m ファイルで以下のように行なうことも
できます.
(setq w3m-command-arguments
(nconc w3m-command-arguments
'("-o" "http_proxy=http://proxy.hogege.com:8000/")))
環境変数 no-proxy にコンマで区分けされたホスト名を設定するか,また
は以下のようにドメイン名 (ホスト名ではない) のリストをオプション
`w3m-no-proxy-domains' に設定することによって,proxy ゲートウェイを
使わずに接続するホストを指定することができます.
(setq w3m-no-proxy-domains '("local.com" "neighbor.com"))
no-proxy ホストの設定に正規表現を使うには,オプション
`w3m-command-arguments-alist' のドキュメントを見てください.
5. 連絡先
バグリポート,改善への貢献,提案,または助けを求めるには,メールを
<emacs-w3m@namazu.org> 宛に送ってください.もし `mail-user-agent' を
正しく動作するように設定してあれば,`report-emacs-w3m-bug' コマンドか
`C-c C-b' キーを使ってバグリポートを送ることもできます.
6. 謝辞
伊藤彰則さんによって開発された w3m がなければ,このプログラムは存在し
ませんでした.最大の謝意を,伊藤さんに捧げたいと思います.
7. 関連情報
[1] APEL
http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/apel/ から
入手できます.
[2] FLIM
http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~tomo/lemi/dist/flim/flim-1.14/
から入手できます.APEL に依存しています.
[3] gifsicle
http://www.lcdf.org/gifsicle/ から入手できます.
Local Variables:
mode: indented-text
mode: outline-minor
outline-regexp: "[0-9]\\.[0-9]\\.[0-9]\\.\\|[0-9]\\.[0-9]\\.\\|[0-9]\\."
coding: euc-japan
use-kuten-for-period: nil
use-touten-for-comma: nil
fill-column: 72
End:
Something went wrong with that request. Please try again.