Skip to content
PHP テストワークショップ @ Laravel JP Conference
PHP
Branch: master
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
answer 平成最後を20日から30日に修正 Feb 17, 2019
docs add docs direcotry Feb 17, 2019
src
tests 空ディレクトリ作成 Feb 13, 2019
.gitignore 空ディレクトリ作成 Feb 13, 2019
README.md readme更新 Feb 16, 2019
composer.json namespaceの修正 Feb 7, 2019
composer.lock add gitignore and composer.json Feb 7, 2019
phpunit.xml phpunit.xml作成 Feb 16, 2019

README.md

PHP テストワークショップ @ Laravel JP Conference

こちらの資料は、Laravel JP ConferencePHPテストワークショップで使用するものになります。

概要

【はじめに】

皆さん、普段ユニットテストコードを書いていますか?
テストは私たちが実装するプログラムが期待通りの動作をしていない場合に自動検知することができ、「間違ったコードを書かない」ために必要不可欠といえます。
しかし、正しいテストを書くには、どの程度のテストコードを書けば必要十分かを学び、同値分析や境界値分析などの専門知識を身につける必要があり、簡単なスキルとはいえません。
このワークショップではまずテストの基礎知識やメリット・デメリットを再確認し、その後に堅牢なWEBアプリケーションを作成するためのテストの書き方をハンズオン形式で学びます。

【タイムスケジュール】
13:00~13:10 概要説明
13:10~13:40 テストのメリット・デメリットを再確認
13:40~14:20 初めてのユニットテスト
14:20~15:50 本格的なテストのハンズオン
15:50~16:00 まとめ

【注意事項】
本ワークショップはトータル180分間(3時間)を予定します。
参加される際には以下の注意事項をよくお読みのうえご準備ください。

■注意事項
座学の後にお手持ちのノートPCを使ってプログラム実装を行って頂きますので、必ずノートPCをお持ち下さい。
また以下の準備が完了していない場合、ハンズオンを受講できない場合があります。

  1. 以下の手順に沿ってPHPがインストールされていること http://php.net/manual/ja/install.php

  2. 以下の手順に沿ってcomposerがインストールされていること https://getcomposer.org/download/

  3. PHPプログラムを書くためのテキストエディタがインストールされていること PHPStorm・VS Code等、普段お使いのもので結構です

■想定する受講者
PHPプログラムをこれまでに概ね3ヶ月以上開発した事があり、基礎的な文法知識を身につけている方を対象としています。
これまで全くPHPプログラムを開発したことがない方は対象としておらず、ハンズオンで十分なサポートができませんので、予めご了承ください。

PHPテストワークショップより、抜粋

進め方

以下のディレクトリ構成を参考にハンズオンを進めてください。

├─src
│ ├─basic(基礎問題が配置してあります)
│ └─authentic(応用問題が配置してあります)
│ 
├─tests(testソースを置く場所になります)
│ ├─basic(あなたが作成した基礎問題のテストコードを配置します)
│ │ └─WS1Test.php(←のようなファイル名でテストコードを記述してください)
│ └─authentic(あなたが作成した応用問題のテストコードを配置します)
│ └─Template.php(テストで使用する基本的なコードが記述されているテンプレートになります)
│ 
├─answer(答えを配置しています。どうしてもわからないときに確認してください)
│ ├─basic(基礎問題の答えです)
│ └─authentic(応用問題の答えです)
│ 
├─vendor
│ └─phpunitがインストールされる場所
├─.gitignore
├─composer.json (phpunitの依存性を記載)
├─composer.lock
└─README.md(このREADME.mdになります)

当日のプレゼン資料

下記URLに当日のプレゼン資料を配置してあります。 内容の確認等、再度ご覧になりたいときに見てください。

https://speakerdeck.com/engineers_lt/php-test-workshop

You can’t perform that action at this time.