Skip to content
Permalink
Browse files

v1.0.28:chg:[save]のtxt属性をtext属性に変名

  • Loading branch information...
famibee committed Jul 23, 2019
1 parent 3704419 commit e05569ad852c41b10bac8c4efc3e4e9a0e4897aa
Showing with 28 additions and 26 deletions.
  1. +2 −0 CHANGELOG.md
  2. +9 −9 package-lock.json
  3. +2 −2 package.json
  4. +7 −7 prj/archive/_archive.htm
  5. +1 −1 prj/archive/_archive.sn
  6. +7 −7 prj/log/_log.htm
@@ -1,5 +1,7 @@
# Change Log

## v1.0.28
- chg:[save]のtxt属性をtext属性に変名
## v1.0.27
- bug:不具合修正、作り込み
## v1.0.26

Some generated files are not rendered by default. Learn more.

@@ -11,7 +11,7 @@
"about-window": "^1.13.1",
"crypto-js": "^3.1.9-1",
"humane-js": "^3.2.2",
"skynovel": "^0.6.2"
"skynovel": "^0.6.6"
},
"devDependencies": {
"@types/crypto-js": "^3.1.43",
@@ -21,7 +21,7 @@
"electron-builder": "^21.1.1",
"imagemin-webpack-plugin": "^2.4.2",
"style-loader": "^0.23.1",
"webpack": "^4.36.1",
"webpack": "^4.37.0",
"webpack-cli": "^3.3.6",
"webpack-dev-server": "^3.7.2"
},
@@ -35,11 +35,11 @@
<script defer src="../lib/materialize.min.js"></script>
<script>
let a = [ // セーブデータの内容
{"place": "10", "pic": "_archive_browser.jpg", "dt": "2018/12/18 11:44", "txt": " ああ、桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!"},
{"place": "11", "pic": "../bg/bath_tub.jpg", "dt": "2018/12/18 11:43", "txt": " この渓間ではなにも俺をよろこばすものはない。鶯《うぐひす》や四十雀《しじふから》も、白い日光をさ青に煙らせてゐる木の若芽も、ただそれだけでは、もうろうとした心象に過ぎない。俺には惨劇が必要なんだ。その平衡があつて、はじめて俺の心象は明確になつて来る。俺の心は悪鬼のやうに憂欝に渇いてゐる。俺の心に憂欝が完成するときにばかり、俺の心は和《なご》んで来る。"},
{"place": "12", "pic": "../bg/dressing_room.jpg", "dt": "2018/12/18 11:42", "txt": " This is not justified test message. This is written many words and cut last sentence."},
{"place": "13", "pic": "../bg/gas_lamp.jpg", "dt": "2018/12/18 11:41", "txt": " それは渓の水が乾いた磧《かはら》へ、小さい水溜を残してゐる、その水のなかだつた。思ひがけない石油を流したやうな光彩が、一面に浮いてゐるのだ。お前はそれを何だつたと思ふ。それは何万匹とも数の知れない、薄羽かげらふの屍体だつたのだ。隙間なく水の面を被つてゐる、彼等のかさなりあつた翅《はね》が、光にちぢれて油のやうな光彩を流してゐるのだ。そこが、産卵を終つた彼等の墓場だつたのだ。"},
{"place": "14", "pic": "../bg/hatsunekan_corridor.jpg", "dt": "2018/12/18 11:40", "txt": " dummy data 二三日前、俺は、ここの渓へ下りて、石の上を伝ひ歩きしてゐた。水のしぶきのなかからは、あちらからもこちらからも、薄羽かげらふがアフロデイツトのやうに生れて来て、渓の空をめがけて舞ひ上つてゆくのが見えた。お前も知つてゐるとほり、彼等はそこで美しい結婚をするのだ。暫らく歩いてゐると、俺は変なものに出喰はした。"},
{place: "10", pic: "_archive_browser.jpg", dt: "2018/12/18 11:44", text: " ああ、桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!"},
{place: "11", pic: "../bg/bath_tub.jpg", dt: "2018/12/18 11:43", text: " この渓間ではなにも俺をよろこばすものはない。鶯《うぐひす》や四十雀《しじふから》も、白い日光をさ青に煙らせてゐる木の若芽も、ただそれだけでは、もうろうとした心象に過ぎない。俺には惨劇が必要なんだ。その平衡があつて、はじめて俺の心象は明確になつて来る。俺の心は悪鬼のやうに憂欝に渇いてゐる。俺の心に憂欝が完成するときにばかり、俺の心は和《なご》んで来る。"},
{place: "12", pic: "../bg/dressing_room.jpg", dt: "2018/12/18 11:42", text: " This is not justified test message. This is written many words and cut last sentence."},
{place: "13", pic: "../bg/gas_lamp.jpg", dt: "2018/12/18 11:41", text: " それは渓の水が乾いた磧《かはら》へ、小さい水溜を残してゐる、その水のなかだつた。思ひがけない石油を流したやうな光彩が、一面に浮いてゐるのだ。お前はそれを何だつたと思ふ。それは何万匹とも数の知れない、薄羽かげらふの屍体だつたのだ。隙間なく水の面を被つてゐる、彼等のかさなりあつた翅《はね》が、光にちぢれて油のやうな光彩を流してゐるのだ。そこが、産卵を終つた彼等の墓場だつたのだ。"},
{place: "14", pic: "../bg/hatsunekan_corridor.jpg", dt: "2018/12/18 11:40", text: " dummy data 二三日前、俺は、ここの渓へ下りて、石の上を伝ひ歩きしてゐた。水のしぶきのなかからは、あちらからもこちらからも、薄羽かげらふがアフロデイツトのやうに生れて来て、渓の空をめがけて舞ひ上つてゆくのが見えた。お前も知つてゐるとほり、彼等はそこで美しい結婚をするのだ。暫らく歩いてゐると、俺は変なものに出喰はした。"},
];
document.addEventListener('DOMContentLoaded', ()=> {
M.Modal.init(document.querySelectorAll('.modal'));
@@ -78,7 +78,7 @@
function val2ctrl() { // 変数→コンポーネント
if (val_dic) a = JSON.parse(val_dic);
Array.from(document.getElementsByClassName('title')).map(v=> v.textContent = (val_mode == 'Load') ?'ロード' :'セーブ');
if (val_mode == 'Save') a.push({"pic": "_archiveBtn_nouse.png", "dt": "", "txt": " 新規にセーブします", "place": val_s_place});
if (val_mode == 'Save') a.push({pic: "_archiveBtn_nouse.png", dt: "", text: " 新規にセーブします", place: val_s_place});
const lst = document.getElementsByClassName('row')[0];
lst.textContent = null;
@@ -97,7 +97,7 @@
? ''
: `<a class="btn-floating halfway-fab waves-effect waves-light red btn_delete scale-transition scale-out modal-trigger" href="#modal_del"> x</a>`}
</div>
<div class="card-content"><p class="multiline-text">${v.txt}</p></div>
<div class="card-content"><p class="multiline-text">${v.text}</p></div>
</div>
</div>`);
});
@@ -92,7 +92,7 @@

*do_save_noss
[enable_event enabled=true] ; この状態も保存されるので本文に戻る前に変更
[save place=&_save.place pic=&pic dt=&const.Date.getDateStr txt=&const.sn.last_page_text]
[save place=&_save.place pic=&pic dt=&const.Date.getDateStr text=&const.sn.last_page_text]
[return]

;*****************************
@@ -6,11 +6,11 @@
<script defer src="../lib/materialize.min.js"></script>
<script>
let a = [
{txt: ' 桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!'},
{txt: ' これは信じていいことなんだよ。何故つて、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことぢやないか。<br/>俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だつた。しかしいま、やつとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる。これは信じていいことだ。'},
{txt: ' どうして俺が毎晩家へ帰つて来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、選《よ》りに選つてちつぽけな薄つぺらいもの、安全<ruby>剃刀<rt>かみそり</rt></ruby>の刃なんぞが、千里眼のやうに思ひ浮んで来るのか──お前はそれがわからないと云つたが──そして俺にもやはりそれがわからないのだが──それもこれもやつぱり同じやうなことにちがひない。'},
{txt: ' 一体どんな樹の花でも、所謂《いはゆる》真つ盛りといふ状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒《ま》き散らすものだ。それは、よく廻つた独楽《こ ま》が完全な静止に澄むやうに、また、音楽の上手な演奏がきまつてなにかの幻覚を伴ふやうに、灼熱《しやくねつ》した生殖の幻覚させる後光のやうなものだ。それは人の心を撲《う》たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。'},
{txt: ' しかし、昨日、一昨日、俺の心をひどく陰気にしたものもそれなのだ。俺にはその美しさがなにか信じられないもののやうな気がした。俺は反対に不安になり、憂欝になり、空虚な気持になつた。しかし、俺はいまやつとわかつた。'},
{text: ' 桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!'},
{text: ' これは信じていいことなんだよ。何故つて、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことぢやないか。<br/>俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だつた。しかしいま、やつとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる。これは信じていいことだ。'},
{text: ' どうして俺が毎晩家へ帰つて来る道で、俺の部屋の数ある道具のうちの、選《よ》りに選つてちつぽけな薄つぺらいもの、安全<ruby>剃刀<rt>かみそり</rt></ruby>の刃なんぞが、千里眼のやうに思ひ浮んで来るのか──お前はそれがわからないと云つたが──そして俺にもやはりそれがわからないのだが──それもこれもやつぱり同じやうなことにちがひない。'},
{text: ' 一体どんな樹の花でも、所謂《いはゆる》真つ盛りといふ状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒《ま》き散らすものだ。それは、よく廻つた独楽《こ ま》が完全な静止に澄むやうに、また、音楽の上手な演奏がきまつてなにかの幻覚を伴ふやうに、灼熱《しやくねつ》した生殖の幻覚させる後光のやうなものだ。それは人の心を撲《う》たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。'},
{text: ' しかし、昨日、一昨日、俺の心をひどく陰気にしたものもそれなのだ。俺にはその美しさがなにか信じられないもののやうな気がした。俺は反対に不安になり、憂欝になり、空虚な気持になつた。しかし、俺はいまやつとわかつた。'},
];
document.addEventListener('DOMContentLoaded', ()=> {
const proc_mode = (location.protocol == 'http:')
@@ -34,10 +34,10 @@
lst.insertAdjacentHTML('beforeend', `
<a class="collection-item section scrollspy black-text" id="${len -i}">
<span class="badge">${len -i}</span>
${v.txt}
${v.text}
</a>`);
lst2.insertAdjacentHTML('beforeend', `
<li style="overflow: hidden; text-overflow: ellipsis; white-space: nowrap;"><a href="#${len -i}">${len -i}.${v.txt}</a></li>`);
<li style="overflow: hidden; text-overflow: ellipsis; white-space: nowrap;"><a href="#${len -i}">${len -i}.${v.text}</a></li>`);
});
const instances = M.ScrollSpy.init(document.querySelectorAll('.scrollspy'));
}

0 comments on commit e05569a

Please sign in to comment.
You can’t perform that action at this time.