Skip to content
This repository has been archived by the owner before Nov 9, 2022. It is now read-only.

farend/redmine-centos-ansible

master
Switch branches/tags

Name already in use

A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?
Code

redmine-centos-ansible

⚠️ CentOS 8の提供が2021年で終了されることが決まりました。このansible-playbookはこれ以降のRedmineのバージョンアップに対応するための更新を行いません。

最小構成でインストールしたCentOSにRedmineを自動インストールするためのAnsibleプレイブックです。

コマンド5個実行するだけで、あとはしばらく放置すればインストールが完了します。

概要

Ansibleを使ってRedmineを自動インストールするためのプレイブックです。以下のwebサイトで紹介されている手順におおむね準拠しています。

Redmine 3.4をCentOS 7.3にインストールする手順

システム構成

  • Redmine 4.0
  • CentOS 8.0
  • PostgreSQL
  • Apache

Redmineのインストール手順

インストール直後の CentOS 8.0 に root でログインし以下の操作を行ってください。

Ansibleとgitのインストール

yum update -y
yum install -y epel-release glibc-locale-source
yum install -y ansible git

===================== Dockerの場合は以下も実行する===================
yum install -y policycoreutils selinux-policy-targeted firewalld sudo
=====================================================================

playbookのダウンロード

git clone https://github.com/farend/redmine-centos-ansible.git

PostgreSQLに設定するパスワードの変更

ダウンロードしたプレイブック内のファイル group_vars/redmine-servers をエディタで開き、 db_passwd_redmine を適当な内容に変更してください。これはPostgreSQLのRedmine用ユーザー redmine に設定されるパスワードです。

playbook実行

下記コマンドを実行してください。Redmineの自動インストールが開始されます。

cd redmine-centos-ansible
ansible-playbook -i hosts site.yml

10〜20分ほどでインストールが完了します。webブラウザで http://サーバIPアドレス/redmine にアクセスしてください。Redmineの画面が表示されるはずです。

ライセンス

MIT License

作者

ファーエンドテクノロジー株式会社

About

RedmineをCentOSに自動インストールためのAnsibleプレイブック

Resources

License

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published