RedmineをUbuntu Serverに自動インストールためのAnsibleプレイブック

README.md

redmine-ubuntu-ansible

最小構成でインストールしたUbuntu ServerにRedmineを自動インストールするためのAnsibleプレイブックです。

コマンド6個実行するだけで、あとはしばらく放置すればインストールが完了します。

概要

Ansibleを使ってRedmineを自動インストールするためのプレイブックです。以下のwebサイトで紹介されている手順におおむね準拠しています。

Redmine 3.2をUbuntu Server 14.04.3 LTSにインストールする手順

システム構成

  • Redmine 3.2
  • Ubuntu Server 14.04.3 LTS
  • PostgreSQL
  • Apache

Redmineのインストール手順

インストール直後の Ubuntu 14.04 にログインし以下の操作を行ってください。

Ansibleとgitのインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y python-pip libpython-dev git
sudo pip install ansible MarkupSafe

playbookのダウンロード

git clone https://github.com/farend/redmine-ubuntu-ansible.git

PostgreSQLに設定するパスワードの変更 (推奨)

ファイル group_vars/redmine-servers をエディタで開き、 db_passwd_redmine を適当な内容に変更してください。これはPostgreSQLのRedmine用ユーザー redmine に設定されるパスワードです。

playbook実行

下記コマンドを実行してください。Redmineの自動インストールが開始されます。

cd redmine-ubuntu-ansible
ansible-playbook -K -i hosts site.yml

10〜20分ほどでインストールが完了します。webブラウザで http://サーバIPアドレス/redmine にアクセスしてください。Redmineの画面が表示されるはずです。

ライセンス

MIT License

作者

ファーエンドテクノロジー株式会社