Skip to content
Permalink
Branch: master
Find file Copy path
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
247 lines (146 sloc) 9.38 KB

トップページに戻る 目次に戻る

ウィンドウの設定変更

画面上で「編集したいウィンドウ上」を「右クリック」してメニューを表示

「作成」コマンドがグレー表示になり、替わりに「編集」「表示」コマンドが選択可能

画像

ウィンドウの編集

「編集」コマンドを選択すると編集メニューを表示

このメニューからは以下の編集が可能

画像

目次に戻る

ウィンドウ

「ウィンドウ」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 名前・・・「文字列」ウィンドウごとに個別の名前を設定可能
  • X座標・・・「数値」
  • Y座標・・・「数値」
  • 横幅・・・「数値」
  • 高さ・・・「数値」
  • 余白・・・「数値」ウィンドウの枠と内側の表示部分の余白サイズを指定

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

フォント設定

「フォント設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • フォント・・・※未実装※
  • フォントサイズ・・・「数値」

(*1) フォントデータが別途必要です

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

行列設定

「行列設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 行高さ・・・「数値」
  • 表示行数・・・「数値」※未実装
  • 表示行間隔・・・「数値」
  • 表示列数・・・「数値」コマンドやセレクトリストを横に並べる数
  • 表示列間隔・・・「数値」
  • カーソル行数・・・「数値」

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

処理設定

「処理設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 実行内容・・・そのウィンドウがアクティブ状態の時に、「決定」ボタンを押したときの処理
    • 実行設定・・・「リスト」詳細は処理内容を参照
    • 実行詳細・・・「リスト」
    • 実行詳細2・・・「リスト」
  • キャンセル内容・・・そのウィンドウがアクティブ状態の時に、「キャンセル」ボタンを押したときの処理
    • キャンセル設定・・・「リスト」詳細は処理内容を参照
    • キャンセル詳細・・・「リスト」
    • キャンセル詳細2・・・「リスト」

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る

目次に戻る

ウィンドウの表示内容変更

「表示」コマンドを選択すると表示内容変更メニューを表示

このメニューからは以下の編集が可能

コマンドウィンドウの場合

画像

コモンウィンドウ(表示エリア有効)の場合

画像

セレクトウィンドウの場合

画像

背景

「背景」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 背景透明度・・・「数値」
  • 背景画像・・・※未実装※

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

表示設定

「表示設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 表示スイッチ・・・スイッチを指定すると、そのスイッチがONの時のみこのウィンドウを表示する
  • 枠非表示・・・「ON/OFF」

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

コマンド設定

「コマンド設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • コマンド表示位置・・・「リスト」コマンド名をどちら側に寄せて表示するか指定する
  • コマンド非表示解除・・・「コマンド」選択すると非表示にしていたコマンドをすべて表示する

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

セレクト設定

「セレクト設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 表示タイプ・・・「リスト」そのセレクトウィンドウでどのデータベースを表示するか選択
  • リストタイプ・・・「リスト」表示タイプで「パーティー」を選択した時に、設定可能
  • 表示条件・・・「文字列」スクリプト形式で表示する条件を指定可能

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

コモン設定

「コモン設定」を選択すると、以下の設定を変更可能

  • 表示タイプ・・・「リスト」
    • テキスト:任意の文字列を表示
    • 詳細:FTKR_CustomSimpleActorStatusによる表示設定が可能
  • アクター設定・・・「リスト」表示タイプを詳細にした場合に、データ参照元のアクターを選択
  • セレクト参照・・・「リスト」

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

アクター設定

表示タイプを詳細にした場合に、コモンウィンドウに表示するアクターを指定できる。

画像

セレクト参照

表示タイプを詳細にして、アクター設定を「なし」にした場合に、別のウィンドウで選択中のデータを参照してこのコモンウィンドウに表示することができる。

セレクト参照で、参照するウィンドウを選択。
※選択可能なウィンドウは、セレクトウィンドウかコマンドウィンドウのみ

下の例では、アイテムリスト(手持ち防具の一覧を表示しているウィンドウ)を参照。

画像

コモンウィンドウの表示タイプで、表示させるデータをtext(item.xxx)の記述で設定。
xxx = name なら、名前を表示。

画像

アイテムリストで、カーソル選択中のアイテムデータを参照して、コモンウィンドウにアイテム名を表示。

画像

上に戻る   目次に戻る

表示エリア

「表示エリア」を選択すると、以下の設定を変更可能

FTKR_CustomSimpleActorStatusプラグインの仕様に従い、表示エリアの設定を行う

内容変更後、「決定」を選択するとウィンドウに反映。

画像

上に戻る   目次に戻る

配置

「配置」を選択すると、以下の設定を変更可能

「コマンド」ウィンドウ同士が重なった時に、手前に表示するか後ろに隠れるかの配置を変更可能

画像

変更例

変更前・・・通常、メニュー画面では、コマンドウィンドウが一番背面に配置されている

画像

変更後・・・コマンドウィンドウの配置を最前面に変更すると、一番手前に表示される

画像

上に戻る   目次に戻る

トップページに戻る

You can’t perform that action at this time.