Permalink
Browse files

Merge #5, #6 to html

  • Loading branch information...
1 parent abe57b7 commit cd3a94d8064f6d20b6d7f145f2923437d92574e1 @maosanhioro maosanhioro committed Oct 31, 2012
Showing with 9 additions and 9 deletions.
  1. +9 −9 html/psr-1-basic-coding-standard.html
@@ -159,7 +159,7 @@
<ul>
<li><p>PHPコードは「&lt;?php」及び 「&lt;?=」タグを使用しなければなりません。</p></li>
<li><p>文字コードはUTF-8(BOM無し)を使用しなければなりません。</p></li>
-<li><p>ファイルに定義するクラス、関数、定数などに副作用があってはいけません。仮にあった場合でも定義と処理を同時に実行すべきではありません。</p></li>
+<li><p>シンボル(クラス、関数、定数など)を宣言するためのファイルと、副作用のある処理(出力の生成、ini設定の変更など)を行うためのファイルは、分けるべきです。</p></li>
<li><p>名前空間、クラスについては<a href="https://github.com/php-fig/fig-standards/blob/master/accepted/PSR-0.md">PSR-0</a>に準拠しなければなりません。</p></li>
<li><p>クラス名は、StudlyCaps(1文字目を除き、単語の先頭文字を大文字で表記する記法)記法で定義しなければなりません。</p></li>
<li><p>クラス定数は全て大文字とし、区切り文字にはアンダースコアを用いて定義しなければなりません。</p></li>
@@ -179,14 +179,14 @@
<h3>2.3. 副作用</h3>
-<p>ファイルに定義するクラス、関数、定数などに副作用があってはいけません。
-仮にあった場合でも定義と処理を同時に実行すべきではありません。</p>
+<p>新たなシンボル(クラス、関数、定数など)を宣言するためのファイルと、副作用のある処理を行うためのファイルは、分けるべきです。一つのファイルの中で両方を行うべきではありません。</p>
-<p>ここでの「副作用」とは、クラス、関数、定数などに対して意図しないロジックが含まれ、実行されてしまうことを意味します。</p>
+<p>ここでの「副作用」とは、クラス、関数、定数を宣言するのに直接関係しない処理が、単にファイルを取り込んだだけで実行されてしまうことを指します。</p>
-<p>なお、副作用範囲に含まれないものとして、ジェネレーターによる出力、明示的な「require」や「include」の使用、外部サービスへの接続、iniファイルの設定修正、エラーや例外の発行、グローバル変数や静的変数の修正、ファイルからの読み込み・書き込みなどが挙げられます。</p>
+<p>副作用のある処理には、次のようなものが含まれます。ただしここで挙げるものが全てではありません:
+出力の生成、明示的な「require」や「include」の使用、外部サービスへの接続、ini設定の修正、エラーや例外の発行、グローバル変数や静的変数の修正、ファイルからの読み込み・書き込みなど。</p>
-<p>以下は、定義と副作用両方が実装された例です。</p>
+<p>次の例には宣言と副作用とが両方含まれています。このような書き方は推奨されません。</p>
<pre><code>&lt;?php
// 副作用: iniの設定を変更しています
@@ -205,7 +205,7 @@
}
</code></pre>
-<p>以下は、副作用が存在しない実装例です。</p>
+<p>次の例には宣言だけが含まれ、副作用は含まれません。このような書き方が推奨されます。</p>
<pre><code>&lt;?php
// 宣言
@@ -274,9 +274,9 @@
<h3>4.2. プロパティ</h3>
-<p>このガイドでのプロパティ勧告($StudlyCaps、$camelCase、$under_score)は意図的に回避・変更することができます。</p>
+<p>このガイドでは、プロパティの命名規則として特定のスタイル($StudlyCaps、$camelCase、$under_scoreなど)を推奨することはしません。</p>
-<p>どのような命名規則が使用されるかは、適切なスコープ内にて統一されている必要があります
+<p>どのような命名規則を使用するにせよ、適切なスコープ内において一貫性を持たせるべきです
ここでのスコープは、ベンダーレベル、パッケージレベル、クラスレベルまたはメソッドレベルを指します。</p>
<h3>4.3. Methods</h3>

0 comments on commit cd3a94d

Please sign in to comment.