Skip to content

dev'geo_object_api'material

Usagi Ito edited this page Dec 18, 2017 · 1 revision

SetMaterialType & SetMaterialParam / マテリアル設定

GeoObject.SetMaterialType / 設定できるマテリアルタイプの一覧

material_type 概要 UV 設定
SolidColor 単色塗り 不要
SolidColorTranslucent 半透明の単色塗り 不要
VertexColor 頂点色塗り 不要
VertexColorTranslucent 半透明の頂点色塗り 不要
Texture テクスチャー 必要
TextureTranslucent 半透明のテクスチャー 必要
Glass ガラス風 必要
Grass 草模様 必要
Moss 苔模様 必要
Rock 岩模様 必要
Steel 磨いた鉄鋼風 必要
  • material_type の末尾に Translucent が付いたマテリアルは半透明にできますが、陰影表現はできません。

使用例

curl -Ss -i http://127.0.0.1:50080/api/json-rpc-2.0/ -X POST --data '{ "jsonrpc": "2.0", "id": null, "method": "GeoObject.SetMaterialType", "params": { "id": 0, "material_type": "Texture" } }'

GeoObject.SetMaterialParam / 設定できるマテリアルパラメーターの一覧

SolidColor, SolidColorTranslucent, VertexColor, VertexColorTranslucent, Texture, TextureTranslucent で使用可能なパラメーター

material_type Color BaseColorFactor EmissiveColorFactor OpacityFactor 不透明度の制御
SolidColor vector(r,g,b,a) scalar(unorm) scalar(unorm) n/a n/a
SolidColorTranslucent vector(r,g,b,a) scalar(unorm) scalar(unorm) n/a Color.a
VertexColor n/a scalar(unorm) scalar(unorm) n/a n/a
VertexColorTranslucent n/a scalar(unorm) scalar(unorm) scalar(unorm) OpacityFactor
Texture n/a scalar(unorm) scalar(unorm) n/a n/a
TextureTranslucent n/a scalar(unorm) scalar(unorm) n/a テクスチャー画像のa値
  • Color: 色を vector 型の値 [ <float:r>, <float:g>, <float:b>, <float:a> ] で扱います。
  • BaseColorFactor: 陰影表現の影響を受ける色付けを行う割合を <float:unorm> で扱います。光源の影響を受けて陰影付けしたい場合に有用です。標準値は 1.0
  • EmissiveColorFactor: 自己発光による色付けを行う割合を <float:unorm> で扱います。光源の影響を受けずに表示したい場合に有用です。標準値は 0.0
  • OpacityFactor: 不透明度を <float:unorm> で扱います。 VertexColorTranslucent では頂点ごとの a 値と OpacityFactor の乗算結果が最終的な不透明度となります。

使用例

curl -Ss -i http://127.0.0.1:50080/api/json-rpc-2.0/ -X POST --data '{ "jsonrpc": "2.0", "id": null, "method": "GeoObject.SetMaterialParam", "params": { "id": 0, "material_params": { "EmmisiveColorFactor": 1 } } }'
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.