Skip to content

dev'http_api'reference'GeoObject.SetTangent

Usagi Ito edited this page Nov 15, 2017 · 1 revision

GeoObject.SetTangent

GeoObject にグローバルアドレスモードでX正接を設定します。

Params

Pattern 1: 完全なX正接群全体を与える場合(主に新規転送時に使用)

{ "id": <number>
, "tangents":
  [ <number;normalized_tangent_x>
  , <number;normalized_tangent_y>
  , <number;normalized_tangent_z>
  ] // X正接1つあたりの x-y-z を単位としてX正接の数だけ1つの配列に展開して渡す
}

Pattern 2: 部分的な連続したX正接群を与える場合(主に部分更新時に使用)

{ "id": <number>
, "auto_resize": <bool>
, "begin_index": <number>
, "tangents":
  [ <number;normalized_tangent_x>
  , <number;normalized_tangent_y>
  , <number;normalized_tangent_z>
  ] // X正接1つあたりの x-y-z を単位としてX正接の数だけ1つの配列に展開して渡す
}

Pattern 3: 部分的な不連続のX正接群を与える場合(主に部分更新時に使用)

{ "id": <number>
, "auto_resize": <bool>
, "tangents":
  { <string;index>:
    [ <number;normalized_tangent_x>
    , <number;normalized_tangent_y>
    , <number;normalized_tangent_z>
    ] // X正接1つ分の x-y-z を渡す
  } // index を key とし、X正接の構成要素を array で value とした object として渡す 
}

Pattern 4: 1つだけ与える場合(主に1点だけの更新時に使用)

{ "id": <number>
, "auto_resize": <bool>
, "index": <number>
, "tangent":
  [ <number;normalized_tangent_x>
  , <number;normalized_tangent_y>
  , <number;normalized_tangent_z>
  ] // X正接1つ分の x-y-z を渡す
}
  • X正接の要素、X正接を1つの配列に展開するデータ記述方式の扱いに十分に注意して下さい。この方法はデータ転送上とパースコストの都合から最適なパフォーマンスを得るための仕様です。
  • auto_reizetrue の場合、既存のデータに対して与えるデータのインデックスがはみ出す場合には自動的にデータの保持数をリサイズします。 false の場合に範囲外のインデックスへの書き込みを試みた場合はエラーが発行されます。

Result

なし

Error

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.