Permalink
Switch branches/tags
Nothing to show
Find file Copy path
Fetching contributors…
Cannot retrieve contributors at this time
235 lines (134 sloc) 9.56 KB

Kohei Ito (t15089ki[@]sfc.keio.ac.jp)
Last Update 2018-07-02


GoSWAB Project

日本の都市環境(公共交通機関,大学,商業・観光施設)の微生物・ヒトをはじめとしたメタゲノム調査プロジェクト.


・はじめに

近年,微生物とヒトとは密接な関連があることが多くの研究で知られています.微生物は,腸内・口腔内・皮膚上などヒトのあらゆる部位に共生していることが知られ,大気中・海中・山など自然の中にも多く微生物が生息しており,その微生物と周囲の環境がお互いに影響を及ぼしあって複雑な反応系を形成しています.
また人口が密集する都市部では,感染症・公衆衛生の問題が度々取り上げられそれらの予防・改善のために多くの対策が講じられています.


クラウドファンディングはじめました!!

ReadyFor にてクラウドファンディングをスタートしました. 目標額85万円に達しなかった場合は,全額を支援者に返金することになるチャレンジです. ぜひ,ご支援とSNSでの拡散どうぞ宜しくお願いします.

クラウドファンディングは無事目標額に達し,成功しました!

都市に生息する微生物を調査し日常との関わりを解明したい!


・微生物から新たな都市デザインを

都市における微生物の重要性

海外では都市環境における,微生物のメタデータを収集し解析しているプロジェクトが多く展開されています.
ここではその一部を紹介します.

Bee Debris Project (MIT Media Lab)

蜂の巣の底に溜まっているホコリのゲノム解析を行い周辺環境のメタゲノムデータを収集しています.
人間の目には見えない微生物を可視化するプロジェクトです.

Pathomap Project (Well Cornell Medical College)

ニューヨークの地下鉄に生息する細菌を1年半にわたって解析し地図上にマッピングしています.
サンプリングした全域において抗生物質耐性菌が発見されました.

"THE WALL STREET JOURNAL より引用"

東京オリンピックにむけて

日本は2020年に東京オリンピック開催を控えています.
日本政府はオリンピック開催期間の訪日外国人目標を4,000万人と定めました.
都市部には多くの外国人が訪れ活気に溢れることでしょう.

また都市部の主な移動手段である鉄道の利用者数は「世界ランキング」でも
1位 新宿駅 2位 渋谷駅 3位 池袋駅 とトップ3を独占しています.

オリンピック開催期間には,多くの訪日外国人や日本人が公共交通機関を利用すると考えられます.
そのため,都市部の公衆衛生の悪化や感染症のリスク増加が予想されます.

GoSWABの目的は

1. 都市環境における微生物とヒトとの関わりを明らかにしてより住みやすい都市デザインを実現する.
2. 都市環境から抽出された大規模なゲノム情報をもとに薬剤耐性遺伝子・新規生合成遺伝子などを用いて創薬・工学に応用する.

ことであり,論文勉強会や都内のサンプリングなど活動を展開しています.


・活動

都市圏でのサンプリング

都心部の大学,施設,公共交通機関でのサンプリングを実施しており,
2017年10月現在で10箇所以上,500以上のサンプルを保有しています.

サンプリングの様子

MetaSUB City Sampling Day

6/21(水)に世界で同時に都市環境のサンプリングを行うMetaSUBの公式イベント.

MetaSUB City Sampling Day の目標.
1. 地理空間メタゲノムと法医学遺伝地図の作成
2. 都市建築環境における抗菌剤耐性マーカーの同定と追跡
3. 創薬のための新規生合成遺伝子クラスターの同定

GoSWAB では渋谷・山形県立鶴岡南高校をサンプリングしました.

・渋谷サンプリングの様子  

・山形県立鶴岡南高校サンプリングの様子  

  山形県立鶴岡南高校の高校生と行ったサンプリングの様子は,地元紙「荘内日報」にも取り上げられました.  

定期ミーティング

先学期は,毎週水曜に東京大学駒場キャンパスで行っていました.
SFCの学生が増えましたらSFCでも開催する予定です.

論文紹介

微生物叢についての研究論文を毎週2人ずつ発表しています.

実験計画など

サンプリング場所の選定,サンプリングの実験計画を立てます.

運営について

施設へのサンプリングの申請,団体のHP作成,紹介VTRを作成します.


・構成メンバー

GoSWABプロジェクトを中心になってすすめているのは全員学生であり,また全員が学部生です.
それぞれが共有されたデータを自由に利用し解析・考察を行います.

慶應義塾大学

環境情報学部

4年 伊藤 光平,原田 誠史,金子 紗由香
3年 水落 有起,堀田小百合
2年 武田 知己

東京大学

教養学部理科3類

3年 小林 健

教養学部理科2類

3年 石田 晴輝,佐藤 紀胤

教養学部理科1類

3年 安藤 帆菜美

上智大学

理工学部 物質生命理工学科

2年 小山 楓汰,玉谷茉帆


・今後の予定

GoSWAB 参加説明会

GoSWAB ではともに活動してくれる学生を募集します.
参加するにあたって生命科学系の知識がない方でも参加できる活動になっています.

GoSWABプロジェクトは,都市の新たなデザインを目的として活動しているので,

・微生物の調査・解析
・建築デザインを含めたメタデザインの検討
・活動自体のマネジメント
・各種メディアへの広報活動

など同時に行っていきます.どれか1つでも興味があればぜひお越し下さい.  

参加してみたいという方は

説明会に参加してくださる方はお手数ですが,
所属 (大学名,学部名):
学年:
氏名:
を明記の上,以下の連絡先までメールをお願いします.  

Mail: contact.goswab[@]gmail.com


・参考HP

(eco活プラス)都市の微生物、世界中で採集 綿棒使い、街の環境考える参考に

「渋谷に生息する微生物を調べ、次世代の都市デザインを考える」 GoSWABプロジェクト始動中!

GoSWAB -100BANCH-

学生の力で未開拓の領域へ 微生物から都市環境を考える「GoSWABプロジェクト」
SFCオンラインメディア「SFC CLIP」にGoSWAB の活動が取り上げられました.

1本の綿棒から、一滴のDNAから世界を変える研究を!
東大オンラインメディア「UmeeT」にGoSWAB の活動が取り上げられました.

MetaSUB
MetaSUB: Metagenomics & Metadesign of Subways & Urban Biomes   ニューヨーク地下鉄の微生物を網羅的に調べたWeill Cornell Medical CollegeのMason博士が立ち上げたコンソーシアム.

haruosuz/metasub
MetaSUB関連の情報をまとめているサイト.

PathoMAP
Weill Cornell Medical CollegeのMason博士のMetaSUBの前身になったプロジェクト.

ビッグデータとバクテリア―NY地下鉄のDNAマップ作成
PathoMAPを取り上げた日本語サイト.

WIRED: How Designers and Scientists Are Using Bees to Map NYC’s Microbes
蜂の巣の底に溜まっているホコリのゲノム解析を行い周辺環境のメタゲノムデータを収集し微生物を可視化するプロジェクト.