Skip to content
2004年8月から2014年9月まで発行していたメールマガジン『C#プログラミングレッスン』のアーカイブです
C#
Branch: master
Clone or download
Latest commit 7343f2f Feb 16, 2019
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
01CSharpEntry
02CSharpOop
03CSharpGleaner
04CSharpOop2
05CSharpBCL
06CSharp20 initial commit Feb 16, 2019
07CSharpFileFolder
08CSharpTrace
09CSharpThread initial commit Feb 16, 2019
10CSharp30
11CSharpLinq
12CSharpReflection
13CSharpLinqToXml
14CSharpEntry2nd
15CsharpFxCop
16CSharpDoukaku
17CSharpLinq2Sql
18CSharp40
19CSharpdotNET4
20CSharpRegex
21CSharpRecipe
22CSharpWritingMethod
23CSharpSerialize
24CsharpCrypto
25CSharpWebClient initial commit Feb 16, 2019
27CSharp50
28CSharpAlgorithm1
29CSharpMEF
30CSharpAlgorithm2
README.md

README.md

2004年8月から2014年9月まで発行したメールマガジン『C#プログラミングレッスン』のバックナンバーです。

ご自由にご利用ください。ただし、著作権はGushwell(出井秀行)が保有しております。無断転載・複製・改変・再配布はご遠慮ください。

すでに古くなってしまった情報などもありますが、当時のまま as is でGitHubに収録しており、その記載内容を保証するものではありません。また、このバックナンバーの記事を使うことによって生じるいかなる損害に対しても、筆者はまったく責任を負うことはいたしません。


タイトル フォルダ名 号数  概要
C#入門編 01CSharpEntry No001 - No019 データ、変数、演算、制御構造など基礎的な部分を説明しています。
オブジェクト指向編 02CSharpOop No020 - No047 クラス, メソッド、プロパティ、アクセス修飾子、継承、ポリモーフィズムなど
文法・落穂ひろい編 03CSharpGleaner No048 - No062 No047までに説明できなかった、文法の説明をしています。readonly, const, ref, out, インデクサ, base, implicit, explicitなどなど
続オブジェクト指向編 04CSharpOop2 No063 - No072 interface, delegate, event, Boxingの説明
.NET Framework 基礎編 05CSharpBCL No073 - No085 StringBuilder, ArrayList, HashTable, Array, Enum, Math クラスなど,
C#2.0文法編 06CSharp20 No086 - No102 Generic, 匿名メソッド, イテレータ, nullable, static-class, Property accessor accessibilityなどC#2.0で新たに導入された文法の解説です。
ファイル・フォルダ編 07CSharpFileFolder No103 - No124 各種Stream関連クラス、File, FileInfo, DirectoryInfoクラス、ファイルフォルダとは直接関係ありませんが、構成ファイル、バージョン情報、シリアライズについても解説。
Debug, Trace編 08CSharpTrace No125 - No139 Debug. Trace関連の説明。..NET Framework2.0で追加されたTraceSourceクラスについては、かなり詳しく説明しています。
プロセス・スレッド編 09CSharpThread No140 - No151 プロセスとスレッドの説明。.NET Framework2.0で追加されたBackgroundWorkerクラスを使った非同期処理についても説明しています。また、スレッド間での同期処理につても基礎的なことを説明しています。
C#3.0文法編 10CSharp30 No152 - No161 C#3.0で新たに導入された、オブジェクト初期化子、匿名クラス、拡張メソッド、ラムダ式など。
LINQ to Object編 11CSharpLinq No162 - No182 LINQ to Objectについて解説しています。この連載で利用しているNorthwindObjects.csはこちらからダウンローしてください。
リフレクション編 12CSharpReflection No183 - No192 リフレクション(Reflection)の機能について解説しています。これを習得すればC#プログラミングの新たな可能性が広がります。
LINQ to XML編 13CSharpLinqToXml No193 - No208 LINQ to XMLについて解説しています。データ取得だけではなく、XMLの更新についても扱っています。他では得られない情報がきっと見つかると思います。
入門編 2nd 14CSharpEntry2nd No209 - No218 初心者向けに、C#の文法を一通り解説しています。No001-No047のダイジェスト版的な内容となっています。
FxCopに学ぶ編 15CsharpFxCop No219 - No235 静的コード分析ツール(FxCop)のルールの中か ら、いくつかをピックアップし、なぜそのルールを守ったほうがよいのかを具体的コードを示し解説しています。問題の起こりにくいクラスを書くヒントになると思います。
どう書くorg編 16CSharpDoukaku No236 - No253 「どう書く?org(すでに閉鎖)」に出題されたお題 を17題ピックアップし、解説しています。比較的簡単なお題を取り上げていますが、初級者の方だけではなく、中級者以上の方にも役立つような内容を目指しました。ジェネリックやLINQに興味がある方は是非読んでください。
LINQ to SQL編 17CSharpLinq2Sql No254 - No272 LINQ to SQLについて解説しています。データを取得するクエリ式はもちろん、遅延読み込み、リレーションシップ、データの更新についても解説しています。Gushwell's C# Dev Notesの「LINQ to SQL番外編」も併せてどうぞ。
C#4.0編 18CSharp40 No273 - No280 C#で新たに導入されたdynamic、ジェネリッククラスの共変性、反変性などについて説明しています。
.NET Framework4編 19CSharpdotNET4 No281 - No289 .NET Framework4で新たに追加されたメソッド、クラスについて解説しています。BigInteger, Tuple, Lazy, SortedSet、Parallel、Taskなど。
正規表現編 20CSharpRegex No290 - No300 .NET Frameworkの Regexクラスの使い方を基礎から応用まで、丁寧に解説しています。正規表現がはじめてという方にも理解できるように、正規表現の解説も一緒に行っています。
レシピ編 21CSharpRecipe No301 - No325 配列やリストの操作、文字列操作、日付操作、ファイル操作など、様々な場面で使われると思われるプログラムコードを「○○するには(問題)」と「C#のコード(解決)」を示すという形式で示しています。
書法編 22CSharpWritingMethod No326 - No338 わかり易く、読みやすいコードを如何に書くかについて解説しています。
シリアライズ編  23CSharpSerialize No339 - No349 バイナリシリアライズ、XMLシリアライズ、JSONシリアライズについて詳しく解説しています。
暗号化編 24CsharpCrypto No350 - No361 共有キー暗号方式、公開キー暗号方式、ハッシュ値、デジタル署名、データ保護APIなど暗号化に関連するプログラミングについて説明しています。
HTTPクライアント編 25CSharpWebClient No362 - No368 具体的なWebAPIを利用したサンプル(WebClientクラスを利用)を通じ、HTTPクライアントプログラミングについて解説しています。
C#5.0編 27CSharp50 No369 - No379 async, awaitを中心にC#5.0で新たに追加された機能について解説。また、.NET Framework4.5のZipArcive、IReadOnlyCollectionについても解説。
アルゴリズム編 28CSharpAlgorithm1 No380 - No389 アルゴリズムの勉強に最適な書籍『世界で闘うプログラミング力を鍛える150問』に掲載されている問題をピックアップし、C#でどう書くのか、その考え方も含めて解説。文字列操作、ビット演算、リンクリスト等
MEF編 29CSharpMEF No390 - No397 .NET Framrworkが提供する拡張可能なアプリケーションを作成するための フレームワークである MEF(Managed Extensibility Framework)について、基礎から説明しています。オブジェクト指向の設計原則のひとつであるOpen-Close-Principle(オープン・クローズドの原則)について学ぶことができます。
続アルゴリズム編 30CSharpAlgorithm2 No398 - No408 前述の「アルゴリズム編」の続編。『世界で闘うプログラミング力を鍛える150問』に掲載されている問題をピックアップし、C#でどう書くのか、その考え方も含めて解説。再帰、スタック、木構造、有効グラフ等
You can’t perform that action at this time.