New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

ScalaでつくるInvalid stateのない世界 #20

Open
takkkun opened this Issue Apr 25, 2016 · 2 comments

Comments

Projects
None yet
3 participants
@takkkun
Collaborator

takkkun commented Apr 25, 2016

表記するお名前、SNSアカウント

takkkun
https://twitter.com/takkkun

概要

アプリケーションを作るとき、避けては通れないバリデーション。

バリデーションに関しては一家言ある方も多いと思いますが、私が実際にScalaで開発している中で得た「こういう感じでバリデーションというものを捉えれば良さそう」という知見や、「で、実際にこんな風にしてみました」というのを紹介します。

要求トーク時間

A/10:25/25min

想定聴講者層

  • バリデーションに興味がある方
  • Scalaでの開発に興味がある方

録画や写真撮影と、その後の公開

OK

日付の希望

両日問題無し

あなたは暴言などをしない常識を持っていて、このトークで人や法人を悲しませたり怒らせたりせず、平たく言ってネット等でダメな方向に炎上するような行動は慎むことを誓えますか?

誓います。

お知らせとなる #1 お知らせスレをSubscribeするなどしてちゃんと読みますか?

読みます。

@takkkun takkkun changed the title from [WIP] ScalaでつくるInvalid stateのない世界 to ScalaでつくるInvalid stateのない世界 Jun 22, 2016

@takkkun

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@takkkun

takkkun Jul 3, 2016

Collaborator

発表時のスライドを公開しました。

https://speakerdeck.com/takkkun/scaladetukuruinvalid-statefalsenaishi-jie

Collaborator

takkkun commented Jul 3, 2016

発表時のスライドを公開しました。

https://speakerdeck.com/takkkun/scaladetukuruinvalid-statefalsenaishi-jie

@uzulla

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@uzulla

uzulla Aug 1, 2016

Member

こちらのトークにおきまして、運営のミスにより正しくトークの録画が行えなかった為、録画の公開はございません。

登壇者のtakkkunさん、および録画をお待ちいただいておりました方々には大変申し訳ございません、
深くお詫び申し上げます。

Member

uzulla commented Aug 1, 2016

こちらのトークにおきまして、運営のミスにより正しくトークの録画が行えなかった為、録画の公開はございません。

登壇者のtakkkunさん、および録画をお待ちいただいておりました方々には大変申し訳ございません、
深くお詫び申し上げます。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment