New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

スマホ時代のBotアプリのつくり方 #33

Open
yusukebe opened this Issue May 24, 2016 · 3 comments

Comments

Projects
None yet
3 participants
@yusukebe

yusukebe commented May 24, 2016

表記するお名前、SNSアカウント

Yusuke Wada
https://github.com/yusukebe

概要

Facebook MessengerがBot APIを公開し、一方、LINEはLINE Bot Trial Accountを提供開始しました。BotはIRC時代からある古き好きプログラムの一種ではありますが、こうしたスマホ時代のメッセージアプリに載ったり「Bot Store」の公開が噂されているように「Bot熱」が高まってきてる感があります。

BOTは複雑な画面UIの作成が必要ないなど、比較的簡単につくれる印象があります。が、スケールしつつ心地よいUXを提供するBotをつくろうとなると意外と難易度が高いです。例えば僕が開発提供中のLINEのアカウント BOKETE BOT では問い合わせ毎に動的にサーバサイドで画像を生成する必要があったりします。

hoge

また、ユーザーとのインタラクションの中で「コマンド」を設計したほうが良い場合もあり、なかなか考慮する点があります。

本トークでは、これから来るかもしれないBot新時代に向けて、BOKETE BOT での開発経験を元に、基礎から応用までの技術的な話をしてみたいと思います。言語は主にPerlを利用して例を示しますが、他の言語でも対応出来ると思います。

トピックリスト

  • Botとは?
  • IRC Bot
  • Facebook MessagerのBot
  • LINE Bot
  • Botの仕組み
  • Botでやれること
  • use LINE::Bot::API
  • コマンドを設計する
  • リッチメッセージ向けの画像を生成する
  • 理想的な非同期アーキテクチャ
  • BOKETE BOTの仕組み
  • Botのテスト
  • Botのレスポンス解析をGoogle Analyticsで行う
  • Botの未来

要求トーク時間

C/10:40/40min

想定聴講者層

初心者からOK!

録画や写真撮影と、その後の公開

OK!

日付の希望

7月3日希望

あなたは暴言などをしない常識を持っていて、このトークで人や法人を悲しませたり怒らせたりせず、平たく言ってネット等でダメな方向に炎上するような行動は慎むことを誓えますか?

YES!

お知らせとなる #1 お知らせスレをSubscribeするなどしてちゃんと読みますか?

YES!

@yusukebe

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@uzulla

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@uzulla
Member

uzulla commented Jul 8, 2016

動画を公開しました
https://www.youtube.com/watch?v=SQAlMsO5Yks

@yusukebe

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@yusukebe

yusukebe commented Jul 8, 2016

👍

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment