New issue

Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community.

By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails.

Already on GitHub? Sign in to your account

Webサービスにおけるキャッシュ戦略 #34

Open
yusukebe opened this Issue May 24, 2016 · 3 comments

Comments

Projects
None yet
3 participants
@yusukebe

yusukebe commented May 24, 2016

表記するお名前、SNSアカウント

Yusuke Wada
https://github.com/yusukebe

概要

Webサイトやモバイルアプリと連携するWeb APIで活躍する「キャッシュ」に特化した話を今あえてしたいと思います。データを保持しておくストレージはMySQLなどRDBMSに限ったことではありません。それを補助するかの如く「キャッシュ」というものが存在します。RDBMSでは不得手なところ、アクセスやデータ量が多くなり、どうしても遅くなってしまう点をキャッシュが助けてくれます。

本トークでは、memcachedやRedisなどのオンメモリサーバを使った初歩的なキャッシュの仕掛け、ハマるポイントの解決策、またそのデメリットなどを紹介し、いかに楽してパフォーマンスを向上させるか?の僕なりの戦略を披露します。

たとえば... 「遅延キャッシュオブジェクト生成」の成果はこのようなものです。

2016-05-25 01 22 45

今回、初歩的なことから分かりやすく解説することを心がけます。どんなレベルの人にも「なるほど感」があるでしょう。言語は主にPerlを利用して例を示しますが、他の言語でも対応出来ると思います。

トピックリスト

  • キャッシュストアの種類
  • get/set/delete
  • expireの考慮
  • どこでキャッシュするかを考える
  • HTML丸ごとキャッシュ
  • クエリをハッシュ関数に通してキーを生成する
  • 生成したキーが変わる課題と付き合う
  • 透過的キャッシュ
  • 不変なモノをキャッシュしてjoinしない戦略
  • Thundering Herd問題とは
  • 遅延キャッシュオブジェクト生成
  • 典型的なキャッシュを使った問題点
  • データの整合性と戦う
  • リフレッシュが大変だ
  • キャッシュサーバを使うPerlでのテスト

要求トーク時間

A/16:30/40min

想定聴講者層

初心者からOK!

録画や写真撮影と、その後の公開

OK!

日付の希望

7月3日希望

あなたは暴言などをしない常識を持っていて、このトークで人や法人を悲しませたり怒らせたりせず、平たく言ってネット等でダメな方向に炎上するような行動は慎むことを誓えますか?

YES!

お知らせとなる #1 お知らせスレをSubscribeするなどしてちゃんと読みますか?

YES!

@yusukebe

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@uzulla

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@uzulla

uzulla Jul 17, 2016

Member

動画を公開しました!!
https://www.youtube.com/watch?v=tfoVmSarmlY

Member

uzulla commented Jul 17, 2016

動画を公開しました!!
https://www.youtube.com/watch?v=tfoVmSarmlY

@yusukebe

This comment has been minimized.

Show comment
Hide comment
@yusukebe

yusukebe Jul 17, 2016

オツでーす

yusukebe commented Jul 17, 2016

オツでーす

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment