Skip to content
master
Go to file
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
src
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

FSharpApiSearch

F# API Search Engineはシグネチャや名前でF#のAPIを検索できる検索エンジンです。

プロジェクト一覧

プロジェクト名 概要
FSharpApiSearch 検索エンジン本体
FSharpApiSearch.Database 検索エンジンのデータベース作成ツール
FSharpApiSearch.Console 検索エンジンのフロントエンド(コンソールアプリケーション)

導入方法

リリースページからzipファイルをダウンロードし、展開してください。

使い方

まず最初にFSharpApiSearch.Database.exeを実行してデータベースを作成します。

FSharpApiSearch.Database.exe

デフォルトで検索できるアセンブリはFSharp.CoremscorlibSystemSystem.Coreです。 データベース作成時にアセンブリを指定すると検索対象を追加できます。--libオプションでアセンブリを検索するディレクトリを指定できます。 指定するアセンブリが依存するアセンブリも指定して下さい。

FSharpApiSearch.Database.exe --lib:TargetAssemblyDirectory TargetAssembly1 TargetAssembly2 DependentAssembly

FSharpApiSearch.Console.exeにクエリを与えずに実行するとインタラクティブモードで起動します。 インタラクティブモードを終了するには#qを入力してください。

FSharpApiSearch.Console.exe

引数にクエリを渡すと一度だけ検索を行います。

FSharpApiSearch.Console.exe "int -> int"

作成したデータベースを実際に検索で使用するには--targetオプションを使用します。

FSharpApiSearch.Console.exe --target:TargetAssembly1 --target:TargetAssembly2

--targetオプションを使用するとデフォルトのFSharp.CoremscorlibSystemSystem.Coreは検索対象に含まれなくなるため、 検索対象に含めたい場合は明示的に指定します。

FSharpApiSearch.Console.exe --target:TargetAssembly1 --target:TargetAssembly2 --target:FSharp.Core --target:mscorlib --target:System --target:System.Core

検索オプション

respect-name-differenceオプション

respect-name-differenceオプションが有効の場合は、クエリ中の異なる型変数や名前付きワイルドカードの名前の違いを検索に反映します。 異なる名前同士は同じ型にマッチしません。 例えば、?a -> ?aというクエリはint -> intというシグネチャにマッチしますが、?a -> ?bというクエリはint -> intにマッチしません。

このオプションに無効にした場合は、?a -> ?bというクエリでint -> intにマッチします。

greedy-matchingオプション

greedy-matchingオプションが有効の場合は、型変数と他の型がそれぞれマッチするようになり、一致度が高い順に並び替えられて表示されます。 また、検索に型制約が考慮されるようになります。

ignore-param-styleオプション

関数、メソッドの引数の形式には、カリー化形式(arg1 -> arg2 -> returnType)とタプル形式(arg1 * arg2 -> returnType)の2種類があります。 ignore-param-styleオプションが有効の場合は、カリー化形式とタプル形式を無視してマッチします。

ignore-caseオプション

ignore-caseオプションが有効の場合は、API名、型名とのマッチング時に大文字と小文字を区別しません。

substringオプション

substringオプションが有効の場合は、部分文字列で検索します。

swap-orderオプション

swap-orderオプションが有効の場合は、引数とタプルの順番を入れ替えて検索します。 例えば、a -> b -> cというクエリでb -> a -> cにマッチします。

complementオプション

complementオプションが有効の場合は、不足している引数とタプルの要素を補完して検索します。 例えば、a * cというクエリでa * b * cにマッチします。

single-letter-as-variableオプション

single-letter-as-variableオプションが有効の場合は、一文字の型名を型変数名として扱います。 例えば、t listというクエリは't listと同じです。

languageオプション

クエリ、検索、結果表示を、languageオプションで指定したプログラミング言語に切り替えます。 このオプションにはF# とC# を指定できます。

xmldocオプション

xmldocオプションが有効の場合は、検索結果にXMLドキュメントを表示します。

F#のクエリ仕様

F#のクエリは基本的にはF#のシグネチャと同じです。FSharpApiSearchの拡張のみ詳細を説明します。

> はFSharpApiSearch.Console.exeをインタラクティブモードで起動したときのプロンプトです。

検索可能なAPI

API クエリ例
モジュールの関数と値 int -> string
レコード、構造体のフィールド Ref<'a> -> 'a
判別共用体 'a -> Option<'a>
メンバー 'a list -> int
コンストラクター Uri : _
Uri.new : _
Uri..ctor : _
名前 (関数名、メンバー名等) head : 'a list -> 'a
head
アクティブパターン (||) : ... -> Expr -> ?
型、型略称、モジュール List<'T>
コンピュテーション式 { let! } : Async<'T>
サブタイプ検索 #seq<'a> -> 'a

名前検索

名前で検索するにはname : signatureまたはnameと書きます。シグネチャを指定しない場合は、シグネチャ部分に_を指定します。

> id : 'a -> 'a
Microsoft.FSharp.Core.Operators.id: 'T -> 'T, module value, FSharp.Core

> choose
Microsoft.FSharp.Collections.Array.Parallel.choose: ('T -> option<'U>) -> 'T[] -> 'U[], module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.Array.choose: ('T -> option<'U>) -> 'T[] -> 'U[], module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.List.choose: ('T -> option<'U>) -> list<'T> -> list<'U>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.Seq.choose: ('T -> option<'U>) -> seq<'T> -> seq<'U>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Control.Event.choose: ('T -> option<'U>) -> IEvent<'Del, 'T> -> IEvent<'U>, module value, FSharp.Core
  when 'Del : delegate and 'Del :> Delegate
Microsoft.FSharp.Control.Observable.choose: ('T -> option<'U>) -> IObservable<'T> -> IObservable<'U>, module value, FSharp.Core

> choose : _
Microsoft.FSharp.Collections.Array.Parallel.choose: ('T -> option<'U>) -> 'T[] -> 'U[], module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.Array.choose: ('T -> option<'U>) -> 'T[] -> 'U[], module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.List.choose: ('T -> option<'U>) -> list<'T> -> list<'U>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.Seq.choose: ('T -> option<'U>) -> seq<'T> -> seq<'U>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Control.Event.choose: ('T -> option<'U>) -> IEvent<'Del, 'T> -> IEvent<'U>, module value, FSharp.Core
  when 'Del : delegate and 'Del :> Delegate
Microsoft.FSharp.Control.Observable.choose: ('T -> option<'U>) -> IObservable<'T> -> IObservable<'U>, module value, FSharp.Core

アスタリスク(*)を使用すると部分一致検索ができます。 例えば、FSharp.Core.String.* : _FSharp.Core.Stringモジュールの全てのAPIを表示します。

> FSharp.Core.String.* : _
Microsoft.FSharp.Core.String.collect: (char -> string) -> string -> string, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Core.String.concat: string -> seq<string> -> string, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Core.String.exists: (char -> bool) -> string -> bool, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Core.String.filter: (char -> bool) -> string -> string, module value, FSharp.Core
...

ワイルドカード

通常、'aなどの型変数とintなどの型名はマッチしません。 しかし、どちらのケースもまとめて検索したい場合があります。 このような場合に、ワイルドカード?または_が使えます。

> ? -> list<?> -> ?
Microsoft.FSharp.Collections.List.append: list<'T> -> list<'T> -> list<'T>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.List.averageBy: ('T -> 'U) -> list<'T> -> 'U, module value, FSharp.Core
  when 'U : (static member op_Addition : 'U * 'U -> 'U) and 'U : (static member DivideByInt : 'U * int -> 'U) and 'U : (static member get_Zero : unit -> 'U)
Microsoft.FSharp.Collections.List.choose: ('T -> option<'U>) -> list<'T> -> list<'U>, module value, FSharp.Core
Microsoft.FSharp.Collections.List.chunkBySize: int -> list<'T> -> list<list<'T>>, module value, FSharp.Core
...

また、ワイルドカードに名前を付けることで、同じ名前を持つワイルドカードの位置には同一の型名が入るという条件を追加できます。 例えば、? -> ?は以下のすべての関数にマッチします。

  • 'a -> 'a
  • int -> int
  • 'a -> int
  • int -> string

しかし、?a -> ?aのように名前を付けると、上の例では'a -> intint -> stringにはマッチしなくなります。

サブタイプ検索

サブタイプ検索とは、指定した基本型またはインターフェイスと互換性のある型を指定する制約です。

クエリでサブタイプ検索を使用するには#typeと書きます。typeの部分には型名とインターフェイス名を指定できます。型名に型パラメータ、ワイルドカードは指定できません。

例えば、? -> #seq<'T>seq<'T>を継承したList<'T>IList<'T>'T[]等の型を返す関数を検索できます。

メンバー検索

インスタンスメンバー

インスタンスメンバーを検索するにはreceiver -> signatureと書きます。

メソッドを検索する場合はreceiver -> arg -> returnTypeと書きます。

多引数のメソッドを検索するにはreceiver -> arg1 -> arg2 -> returnTypeまたはreceiver -> arg1 * arg2 -> returnTypeと書きます。 通常ではメソッドの引数がタプル形式(arg1 * arg2)とカリー化形式(arg1 -> arg2)を区別せずに検索します。 引数の形式を区別して検索したい場合はignore-param-styleオプションを無効にします。

プロパティを検索する場合はreceiver -> propertyTypeと書きます。 インデックス付きプロパティはreceiver -> index -> propertyTypeと書きます。

静的メンバー

静的メンバーはモジュール内の値や関数と同じクエリで検索できます。多引数メソッドはインスタンスメソッドと同様にarg1 -> arg2 -> returnTypeまたはarg1 * arg2 -> returnTypeと書きます。

アクティブパターン

アクティブパターンを検索するには(||) : (args ->) inputType -> returnTypeと書きます。 パーシャルアクティブパターンを検索する場合は(|_|) : (args ->) inputType -> returnTypeと書きます。

inputTypeの部分にはアクティブパターンで扱う型を指定します。例えば、Exprに対するアクティブパターンを検索したい場合は(||) : ... -> Expr -> ?と書きます。

argsの部分にはアクティブパターンの引数を指定します。 引数があるアクティブパターンを検索したい場合は(||) : arg1 -> arg2 -> inputType -> returnTypeと書きます。 引数が無いアクティブパターンを検索したい場合は(||) : inputType -> returnTypeと書きます。 引数の有無を区別せず検索する場合は引数部分に...というキーワードを用いて、(||) : ... -> inputType -> returnTypeと書きます。

retyrnTypeの部分にはアクティブパターンの実態である関数が返す型を指定します。 アクティブパターン関数の戻り値は、ケースが1つ、複数、パーシャルアクティブパターンそれぞれで異なります。 対応する任意の型、option<_>Choice<_,...,_>を指定して下さい。 通常はワイルドカード(?)を使うことをお勧めします。

コンピュテーション式

コンピュテーション式を検索するには{ syntax } : typeと書きます。指定した構文と型を扱えるビルダーを検索します。

syntaxにはlet!yieldyield!returnreturn!useuse!if/thenforwhiletry/withtry/finallyと任意のカスタムオペレーション名を指定できます。 syntaxを複数指定する場合は;で区切り、{ s1; s2 } : typeと書きます。

C#のクエリ仕様

C#のクエリは、C#のシグネチャとは文法が異なります。

検索可能なAPI

API クエリ例
メンバー object -> () -> string
string -> int
コンストラクター Uri : _
Uri..ctor : _
型パラメーター List<T> -> int
Dictionary<tkey, tvalue>
<TKey, TValue> : Dictionary<TKey, TValue>
名前 (メンバー名等) Length : string -> int
Length
List
サブタイプ検索 <T> : #IEnumerable<T> -> T

名前検索

メンバーや型を名前で検索するにはname : signatureまたはnameと書きます。シグネチャを指定しない場合は、シグネチャ部分に_を指定します。

> Length : string -> int
System.String.Length : int, instance property with get, mscorlib

> Length
int Array.Length { get; }, instance property, mscorlib
int BitArray.Length { get; set; }, instance property, mscorlib
long BufferedStream.Length { get; }, instance property, mscorlib
long FileInfo.Length { get; }, instance property, mscorlib
...

> Length : _
int Array.Length { get; }, instance property, mscorlib
int BitArray.Length { get; set; }, instance property, mscorlib
long BufferedStream.Length { get; }, instance property, mscorlib
long FileInfo.Length { get; }, instance property, mscorlib
...

アスタリスク(*)を使用すると部分一致検索ができます。 例えば、System.String.* : _System.String型の全てのAPIを表示します。

> System.String.* : _
System.Array.Length : int, instance property with get, mscorlib
System.Collections.BitArray.Length : int, instance property with get set, mscorlib
System.ComponentModel.DataObjectFieldAttribute.Length : int, instance property with get, System
System.ComponentModel.MaskedTextProvider.Length : int, instance property with get, System
...

型パラメーター

型パラメーターの記述は次の3つがあります。

形式 型パラメーター 備考
<t> : signature <TKey, TValue> : Dictionary<TKey, TValue> TKey, TValue 冗長な形式で型パラメーターに大文字を使用できる
全て小文字 Dictionary<tkey, tvalue> tkey, tvalue 全て小文字の場合は<T>の部分を省略できる
一文字 List<T> -> int T 一文字の場合は<T>の部分を省略できる

ただし全て小文字の場合でもintやstring等の組み込み型は型パラメーターとして扱われません。

クエリの型パラメーター名は検索対象の型パラメーター名と一致している必要はありません。 例えば、List<A>というクエリはSystem.Collections.Generics.List<T>型とマッチします。

ワイルドカード

通常、Tなどの型パラメーターとintなどの型名はマッチしません。 しかし、どちらのケースもまとめて検索したい場合があります。 このような場合に、ワイルドカード?が使えます。

> <T> : List<T> -> ? -> int
System.Collections.Generic.List<T>.BinarySearch(T item) : int, instance method, mscorlib
System.Collections.Generic.List<T>.FindIndex(Predicate<T> match) : int, instance method, mscorlib
System.Collections.Generic.List<T>.FindLastIndex(Predicate<T> match) : int, instance method, mscorlib
System.Collections.Generic.List<T>.IndexOf(T item) : int, instance method, mscorlib
...

また、ワイルドカードに名前を付けることで、同じ名前を持つワイルドカードの位置には同一の型名が入るという条件を追加できます。 例えば、? -> ?は以下のすべてにマッチします。

  • static T F1<T>(T x)
  • static int F2 (int x)
  • static T F3<T>(int x)
  • static int F4 (string x)

しかし、?a -> ?aのように名前を付けると、上の例ではF2F4にはマッチしなくなります。

サブタイプ検索

サブタイプ検索とは、指定した基本型またはインターフェイスと互換性のある型を指定する制約です。

クエリでサブタイプ検索を使用するには#typeと書きます。typeの部分には型名とインターフェイス名を指定できます。型名に型パラメータ、ワイルドカードは指定できません。

例えば、<T> : ? -> #IEnumerable<T>IEnumerable<T>を継承したList<T>IList<T>T[]等の型を返すメソッドを検索できます。

メンバー検索

インスタンスメンバー

メソッドを検索する場合はreceiver -> (arg) -> returnTypeと書きます。 多引数のメソッドはreceiver -> (arg1, arg2) -> returnTypeと書きます。 引数部分の括弧は省略できます。引数または戻り値が無いAPIを検索したい場合は()voidを使用します。

> <T> : List<T> -> T -> int
System.Collections.Generic.List<T>.BinarySearch(T item) : int, instance method, mscorlib
System.Collections.Generic.List<T>.IndexOf(T item) : int, instance method, mscorlib
...

プロパティを検索する場合はreceiver -> propertyTypeと書きます。 インデックス付きプロパティはreceiver -> index -> propertyTypeと書きます。

> <T> : List<T> -> int
System.Collections.Generic.List<T>.Capacity : int, instance property with get set, mscorlib
System.Collections.Generic.List<T>.Count : int, instance property with get, mscorlib
...

静的メンバー

メソッドを検索する場合は(arg) -> returnTypeと書きます。 プロパティを検索する場合はpropertyTypeと書きます。

> string -> int
System.Convert.ToInt32(string value) : int, static method, mscorlib
System.Int32.Parse(string s) : int, static method, mscorlib
...

このように、メンバーが属する型は静的メンバーのクエリには記述しません。

FSharp.Compiler.Service の制限により対応できないAPI

  • C#で定義されたクラス、構造体のフィールド

動作環境

  • .Net Framework 4.5
  • F# 4.1

使用ライブラリ

You can’t perform that action at this time.