Permalink
Browse files

fix typo in prml10.pdf

  • Loading branch information...
herumi committed Aug 26, 2011
1 parent fee161a commit 3ea3771e6e44ee6d7e548d62af3c6b76ed3262ee
Showing with 1 addition and 1 deletion.
  1. BIN prml10.pdf
  2. +1 −1 prml10.tex
View
Binary file not shown.
View
@@ -302,7 +302,7 @@
&=&\sum_m q(m) \log \frac{p(m) \exp \calL_m}{q(m)}
= -\sum_m \KL(q(m)||p(m) \exp \calL_m).
\end{eqnarray*}
-よって$\calL$が最大となるのは全てのカルバック距離が最小となるとき, $q(m) \propto p(m) \exp \calL_m$のときである($p(m)\exp \calL_m$は正規化されているとは限らないので$=$ではなく$\propto$).
+よって$\calL$が最大となるのはカルバック距離が最小となるとき, つまり$q(m) \propto p(m) \exp \calL_m$のときである($p(m)\exp \calL_m$は正規化されているとは限らないので$=$ではなく$\propto$).
\subsection{変分混合ガウス分布}
ガウス混合モデルに変分推論法を適用してみる.

0 comments on commit 3ea3771

Please sign in to comment.