基本からしっかり学ぶSymfony2入門 サポートサイト
CSS PHP HTML ApacheConf JavaScript

README.md

基本からしっかり学ぶSymfony2入門 サポートサイト

第3章 p.56のプロジェクト準備のコマンド例に誤植がありました。 正誤情報 をご参照ください。

本書の内容についてのご質問や誤植のご報告は、issueにてお願いします。

Gihyo Digital Publishingからは、誤植訂正済最新版を入手可能です 書籍情報ページ

目次

サンプルコードのダウンロード

  • サンプルコード (ダウンロード 18.4MB)
    • サンプルコードの中に、書籍内のすべてのリストと、途中で利用するCSSやテンプレートなどのアセットファイルが含まれています
    • リストはこちらからも閲覧できます
  • サンプルアプリケーション完成コード (ダウンロード)

このGitリポジトリは、本書で開発するアプリケーションのソースコードのリポジトリにもなっており、解説するリストごとにコミットを登録してあります(リストごとのコミット参照)。リストに示されたコードの記述場所がわからない場合は、コミットの差分で確認することができます。また、何らかの理由で手元のアプリケーションのコードがおかしくなってしまった場合に、該当個所のコミットをチェックアウトすることで、すぐに復元することもできます。是非お役立てください。

正誤情報

紙版および電子書籍初版。GDP版で修正済のものは対応更新日を記載しています。

第2章

  • p.46 demoアプリケーションのルートでは、パスの先頭に /ja/ が入ります。また、ポート番号(8000)も追加してください。(GDP20160113)

2段落目1〜2行目

(誤) アクションメソッドのルートはクラスで定義されたルートと結合されるので、最終的には、/blog/ というURLでリクエストされた場合
(正) アクションメソッドのルートはクラスで定義されたルート、およびルート定義のプレフィックス(リスト2-3 5行目)と結合されるので、最終的には、/ja/blog/ というURLでリクエストされた場合

2段落目4行目

(誤) ブラウザからhttp://127.0.0.1/blog/にアクセスし、
(正) ブラウザからhttp://127.0.0.1:8000/ja/blog/にアクセスし、
  • p.50 getTemplatingService()内で使われているクラスは TimedTwigEngine ではなく TwigEngine になります。TimedTwigEngineはSymfony 2.6以前で利用可能で、古いバージョンのサービスコンテナではこのクラスが使われていました。Symfony 2.7で非推奨となり、Symfony 3.0で削除されます 参照。(GDP20160113)

1段落目5〜6行目

(誤) このメソッドを見ると、TimedTwigEngineというクラスが
(正) このメソッドを見ると、TwigEngineというクラスが

1段落目6〜7行目

(誤) TimedTwigEngineクラスのコンストラクタに渡している引数は3つあり
(正) TwigEngineクラスのコンストラクタに渡している引数は3つあり

第3章

  • p.56 プロジェクトのひな型生成時のコマンドで、classic-symfony の後にスペースを入れてください。(GDP20160113)

    (誤) $ symfony new classic-symfony2.7
    (正) $ symfony new classic-symfony 2.7
    (誤) C:¥projects>php symfony.phar new classic-symfony2.7
    (正) C:¥projects>php symfony.phar new classic-symfony 2.7

第4章

  • p.119 図4-14「プロファイラのメールパネルでメール本文を確認」内のお問い合わせ種別の表記が間違っていました。(差替画像)(GDP20160113)

    (誤) ●お問い合わせ種別: 0
    (正) ●お問い合わせ種別: 公演について

第6章

  • p.155 リスト6-5のindexAction()内、findAll()はfindBy()の誤りです。(GDP20160113)

    (誤) $inquiryList = $inquiryRepository->findAll([], ['id' => 'DESC']);
    (正) $inquiryList = $inquiryRepository->findBy([], ['id' => 'DESC']);
  • p.156 図6-4でお問い合わせ一覧がIDの降順で表示されていないのは誤りです。(差替画像)(GDP20160113)

  • p.157脚注 doctrine:generate:entities コマンドで作成されるバックアップファイルでは、ファイル名の先頭ではなく末尾に ~ がつきます。(GDP20160113)

    (誤) 先頭に ~ が付いたファイル名
    (正) 末尾に ~ が付いたファイル名
  • p.168 3段落3-4行目(GDP20160113)

    (誤) これまで使っていたfindAll()メソッド
    (正) これまで使っていたfindBy()メソッド
  • p.169 1段落3-4行目(GDP20160113)

    (誤) エンティティの一覧取得に利用していたfindAll()メソッド
    (正) エンティティの一覧取得に利用していたfindBy()メソッド

第9章

  • p.264 本書の解説ではhautelook/alice-bundleは、バージョン0.2を利用します。Composerでインストールする際、明示的にバージョン番号を付加してください。(GDP20160113)

3段落目の下コマンド例内

(誤) $ php composer.phar require hautelook/alice-bundle --dev
(正) $ php composer.phar require hautelook/alice-bundle:0.2 --dev

Appendix 1

  • p.285 moneyタイプの説明に誤植がありました。

    (誤) 通過用のフォーマット機能あり
    (正) 通貨用のフォーマット機能あり

リストごとのコミット

参照リンク

1章

第2章

第3章

第4章

第5章

第6章

第7章

第8章

第9章

Appendix 1

Appendix 2

ライセンス

本サンプルコードのライセンスは、MITライセンスです。