C
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
ChangeLog
Imakefile
README
coloritem.xbm
file.c
lock.c
main.c
popup.c
resource.h
window.c
xfusen.h
xfusen.man

README

	XFusen -- 付箋紙 for X11	v0.3

				2001/8/22
				written by Kunihiko Hayashi

1. はじめに
~~~~~~~~~~~
このプログラムは,X11 のデスクトップ上に付箋紙を作成するものです.
XPostIt(+) とは異なり,Macintosh の Stickies に似た動作をします.

※ まだ作成段階のため動作が不安定です.注意点をよく読んで御使用下さい.


2. ファイル内容
~~~~~~~~~~~~~~~
添付されるファイルは次の通りです.

	*.c,*.h			ソースファイル
	Imakefile		imake 記述ファイル
	xfusen.man		man 用マニュアル
	XFusen.ad		リソースファイル(現バージョンではなし)
	ChangeLog		履歴ファイル
	README			このファイル


3. インストール方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次のコマンドで実行ファイルを作成します.

	% xmkmf -a
	% make

OS によっては,ロケール設定のために XPG4 Library が必要になる場合があります.
日本語が正しく表示されない場合は,Imakefile の LOCAL_LIBRARIES に -lxpg4 を
追加してから xmkmf 以降を実行してみてください(libxpg4 が必要).

# 次に,root 権限で次のコマンドを実行してインストールします.
#
#	# make install

※注1: 現バージョンでは app-defaults は利用しませんので,できたバイナリを
       適当な場所に置いて下さい

※注2: 現バージョンでは 環境変数 LANG に ja (または ja_JP.EUC など)を設定
       しないと Xaw の関係で正しく動作しないかもしれません.

※注3: make install.man で マニュアルをインストールしますが,現時点では
       xfusen.man が大した意味を持っていないので不要です.


4. 使用方法
~~~~~~~~~~~
最初に起動すると,付箋が1つ作成されます.作成された付箋はウィンドウマネージャ
に従って,移動,拡大縮小ができます.

付箋に文字を書き込むには,左ボタンを1回押します.書き込める状態の時は背景色が
濃くなります.kinput2 などが起動していれば,下の方に漢字入力部が表示されます.

付箋を張り付ける(書き込みモードを抜ける)には,カーソルを付箋から離します
(背景色が薄くなり,テキストのキャレット"^"が消えます).

付箋上で右ボタンを押すと,メニューを表示します.メニューの各項目は次のような
動作をします.

	About
		XFusen のバージョンなどを表示します.
	New
		新たに付箋を作成します.
	Load
		ファイルを付箋に読み込みます.前の内容は消去されます.
	Save
		付箋の内容をファイルに書き出します.
	Close
		付箋を閉じます.文書は破棄されます.
		最後の付箋だけは破棄されず終了になります.
	Font
		フォントを指定します.右の">>"にカーソルを移動すると,
		サブメニューが表示され,8種類の大きさの中から選ぶことが
		出来ます.
	Color
		付箋の背景色を指定します.右の">>"にカーソルを移動すると,
		サブメニューが表示され,8色の中から選ぶことが出来ます.
	Iconify
		アイコン化します.
		アイコン化から復帰するには,アイコンを1回クリックします.
		※ ウィンドウマネージャのアイコン化とは異なります.
	Duplicate
		付箋を複製します.
	Quit
		XFusen を終了します.付箋の位置,大きさ,属性,文書などの
		情報は,~/.xfusen_text に保存されます.


fvwm などの Window Manager を使用している時は,タイトルバーを消すことでより
付箋として見やすくなります.次の例は fvwm95 における設定例です.
この例では,タイトルバーを消去し,仮想画面でも表示され,ウィンドウリストから
除かれます.

	Style "xfusen*" NoTitle, Sticky, WindowListSkip

Quit で終了した場合,次の起動時からは ~/.xfusen_text を読み出し,前回終了した
時点での(ほとんど)全ての状態を復元します.signal などで異常終了した場合や,
ウィンドウマネージャから終了した場合も保存されます.


5. 注意点(バグなど)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

* 複数の付箋を開いたまま終了した場合,付箋の上下関係は保存されず,
  開いた順に表示されます.

* .xfusen_text は現バージョンでは排他制御されません.NFS 上で共有すると内容が
  失われる可能性があるので,注意して下さい.

* kinput2 で候補を選択すると付箋からカーソルが抜けたことになり,書き込めなく
  なることがあります.(入力前に,選択ウィンドウにカーソルが来ないようにして
  おくと,今のところ大丈夫です)

* 折り返しの最後の文字の表示が消えることがあります.

* アイコン化したまま Quit すると,正しく復元できないことがあります.

* その他バグは沢山潜んでいるかも知れません:-)

* ~/.xfusen_text のフォーマットはバージョンが上がる時に変更する可能性が
  あります.新しいバージョンを使用する時は注意して下さい.


6. 動作環境
~~~~~~~~~~~
現バージョンは以下の環境で動作を確認しました.これ以外に動作が確認できた
方は御連絡下さい.

	NetBSD 1.5 + XFree86 3.3.6


7. 著作権など
~~~~~~~~~~~~~
著作権は放棄しませんが,転載については制限しません.


A. 参考文献
~~~~~~~~~~~
X11R6.3 Xtoolkit Document, X/Open Group
X11R6.3 Athena Widget Document, X/Open Group
Xlib と Xツールキット,日刊工業新聞社
Xウィンドウプログラミング(Xツールキット), JBL出版局

---
Kunihiko Hayashi
: hayashi@dec.sakura.ne.jp
: http://dec.sakura.ne.jp/~hayashi/