No description, website, or topics provided.
Switch branches/tags
Nothing to show
Clone or download
Fetching latest commit…
Cannot retrieve the latest commit at this time.
Permalink
Failed to load latest commit information.
.gitignore
README.md
app.js
package-lock.json
package.json

README.md

画像DE路線当てBOT

※これを動かすには駅すぱあとWebサービス フリープランのアクセスキーが必要です! アクセスキーはこちらから無料で申し込みできます。

起動方法

必要なツール

以下のツールをローカルにインストールします。

コードのクローン

$ git clone https://github.com/hmaruyama/train-finder-bot.git
$ cd train-finder-bot
$ npm install # 必要なモジュールをインストール

.envファイルの作成

train-finder-bot ディレクトリ直下に、 .env ファイルを作成し、以下の値を埋めます。

CUSTOM_VISION_API_URI={{custom vision api のエンドポイント}}
CUSTOM_VISION_PREDICTION_KEY={{custom vision のprediction key}}
EKISPERT_ACCESS_KEY={{駅すぱあとwebサービスのアクセスキー}}

Bot Framework Channel Emulator の設定

Bot Framework Channel Emulator を立ち上げます。 メニューの App Settings を開き、ダウンロードしたngrokのパスを記述します。 Bypass ngrok for local addresses と書かれたチェックボックスがありますが、必ずチェックを外してください。

起動

train-finder-bot ディレクトリ直下で、以下のコマンドを実行し、BOTを起動します。

$ node app.js

BOTが起動されると、リクエストをリスンするポート番号がコンソールに表示されます。

Bot Framework Channel Emulator を立ち上げます。 ウィンドウ上部のEnter your endpoint URLをクリックし、以下のURLを入力します。

http://localhost:ポート番号/api/messages

Microsoft App IDMicrosoft App Passwordを指定する画面が表示されますが、空欄のままConnectボタンをクリックします。

以上でエミュレーターを使用する準備ができました。

下部入力エリアの画像アイコンをクリック、ローカルに保存された路線画像をBOTに送信すると、路線を判別してそれに付随する駅を列挙してくれます。