Skip to content
ReadJEnc C#(.NET)用ファイル文字コード種類自動判別ライブラリ
Branch: master
Clone or download
hnx8 再fix #2 v1.3.1.2
・ターゲットフレームワークにNET Core1.0/1.1を追加し忘れていたので追加
・ソースコードの整形、Readme等の記述改善
Latest commit 7add1d9 Apr 24, 2018
Permalink
Type Name Latest commit message Commit time
Failed to load latest commit information.
Source 再fix #2 v1.3.1.2 Apr 24, 2018
.gitignore Initial commit Sep 15, 2017
LICENSE Initial commit Sep 15, 2017
README.en.md 再fix #2 v1.3.1.2 Apr 24, 2018
README.md 再fix #2 v1.3.1.2 Apr 24, 2018
ReadJEnc_Readme.txt 再fix #2 v1.3.1.2 Apr 24, 2018

README.md

ReadJEnc

ReadJEnc C#(.NET)用ファイル文字コード種類自動判別ライブラリ

English version

概要

C#(.NET Framework)向けテキストファイル文字コード自動判別&読出ライブラリです。
自作のgrepツール(TresGrep/HNXgrep)の文字コード自動判別機能をC#のライブラリとして切り出したものです。

  • 対応フレームワーク: .NET 2.0/3.5/4.0/4.5/4.6/4.7, .NET Core 1.0/1.1/2.0, .NET Standard 1.3/2.0

DLL一式の入手方法

Readme

使用方法

テキストファイル読み出し・文字エンコード判別の基本的な手順ですが、

  1. FileReaderオブジェクトを生成
  2. Read()メソッドを呼び出し、ファイルのエンコードを把握
  3. Textプロパティより、実際に読み出したテキストを取得
    という流れになります。
	// 文字エンコードを判別したいファイルを、FileInfoオブジェクトなどで指定
	void Example(System.IO.FileInfo file) 
	{
	    // ファイル自動判別読み出しクラスを生成
	    using (Hnx8.ReadJEnc.FileReader reader = new FileReader(file))
	    {
	        // 判別読み出し実行。判別結果はReadメソッドの戻り値で把握できます
	        Hnx8.ReadJEnc.CharCode c = reader.Read(file);
	        // 戻り値のNameプロパティから文字コード名を取得できます
	        string name = c.Name;
	        Console.WriteLine("" + name + "" + file.Name);
	        // GetEncoding()を呼び出すと、エンコーディングを取得できます
	        System.Text.Encoding enc = c.GetEncoding(); 
	        // 実際に読み出したテキストは、Textプロパティから取得できます
	        // ※非テキストファイルの場合は、nullが設定されます
	        string text = reader.Text;
	        // 戻り値の型からは、該当ファイルの大まかな分類を判断できます
	        if (c is CharCode.Text) 
	        {
	            Console.WriteLine("-------------------------------------");
	            Console.WriteLine(text);
	        }
	    }
	}
  • 実際に動くサンプルとしては、Hnx8.ReadJEnc.WinForm.Sampleのプロジェクトをご覧ください。
  • APIリファレンスは特に用意していません。オブジェクトブラウザーを参照するか、ライブラリのソースコードを直接読んでください。
  • ほか、バイト配列の内容から文字コードを判定するサンプルが@ITに掲載されています。

その他補足

ソースコード主要部分については、以下のblog記事で簡単に解説しています。

ライブラリ組み込み例

連絡先

このライブラリに関する不具合・疑問点・感想などありましたら、作者BLOGの適当な記事へフィードバックをお寄せください。

IssuesPull requestsでも連絡を受け付けます。

謝辞

英語版README.mdの整備、ならびにターゲットフレームワークの複数化対応は、Nordes Ménard-Lamarreさんが行ってくださいました。 厚くお礼申し上げます。

License

You can’t perform that action at this time.