Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 

HologlaSDK-Unity

概要

主にだんグラだんグラKidsホログラス デュオ向けにAR/MR/VR用のアプリケーションをそれぞれ作るためのSDKです。
UnityでのAndroid/iOS開発に利用できるため、だんグラ等を使用しない場合でも、スマートフォン向けにAR/MR/VR用コンテンツを作成する際に使用することもできます。

ライセンスについて

MITライセンスになります。 Assets/Hologla/Lisence.txtをご確認ください。

AR機能の動作環境について

Unity2019.x以降のバージョンを想定しています。
基本的にARKit、またはARCoreを利用してiOS、Android端末にて動作させることを想定しているため、
ARFoundation及びARKit、ARCore等のプラグインを使用します(PackageManager設定にて設定しています)。
現在動作確認しているバージョンは4.1.5です。

また、動作確認には対応している端末が必要です。

iOS

iPhone SE、iPhone 6s以降の端末
対応端末一覧は以下ページの下部参照
https://www.apple.com/jp/augmented-reality/

Android

Android 7.0以降の対応端末
対応端末一覧は以下ページの下部参照
https://developers.google.com/ar/devices

導入手順について

  1. Unityプロジェクトを作成、または既存のプロジェクトを開いた後にPackageManagerよりAR Foundationをインストールします。
    その後、必要に応じて、ARKit XR Plugin、ARCore XR Pluginをそれぞれインストールします。
    (iOSのみであれば、ARKit XR Pluginのみ、Androidのみであれば、ARCore XR Pluginのみのインストールで問題ありません。)

  2. UnityのProject SettingsからXR Plug-in Managementの項目を開きます。
    必要に応じて、iOSのタブのARKitのチェックボックス、AndroidのタブのARCoreのチェックボックスにチェックを入れます。
    (iOS、Andoridのどちらか片方しか利用しない場合は、利用する方のみチェックを入れる形でも問題ありません。)

  3. PackageManagerでの設定完了後、本SDKのunitypackageをインポートします。

  4. Unityの上部メニューの[Hologla]から[Initialize Project]と選択し、実行します。
    ここまででプロジェクトの設定は完了です。

  5. 作業をするシーンを作成、または開いたら、 Unityの上部メニューの[Hologla]から[Initialize Scene]を選択、実行してシーン用の設定を実行します。

以上の設定でプロジェクトの共通設定と、シーン内の画面表示、入力関連のセットアップは完了となります。

各種Prefabについて

  • HologlaCameraParent

だんグラの表示に関する制御を行っています。
HologlaCameraManagerコンポーネントより、AR/MR/VR、1眼、2眼等の切り替えの設定や端末サイズ対応用の設定が行えます。
以下インスペクター上での項目の概要

インスペクター上での項目名 概要
CurrentViewMode AR/MR/VRモードの設定
CurrentEyeMode 1眼/2眼モードの設定
VrBackgroundLayer VRモード時の背景用にVRモード時のみに表示するLayerの設定
VrBackgroundObjList VRモード時の背景用にVRモード時のみに表示するオブジェクトリストの設定
VrClearFlag VRモード時のUnityのカメラのClearFlagsの設定
InterpupillaryDistance 瞳孔間距離の設定
ArMrCollisionObjList AR/MRモード時のみ有効にしたい現実ベースのコリジョンを持ったオブジェクトを設定する
CurrentViewSize 端末サイズ対応用の表示領域サイズの設定
NearClippingPlane UnityのカメラのClippingPlanesのNearの設定
FarClippingPlane UnityのカメラのClippingPlanesのFarの設定
ArBackgroundMaterial ARモード時に端末のカメラの映像を映すために使用するマテリアルの指定
  • HologlaInput

だんグラの入力の管理をしています。
左ボタン、右ボタンそれぞれの押下や同時押しを検出できます。
HologlaInputオブジェクトのOnPressLeftAndRightに左右のボタンを同時押しした際のイベント、
LeftButtonオブジェクトのOnClickに左ボタンをクリックした際のイベント、
RightButtonオブジェクトのOnClickに右ボタンをクリックした際のイベント
をそれぞれ設定することができるようになっています。

ハンズオン用資料

https://docs.google.com/presentation/d/e/2PACX-1vQFCwxnd4akv10a2nxZxjaFumjAWRBxp0yZCywk6EEduSmpu5QViMlhMjvkS5lG3_lnbkrBArx7U6hl/pub?slide=id.p

画面サイズの設定について

iPhoneでの画面サイズ設定は以下の対応表の通りとなっています。

アプリ側の画面サイズ設定 端末の画面サイズ iPhoneのバージョン
サイズ1 4.7インチ iPhone 6s
サイズ1 4.7インチ iPhone 7
サイズ1 4.7インチ iPhone 8
サイズ1 4.7インチ iPhone SE 2
サイズ2 5.4インチ、5.5インチ iPhone 12 mini
サイズ2 5.4インチ、5.5インチ iPhone 6s Plus
サイズ2 5.4インチ、5.5インチ iPhone 7 Plus
サイズ2 5.4インチ、5.5インチ iPhone 8 Plus
サイズ3 5.8インチ iPhone X
サイズ3 5.8インチ iPhone XS
サイズ3 5.8インチ iPhone 11 Pro
サイズ4 6.1インチ iPhone XR
サイズ4 6.1インチ iPhone 11
サイズ4 6.1インチ iPhone 12
サイズ4 6.1インチ iPhone 12 Pro
サイズ5 6.5インチ iPhone XS Max
サイズ5 6.5インチ iPhone 11 Pro Max
サイズ6 6.7インチ iPhone 12 Pro Max

About

No description, website, or topics provided.

Resources

Packages

No packages published