ActorSprite

hoge1e3 edited this page Jul 5, 2018 · 1 revision

api

ActorSprite

BaseActorから,描画機能だけを抜き出したものです.

これ自身で動作や当たり判定をすることはできません.主に他のActorの drawメソッド内で複数のスプライトを表示したい場合などに用います.

メソッド

  • draw(ctx) 指定されたキャンパスコンテキストに描画を行います.描画されるものはフィールドの値によって変化します.BaseActorを参照してください.

\draw(ctx) {
    // このActor本来の図形を描く(中心のスプライト)
    super.draw(ctx);
    var a;
    // 周りに別のスプライトを2つ表示(本体の周りを回る)
    a=new ActorSprite{x: x+cos(r)*50, y: y+sin(r)*50,p};
    a.draw(ctx);
    a=new ActorSprite{x: x-cos(r)*50, y: y-sin(r)*50,p};
    a.draw(ctx);
}

x=100;y=100;r=0;
while(true) {
    x++;
    r+=10;
    update();
}
Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.