T2MediaPlayer

hoge1e3 edited this page Nov 9, 2018 · 6 revisions

api

T2MediaPlayerクラス

サウンドを再生するためのクラスです。 グローバル変数$soundに自動的に設定されます。

サウンドの追加

メニューのウィンドウ→音声リストから追加します。

対応している音声ファイル形式

  • MP3 (.mp3)
    • よく使われている音声ファイルです。
    • Chromiumベースのブラウザで再生不可なブラウザがあります。
  • AAC (.mp4 .m4a)
    • MP3より新しい音声ファイルです。MP3より音質が良いです。
    • Chromiumベースのブラウザで再生不可なブラウザがあります。
  • Ogg Vorbis (.ogg)
    • MP3より音質が良いです。
    • iOS等で再生不可です。
  • MIDIファイル (.mid .midi)
    • 音の鳴らし方などの情報が入った楽譜のようなファイルです。Tonyu2ではPicoAudio.jsというライブラリを用いてピコピコ音で再生します。
    • ほとんどの環境で再生可能です。
  • WAV (.wav)
    • 通常未圧縮のため音質劣化はありませんが、ファイルサイズが大きいです。
    • ほとんどの環境で再生可能です。
  • mzoファイル (.mzo)
    • M-Two という音楽作成ソフトで作成されたオブジェクトファイルです.
    • オンライン版もあります.

※()内は対応している拡張子

フィールド

  • available
    • サウンドが鳴らせる環境であればtrueを返します
  • mute
    • trueに設定すると、playSEとplayBGM、resumeBGMを無効にします

メソッド

  • playSE
    • SE(効果音)を再生します
  • playBGM
    • BGM(背景音)を再生します
  • stopBGM
    • BGMを停止します
  • pauseBGM
    • BGMを一時停止します
  • resumeBGM
    • 一時停止したBGMを再び再生します
  • stopAllSE
    • 現在鳴っている効果音をすべて停止します
  • setBGMVolume(vol)
    • BGMの音量を設定します。範囲(0-128-∞)
      • 0:消音
      • 128:もとの音量(100%)
      • 128より大きい:100%より大きい音量
  • setBGMTempo(tempo)
    • BGMの再生速度を設定します。1がもとの速さです
  • getBGMCurrentTime()
    • 再生中のBGMの現在再生位置を取得します(単位:秒)
  • getBGMLength()
    • 再生中のBGMの長さを取得します(単位:秒)
  • getPlayingBGMName()
    • 再生中のBGMの名前を取得します("$se_bgm1"のように文字列が返ります)
  • getCurrentTime()
    • T2MediaPlayerが生成されてからの時間を返します(単位:秒).なお,再度実行された場合でもリセットされないことがあります.

T2MediaPlayerクラスの詳細→

.

Clone this wiki locally
You can’t perform that action at this time.
You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.
Press h to open a hovercard with more details.