Skip to content

HTTPS clone URL

Subversion checkout URL

You can clone with
or
.
Download ZIP
Fetching contributors…

Cannot retrieve contributors at this time

160 lines (138 sloc) 6.32 kB

設定

概要

  • atig.rbは起動時に ~/.atig/config を読み込みます。
  • ~/.atig/config はRubyのコードが記述可能です。
  • Atig::Gateway::Session.<some_field> を変更すると、atig.rbの動作をカスタマイズできます。

利用可能なコマンドの変更

Atig::Gateway::Session.commands を変更すれば、利用可能な :doc:`commands` を変更できます:

Atig::Gateway::Session.commands = [
                                   Atig::Command::Retweet,
                                   Atig::Command::Reply,
                                   ..
                                  ]

標準で次のコマンドが用意されています。

Atig::Command::Retweet
/me retweet ... を提供するクラス
Atig::Command::Reply
/me reply ... を提供するクラス
Atig::Command::User
/me user ... を提供するクラス
Atig::Command::Favorite
/me fav, unfav ... を提供するクラス
Atig::Command::Uptime
/me uptime ... を提供するクラス
Atig::Command::Destroy
/me destory ... を提供するクラス
Atig::Command::Status
通常の発言時に使われる内部コマンド
Atig::Command::Thread
/me thread ... を提供するクラス
Atig::Command::Time
/me time ... を提供するクラス
Atig::Command::Version
/me verison ... を提供するクラス
Atig::Command::UserInfo
/me userinfo ... を提供するクラス
Atig::Command::Whois
/whois ... を提供するクラス
Atig::Command::Option
/me opt ... を提供するクラス
Atig::Command::Limit
/me limit を提供するクラス
Atig::Command::Search
/me search を提供するクラス
Atig::Command::Refresh
/me refresh を提供するクラス
Atig::Command::Spam,

取得するAPIの変更

Atig::Gateway::Session.agents を変更すると、発言やFollowingを取得するのに利用するAPIを変更できます。:

Atig::Gateway::Session.agents  = [
                                   Atig::Agent::List,
                                   Atig::Agent::Following,
                                   ...
                                  ]

標準で次のAgentが用意されています。

Atig::Agent::OwnList
自分のリストのfollowingを取得します。FullListと同時に指定できません。
Atig::Agent::FullList
自分のリストと自分がフォローしているリストのfollowingを取得します。OwnListと同時に指定できません。
Atig::Agent::Following
自分のfollowingを取得します。
Atig::Agent::ListStatus
リスト内の発言を取得します。フォローせずに、Listでだけfollowしている人の発言を取得するために必要です。
Atig::Agent::Mention
自分への言及(mention)を取得します。
Atig::Agent::Dm
自分へのダイレクトメッセージを取得します。
Atig::Agent::Timeline
自分のタイムラインを取得します。
Atig::Agent::Cleanup
定期的にキャッシュのうち、古い内容を削除します。

取得した発言の加工方法の変更

Atig::Gateway::Session.ifilters を変更すると、取得した発言の加工方法を変更できます。:

Atig::Gateway::Session.ifilters = [
                                   Atig::IFilter::Utf7,
                                   Atig::IFilter::Sanitize,
                                   ...
                                  ]

標準で次のIFilterが用意されています。

Atig::IFilter::Utf7
utf7をデコードします。
Atig::IFilter::Sanitize
&gt; などを置き換えます。
Atig::IFilter::ExpandUrl
短縮URLを展開します。
Atig::IFilter::Strip.new([footer1, footer2, ...])
指定したフッタを除去します。
Atig::IFilter::Retweet
公式RTの先頭に♺ をつけます。
Atig::IFilter::RetweetTime
公式RTの末尾に元発言の日時を表示します。
Atig::IFilter::Tid
発言の末尾に、tidをつけます。 :doc:`options` も参照してください。
Atig::IFilter::Sid
発言の末尾に、sidをつけます。 :doc:`options` も参照してください。

自分の発言の加工

Atig::Gateway::Session.ofilters を変更すると、自分の発言の加工方法を変更できます。:

Atig::Gateway::Session.ofilters = [
Atig::OFilter::EscapeUrl, Atig::OFilter::ShortUrl, Atig::OFilter::Geo, Atig::OFilter::Footer,

]

標準で次のOFilterが用意されています。

Atig::OFilter::EscapeUrl
URLエスケープを行ないます。
Atig::OFilter::ShortUrl
URLを短縮します。 :doc:`options` も参照してください。
Atig::OFilter::Geo
位置情報を付加します。 :doc:`options` も参照してください。
Atig::OFilter::Footer
フッターを付加します。 :doc:`options` も参照してください。

チャンネルの変更

Atig::Gateway::Session.channels を変更すると、作成するチャンネルを変更できます。:

Atig::Gateway::Session.channels = [
                                   Atig::Channel::Timeline,
                                   Atig::Channel::Mention,
                                   Atig::Channel::Dm,
                                   Atig::Channel::List,
                                   Atig::Channel::Retweet
                                  ]

標準で次のChannelが用意されています。

Atig::Channel::Timeline
フォローしている人全員の発言を表示する #twitter を作成します。
Atig::Channel::Mention
自分への言及を表示する #mention を作成します。
Atig::Channel::Retweet
自分のフォローしている人の公式RTを表示する #retweet を作成します。
Atig::Channel::Dm
DMの受信時にチャンネルを作成します。
Atig::Channel::List
リストごとにチャンネルを作成します。
Jump to Line
Something went wrong with that request. Please try again.