Skip to content
master
Switch branches/tags
Code

Latest commit

 

Git stats

Files

Permalink
Failed to load latest commit information.
Type
Name
Latest commit message
Commit time
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

README.md

運用自動化ハンズオン に関するご案内

  • このページは、Internet Week 2017 にて実施される、運用自動化ハンズオン ~StackStormで実践するインフラ運用革命~ の資料及び情報掲載ページです

プログラム・スケジュール

09:30 - 09:30 (30min) 参加者受付・事前準備と諸注意

09:00 参加者受付開始

  • 会場に入りましたら、事前に資料を座席においていますので、紙の置いてある席にご着席下さい

09:05 - 開場諸注意

  • プログラム実施にあたりましての注意事項をご案内いたします
  • また、Slack への join, VM へのログイン(SSH 秘密鍵含む) を試行可能な方は、この時間を利用してご確認下さい

09:30 - 10:30 (60min) StackStormとは

(10min) ハンズオンの説明 (担当: 杉本)

(20min) ハンズオン Part 0. ハンズオン環境へのログイン・動作確認

(25min) StackStorm 概要 (担当:大山)

(5min) 休憩

10:30 - 12:00 (90min) ケーススタディ基本編 (午前の部)(担当: 大山)

(45min) ハンズオン Part 1. st2 コマンドチュートリアル

(5min) 休憩

(40min) ハンズオン Part2. 障害自動検知と自動修復(AR) Sensu を活用した監視と障害検知

12:00 - 13:15 休憩 (75min)

  • ランチセッションにもご参加いただけます

13:15 - 14:55 (100min) ケーススタディ基本編 (午後の部)(担当:萬治)

(50min) ハンズオン Part 3. 障害自動検知と自動修復(AR) 障害検知からの vSRX の AR

(5min) 休憩

(40min) ハンズオン Part4. WorkFlow による複雑なオペレーション

14:50 - 15:40 (50min) ケーススタディ応用編

(35min) 実運用例の紹介(AD 認証, 冗長構成, バージョンアップ) (担当: 大山)

(15min) 有償版 WorkflowComposer の紹介 (担当:管野)

(当日発表なし・資料のみ) Mistral の使用 (担当: 萬治)

アンケート回答(15:40-15:45)

  • こちらからアンケート回答をお願いします

Vagrant を用いた環境構築方法について

本ハンズオンでご利用頂いた環境は Vagrant を用いて作成されているため、以下の手順により同じ環境を構築可能です。
※構築する際には RAM が 8GB 以上の PC をお使い下さい。

Vagrant インストール

Vagrant のサイト から最新版(2.0.1)をダウンロード・インストールして下さい。
apt-get 等でインストールすると version が古いため、サイトからダウンロード・インストールを行って下さい。
その後、以下のコマンドで Vagrant plugin のインストールを行って下さい。

$ vagrant plugin install vagrant-host-shell
$ vagrant plugin install vagrant-junos

VirtualBox のインストール

VirtualBox のサイトからダウンロード・インストールを行って下さい。
ubuntu 等の場合は sudo apt-get install virtualbox でインストール可能です。

Vagrant で VM を作成する

$ git clone https://github.com/internetweek2017-st2/handson_documents.git
$ cd handson_documents
$ vagrant up

About

No description, website, or topics provided.

Resources

Stars

Watchers

Forks

Releases

No releases published

Packages

No packages published

Contributors 4

  •  
  •  
  •  
  •