Skip to content
Permalink
master
Go to file
 
 
Cannot retrieve contributors at this time
8800 lines (4094 sloc) 1010 KB
<doc id="2728074" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728074" title="ユンタ (宝塚歌劇)">
ユンタ (宝塚歌劇)
『ユンタ』は宝塚歌劇団の作品。正式演目名は「日本民俗舞踊第七集 琉球・八重山篇『ユンタ』」。
1場。
併演は『日本の旋律』。
1964年8月4日から8月31日まで公演があった。
1964年10月3日から10月27日まで公演があった。
併演は『日本の旋律』。
1966年10月14日から11月5日まで公演があった。
併演は『レビューへの招待』
公演地は春日井、刈谷、盛岡、大曲、秋田、横手、一ノ関、古川、酒田、山形、仙台、三鷹、八王子、府中。
宝塚大劇場公演
東京宝塚劇場公演
その他の公演
</doc>
<doc id="2728077" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728077" title="エウクリデス・ベタンコート">
エウクリデス・ベタンコート
エウクリデス・A・ベタンコート(Euclides A. Bethancourt、1981年11月23日 - )はパナマ共和国・サン・カルロス出身の野球選手。ポジションは投手。右投右打。現在は、ボカス・デル・トーロ所属。
11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出された。
</doc>
<doc id="2728079" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728079" title="カリン・エンケ">
カリン・エンケ
カリン・エンケ(Karin Enke, 1961年6月21日 - )は、ドイツ民主共和国(東ドイツ)出身の女子スピードスケート選手、フィギュアスケート選手。カリン・ブッシュ (Karin Busch)、カリン・カニア (Karin Kania)、カリン・エンケ=リヒター (Karin Enke-Richter) という名前でも試合に出場していた。1980年代の最も優れたスピードスケーターの一人である。
ドレスデンに生まれ、「SCアインハイト・ドレスデン」(, 現在はドレスデンスケート協会/Eislauf-Verein Dresden)というクラブに所属するフィギュアスケーターとしてそのキャリアをスタートさせた。1976年と1977年の東ドイツフィギュアスケート選手権でともに3位、東ドイツ代表として1977年のヨーロッパフィギュアスケート選手権で9位となり、その後スピードスケートに転向した。
早々と頭角を現し1980年のレークプラシッドオリンピックでは500mで優勝した。その後あらゆる種目を支配し、全4種目で優勝候補と目されたサラエボオリンピックでは金メダル2個と銀メダル2個を獲得した。ワールドカップでは通算21勝しているが、総合優勝は1985 - 1986シーズンに1000mを制したのみである。世界記録は総合で3回、500mが1回、1000mが2回、1500mが3回、3000mが1回ののべ10回更新した。1987 - 1988シーズン終了後に現役を引退した。
1981年に結婚し、1981 - 1982シーズンは「カリン・ブッシュ」の名前で戦った。この結婚は長続きせず、1982 - 1983シーズンと翌シーズンは再び「カリン・エンケ」に戻った。彼女を長く指導したトレーナーのルドルフ・カニアと1984年に再婚した後は、引退まで「カリン・カニア」となった。引退後二度目の離婚と再婚を経て「カリン・エンケ・リヒター」となった。混乱を避けるため、「エンケ」の姓を結婚後も名前の一部として使っていた。
2010年1月3日、ベルリン大学のスポーツ史研究者であるギゼルヘア・シュピッツァー () は、オランダのテレビドキュメンタリー番組『Andere Tijden』で、エンケのドーピング疑惑を明かした。シュピッツァーの主張は、この番組の中で紹介されたシュタージの文書に基づく。
(オリンピックでのカリン・エンケが、テストステロンとエピテストステロンの測定が準備された選手の一人だったことを、医師は把握している)
</doc>
<doc id="2728084" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728084" title="アルベルト・アコスタ (野球)">
アルベルト・アコスタ (野球)
アルベルト・A・アコスタ(Alberto A Acosta、1977年8月25日 - )はパナマのコロン県ポルトベロ出身の野球選手(投手)。右投右打。現在は、ボカス・デル・トーロ所属。
11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出された。
</doc>
<doc id="2728085" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728085" title="せんべろ女とホルモンおやじ">
せんべろ女とホルモンおやじ
『せんべろ女とホルモンおやじ』(せんべろおんなとホルモンおやじ)は、フジテレビワンツーネクストで2012年から隔月で放映されているグルメバラエティ番組である。
ひとり千円で気楽にベロベロになれる居酒屋、いわゆる「せんべろ酒場」を、毎回3人のAV女優が一人一軒当たり千円の予算で飲み歩き、ベロベロに酔っていきながら、お店を紹介する。予算をオーバーしてしまうと罰ゲームがあり、ロケバス内で下着を脱ぎ、ノーブラやノーパンでお店に入る等、お色気満載な内容(とはいえヌードシーンは一切なし)となっている。後枠では出演者の出演DVDの宣伝タイムがある。
番組終了の告知は、当該HPにはないが、2014年9月19日初回放送の第15回以降、新作は放送されていない。
※#8時点
</doc>
<doc id="2728086" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728086" title="ヨルゲンセン">
ヨルゲンセン
ヨルゲンセン(Jørgensen, Jorgensen)は、デンマーク系の姓。イェルゲンセンと表記されるケースもある。「ヨルゲンの息子」を意味する。
</doc>
<doc id="2728088" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728088" title="ハビエル・ドミンゲス">
ハビエル・ドミンゲス
ハビエル・E・サントス(Javier E. Dominguez、1985年7月14日 - )はパナマのロス・サントス県出身のプロ野球選手(捕手)。右投げ右打ち。現在は、ロス・サントス所属。
11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出された。
</doc>
<doc id="2728092" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728092" title="ヘフェール・パティーノ">
ヘフェール・パティーノ
ヘフェール・パティーノ(Jeffer Patino、1988年10月8日 - )は、パナマ・チリキ出身のプロ野球選手(二塁手)。右投右打。
11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出された。
</doc>
<doc id="2728093" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728093" title="Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜">
Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜
『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』(ジャスティ×ナスティ 〜まおうはじめました〜)はWhirlpoolより2012年12月21日に発売されたWindows専用の18禁恋愛アドベンチャーゲームである。萌えゲーアワード2013では主題歌賞・金賞を受賞した。2015年3月26日にはPlayStation Vita版が発売された。
本作は恋愛アドベンチャーゲームであり、主人公である神威 清春(かむい きよはる)の視点から紡がれる文章をプレイヤーは読み進めていく。文章は小説のように地の文と会話文から構成される。ゲームを進めていくことでプレイヤーは特別なCGを閲覧できる。本作にはCGやBGMを鑑賞できる機能が搭載されており、ゲームを1回以上クリアするとこの機能を使用出来るようになる。
本作は選んだ選択肢により異なった結末に向かって物語が進むゲームである。ゲームを進めていくとある時点でゲームが中断し、選択肢が表示される。選んだ選択肢によって物語の道筋が変わり、ある特定の結末に物語が進む。本作の物語には主に5つの道筋があり、それぞれの物語で1人の少女の話が展開する。全ての物語を読むには、ゲームを複数回やり直して違う選択肢を選んで違う道筋に進む必要がある。
本作にはTIPSという名の辞典が搭載されている。プレイヤーがゲーム内で新しい用語に遭遇する度にTIPSにその用語が登録される。プレイヤーはTIPSを開くことで、作中で登場した用語の解説を読むことが出来る。
物語の舞台は創聖造魔学園という、勇者や魔王を育てる学園である。この学園は、勇者や魔法使いなどの正義の使者を育てる創聖学園と、魔王やその配下を育てる造魔学園が少子化を理由に合併したことで設立された。勇者側と魔王側の生徒が同居することもあり、生徒間の諍いは絶えない。そのため学園ではガス抜きのため、生徒が創聖側・造魔側の両陣営に分かれて勝負する、ジャスティ×ナスティ(通称ジャスナス)というイベントが行われている。
本作の主人公である神威清春は、父親に強制されて魔王候補生として創聖造魔学園に編入する。そこで清春は5人のヒロイン達と仲を深めていき、やがて1人のヒロインと恋に落ちる。主人公とヒロインが付き合い始めた後、学園で行われるジャスナスというイベントにて二人が至難を乗り越えるというのが本作の大まかな流れである。
本作ではメインキャラクターとして、主人公の他に5人のヒロイン——小野瀬 真奈(おのせ まな)・黒木 霧江(くろき きりえ)・神威 みかる(かむい みかる)・加賀美 響(かがみ ひびき)・大槻 果林(おおつき かりん)——が登場する。この他に登場するサブキャラクターを含め、どの登場人物も特殊な能力または武器を持つ。例えば、主人公である清春は動物と会話することができ、物語上で様々な刃を生成出来る刀を手に入れる。5人のヒロインも同様に固有の能力と武器を持つが、詳細は各個別ルートのあらすじで述べる。
本作では4人のサブキャラクターが登場する。清春の友人である木崎 純(きさき じゅん)は底抜けの馬鹿と称される性格で、戦いの際には毒を扱う。清春の父・神威 権三郎は学園にて摩天楼仮面オペラという仮面の男を演じ、秘密裏に学園長も務めている。権三郎は大剣を扱い、雷を操るという能力を持つ。もう一人の学園長である天空城 流比寿(てんくうじょう るびす)は時間を操る能力を持ち、武器として針と糸を扱う。創聖造魔学園の教師である松原 紫苑(まつばら しおん)は大雑把で酒好きという性格であり、空間干渉を行える武器を扱う。上記サブキャラクターは各ルートにおいて清春達の前に立ちはだかることになる。
小野瀬真奈は創聖側の勇者科に通う少女である。正義感が強い少女であり、剣を生み出す能力を持つ。清春はそんな真奈と共に依頼を受けて人命救助などに取り組む。徐々に清春は真奈と仲を深めていき、やがて真奈から勇者になる決意をした理由を聞かされる。幼い頃に真奈は強盗に人質に取られたことがあった。強盗から勇者に助けられたことをきっかけに真奈は勇者を目指すことにしたのだった。真奈は清春に対し、勇者になることを勧誘する。後に清春は勇者の凄さと真奈の凄さを理解したと述べ、真奈に告白をする。真奈はそれを受け入れ二人は付き合い始める。
やがて真奈は恋人が出来たことに浮かれてしまい、ライバルである霧江と勝負した際にはあっさりと負けてしまう。真奈はジャスナスにて霧江にリベンジすることを心に誓う。ジャスナス当日、創聖側・造魔側の決着は両者の代表である真奈と霧江の勝負に委ねられる。勝負中、霧江が事故に巻き込まれそうになるも、それにいち早く気が付いた真奈は霧江を助ける。助けられたことを知った霧江は自ら敗北を宣言する。二人の勝負後、清春達は勝者への褒美として創聖側の学園長への挑戦権を与えられる。清春達は協力して学園長に挑み、清春と真奈の能力により見事に学園長を退ける。その後に学園は変わらず平和だという後日談が語られ、真奈ルートは幕を閉じる。
黒木霧江は造魔側の魔剣士科に通う少女である。正義を掲げる真奈を鬱陶しく感じており彼女とは諍いが絶えない。霧江は人の精神を疲弊させる鎌を武器として使用し、幻覚を見せる霧を出す能力を持つ。清春はそんな霧江と親しくなっていき、やがて彼女が悪を演じる理由を打ち明けられる。霧江は正義と悪という概念は絶対的なものではなく、状況によってどちらにも転びうるという考えを持っていた。悪がいないと正義は成り立たないと幼い頃に悟り、霧江は悪を演じるようになったという。不真面目に見える霧江にも確固たる考えがあると感じた清春は、彼女を支えたいと考えるようになる。清春は霧江に告白を行い、霧江もそれを受け入れる。こうして二人は付き合い始める。
ジャスナス当日、創聖側と造魔側の両軍は様々な策を弄して互いを出し抜こうとする。清春達が所属する造魔側の作戦勝ちにより、創聖側は戦略的撤退を余儀なくされる。両軍の決着は、代表者である霧江と真奈の勝負に委ねられる。霧江は真奈を下し、ジャスナスは造魔側の勝利に終わる。その後、清春達は造魔側の学園長と対決し、清春と霧江の協力により学園長を退ける。ジャスナス終了後、創聖造魔学園には学生会が組織され、創聖側と造魔側の生徒が協力するようになる。清春と霧江は共に学園内のトラブル対処に奔走する。こうして黒木霧江ルートは幕を閉じる。
神威みかるは清春の義妹であり、創聖側の賢者科に通う少女である。争いが嫌いな性格であり、発動するとランダムで様々な現象を引き起こす能力を持つ。この能力は制御不能で、災害も引き起こしかねないという欠点がある。清春は学園でみかるに再会した後、みかるが神威家に引き取られた理由が気になり出す。清春が父親にそれを尋ねると、父親はみかるの能力が引き起こした事故により彼女の両親が死亡したという質の悪い冗談を口にする。盗み聞きしていたみかるは冗談を真に受けるが、清春によって慰められる。みかるを慰める過程で清春は彼女から告白を受け、清春もみかるに恋心を打ち明ける。こうして二人は相思相愛であることを確認し付き合い始める。
一方学園ではジャスナスの準備が進んでいく。話し合いで争いは解決出来るという思想の持ち主であるみかるは、清春と共にジャスナスの中止に向けて奔走する。その一案として清春達は第三者の解放軍を組織する。ジャスナス当日、みかるは創聖側・造魔側の大将格である真奈・霧江に対し説得を試みるも失敗する。その後、みかるは能力を発動させ、災害を起こして無理矢理に争いを止めることに成功する。後日、創聖と造魔の交流のため、みかるは創聖造魔和睦委員会を立ち上げる。清春とみかるは学生達の下へ足繁く通い、交流会への参加を募っていく。こうしてみかるルートは幕を閉じる。
加賀美響は造魔側の魔界魔道士科に通う少女である。みかるの友人であり、瞬間移動する能力や他人を言霊で操る能力を持つ。響は言霊の能力を上手く制御出来ないため、失言しないように人とあまり話さないことを心掛けていた。清春はそんな響を変えてあげたいと思うようになる。清春は能力を恐れる必要はないと響を諭し、説得のために勝負を持ち掛ける。それは言霊を使用しつつ逃げる響を清春が捕まえたら勝ちという勝負であった。勝負中に清春は響の言霊による命令に抗い、見事にそれを打ち破る。清春は響に対し能力を恐れる必要はないと再び諭し、同時に響へ告白を行う。響はそれを受け入れ、二人は付き合い始める。
争いを嫌うみかるに触発され、清春と響はジャスナスを中止する方法を考える。響は大勢の学生に言霊を使うことでジャスナスを中止させる案を思い付く。清春達は大勢の学生を一度に集める方策として、ジャスナスの前日にミュージカルを上演することを決める。清春達がミュージカルの準備を進めていく中、呪われたアイテムの影響により暴動が生じてしまう。清春達は響の言霊を用いて暴動を鎮めることを画策する。響の声が出なくなるというアクシデントを乗り越え、清春達は響の歌声を暴徒達に聞かせることに成功する。暴動の終結後、響の歌声は学園内で評判となり、ジャスナスを中止してミュージカルが開かれる。ミュージカルの上演から2週間後、響は大層人気者となり、学園ではトラブルがほとんど生じなくなる。清春と響が喧騒から離れ、静かに二人きりの時間を過ごす場面で加賀美響ルートは幕を閉じる。
大槻果林は創聖側の戦士科に通う少女である。大和撫子然とした雰囲気を持ち、異様な怪力を発揮する能力を持つ。創聖造魔学園に編入した清春は偶然に果林の着替え姿を覗いてしまう。「裸を見られたものに嫁ぐべし。嫁げぬ場合は殺めるべし」という家訓を持つ果林は清春に何度も結婚を迫ることになる。清春は結婚を迫る果林に対し交際から始めることを提案し、二人は付き合い始める。ある日、二人が洞窟に赴くと内部で落盤が生じてしまう。怪我を負った果林は家訓とは関係なく清春のことが好きだと吐露し、清春に一人で洞窟を出ることを勧める。清春は意識を失った果林を背負い、洞窟を自力で脱出する。意識を取り戻した果林に対し清春は自身の想いを伝え、二人は晴れて相思相愛になる。
後日、清春は果林の両親と面会する。清春は果林の父親から、学園で最も強くなり娘に相応しいことを示すよう求められる。その後、清春はジャスナスにて創聖側・造魔側の実力者である真奈・霧江と対決する。清春は果林と協力して二人を退けるも、さらに友人である純と教師である紫苑と戦うことになる。清春と果林は自分達の真の能力に気が付き、その能力を用いて二人を倒す。こうして清春達は学園で最も強いことを示し、二人の結婚について果林の両親から了承を得る。その後、二人が気球に乗って新婚旅行へ出発するシーンで果林ルートは幕を閉じる。
『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』はWhirlpoolによって企画・制作が行われ、株式会社インフェルノによって販売された。プロデューサー・ディレクターはそれぞれ也・ミドルリバーが担当し、シナリオは木村ころやが担当した。広報・営業はアラガーが担当した。登場人物のデザイン・原画は水鏡まみずが、SD原画とその彩色はれとまクロが担当した。背景原画はnikuyasan、株式会社キューン・プラント、そして外注スタッフの池田祐輔・平澤晃弘によって描かれた。BGMはSoundDriveが、動画は葵乙夜()が制作した。音声収録およびキャスティングは株式会社キューブが担当した。本作のキャストは右記表の通り。
本作にはオープニングテーマ・エンディングテーマとしてそれぞれ「LOVE ADVENTURE」・「Forever! Never stop!!」という歌謡曲があり、作中では演出としてBGMが流れる。オープニングテーマである「LOVE ADVENTURE」は作詞をSugarLover、作編曲を山口朗彦、ボーカルをNANAが担当した。エンディングテーマである「Forever! Never stop!!」は作詞をSugarLover、作曲を斎藤悠弥、編曲を斎藤悠弥・宝野聡史、ボーカルをバルが担当した。
『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』はWhirlpool内の水鏡まみずが所属する開発チームによって制作された。Whirlpoolにはこれまで、ブランド設立時から原画家を務めるてんまそが所属する開発チームしかなかったが、本作において水鏡の開発チームが新設された。水鏡は元々はWhirlpoolのCGチーフであり、入社時から他のスタッフに対し原画を担当したいと述べていた。水鏡はWhirlpoolから出される様々な課題を達成していき、2008年12月には『メリ☆クリ』にて初めてアダルトゲームの原画を担当することになった。ただしこのときは実験的な性格が強く、ユーザーの反応をダイレクトに見たいということからコミケと通販のみので販売が行われた。
本作のプロデューサーである也によれば、このとき作られた『メリ☆クリ』はユーザーから期待通りの反応を受けたという。また、次作である『ねこ☆こい!』も好評であったため、『Lunaris Filia 〜キスと契約と真紅の瞳〜』という作品を経た後に本作において開発チームを新たに設立した。なお、新設された水鏡の開発チームと従来からあるてんまその開発チームは、前者がハイテンションコメディを中心としたライト路線、後者がストーリー性を重視した正統派路線が特徴であると後に指摘されるようになる。
プロデューサーの也によれば『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』は壮大なRPGごっこのゲームである。作中では勇者側・魔王側の学生が登場し、両陣営に分かれて対立する。学園内には建設・建築科といった学科も存在し、こうした学科の生徒がダンジョンを建設したり城壁を修復したりする姿も描かれる。也はRPGゲームを遊んでいても普段は意識されない裏方作業を作中で描くことが面白さに繋がるのではないかと語る。
本作ではテーマとして正義と悪が取り上げられた。しかし内容が重い訳ではなく、シナリオを担当した木村ころやによれば「からあげにレモンをかけるのは正義か悪か」といった程度の軽いノリだという。作中では勇者側と魔王側が対決するジャスティ×ナスティというイベントが行われるが、ここで描かれる戦いも殺し合いのようなものではなく、競技性の強いものである。また、作品のコンセプトはRPGにおける裏方作業を取り上げながら、勇者側・魔王側の対立を描くことだとされる。
本作を制作するに当たり、Whirlpoolはナンセンスを含めたギャグを得意とする木村をシナリオライターに起用した。本作において木村はスタート時からテンションを上げるようにシナリオを書き、ギャグやノリの良さで物語を進行させるように構成した。これにより、也によれば本作は当時のWhirlpoolの作品の中で最もテンションが高い作品になったという。本作ではこうしてノリを重視した結果として短い台詞が多くなり、ボイス数が多い作品になったと広報・営業担当のアラガーは語っている。
5人のメインヒロインは『DENGEKI HIME』2012年9月号においてキャラクターデザインの経緯が明かされている。真奈は「なんとなく、お高くとまってそうな感じ」にデザインされた。デザインに勇者らしさを反映するべく、真奈の髪には剣型のヘアピンが付けられている。霧江は「やる気なさそうなんだけど、清潔感のある感じ」というコンセプトでデザインされた。他にもスレンダーという指示があり水鏡はそれに従ったが、心なしか細くし過ぎたかもしれないと水鏡は語っている。みかるはポニーテールという指示の下、各種服装や装飾に「痛かわいい」感じが出るようにデザインされた。響はふわっとした髪型がデザインに採用された後、それだけでは少し物足りないと感じた水鏡により新たに髪飾りが付け加えられた。果林は泣きぼくろを持つ黒髪ロングのヒロインとしてデザインされた。水鏡は果林の私服のデザインは上手く仕上げられ、個人的にかなり気に入っていると語っている。
『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』は発売月(2012年12月)の売り上げランキングにおいて、『Getchu.com』『PCpress』の集計にて2位を獲得した。『PCpress』によれば本作は発売直前に人気が集まり、いくつかの店舗で品切れになったという。出荷数がより多く品切れを生じさせなければもう少し販売本数が増えただろうと『PCpress』はコメントしている。翌月(2013年1月)の売り上げランキングでは、『Getchu.com』『PCpress』の集計にてそれぞれ21位・37位を獲得した。2012年の美少女ゲーム年間売り上げランキングでは『Getchu.com』による集計で25位を獲得した。なお、上記ランキングにおいて販売本数は明かされていない。
『ファミ通ゲーム白書2016』によれば、『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』のPS Vita版は発売日である2015年3月26日から2015年12月27日までの間に3,318本販売され、2015年期の販売ランキングでは697位であった。『2016ゲーム産業白書』によれば、同作は発売日の週に2,052本、発売日から2016年1月3日までの間に3,209本販売され、2015年期の販売ランキングでは714位であった。
『Justy×Nasty 〜魔王はじめました〜』は発売月(2012年12月)に出た美少女ゲームを対象とする『Getchu.com』が集計した人気投票において3位に選ばれた。同じく『Getchu.com』の「美少女ゲーム大賞2012」において本作は総合部門で16位、システム部門で8位、グラフィック部門で9位、ミュージック部門で16位、ムービー部門で8位に選ばれた。一方、シナリオ部門・エロ部門ではランキング圏外であった。キャラクター部門においては本作の登場人物である神威みかるが18位に選ばれた。
『TECH GIAN』や『BugBug』でも『Getchu.com』と同様に2012年に発売された美少女ゲームを対象とする人気投票企画が実施されたが、本作は両誌においていずれの部門でもランキング圏外であった。
『萌えゲーアワード2013』では主題歌賞・金賞を受賞した。Game-Styleの初代編集長である齋藤大祐は、講評として「オープニングテーマ「LOVE ADVENTURE」はNANAさんの歌唱とSugarLoverさんの歌詞が非常に調和が取れており、ノリの良い曲の力も得て、オープニングにピッタリな楽曲に仕上がっています。ただ、楽曲の作りがOP・EDともに定番のコード進行や歌い方などで、萌えゲー特有の楽曲にしてはオーソドックス過ぎるきらいもありました」と述べた。
『ファミ通』2015年4月2・9日号にてPS Vita移植版のレビューが掲載された。4人のレビュアーがそれぞれ8, 7, 7, 6点をつけ、40点満点中28点を得た。ロールプレイングゲームにありがちなネタが複数のレビュアーに好意的に受け入れられ、物語や会話のテンポのよさが指摘された。個別ルート突入以降は序盤のハイテンションさがなくなる点や告白までの心理描写の少なさが欠点として挙げられた。
</doc>
<doc id="2728102" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728102" title="Wii">
Wii
Wii(ウィー)は、任天堂が開発して2006年に発売した家庭用ゲーム機。既に製造(生産)、開発を終了している。
第7世代(任天堂の第6世代目)の家庭用据え置き型ゲーム機であり、無線通信で接続されるコントローラ「Wiiリモコン」による直感的な操作の実現、独自のインターネットを利用した日常生活に役立つコンテンツ(Wiiチャンネル)といったサービス、機能を持つ。
任天堂はかつて据え置きゲーム機のシェアで優位であったが、その多くをソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のPlay Stationに奪われていた。また、日本のゲーム市場そのものが1997年をピークに、2006年までは漸減していた(2007年は、売上全体では史上最高を記録したが、ソフトの売上は、前年比-2%)。
任天堂はゲーム市場が漸減している理由を、「ゲームの複雑化に伴うゲーム離れ」にあると捉え、家庭用ゲームが、ハードウェア、ソフトウェア共に大きな進化を遂げると同時に、システムや操作の高度化・複雑化が進み、あまりゲームをプレイしない層とゲームをよくプレイする層の間でゲームに対する心理的な距離に格差が生じ、ゲームに対するスタートラインが、人によって全く違う状況になってきているのではないかと考えた。
そこで同社は
を提案した。2006年(平成18年)E3前の会見で社長岩田聡は「ゲーム人口の拡大」が社長に就いた時に定めた目標であると語った。この提案を元に、任天堂は「ゲーム操作の高度化」に歯止めをかけるため、ユーザインタフェースの改良によって「このゲームの操作なら、自分でもできそうだ」と普段ゲームをしないユーザーに体感させることを具体的目標とした。
このコンセプトを同じくしてWiiに先駆けて発売されたニンテンドーDSでは、操作の簡便化と従来とは全く異なる操作感覚を実現した(Touch! Generations)。WiiではニンテンドーDSとは別の技術、別のアプローチで操作の簡便化を図るべく、コントローラの改良が行われ、宮本茂を中心とする3年にも及ぶ研究開発の結果、生まれたのが「Wiiリモコン」である。宮本茂はCEDEC 2018で当時を振り返り、「「DVDケース二個分の大きさで作れ」と(岩田聡から)無茶ぶりされて、猛烈に苦心した末にできあがったもの。」と語っている
世界累計販売台数2,000万台を発売から約60週で達成した。日米欧での発売開始時期が機種によりそれぞれ異なるため単純比較は出来ないが、これは歴代の家庭用ゲーム機の販売記録(PlayStation 4(68週)、ゲームボーイアドバンス(75週)、ニンテンドーDS(約80週)、Nintendo Switch(約82週)、PlayStation 2(約95週)の中では最速である。3,000万台は発売開始後1年8か月で達成し、歴代では最速である。2位はPS4の2年である。後に出荷台数では発売開始後2年5か月で5,000万台を達成しており、PS2を上廻った。ただし、生産終了までの総売上ではPS2を超えることができなかった。一方、国内累計販売台数1,000万台は発売から約3年3か月で達成しており、ニンテンドーDSの約1年8か月、PlayStation 2の約2年6か月に次ぐ速さであった。
2013年10月1日、Wiiの生産終了を発表、次世代機のWii Uに完全移行する事となった(互換機であるWii Miniは生産継続)。同年6月末までの累計販売台数は1億4万台に上り、同社の据え置き型としては最も販売台数が多い機種になった。同時期に販売されていた据え置き型ゲーム機と比べると、PlayStation 3とXbox 360が2013年それぞれ8,000万台を売り上げており、Wiiは任天堂の据え置き機としてはスーパーファミコン以来3世代ぶりにトップシェアに返り咲いたものの単独過半数を占めることはできなかった。
2018年現在も公式修理サポートは継続している。
Wiiという名称は、英語のwe(私たち)をイメージして「家族の誰もが楽しめる」というコンセプトを表し、iiは独特の形状のコントローラと、人々が集まるさまをイメージしたものである。他にもフランス語のOui(はい)とも発音が似ており、肯定的な意味が含まれている。
この名称が公開された当初は、前世代機の「ゲームキューブ」からの名前の変わりように賛否両論が起こった。しかし、発売される頃には、その論議も落ち着いた。Nintendo of America社長であるレジナルド・フィサメィは2006年(平成18年)のE3において、この名称について「LEXUSやACURAなどの名称も最初は賛否両論があったが、今は受け入れられている。Wiiも最初はおかしいと思うかもしれないが、人々に浸透するに従って受け入れられるだろう」といった趣旨の発言をしている。
サードパーティーソフトのテレビCMや店頭のポスターなどでは、ニンテンドーWii、任天堂Wiiと表記されていることもあるが、正式名称ではない。
開発コードネームは「レボリューション(Revolution)」であり、「ビデオゲームの革命」となるゲーム機を表していた。本体および関連機器の型番には「R」e「v」o「l」utionを略した「RVL」が付いている。この「Revolution」にも専用のロゴが用意されていた。「o」の文字がディスクの形をしており、「v」の後の「o」は大きく、「i」の後の「o」は小さい形をしている。これはそれぞれ、Wii用の12cmディスクと、ゲームキューブ用の8cmディスクを表しており、互換性をアピールしていた。
Wiiの筐体は任天堂のこれまでの据え置き型ハードの中では最も小さく、DVDケースを3枚重ねた程度の厚さである。縦置きと横置きの両方に対応しており、専用の縦置き用スタンドが同梱されている。その専用スタンドを用いて縦置きにした際、本体が斜めになるが、これはスタイルを良くするため、子供がディスクを挿入するときに落としにくくするため、放熱の便をよくするためである。
Wiiは2007年度(平成19年度)のグッドデザイン大賞候補に選ばれた。しかし決選投票で敗れ、結果は金賞だった。Wiiを抑えて大賞に輝いたのは、eneloopが含まれるプロダクト群、『エネループ ユニバーサル プロダクツ』だった。
日本におけるWii本体のカラーバリエーションは次の通り。以下の価格は全てメーカー希望小売価格(税込み表記)である。
2005年(平成17年)に「レボリューション」の名で初めて発表された時は、基本色が黒で、そのほかにも白・銀色・緑・赤といったカラーバリエーションが公表されていた。
Wii本体同梱版が発売されたソフトは以下の5タイトル。いずれも本体と同色のクラシックコントローラPROを同梱している。
日本国外では2011年(平成23年)以降、一部機能を廃止した廉価モデルが発売されている。いずれも日本国内では未発売。
CPUはIBM、GPUはATIとの共同開発。メインメモリは1T-SRAMを採用している。岩田社長は「ユーザーにとって、動作周波数の数字には意味がありませんから」と、詳しい性能を公表していないが、処理速度はXbox並といわれており、処理能力はニンテンドーゲームキューブのMPU「Gekko」より2倍近く上げたという。
同世代の競合機種より性能の方向性を変え消費電力を重視したことにより、ゲームプレイ時の平均消費電力が17.8Wと大幅に低く抑えられている(2007年当時)。
最大出力解像度は、NTSCの映像方式を採用する地域(日本・北米など)では横720×縦480ピクセル、PALやSECAMの映像方式を採用する地域(欧州など)では横720×縦576ピクセルである(SD画質)。ソフトが対応している必要があるが、プログレッシブ(480p)かつ16:9のワイド画面が最も高画質な映像である。
Wii本体とテレビを接続するケーブルは「AVケーブル(コンポジットケーブル)」「S端子AVケーブル」「D端子AVケーブル」「コンポーネントAVケーブル」「RGB SCARTケーブル」の5種類がある。ただし「RGB SCARTケーブル」は欧州のみの発売。Wii本体には「AVケーブル(コンポジットケーブル)」が同梱されており、その他は全て別売り販売となっている。本体の映像出力端子が独自のものとなっているため、市販されている通常のAVケーブルは使用できない。AV仕様ファミコン・スーパーファミコン・NINTENDO64・ニンテンドーゲームキューブは本体の映像出力端子が全て共通であり、接続ケーブルも全て同じものであったが、この出力端子はコンポジットケーブル・S端子ケーブル・SCARTケーブル用の3種類の映像信号しか出力できないため、Wiiでは5種類全ての接続ケーブル用の映像信号の出力に対応した新しい出力端子が採用されている。そのため、ゲームキューブ以前の接続ケーブルとWii専用の接続ケーブルには互換性が無い。ゲームキューブでもD端子ケーブルとコンポーネントAVケーブルが発売されていたが、前述の通り通常の出力端子では対応していないため、通常の出力端子のすぐ横にD端子ケーブルおよびコンポーネントAVケーブル専用出力端子が搭載されていた。Wiiはこの2つの端子を1つにまとめたことで簡素化した。また、ゲームキューブ以前のゲーム機にはAVケーブルはすべて別売り販売だったがWiiには標準で附属された。
走査方式はインターレース方式とプログレッシブ方式から選択可能。ただし、プログレッシブ方式で出力するには映像信号の規格上、別売の「D端子AVケーブル」もしくは「コンポーネントAVケーブル」を使用する必要があり、さらに使用するソフト側もプログレッシブ方式での出力に対応している必要がある(対応していない場合はインターレース方式で出力される)。
画面比率(アスペクト比)は「4:3(ノーマル)」と「16:9(ワイド)」から選択可能。16:9映像は、横方向を圧縮して伝送し、テレビ側で元の比率に引き延ばすスクイーズ方式で出力される。一部のソフトでは16:9映像での出力に対応していない場合があり、その場合は本体設定で「16:9」に設定されていても4:3映像で出力される。S端子ケーブルやD端子ケーブルを使用した場合でも、画面比率制御信号は出力されないため、正しい比率で表示するには別途、ワイドテレビ側の画面比率設定を手動で「ノーマル」や「4:3」(メーカーによって呼称は異なる)に変更する必要がある。ただし、4:3映像のみ出力対応のソフトの中には、ワイドテレビ側で画面比率設定をしなくても良いように、4:3映像の左右に黒色の帯やキャラクターが描かれた帯(ピラーボックス)を自動的に付加して16:9映像にし、出力するソフトもある(『マリオパーティ8』や『ワリオランドシェイク』など)。逆に16:9映像出力対応ソフトの中でも、4:3映像出力設定にしている場合、上下に帯をつけて出力するソフトもある(いわゆる「レターボックス」)。WiiメニューやWiiオプションなどの本体機能、Wiiチャンネル、任天堂製のWiiウェアは全て16:9映像の出力に対応している。
Wii本体からの音声出力は、本体とテレビを接続する各種AVケーブルの音声端子(白・赤の2本のRCA端子)によるアナログ音声出力のみであり、光デジタル音声端子などは搭載していないためデジタル音声出力には対応していない。よって、音声の最大出力チャンネル数は2chまでである。
本体の音声設定では「モノラル」「ステレオ」「サラウンド」の3種類から選択可能である。「サラウンド」に設定すると、ゲーム中の効果音などがドルビープロロジックIIのデコードに適した2ch音声にエンコードされて出力される。この音声を、ドルビープロロジックIIデコードに対応したAVアンプに接続し、ドルビープロロジックIIのモードをオンに設定して再生することで、5.1chサラウンド音声に拡張して楽しむことが出来る。ただし、ゲームソフトによってはドルビープロロジックIIエンコードに対応していない場合がある。その場合は、本体の音声設定で「サラウンド」に設定していたとしても、通常のステレオ音声が出力される。なお、ニンテンドーゲームキューブ用ソフトの中にもドルビープロロジックIIエンコードに対応したソフトがあるが、これらのソフトをWiiで遊んだ場合でも、ゲーム内の音声設定で「サラウンド」(一部ソフトでは「ドルビープロロジックII」と表記されている場合もある)に設定することで、ドルビープロロジックIIエンコードされた音声が出力される。
任天堂はドルビーラボラトリーズと契約を結び、Wii用ゲームソフトでドルビープロロジックIIを使用する許諾を受けている。この契約により、ゲーム各社はドルビー社と個別に契約すること無く、ドルビープロロジックIIの技術を利用した音声を出力することが出来る。ただし、ゲームソフトのサウンドがサラウンドで製作されている必要がある。ドルビープロロジックIIエンコードに対応したゲームソフトには、パッケージの裏面・取扱説明書の裏表紙・Wiiメニューの各種ソフトを選択した際に表示される画面(Wii用ソフトのみ)などにドルビープロロジックIIのロゴマークが表記されている。
Wiiの標準コントローラは、Wiiリモコンと呼ばれるリモコン型のコントローラである。Wiiリモコン以外にも「ヌンチャク」や「クラシックコントローラ」などのWiiリモコンの外部拡張コネクタに有線接続する拡張コントローラや、「バランスWiiボード」のような単体で動作するコントローラもある。
また、Wii本体上部にニンテンドーゲームキューブコントローラポートがあり、GC専用コントローラが使用できる。GC専用ソフトをプレイする際に必要となる他、全てのバーチャルコンソール用ソフト、および一部のWii専用ソフトで使用可能。ただし、バーチャルコンソールのソフトの場合は、振動機能には対応していない。GCコントローラポートに接続するコントローラとしては、DanceDanceRevolution Wii専用コントローラ(コナミデジタルエンタテインメント、GC用ソフト『Dance Dance Revolution with MARIO』に同梱されていたマットコントローラとほぼ同じ性能)、ファミリートレーナー専用マットコントローラ(バンダイナムコゲームス)がある。
Wiiの対応メディアは、Wiiソフト用12cm光ディスク(1層/2層)と、GCソフト用8cm光ディスクである。それ以外のディスク(CDやDVDなど)の読み込みには対応していない。
Wiiソフト用光ディスク・GCソフト用光ディスク共にDVDがベースとなっているが、記録方式が任天堂独自規格となっておりDVDとは異なる。Wiiソフト用光ディスクの容量は、1層式が4.7GB、2層式が8.51GB。2層式ディスクは、ディスクを読み取るレンズの汚れの影響を受けやすいため、場合によっては読み込み不良が発生することがある(詳しくは2層式ディスクの読み込み不良についてを参照)。GCソフト用ディスクについての詳細はニンテンドーゲームキューブ#概要を参照。2層式ディスクかどうかはディスク裏面の内周に刻まれた記号から判別出来る。日本版ディスクの場合は「RVL-***J-0B-00」である(1層式は0Bが0A)。
Wii用ソフト・GC用ソフト共にリージョンコード(DVDのものとは地域区分が異なる)が設定されており、ゲームソフトと本体のリージョンコードが一致しないと起動することができない。
ディスクケースは、GCでは独自のものを使用していたが、Wiiでは多くのDVDソフトやPlayStation 2・Xboxソフトで採用されているアマレー社製のトールケース(W136mm×H190mm)を採用している(ケース内にAMARAYのロゴがある)。いくつかのソフトには、2枚組用のケースが採用されているが、厚さは1枚組用のものと同じである。ケースのカラーリングは以下の3種類が存在する。
従来のゲーム機では、ソフトがROMカセット式のものはそのソフト自体に、ディスクメディア式のものは外部メモリ(メモリーカード等)にセーブデータが保存されるのが通例であったが、Wiiでは本体内蔵の容量が512MBのフラッシュメモリに保存される。そのため、セーブデータの保存にメモリーカード等の外部メモリを必要としない。ゲームのセーブデータだけでなく、ダウンロードした『Wiiチャンネル』や『バーチャルコンソール』および『Wiiウェア』のソフトの保存、『Wii伝言板』に記録されたメッセージの保存、ネットワークサービス『WiiConnect24』で受信したデータの保存などにも利用される。
各データのサイズは「ブロック」という単位で表示される(1ブロックは128KB相当)。512MB(4000ブロック相当)のうち一部は本体設定・購入時から内蔵されている5つのWiiチャンネル・Wii伝言板に記録されたメッセージ・受信した本体アップデートプログラム・システムプログラムなどの保存領域として使用されるため、実際にユーザーが512MB(4000ブロック相当)全てを使用することはできない。容量が足りなくなった場合はSDカードメニューを利用することで、間接的ではあるが容量拡張に近い形をとることができる(この機能実装への経緯は、下記のSDカードメニュー実装への経緯を参照のこと)。
内蔵メモリはAES 128bit CBCモードで暗号化されている。この暗号化方式はWiiディスク、Wiiのアップデートサーバから提供されるファイルにも使われている。セーブデータやWiiチャンネルをSDメモリーカードにコピーすると、データは自動で暗号化される。
SDメモリーカードスロットがWii本体前面に1か所あり、外部記憶媒体として
が使用出来る。
SDメモリーカード(表現の便宜上、上記のメモリーカード全てを含むものとする。以降も同様)を使用することで、「Wiiオプション」内の「データ管理」より、Wii本体内蔵メモリに保存されているWiiチャンネル(ソフト)やセーブデータをSDメモリーカードに移動・コピーすることが出来る。チャンネル(ソフト)の場合、SDメモリーカードに移動後も後述の「SDカードメニュー」を使用することによって直接ソフトを起動することができる。ただしセーブデータはSDメモリーカードから直接読み込むことが出来ないので、事前にWii本体内蔵メモリに移動・コピーしておく必要がある。32GBのSDHCメモリーカードであれば、24万ブロック相当の容量が確保できる計算となるが、保存出来るチャンネル(ソフト)の総数は240個までとなっており、実際は24万ブロック全ては使い切れない。
その他、以下のソフト内で使用可能である。ただし、▲が付いているソフトはSDメモリーカード(mini・micro含む)のみの対応で、SDHCメモリーカード(microSDHC含む)には対応していない。
本体背面にUSB 2.0端子を2つ搭載。以下の周辺機器を使用することができる。ただし、使用するソフトがその周辺機器に対応している必要がある。
ゲーム内容などに直接作用するものではないが、以下のような周辺機器も発売されている。
その他、公式ライセンスを受けたものではないが、本体の排熱効率を高める外部接続放熱ファンなど、純正品ではラインナップされていない種類の製品なども存在する。
上記の周辺機器を同時に3種類以上使用する場合はUSB端子が不足するため、市販のUSBハブが必要となる。Wii本体より電源を供給するバスパワー方式も使用できるが、使用する周辺機器によっては電力不足となる場合もあるため、任天堂ではACアダプタを使用して電源を供給するセルフパワー方式のUSBハブの使用を推奨している。
Bluetooth2.0の無線モジュールを内蔵。WiiリモコンやバランスWiiボードとの通信に利用されている。
ニンテンドーゲームキューブと互換性を持っており、GCの全てのソフトをプレイすることができる。ただし、インターネット対応ソフト『ファンタシースターオンライン エピソード1&2』『ファンタシースターオンライン エピソード1&2 Plus』『ファンタシースターオンライン エピソード3 カードレボリューション』『ホームランド』はオフラインモードでしか遊べない。非公認ソフトであるGC専用プロアクションリプレイは、ディスクを入れても読み込まれず、使用することはできない。
また、日本国外で発売されている廉価モデル『Wii Family Edition』や『Wii Mini』では、GC用コントローラ端子とメモリーカードスロットが廃され、GCソフトとの互換性は無くなっている。
GCのソフトを遊ぶ際は、別売のGC専用コントローラを用いなければならず、Wiiリモコン・ヌンチャク・クラシックコントローラなどのWii専用コントローラは使用できない。GCのソフトのセーブデータは、GC専用メモリーカードのみに保存が可能で、Wii本体内蔵フラッシュメモリやSDメモリーカードは利用できない。ゲームボーイプレーヤーは利用できないので、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスのソフトはプレイできない。
GCのコントローラコネクタとメモリーカードスロットに接続する周辺機器は、Wiiでも使用することができる。ただし、ゲームボーイプレーヤーやブロードバンドアダプタなど、GC本体下部に取り付ける周辺機器は使用できない。ニンテンドーゲームキューブ#周辺機器も参照。
GC専用コントローラはGCのソフトだけでなく、全てのバーチャルコンソール用ソフト、および一部のWii専用ソフトでも使用できる。ただし、バーチャルコンソールのソフトの場合は、振動機能には対応していない。
Wii専用ソフトとそのソフトの前作(ゲームキューブ専用ソフト)のセーブデータが入ったGC専用メモリーカードの連動に対応したゲームソフトもある。『ファイアーエムブレム 暁の女神』がその例である。
なお、後継機であるWii Uや日本国外で発売されている廉価モデルでは、GC用端子が廃されているため、Wii用ソフトをプレイする時であってもGC用端子に接続するコントローラは使用できない。
ニンテンドーDS・ニンテンドーDS Lite・ニンテンドーDSi・ニンテンドーDSi LL(以下まとめてDSと表記)やニンテンドー3DSとピア・ツー・ピア(任天堂独自プロトコル)で無線通信することができ、対応ソフトによっては様々な連動が可能となる。
連動の内容と2009年(平成21年)9月現在の対応ソフトは次の通りである。
Wiiを起動するとWiiメニューが表示される。ここから様々なソフトや機能を起動する。
Wiiメニューには縦3×横4の枠が表示され、Wii本体内蔵メモリに保存されているソフトがその枠に表示される。このソフトのことをWiiではWiiチャンネルもしくはチャンネルと呼ぶ。Wiiチャンネルは『Wiiショッピングチャンネル』を利用することで、様々なものを追加することが可能である。Wiiメニューには縦3×横4のチャンネル枠が並ぶページが4ページまであり、合計48個までチャンネルを保存することができる。
SDカードメニューは、本体内蔵メモリを一時的に利用してSDメモリーカード内に保存されているチャンネル(ソフト)を間接的に起動するメニュー。2009年(平成21年)3月26日に開始された本体アップデート(Ver.4.0)によって追加された。
Wiiメニューの左下に表示されている「SDメモリーカードのアイコン」を選択するとSDカードメニューの画面に切り替わる。SDカードメニューは、Wiiメニューと同様に縦3×横4のチャンネル枠が表示されており、ソフトの起動もWiiメニューと同様の操作で実行することが出来る。SDカードメニュー内にはチャンネル枠が1ページにつき12個、全20ページあるため計240個のソフトを保存することが可能で、Wiiメニューと同様にソフトの配置換えも可能となっている。
SDカードメニューを利用する際は以下の点に注意する必要がある。
Wiiメニュー右下の「手紙アイコン」を選択するとWii伝言板の画面になる。Wii伝言板は、ゲーム内の成績やユーザー作成のテキストメッセージ等を記録する機能である。WiiConnect24を利用すれば、他のWiiやパソコン・携帯電話と電子メールの送受信を行うこともできる。
Wiiでは、インターネットに接続することで、以下の機能やサービスを利用することができる。
『ニンテンドーWi-Fiコネクション』とは、世界中の人とインターネットを通じて対戦等を行うことができるネットワークサービスである。
2014年(平成26年)5月20日23:00をもって、無料サービス(Wi-Fiコネクションのマークが青のソフト)の提供が終了した。ただし、終了後も一部のソフトおよび有料サービス(Wi-Fiコネクションのマークが赤のソフト)については引き続き利用可能。
『WiiConnect24』とは、任天堂から配信されるデータを自動受信したり、他のWiiと様々なデータのやり取りをしたりするネットワークサービスである。
『バーチャルコンソール』とは、かつて販売されていた家庭用テレビゲーム機用の(一部の)ゲームソフトをインターネットを利用して購入・ダウンロードするサービスである。
『Wiiウェア』とは、店頭で販売されていないWii用新作ソフトをインターネットを利用して購入・ダウンロードするサービスである。2008年(平成20年)3月25日にサービスが開始された。
Wiiをインターネットに接続する方法は以下の3種類あり、各家庭の状況によって適切な接続方法を選択する。
2007年(平成19年)11月現在の日本国内におけるWiiのインターネット接続率は約40%であるが、まだ接続率向上の余地があるとして任天堂は以下の施策を行っている。
Wii本体のシステムソフトウエア(ファームウエア)や内蔵ソフトウエアはインターネットやWii専用ゲームディスクを利用してアップデート(更新)することが出来る。アップデートをすることで機能が追加されたり、不具合が改善されたりする。
ユーザーの年齢に応じて、特定のソフトのプレイ、バーチャルコンソール・Wiiウェア用ソフトのダウンロード、Wiiポイントの使用、一部のWiiチャンネルの利用などを制限する機能「ペアレンタルコントロール」を搭載している。Wiiのディスクソフトに関しては各国のレイティング審査団体(CERO、ESRB、PEGIなど)が制定する対象年齢に準じた設定が可能であり、日本ではCEROの区分に対応している。一部の項目はWii本体をアップデートしないと利用できない。
日本で発売されたソフトの一覧(バーチャルコンソール用ソフトを除く)。値段は全て税込価格。日本以外における同時発売ソフトはを参照。
同時発売ソフト(ローンチタイトル)の数は他のゲーム機と比較すると、かなり多い部類に属する。
Wii以前に発売された任天堂ゲーム機の本体同時発売タイトルには、マリオが登場するソフトが必ずあるのが通例であった。しかしWiiではこれを覆し、マリオが登場するタイトルは本体と同時には発売されなかった。
ニンテンドーDSなど過去の任天堂ハードと同時発売ソフト数を比較すると、任天堂ソフトの占める割合が比較的低く、任天堂以外の各ソフトメーカーの注目度も高いことが伺える。
特記が無いものは任天堂から発売。
記述されている価格は全て日本におけるメーカー希望小売価格(税込み表記)である。
この他に一部のニンテンドーゲームキューブ用周辺機器も使用可能。
※Wiiチャンネルの配信開始日についてはWiiチャンネル、Wii本体更新プログラムの配信開始日については本体アップデートを参照。
以下に記述されている販売台数の内、発表元が特に記述されていないものは、全てエンターブレイン集計・発表のものである。
Wiiの所有ユーザー層は、10代前半以下と30代・40代のいわゆる「ファミリー層」の所有率が高く、男女比もほぼ1:1である。これは、『Wii Sports』や『Wii Fit』などのファミリー向けソフトの大ヒット(前述2作はどちらも300万本超)が大きな要因となっている。
しかし、その反面、従来的ゲーマーの主流である10代後半〜20代が相対的に少ないため、いわゆるコア向けソフトは任天堂のものも含めて伸び悩んだ。岩田社長は2009年の段階で、このような偏ったユーザー層を「期待通りに進まなかった形」であるとしており、Wii U発表後にも「Wiiが全てのゲーマーのニーズに応えられたわけではなかった。任天堂としてはコア向けソフトもかなり取り組んだはずだったが、結局はPS3とXbox 360はコア向け、Wiiはカジュアル向けという認識が定着してしまった。Wii Uではただ広いだけでなく、より深いユーザーも狙っていきたい」と語っている。
また、ユーザーのうち約87%がWiiをリビングルームに設置している。だが、それゆえに1人用のアクションやRPGといったリビングに合わないソフトが成功しにくいと指摘する声もある。一方、岩田社長は「リビングにゲーム機を置いたばかりに、テレビ放送との両立が難しくなり、その結果ゲーム機で遊ぶ時間が制限される、という問題が起きてしまった」と、リビングにゲーム機を置くことの短所について別の観点から指摘しており、それを解決に導いたのがWii U GamePadだという。
米国や欧州では、日本と異なり年齢・性別を問わずバランスよく普及しており、サードパーティーのシェアも多い。2008年11月、12月の米国でのサードパーティーの売上は他の据え置き機を押さえトップとなった。
北米と欧州では長期にわたって供給不足が続き、月間180万台程度を生産したにも関わらず、高額な転売や抱き合わせ販売が問題化した。米国eBay(最大シェアのオークションサイト)での販売価格は、2006年12月よりも2007年12月の方が高かった。岩田社長は米GameSpot紙のインタビューで、通常は需要が少ない時期に在庫を蓄積できるが、年間を通じて需要が強かったため蓄積できなかったと述べている。
しかし、2009年(平成21年)以降の北米では、日本同様に下降路線を辿り始めている。
日本における、発売前のWii本体関連のテレビCMは、最初のCMでWii本体ではなくWiiリモコンを見せながら「これは、何でしょう?」と問いかけて消費者に疑問を持たせておき、その後詳細を明らかにするテレビCMを流していくティザー広告の手法を使用していた。全般的に家族がプレーする姿を映すタイプのCMが多いのが特徴。「似顔絵チャンネル 篇」で明石家さんまと松岡修造が出演して以降、芸能人がプレーする姿を映すCMも多い。
ナレーションは「お天気チャンネル 篇」まで中江真司が担当していたが健康上の理由(後に死去)のため、「ショッピングチャンネル 篇」より窪田等が担当している。
2010年1月以前に公開されたCMは全てSD画質(4:3比率)で制作されていたが、2010年2月に公開された『斬撃のREGINLEIV』のCM以降はHD画質(16:9比率)で制作されている。ただし、WiiはHD画質の映像の出力には対応していないため、CM内のゲーム画面の部分はSD画質からアップコンバートされた映像となっている。
WiiはCDやDVD再生には対応していない。ただし、ドライブ自体はCDやDVDの読み込みが可能な仕様となっている。当初は専用のアタッチメントを取り付けることで再生を可能にする予定だったが、2006年11月14日にアメリカのソニック・ソルーションズ社が「Wiiの将来バージョンに、ソフトウェアベースのDVDビデオ再生エンジンである Sonic CinePlayer CE DVD Navigato が採用される」とニュースリリースで発表。その後、任天堂より正式にDVDビデオ視聴機能が追加されるモデルの登場が発表された。当初、2007年後半のリリースを予定していたが、2007年11月に公式ページにて、世界的な品薄状態の影響で一機種に絞って生産効率を上げるため、発売を延期すると発表された。
しかし、品薄状態が解消された後も結局発売されることは無かった。後継機であるWii Uでも同様に再生機能は搭載されておらず、その理由として「Blu-ray・DVDプレイヤーは必要な人の間では十分に普及してるから」と説明されている。
Wiiが発売して間もなく、Wiiリモコンに取り付けてある専用ストラップがプレイ中に切れて、テレビ等を破壊する事故が発生したため、任天堂は2006年(平成18年)12月15日に、交換対象の専用ストラップをリコール(無償交換)すると発表した。
交換対象のストラップは、2006年(平成18年)12月上旬までに出荷された約320万個(うち日本では約37万個)で、「製造番号がLJH100419980以前とLJF103032000以前のWii本体同梱のWiiリモコン」「はじめてのWii附属のWiiリモコン」「別売のWiiリモコン」(全て初期出荷)に取り付けてある、Wiiリモコンとストラップとの接合に使われている紐の太さが「0.6mm」の専用ストラップ。交換後の専用ストラップおよび現在出荷されている専用ストラップは、紐の太さが「1.0mm」のものとなっている。
交換の申し込みは、専用の電話窓口か専用ホームページで行うことができる。
この公式発表後、Wiiリモコンを激しく振っている映像が含まれる『Wii Sports』および『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』のCMの放送を中止し、公式ページのCMギャラリーからもこれらのCMを削除して軽く振って遊ぶよう注意するCMに差し替えた。
事故の再発防止のため任天堂では以下の点を呼びかけている。
SDカードメニューが実装される前のWiiは、容量が512MBしかない内蔵フラッシュメモリのうち一部をチャンネルやセーブデータの保存に割り当てるしかなかったため、NINTENDO64やPCエンジンのCD-ROM²、SUPER CD-ROM²、ネオジオといった大容量のバーチャルコンソール用ソフトや、Wiiウェア用ソフト、Wiiチャンネルを複数ダウンロードすると、かなり早い段階で容量が足りなくなっていた。SDカードメニューの実装は、後述のようにユーザーからの不満を反映してのことである。
</doc>
<doc id="2728103" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728103" title="磯部四郎">
磯部四郎
磯部 四郎(いそべ しろう、1851年6月25日(嘉永4年5月26日) - 1923年(大正12年)9月1日)は、日本の法学者。大審院検事・判事。弁護士。法典調査会委員。衆議院議員。貴族院勅選議員。
娘婿は政治家の磯部尚、孫は歌舞伎役者の二代目坂東市太郎。
花札賭博が大好きで、大審院検事のとき、大審院長や同僚を誘い、柳橋で芸者をあげて遊興三昧のあげく、辞職に追い込まれた。それでも花札は終生止められず、明治天皇にまで教え、いたく興味をもたれたという。
1892年(明治25年)の弄花事件は、前年の大津事件の報復とも、大審院内部の判事対検事の抗争とも言われるが、磯部の免官は、この事件で訴追側の検察内部に疑惑の中心人物がいては不都合だったためとも考えられる。
</doc>
<doc id="2728104" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728104" title="菊地成孔と大谷能生の『憂鬱と官能を教えた学校』TV">
菊地成孔と大谷能生の『憂鬱と官能を教えた学校』TV
菊地成孔と大谷能生の『憂鬱と官能を教えた学校』TV(きくちなるよしとおおたによしおの ゆううつとかんのうをおしえたがっこうティーヴィー)は、フジテレビワンツーネクストで2009年に放映された音楽番組。
菊地成孔と大谷能生が講師として、2人の共著である 『憂鬱と官能を教えた学校』(河出書房新社・2004年) をモチーフに、音楽理論を解説する。各受講生は実際に鍵盤楽器を持ち、実際に演奏しながら学ぶ。坂田かよ・TOKIEらが受講生として毎回参加。
講義内容は、クラシック・ジャズ・ポップス・ソウル・ファンク・ヒップポップ等、様々な音楽ジャンルが生まれた歴史的背景や 楽曲のコード・音韻・音色等を分析し、他曲との類似性を探る「楽曲分析(アナリーゼ)」、J.S.バッハからマイルス・デイヴィスに至るまで、音楽史に大きな影響を及ぼした人物を掘り下げる等、誰もが関心を持ち、聞けばためになる「音楽的教養」も網羅されている。重要なキーワードは、ネットで検索しやすいよう、画面の右下にテロップとして表示される。
比較的高度な音楽理論についての解説を趣旨としているが、楽譜が読めない人でも、コードを通して音楽理論の基礎を理解することが可能な指導方法を採用しており、初心者に配慮がなされている。
</doc>
<doc id="2728106" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728106" title="石城山">
石城山
石城山(いわきさん)は、山口県光市と熊毛郡田布施町にまたがる標高362mの山。山口県立自然公園に指定されており、石城山県立自然公園の中心となる山である。別名は西ノ富士。中国百名山のうちの1つ
古代山城跡で、山頂付近にはキャンプ場、石城神社、第二奇兵隊士首置松跡、日本神社などがある。
八合目付近には約2600mに渡りベルト状に取り巻く石城山神籠石があり。花崗岩の切石で7世紀頃に造られたもので、国の史跡に指定されている。
石城山にはピークが5つあり、最高峰の高日ヶ岳のほか、鶴ヶ峰、築山、星ヶ峯、大峰がある。
中世以前は石城山周辺は海であった と言い伝えられている。現在の柳井市柳井湾から田布施町城南地区を経由して平生町の平生湾に至る室津半島の付け根付近は、かつて古柳井水道と呼ばれ、海峡であり、熊毛半島は島であった。古柳井水道は中国や朝鮮、九州から都に至る航路として使われ、重要経路かつ要衝だった。古柳井水道は当時存在した熊毛王の統治する熊毛王国に海運で繁栄をもたらし、大和王権に脅威を与えるほど栄えさせた と云われている。
熊毛半島東岸の黒島浜遺跡からは翼状剥片が出土しており、旧石器時代後期にまでこの地に人が暮らしていたと思われている。石城山南麓の田布施町城南地区から柳井市にかけて、県内でも多くの遺跡が集中している。
山全体が古代山城跡で、石の城の山である事等諸説ある。
石城山神籠石関連
石城神社境内および摂社
宗教団体・神道天行居の神社
山口放送は2016年6月29日に総務省中国総合通信局から外国波混信対策として予備免許が交付され、2016年10月12日に本免許が交付、2016年10月12日に開局した。
</doc>
<doc id="2728107" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728107" title="エンヘル・チャベス">
エンヘル・チャベス
エンヘル・アリステデス・チャベス(Ángel Aristedes Chávez、1981年7月22日 - )は、パナマ・ダビッド出身の元プロ野球選手(内野手)。右投右打。
10月30日にサンフランシスコ・ジャイアンツと契約を結んだ。
8月30日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビューを果たした。
1月12日にニューヨーク・ヤンキースにマイナー契約を結び、スプリング・トレーニングに招待選手として参加した。この年は結局、AAAのスクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースで114試合に出場した。
2007年12月12日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、スプリング・トレーニングに招待選手として参加した。
3月31日にメジャー契約を結び、開幕ロースター入りを果たした。しかし、1試合も出場する事なくDFAになった。その後、ウェイバーにされ、AAAのラスベガス・フィフティワンズでプレー。オフにFAに。
1月にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。開幕前の3月に、第2回WBCのパナマ代表に選出された。
2月にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ。
4月にアメリカの独立リーグのアトランティックリーグに加盟しているブリッジポート・ブルーフィッシュと契約を結んだ。
1月に、パナマの国内リーグのボカスと契約。この時ボカスは、優勝した。
2012年5月に、メキシカン・リーグのラグナ・カウボーイズに移籍した。11月に、母国パナマで行われた第3回WBC予選のパナマ代表に選出され、2大会連続2度目の選出を果たした。
</doc>
<doc id="2728109" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728109" title="フェルディナンド・ベルトーニ">
フェルディナンド・ベルトーニ
フェルディナンド・バルトーニ(Ferdinando Bertoni, 1725年8月15日 - 1813年12月1日)は、イタリアの作曲家、オルガニスト。
バルトーニはイタリア、サロに生まれ、その地からさほど離れないブレシアで音楽を学び始めた。1740年頃、彼はボローニャに向かい、そこで著名な音楽理論家であったジョヴァンニ・マルティーニの下、1745年まで研鑽を積む。その後ベネチアに移った彼は、1752年にサン・マルコ寺院の初代オルガニストに任命される。1755年から1777年には、同じくベネチアのOspedale dei Mendicantiで合唱指揮者を務める。1778年から1783年の間はロンドンにおり、キングズ・シアターでオペラを作曲した。1784年にベネチアに戻った彼は、1785年にバルダッサーレ・ガルッピからサン・マルコ寺院の楽長を引き継ぎ、1808年に引退するまでこの職にとどまった。バルトーニはデゼンツァーノ・デル・ガルダで没した。
バルトーニは精力的に教会音楽を作曲し、また70作のオペラを作曲したが、今日では忘れられている。例外は「オルフェオ "Orfeo"」(ベネチア、テオトロ・サン・ベネデット、1776年)で、これはクリストフ・ヴィリバルト・グルックが「オルフェオとエウリディーチェ」に用いたのと同じによるリブレットを用いた作品である。ベルトーニは、特にこの作品を友人のカストラート歌手のために作曲しており、彼はオルフェオ役を演じることになる(彼はグルックの作品でも同名の役を演じている)。ベルトーニはグルックの改革を普段から無視しており、古風なオペラ・セリアの形式でこの作品を作曲した。ベルトーニは少なくとも200曲の宗教音楽を作曲しており(約50曲のオラトリオなど)、カンタータ、器楽曲、室内楽曲にも作品を遺している。
注釈
</doc>
<doc id="2728112" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728112" title="タシュケント市営トロリーバス">
タシュケント市営トロリーバス
タシュケント市営トロリーバス () はウズベキスタンの首都タシュケントで運行されていた市営のトロリーバスである。2010年に運行廃止が決まった。
タシュケント市営トロリーバスはソビエト連邦時代の1947年に運行が始まった。当初は運行距離約15分の小さな路線で、タシュケント市内主要地域を結ぶ路線だった。1948年に2路線、1949年に3路線へと増加し、1950年には2路線増えて5路線、1951年には6路線へと増加した。これらの路線は全てウズベキスタン鉄道のタシュケント駅を終点として接続しており、タシュケント市内の各地域を結ぶ仕組みになっていた。1962年にはアルナサイ号 ()と呼ばれる改良型トロリーバスが導入された。2010年に運行が廃止されるまでの最大路線数は28だった。
1960年時点において、市営トロリーバスは平均走行速度16.5km/hで、同じくタシュケント市内を走行していたタシュケント市電の12.5km/hより早かった。
</doc>
<doc id="2728113" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728113" title="めぐろ歴史資料館">
めぐろ歴史資料館
めぐろ歴史資料館(めぐろれきししりょうかん)は東京都目黒区にある区立資料館。
屋外展示と屋内展示に分かれ、屋内には常設展、特別展示スペース、資料室がある。
2008年9月に旧目黒区立第二中学校の1階部分を改装して開館。前身である守屋教育会館郷土資料室を拡充させた。
</doc>
<doc id="2728114" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728114" title="ガザル">
ガザル
中東・西アジアから南アジアにかけての地域の文学伝統において、ガザル(, , 簡易的なラテン翻字/英語の綴り: ghazal)は、恋愛を主題にした定型抒情詩の一様式、ないし、当該様式にのっとって制作された詩作品である。アラブの古典定型詩カスィーダの一部分から派生し、特にペルシアで発展した。現代南アジアにおいては、ガザル詩を歌詞とする歌謡曲を指すことも多い(#南アジアにおける発展)。なお、様式によらず恋愛詩一般を指す場合もある(#西アジアにおける発祥)。
アラビア語の名詞 の語根、 からは「糸紡ぎ」に関係する単語群が派生し、 も原義は「紡ぐこと」である。女性を口説いたり誘惑したりする行為が「糸紡ぎ」に喩えられているうちに、「糸紡ぎ」を指す言葉が「恋愛詩」をも指す言葉になっていったものと推定されている。アラビア語においては、現代でも、恋愛を主題にした抒情詩であれば形式を問わず と呼び、ペルシア語においても同様の事情が存在する(広義の「ガザル」)。所定の形式、主題を具備したガザル(狭義の「ガザル」)が誕生する発端は、先イスラーム時代(ジャーヒリーヤ時代)にまで遡る。
ジャーヒリーヤ時代に遡る伝統的なカスィーダ詩の導入部分に起源を持ち、イスラーム時代以降は単一の主題を扱うキトア詩( قطعة qiṭ‘a 「断片詩」と訳される)の形で多くの作品が作られた。主題としては恋愛が最も多く、求愛者の片思いを歌う。感情の表現には様式化された象徴や物語が用いられる。また、イスラーム神秘主義の影響もあり、恋人を神と解釈できる場合がある。現在のような詩型となったのはペルシア文学の影響による。ペルシア・ガザルの大家としては、ルーダキー、ルーミー、ハーフィズがいる。
本節では14世紀ごろのイラン文化圏において完成した、古典的なペルシア語ガザルの規範的枠組みについて述べる。ガザルを構成する基本単位は、間にカエスーラを挟んだ一続きの詩句(ベイト)である。ガザルを文字にして書く場合、カエスーラによって分かたれる前半と後半を、続けて1行で書いても2行に分けて書いてもよい。
ひとつのガザル作品は複数のベイトからなり、長さは7から14ベイトのものが多い。各ベイトは、末尾で押韻し、また、同一の韻律を共有する。ベイトの前半と後半で同じ詩句がリフレインされる場合もある。冒頭のベイトは「マトラー()」と呼ばれ、ベイトの前半と後半が同一の韻を踏む。最後のベイトは「マクター()」と呼ばれ、詩人の雅号「タハッロス()」が詠み込まれる。
オスマン朝では、例外なくほぼすべてのスルタンが自ら詩作に耽り、宮廷や高官は競って詩人を庇護した。オスマン朝詩はペルシア語詩の古典を模範として、トルコ語の構造と文法を残しながらアラビア語やペルシア語の詩的語彙を大量に取り入れた。オスマン朝において、教養人は皆、メドレセで高度な古典教養を学び、ガザル制作のための練達の技巧を身につけた。16世紀にはバーキーやフズーリーといった詩人が活躍した。17世紀後半チューリップ時代には、アフメト・ネディムなどが優れたガザルを制作した。
南アジア(インド)においては、12世紀のガズナ朝から19世紀のムガル朝に至るイスラーム王朝の宮廷語であるペルシア語で盛んにガザルが作られていたが、時代が下るにつれ現地語でも作られるようになった。17世紀後半にはハイダラーバードを中心に、ニザーム王国やマイソール王国といったデカンの王国の宮廷で、「」によりインド風の表現を用いたガザルが作られていた。中でもワリー・モハメド・ワリーはウルドゥー語ガザルの創始者とみなされる。「レーフタ」はウルドゥー語やダカニー・ウルドゥー語の前身となった言葉である。ワリーはあるとき北遊してデリーの詩会でダカニーによるガザルを披露した。それまでペルシア語で詩作していたムガル朝の文人たちは刺激を受け、盛んにウルドゥー・ガザルを制作するようになった。18世紀にはデリーや、アワド太守の宮廷があるラクナウでウルドゥー・ガザルが盛んになり、18世紀から20世紀にかけての時代、ミール、、、ガーリブ、イクバールなどの詩人が活躍した。
20世紀前半にはやらによってベンガル語でもガザルが制作され始めた。1910年代に軍人としてカラーチーにも滞在した反逆の詩人ノズルルは、1920年代後半からガザルの制作を始め、ウルドゥー・ガザルの様式を利用してベンガル語で愛をうたった。ノズルルのガザルは、詩人独自の(韻律)を伴うものもあり、ベンガル詩の可能性を拓いた。
インドやパキスタンでは、現在も恋愛詩として鑑賞されている。特にウルドゥー語のガザルはカッワーリーなどの歌曲に用いられ、映画で使われることも多い。
歴史的には主に西アジアから南アジアにかけての地域に伝播したが、1990年代半ばから英語でもガザルによる詩作が盛んになりつつある。
</doc>
<doc id="2728126" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728126" title="冴月里実">
冴月里実
冴月 里実(さゆづき さとみ、本名・年齢非公開、3月17日 - )は、日本の女優、シンガー、ダンサー、振付師である。英語表記はSayuzuki Satomi。千葉県出身。
女優、ミュージカル女優、ダンサー、シンガー、振付師として活動。
舞台出演の他、イベント出演やライブ活動、ミュージカルやダンス公演の振付なども行う。
身長163cm。
『月刊ミュージカル』2010年1月号にて、編集長であり評論家の瀬川昌久よりその歌声を評価される。
幼少よりモダンダンスを始め、公演ではソロも務める。
6歳で「コーラスライン」を観劇したことをきっかけにミュージカル女優を志し、後にジャズダンス、クラシックバレエ、タップダンスなどのダンス、ヴォイストレーニングも始める。
高校卒業後、大学に進学したが舞台に専念したいとの想いから半年で自主退学。
東宝ミュージカルアカデミー第1期卒業生。
「Lady Bunnies Buresque」をアーティストSharoと主催。
他多数。
他多数。
</doc>
<doc id="2728127" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728127" title="神戸市立王塚台中学校">
神戸市立王塚台中学校
神戸市立王塚台中学校(こうべしりつ おうつかだいちゅうがっこう)は兵庫県神戸市西区にある公立の中学校である。
運動部
文化部
</doc>
<doc id="2728130" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728130" title="デルビー・デッロ・ストレット">
デルビー・デッロ・ストレット
デルビー・デッロ・ストレット()は、イタリアのサッカークラブ、ACRメッシーナとレッジーナ・カルチョの対戦(ダービーマッチ)に使われる呼称である。
両クラブが本拠を置くメッシーナ(シチリア州)とレッジョ・ディ・カラブリア(カラブリア州)は、メッシーナ海峡()を挟んで対峙する大都市である。日本では「海峡ダービー」と訳される。
メッシーナ海峡を隔てて対峙する両都市のクラブの間で「ダービーマッチ」と見なされるような対戦が初めて行われたのがいつかには諸説ある。1920年代、メッシーナとレッジョ・ディ・カラブリアにはいくつかのサッカークラブが存在しており、それらのクラブがトーナメント戦の中で対戦することはあった。和やかな試合であることもあれば、そうでないこともあった。
「最初のデルビー・デッロ・ストレット」と見なされるものの一つは、1924年4月にセコンダ・ディヴィジオーネで対戦した、メッシーナのUSペローロと、レッジョFC(レッジーナ・カルチョの前身)の顔合わせである。メッシーナの「エンツォ・ジェラーチ」で行われたこの試合は、2対1でUSペローロが勝利した。同年4月14日、レッジョ・カラブリアの「ランテルナ・ロッサ」に舞台を移して第2戦が行われ、3対2でレッジョFCが勝利した。
1930年代半ばから40年代半ばにかけては長らく、メッシーナとレッジョ・カラブリアのクラブによる対戦が地域トーナメントでの試合にとどまる時期が続いている。ただし、1938-39シーズンにおいてはセリエCでの対戦のほか、コッパ・イタリアでの対決が実現した(このとき、レッジーナは経営会社が変わりドミナンテと称していた)。
セリエBでの顔合わせは1965-66シーズンに実現し、1965年10月17日に初対戦が行われた。この一戦を含め、1960年代にはセリエB、コッパ・イタリアを合わせて6試合が開催された。続く70年代には、セリエC、コッパ・イタリアで同じく6試合があった。
1980年代後半から90年代前半、ダービーの舞台は再びセリエBに戻った。セリエAでの初対戦は2004年10月31日(2004-05シーズン)に実現し、メッシーナが2対1で勝利した。
2000年代、両者はセリエA残留を賭けた試合で2度対決している。2006年4月30日の試合(2005-06シーズン)は3対0でレッジーナが勝利し、メッシーナのセリエB降格が決定した(ただしこれは、カルチョ・スキャンダルに伴う裁定で順位が繰り上げられたためにキャンセルされた)。翌2007年4月18日(2006-07シーズン)にもセリエA残留を賭けた試合が行われ、レッジーナが3対1で再び勝利を収めてメッシーナがセリエBに陥落した。この2007年4月18日の試合が、2017年時点で最後のダービーマッチとなっている。
</doc>
<doc id="2728142" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728142" title="APT (曖昧さ回避)">
APT (曖昧さ回避)
APT
</doc>
<doc id="2728143" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728143" title="谷内亮太">
谷内亮太
谷内 亮太(やち りょうた、1991年2月3日 - )は、石川県金沢市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。現在は北海道日本ハムファイターズに所属。
金沢西高時代は、遊撃手兼控え投手として活躍。2年時までプロどころか大学野球でプレーすることすら考えていなかったが、主将となり挑んだ3年時春の石川大会で初優勝を達成したことが自信に繋がったと語っている。夏は、全国高等学校野球選手権石川大会準決勝で金沢高に1-3で敗れた。甲子園出場経験はなし。
國學院大學に進学すると東都大学野球連盟に所属する野球部に入部。1年時の秋から三塁手のレギュラーとなり、2年時の秋には同校野球部創部80年目での初優勝を経験した。第41回明治神宮野球大会では、同年のドラフト会議で指名を受けていた九州産業大学の榎下陽大から3安打を放つ。これが自信となり、プロ入りを目指すきっかけとなったと語っている。その後、自らの希望で遊撃手へとコンバートされた。3年時の春は、前季の優勝から一転しチームが最下位に低迷。さらに入替戦を落とし、2部降格となってしまった。4年時からは主将となり、春は2部で優勝し自身はMVPに選出された。さらに入替戦を制し、3季ぶりに1部に昇格。秋は1部で遊撃手としてベストナインに選出された。
10月25日、プロ野球ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズから6位指名を受けた。
6月25日に、「侍ジャパン大学日本代表 対 NPB選抜」の出場予定選手の変更が発表されNPB選抜に代表入りした。レギュラーシーズンでの出場は4試合に留まった。
4月19日の阪神タイガース戦で藤浪晋太郎から左手首付近に死球を受けて骨折し、手術を受けた。8月7日に一軍登録される。
2018年12月11日に秋吉亮と共に高梨裕稔と太田賢吾の交換トレードで北海道日本ハムファイターズに移籍することが発表され、12月13日に公示された。
50m走6秒3の足と、堅実な守備に定評がある。
真面目な性格で、高校時代の監督やスカウト陣からは、練習も手を抜かない努力家と評されている。
憧れであり、目標とする選手は宮本慎也。
対戦したい選手には、同じ石川県出身で大学の1学年先輩である高木京介を挙げている。高校時代にも1度対戦したが、ノーヒットに終わっている。
中学、高校、大学とキャプテンを務めており、特に大学でキャプテンを務めたことで周りを見てプレー出来るようになったと語っている。
</doc>
<doc id="2728211" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728211" title="GLORY DAYS (大江千里の曲)">
GLORY DAYS (大江千里の曲)
「GLORY DAYS」(グローリー デイズ)は、大江千里の通算14枚目となるシングル。1988年6月21日発売。
7作目のアルバム『1234』からの先行シングル。
1991年に当時放送していた自身のラジオ番組『大江千里のSUZUKI STATIONKIDS』にてリスナー投票による自身の曲ベスト10を募ったところ、この曲が1位となった。
ベストアルバムに収録されているものは、いずれもリミックスとリマスタリングが施されておりシングル盤の音源そのものとは違う・特に『2000 JOE』に収録された際はボーカル・コーラスはオリジナル版から流用しつつもアレンジを最初からやり直している。
サビの部分は当初「きみと出逢うレボリューション」であったが「きみと出逢えてよかった」に変更されている。
</doc>
<doc id="2728231" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728231" title="マバ語">
マバ語
マバ語(マバご、)は、ナイル・サハラ語族マバ語群(マバ諸語)に属する言語である。チャドに居住する(マバ族)によって話されている言語である。別名にMabak、Kana Mabang、Borgu、Waddayen、Mabang、Ouaddaien、Wadai、Mabaa、Bura Mabang、Ouaddaiが存在する。
</doc>
<doc id="2728236" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728236" title="カネンブ語">
カネンブ語
カネンブ語(カネンブご、)は、ナイル・サハラ語族サハラ語派(サハラ諸語)に属する言語である。チャドに居住する(カネンブ族)の人々によって話されている言語である。言語名別称としてBornu、Kanemhu、Kanambu、Kanembu、カネムブ語(Kanembou)。
</doc>
<doc id="2728241" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728241" title="寿美菜子">
寿美菜子
寿 美菜子(ことぶき みなこ、1991年9月17日 - )は、日本の声優、歌手、女優。ミュージックレイン所属。兵庫県神戸市長田区出身。東放学園高等専修学校卒業。血液型はB型。
代表作に『けいおん!』(琴吹紬)、『TIGER & BUNNY』(カリーナ・ライル/ブルー・ローズ)、『ドキドキ!プリキュア』(菱川六花/キュアダイヤモンド)、『響け!ユーフォニアム』(田中あすか)などがある。
2009年2月15日に開催された「ミュージックレインgirls 春のチョコまつり」において、同じミュージックレイン所属の高垣彩陽・戸松遥・豊崎愛生とともに声優ユニット「スフィア」の結成を発表。以降、ユニットとしての音楽活動も行っている(所属レーベルはGloryHeaven)。同年3月までは、兵庫県内の高校に在学し、東京での仕事の度に実家から上京する日々であったが、2009年4月に上京、東京の高校へ転校し、1年ほどは横浜市に在住しながら本格的に東京での活動を開始した。
2010年3月6日に発表された第4回声優アワードにて、テレビアニメ『けいおん!』の劇中にて結成したユニット「放課後ティータイム」として、豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、竹達彩奈とともに歌唱賞を受賞。9月15日にシングル「Shiny+」でソロデビュー後、11月24日に2ndシングル「Startline」を発売した。
2012年には11月18日の神戸国際会館 こくさいホールを皮切りに、神戸・東京・名古屋・大宮の合計4会場5公演の『First Live Tour 2012 "Our stride"』を開催した。
2015年10月1日より、寿美菜子のLINE公式アカウントがスタートした。
歌唱力は、『けいおん!』に関する楽曲のコーラス・レコーディングもほぼ全て一発OKだったという。共演者の佐藤聡美からは「ハモリのプロ」と評された。また、同作品の楽曲を担当した小森茂生も「ピッチ感がすごく良くてコーラス・ワークがハマる」と評している。
『けいおん!』のWebラジオ『らじおん!』の企画で、自身らが演じるキャラクターと同様に実際にバンド活動を行うことになり、キーボードを担当している。キーボード演奏の際、コードは英語を読んでいるような気分で読み取るという。また、『らじおん!』の企画とは別に、個人的にドラムスも練習中であるという。
スフィアのメンバーの中で最年少でありながら、成人する前からも、「精神力はメンバー内で最も高い」「一番しっかり者である」「大人っぽい」と言われることもある。
出身が神戸であることからタイガースファンであり、「デイリースポーツ」は必ず読む。また、スパゲッティなどの麺類好きを公言しており、イベントの前などには、イベント終了まで麺類を一定期間食べないこと(麺断ち)を、願掛けとして行っている。
母親がピアノ講師であることも手伝い、ピアノが弾ける。2010年1月10日にC.C.Lemonホールで行われた『スフィア Colorful Concert』および同年1月31日に神奈川県民ホールで行われた『スフィア Colorful Concert 追加公演』、自身のソロライブイベント「寿美菜子のMusic Rainbow 01」および「First Live Tour 2012“Our stride"」にて、ピアノの弾き語りを行った。
左利きである。
太字はメインキャラクター。
※はインターネット配信。スフィアとしての番組は、"スフィア"の項を参照。
※スフィアとしての番組は、"スフィア"の項を参照。
</doc>
<doc id="2728244" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728244" title="韓国産業銀行">
韓国産業銀行
韓国産業銀行(かんこくさんぎょうぎんこう、韓国語:)は、大韓民国に所在する銀行。本店はソウル特別市永登浦区に置く。1954年、韓国産業銀行法によって設立された特殊銀行である。産業金融債権を独占発行し、個人向けより企業向けの金融を中心としている。
1954年に資本金資本金4千万ウォンで設立された。2008年現在40の国内支店と7つの海外支店、5つの海外子会社があり従業員約2100人を要す。
世界金融危機 (2007年-)により、2008年9月15日に倒産したリーマン・ブラザーズが、直前まで出資の引受先として協議していた銀行として知られている。
</doc>
<doc id="2728248" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728248" title="Lovers' Voices">
Lovers' Voices
『Lovers' Voices』(ラバーズ ボイシーズ)は、BREATHEの1枚目のカバーアルバム。
初のカバーアルバムで、BREATHEの初のアルバムでもある。
「DVD付き」「CDのみ」の2形態で発売。
事実上、ファーストにしてラストアルバムになった。
CD
DVD
BREATHE Official Website
</doc>
<doc id="2728252" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728252" title="宮崎駿 (野球)">
宮崎駿 (野球)
宮﨑 駿(みやざき はやお、1990年11月27日 - )は、福井県福井市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。
福井工業大学附属福井高等学校時代は3年春の県大会で優勝。夏の福井県予選では四強入りするが、準決勝で北陸高校に延長の末5-8で敗退して甲子園出場は無し。
高校卒業後、東海地区大学野球連盟に加盟する三重中京大学へ進学。同期に東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した則本昂大や後にチームメイトとなった河野大樹がいる。2010年東海地区大学野球春季選手権大会で指名打者として、また2012年東海地区春季大会で外野手としてベストナインに選出される。 2012年東海地区秋季大会では打率.667で大学同期の高橋孝司と共に首位打者となる。全日本大学野球選手権大会は2010年と2012年の2度出場を果たし、2012年の大会では1回戦で大阪体育大学の松葉貴大から本塁打を放つが試合は1-2で敗れる。また2012年明治神宮野球大会にも出場し、1回戦の京都学園大学戦では自らの3安打1打点の活躍もあり6-4で勝利するが、2回戦の法政大学戦では三嶋一輝に4安打16三振と抑え込まれて0-1で敗れる。既に新入生募集を停止し4年生しか在籍しておらず、その後2013年12月18日で閉学した三重中京大の野球部にとってこれが最後の試合となった。
2012年のプロ野球育成ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから、外野手として4巡目で指名。この年のドラフト会議で指名された選手(支配下登録選手扱いを含めて総勢83名)では最後の指名であったが、結局育成選手として入団した。この入団によって、三重中京大から直接NPB加盟の球団に入った最後の選手になった。ただし、2014年には、前述の河野がNOMOベースボールクラブ経由で育成選手としてソフトバンクに入団している。
には、内野手として登録されると、三軍戦を中心に出場。二軍では、ウエスタン・リーグ公式戦で1試合(1打席)の出場にとどまった。
には、ウエスタン・リーグ公式戦28試合に出場。打率.162、2打点という成績を残した。
には、登録を再び外野手へ変更したが、ウエスタン・リーグ公式戦では13試合の出場で打率.053と低迷。支配下選手登録や、一軍への昇格を果たせなかった。10月26日に球団から戦力外通告を受けたことを機に、現役を引退。
「大学への進学前に興味があった」という警察官に転身すべく、2016年に大阪府警の採用試験を受ける予定と報じられた。2016年5月13日にNPBが発表した2015年戦力外選手・引退選手の進路調査結果で、ソフトバンクの2選手が大阪府警に合格していると発表されており、2選手の具体的な選手名は挙げられていないが宮﨑のことも指しているとみられる。
50メートル走6秒1という俊足の持ち主で、スピードが持ち味。打撃も細身ながらパンチ力があり、勝負強さ、大舞台での強さがある。しかし、ソフトバンクに在籍した3年間では、ウエスタン・リーグ公式戦での通算盗塁数が2にとどまった。
外野と内野の両方を守ることができ、ソフトバンク時代、ウエスタン・リーグ公式戦には主に三塁手や左翼手、また一塁手や右翼手としても出場した。
アニメーション監督の宮﨑駿と同姓同名である。1990年の午年生まれで、両親は「馬」が入った「駿」の字の名前を考えていた。父は「しゅん」と読ませるつもりだったが、ジブリ作品に触れながら青春時代を送った母が「はやお」と決断した。宮﨑自身も『紅の豚』や『崖の上のポニョ』などのジブリ作品が好きで、支配下選手登録を果たした場合には、『魔女の宅急便』で使われていた楽曲を登場曲に採用する予定だった。
ドラフト当時の就職活動では苦労し、2社の採用試験に失敗し、大学から紹介された業務用冷蔵庫の販売会社に決まりかけていた。野球をやめ地元・福井で会社勤めをする心づもりをしていた時に、ソフトバンクの指名が舞い込んだ。
同期生の飯田優也とは同じ生年月日である。
一軍公式戦出場なし
</doc>
<doc id="2728257" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728257" title="マカオの交通">
マカオの交通
マカオの交通は、域内交通に関して、鉄道設備を有しておらず、陸上交通は自動車に頼らざるを得ない事情の一方で、28.6kmという狭隘な領域に約54万人が住み、1万7310人/kmという世界最高級の人口密度を有している状況では、自家用車の利用はあまり合理的ではなく、バスとタクシーの公共交通機関が主流となっている。なお、マカオでは香港同様自動車左側通行となっている。これはかつてポルトガルが左側通行だった頃の名残とされ(ポルトガル本国では1928年に右側通行へ変更)、また、同一経済圏である香港の車両が流通しやすいことによる。
域外交通は、ボーダーゲート(関閘)及び蓮花大橋において、中華人民共和国珠海市に陸路で出入域が可能であるが、上記の通り域内の移動は公共交通機関で十分であることから徒歩で通過する者がほとんどである 。その他、香港及び中国本土各地には、2つのフェリーターミナルからフェリーが就航しており、香港へは定期ヘリコプターも運行されている。
国際空港としてマカオ国際空港があり、中華人民共和国各地、台湾、日本、韓国、フィリピン、マレーシア、ベトナム、タイ及びシンガポールへの定期便が就航している。
マカオには、総延長321kmの公道があるが、一般的に道は狭隘で、それに加え、市街中心部では道の両側に駐車している光景がしばしば見られるなど、道路事情は不良である。効率的な公共交通機関の欠如と人口と比較した自動車の数量に起因する交通渋滞は重大な社会問題となっている。
マカオ半島とタイパ島の間は、嘉楽庇総督大橋、澳門友誼大橋及び西湾大橋の3つの橋が繋いでおり、また、ギア丘陵下にトンネルを通し、半島の東西交通の促進を図っている。
現在のところ地下鉄やモノレールといった鉄道設備は無い一方で、自家用車は、マカオ域内の用途がほとんどであることを考慮すると、総量は多いものの、住民にとっては合理的選択とは言えず、公共バスとタクシーが主要な日常交通機関となっている。また、市民の足としては、スクーターが重宝されている。
公共バスは、マカオ半島、タイパ島、コタイ、コロアネ島の全域を結び頻繁かつ安価に運行されている。澳門新福利公共汽車(新福利、Transmac, Transportes Urbanos de Macau SARL)、澳門公共汽車(澳巴、TCM, Transportas Companhia de Macau)及び新興の澳門新時代公共運輸(新時代、Macau Nova Era de Autocarros Públicos, SA)の3社により路線バスやミニバスの路線が域内を網羅している。なお、これらの路線バスのルートマップなどは全てポルトガル語と広東語の両方で表記されて、バスの車内放送では広東語→ポルトガル語→普通話→英語 の順で案内される。3つのバス会社で利用可能なディポジット方式のバスカード「マカオ・パス」が発行されている。また、主なカジノやホテルが、5分から10分に1本程度の頻度でフェリーターミナル及びボーダーゲート(関閘)と各カジノの間の無料シャトルバスを運行している。
タクシーが安価な交通手段として市民だけでなく観光客の足として利用されている 、しかしながら、利用需要に対し供給は不足気味であり、朝夕の混雑時には拾うことが難しい。シャトルバス終了後の、フェリーターミナルにおいてはフェリー到着後30分程度のタクシー待ちが生ずることがしばしばとなっている。個人タクシーは黒の車体にクリーム色のトップの車種であり、一方、会社に所属するタクシーは、全体を黄色に塗装した車種となっているがあるが、いずれもメータータクシーであり、利用においての差はない。香港同様、日本の自動ドアの機能が普及している(しばしば、日本のタクシーの中古車が利用されている)。料金は、マカオにおける他の支払い同様、香港ドルが使用できるが、コインは受け取りを拒否されることがある。広東語のほかは通じにくいため、観光局から、ほとんどのタクシーに、普通話、ポルトガル語、英語で主要な行き先が記されたガイドが提供されている。
1970年代までは、ペディキャブ(自転車タクシー)が主要な交通手段であったが、現在では、フェリーターミナルやリスボアホテル近辺に、観光用がわずかに残るのみであり、料金もタクシーより高い。
現在、都市鉄道設備はないが、交通渋滞を緩和するため澳門軽軌鉄路という新交通システムが建設中であり、2019年から2020年にかけての供用開始を見込んでいる。市街地は高架軌道、一部を地下トンネルを用いた専用軌道のゆりかもめ型無人走行の新交通システムで、マカオ半島は周回し、タイパ・コタイは西岸を回ってマカオ空港間での路線運行を予定している。
マカオから、中華人民共和国本土への直接乗り入れの計画(広州鉄道又は広州珠海城際快速軌道を利用)もあるが、合意の見込みはまだない。
なお、広義の鉄道としては、1997年よりロープウェイであるが運航されている。
タイパやコロアネに、観光用のジャンクが供されていて、蛋民により運行されていたが、埋め立てや社会生活の変化により今では見られることはない。
珠海市とは北部のボーダーゲート(関閘 中華人民共和国側:拱北口岸)及びコタイの蓮花大橋において、中華人民共和国に陸路を経由し出入域可能である。
ボーダーゲート(関閘)は、マカオがポルトガル植民地となってから2000年に蓮花大橋が架かるまで、中国とマカオの間に唯一開かれた関門であり、現在でも、陸路のほとんどはここを利用しており、2011年には、年間利用者9000万人を数えた。
蓮花大橋は、コタイと珠海市横琴新区を結んで、返還後の2000年に完成した。前述の通り、中華人民共和国は右側通行、マカオ・香港は左側通行であるが、この橋には、通行方向が変わる工夫がなされている。
香港、珠海市を海上で繋ぐ世界最大級の橋梁港珠澳大橋が2018年完成し、同年10月23日より供用が開始された。
マカオが中華人民共和国に返還され、中華人民共和国の住民が比較的自由に入域できるようになるまでは、観光客のほとんどは香港からフェリーを利用して来訪していた。1960年代から、このフェリー事業はカジノ王と称されるスタンレー・ホー率いる企業集団である信徳グループに属するTurboJET(噴射飛航)が独占していたが、返還後カジノ事業同様外国資本等の参入が促進され、サンズ・マカオ、ザ・ベネチアン・マカオを経営する米系企業ラスベガス・サンズ社の経営するが参入した。
現在、マカオ香港間は1日150便以上の定期航路が就航しており、マカオ半島に位置するアウター・ハーバー・フェリーターミナルが、海上交通で最大の受け入れ港となっている。TurboJETの主要航路である香港上環の香港・マカオ・フェリー・ターミナルとを結ぶ航路には、高速双胴船(積載員数約400人)とジェットフォイル(積載員数約260人)が午前7時から深夜0時までは15分毎、その他の深夜帯には平均1時間に1便が供されており、約55分間で両地を結んでいる。また、海上航路ではないが、発着地をフェリーと同じくする定期ヘリコプター航路が、信徳グループにより運航されており、この間を約20分で結んでいる。
TurboJETは、その他、深圳市、広州市との間にも定期航路を運航している。また、尖沙咀との間の航路を運航していたファーストフェリーは、現在、TurboJETの傘下にある。
コタイ・ウォーター・ジェット社の主要航路はであるが、アウター・ハーバー・フェリーターミナルへの航路も有する。
数年前から、TurboJETは、マカオ-香港国際空港路線のサービスを開始した。この路線を利用すると、上記マカオ-香港路線と異なり、香港に到着した旅客は、香港での入出国手続きを経ることなくマカオに入国でき、逆の経路においては、マカオにてチェックイン後(多くは香港国際空港到着後のチェックインとはなるが)、香港への入出国手続きを経ることなく香港国際空港経由で帰国することができる(但し、香港国際空港到着後、手荷物検査は行われる)。
2017年5月18日、が開業し、海上交通の一部はこちらに移転される予定である。本港は香港国際空港とマカオ国際空港利用者のハブとして機能することが期待されている。
タイパに位置するマカオ国際空港を通じて、国際航空サービスが供されている。1995年開港以来、東アジア各都市への定期便を就航させている。就航都市には、北京、上海、台北、高雄、クアラルンプール、マニラ、東京、大阪、ソウル、バンコク、シンガポール等がある。
陸上経由で中華人民共和国に入国しようとする旅行者は、「Two Customs, One Checkpoint」サービスを享受することができる。旅行者はチェックイン時に航空会社のカウンターでエクスプレス·リンクのサービス申し出れば、マカオ国際空港に到着したとき、単に "エクスプレス·リンク"の指示に従い、「AIR-TO-LAND Flow Express Bus」に乗り込むことで、中国本土の国境に到達するまで、マカオの入国審査と税関のチェックポイントが免除される。
アウター・ハーバー・フェリーターミナルは、5基のヘリパッドを有し、 (スカイシャトル)が、ヘリコプターによる、信徳センター及び深圳宝安国際空港への、最大積載員数12名、飛行時間約16分の定期便を毎日5、6便を運航している。
</doc>
<doc id="2728259" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728259" title="ヴェルネ=レ=バン">
ヴェルネ=レ=バン
ヴェルネ=レ=バン (Vernet-les-Bains、カタルーニャ語:Vernet)は、フランス、オクシタニー地域圏、ピレネー=オリアンタル県のコミューン。
カニグー山のふもと、カディー谷の中にある。ヴェルネは19世紀から20世紀初頭に最盛期を迎えた温泉保養地である。1940年の洪水で村の施設が破壊されてしまった。温泉はリウマチ、鼻の慢性疾患、喉や気管支に効果があると言われた。温泉の他、村は山の中にあるため多くのハイキング・コースの出発点となっている。
ヴェルネはカディー谷の中のヴィルフランシュ=ド=コンフランの南9kmのところにある。毎日のバス路線が県バス・サービス部門によって提供されている。
874年以降、サン・サトゥルナン教会があったことが述べられている。それはカディー川左岸にたっていた。元々ヴェルネを支配していたのはセルダーニュ伯であった。セルダーニュ伯の堂々とした城が隣のカステイユにある。1007年、まちはサン=マルタン・デュ・カニグー修道院の管轄下に入った(修道院は997年から1000年までの間に建設された)。
領主の城が12世紀までに現在の場所に築かれた。村の中核を形成する人口を再編したのは、城の近くだった。これが現在のヴェルネである。古くに建てられた教会の周りの集落は放棄された。領主はテート川谷とを往復するルートを管理し、しばしば農民や修道士たちから金品を奪い取った。
1710年、洪水でサン・サトゥルナン教会が破壊された。そして教区の席が現在の教会の礼拝堂に移された。
19世紀、ヴェルネはその源泉で知られる温泉保養地となった。1940年の洪水で、温泉施設のほとんどが破壊された。
しかしカジノが再開され、温暖な気候やその風景の美しさを満喫したい新しい住民を惹きつけている。
古いヴェルネ村は、19世紀に大幅に修繕された城が見下ろす現在の村の、北の丘にある。古い礼拝堂は現在の教区教会で、西側に近接する。サント・マリー・ド・ピュイグ教会(現在のサン・サトゥルナン教会)は1176年に名が記されたかつての礼拝堂である。古いサン・サトゥルナン教会が洪水で1710年に失われたあと、教区教会となった。
城や教会の周囲すべてが開発され、カディー川が将来洪水を起こした場合安全なように住宅は丘の斜面に広がり、裏通りのネットワークも備える。いくつかの家は美しいファサードが復元されている。
中世の城は東側にある長方形の塔のみで、建物の残り大部分は19世紀に再建されたものである。
参照元:INSEE
</doc>
<doc id="2728261" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728261" title="監査委員会">
監査委員会
監査委員会(かんさいいんかい)は指名委員会等設置会社である株式会社において指名委員会、報酬委員会とともに設置される監査委員として選定された取締役による合議体である。以下、会社法は、条数のみ記載する。
取締役監査役会設置会社における監査役会に相当するとともにこの合議体を構成する監査委員は監査役設置会社における監査役に相当する。指名委員会等設置会社は取締役は業務執行を原則行わず、取締役会が選任した執行役が業務執行を行い、取締役は業務執行の監督のみを行うため、取締役である監査委員が監査役と同様の職務執行の監査を行う。そのため指名委員会等設置会社では監査役はおかれない(おくことができない)。
3人以上の委員で組織され(400条1項)、委員の過半数は社外取締役でなければならない(400条3項)。この点は指名委員会、報酬委員会と同じだが監査委員会の委員のみ委員会設置会社の執行役、業務執行取締役または子会社の執行役、業務執行取締役、会計参与、支配人その他の使用人を兼任できない(400条4項)。これは監査役設置会社における監査役と同じである。
執行役等の職務執行の監査および監査報告の作成(404条2項1号)、株主総会に提出する会計監査人の選任・解任および会計監査人を選任しないことに関する議案の内容を決定すること(404条2項2号)が権限である。監査報告の作成は監査役設置会社における監査役や監査役会設置会社における監査役会と共通するが、会計監査人の選任等の決定は監査役設置会社における監査役にはなく(監査役が請求権や同意権のみ有する)指名委員会等設置会社独自のものである。
執行役等の職務執行の監査の権限も指名委員会等設置会社独自のもので取締役等の職務執行の監査権限は監査役会設置会社における監査役会にはない。これは監査役会設置会社においては各監査役が単独で権限を行使する。
</doc>
<doc id="2728264" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728264" title="オースティン・ピー州立大学">
オースティン・ピー州立大学
オースティン・ピー州立大学 (Austin Peay State University ) はアメリカ合衆国テネシー州クラークスビルにある4年制の州立大学。"" により運営される。南部大学学校協会に認可され、テネシー州内で最も速く成長した大学である。
クラークスビル・フリーメイソン89番支部がモンゴメリー郡男子アカデミーの出資者となった。1845年、フリーメイソン大学が創立され、1848年、モンゴメリー郡男子アカデミーとフリーメイソン大学は合併し、モンゴメリー・フリーメイソン大学・男子アカデミーとなった。この教育機関は男子大学およびアカデミーとしてナッシュビル長老派教会会議に譲渡される1855年まで続いた。長老派教会は大学名をスチュワート大学と変え、後にさらに南東長老派教会大学と名を変えた。1925年、大学はテネシー州メンフィスに移転し、1945年、"Southwestern at Memphis" となり、1984年に最終的にローズ大学と名を変えるまで長年続いた。これがオースティン・ピー普通学校の前身であり、現在オースティン・ピー州立大学の存在する場所となる。この大学のある地域はテネシー州ノックスビルより西で最も長く高等教育を施していた場所である。
1927年に"Act of the General Assembly" により2年間の短期大学および教員養成機関として、創立時に3期目を迎えたテネシー州知事オースティン・ピーに敬意を表し名付けられたオースティン・ピー普通学校が開校した。当初は限られた目的、資金だったが、テネシー州教育委員会の運営下、単科大学と総合大学の間の存在となるべく長年かけて徐々に水準を高めた。
普通学校時代の1931年、最初の新設校舎としてハーンド・ホールが建てられ、現在も存在する。1939年、州教育委員会から理学士課程の開設を認可され、理学士資格は1942年春の卒業式で初めて授与された。1943年2月4日、"Act of the Tennessee Legislature" により校名がオースティン・ピー州立大学に変えられた。1951年、州当局は文学士課程の開設を認可し、1952年、大学は教育学修士課程を申請。1966年11月の会議において、州教育委員会は単科大学から総合大学への移行を審議し、1967年9月に実行された。1967年2月、州教育委員会は文学修士、理学修士課程を認可。1968年、準学士が承認された。1972年、州教育委員会は高等教育機関の運営を"Tennessee Board of Regents" に移行した。
1974年、"Tennessee Board of Regents" は美術学士と教育専門課程を認可。1979年、伝統的な文学士、理学士が新設の経営学士課程と置き換えられた。1979年、看護学士が承認された。1983年、"Tennessee Board of Regents" は音楽修士課程を認可。2001年、"Bachelor of Professional Studies" を認可。
2000年、急成長し、2001年から2010年の間に52.4%上昇しテネシー州立大学で最も速い成長となった。2009年秋の入学者は10,188名となり、入学者数が1万人を初めて越え、2010年秋には10,723名となった。2010年秋、2年間の化学工学準学士課程の最新校舎のヘムロック半導体ビルディングが公開された。大学は拡大を続け、ディクソンのルネサンス・センターにも開講できるよう申請中で、将来的にスプリングフィールドでも開講できるよう計画中である。
1999年1月22日早朝数時間、F4の竜巻がクラークスヴィルのダウンタウンおよび大学キャンパスを襲った。クレメント、ハーンド、ハーヴィル、アーチウッドの校舎は窓や屋根が壊れるなと重大な被害を受けた。この竜巻による死者は出なかった。130本もの木々が粉々になりキャンパス中に散らばり、校舎内に暗い影を落とした。大学は1週間以内に授業を開始すると誓約した『オペレーション・リストレーション(業務回復)』を早急に開始し、教職員、地元ボランティアの根気と尽力のおかげで大学は3日で再開することができた。重大な被害を受けた校舎は1年以内に再開された。
大学内のスポーツ・チームのほとんどが"" (OVC)に加盟しており、オースティン・ピー州知事に敬意を表し、『ガヴァナーズ』(知事)と名付けられている。応援の掛け声の主なものは「レッツ・ゴー、ピー!」である。
フットボールのチームは"" に加盟しているが、2005年4月8日、2005年のシーズンからリーグを離脱し、2007年からOVCに加盟することが発表された。
バスケットボール・チームは男女共OVCにおいて伝統的に強い地位にいる。男子チームはデイヴ・ルース監督によりNCAAのトーナメントへの出場権を3回獲得することができ、カンファレンス内で最も強い監督として、最も尊敬される監督の1人となっている。トレントン・ハッセルやブッバ・ウェルズなどのような著名な選手を輩出し続けている。1987年のトーナメントでは第1試合でイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校と対戦し68対67で勝利した。
2006年7月から8月、テネシー・タイタンズがキャンパス内でトレーニング・キャンプを行なった。
</doc>
<doc id="2728265" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728265" title="ジャララバード州">
ジャララバード州
ジャララバード州 (、ジャララバートとも表記) はキルギスの州である。州都はジャララバード。ジャララバード州は北から時計回りにタラス州、チュイ州、ナルイン州、オシ州、ウズベキスタンに囲まれている。ジャララバード州は1939年11月21日に設立された。1959年1月27日、一旦はオシ州の一部となって消滅したものの、1990年12月14日に再び設置された。ジャララバード州は8つの地区からなり、5つの市、8つの町、415の村で構成されている。
ジャララバード州の全面積は約33647kmであり、これはキルギスの全面積の16.9%に当たる。ジャララバード州はキルギスの中西部にある。
州の南端はフェルガナ盆地に属し、残りの部分は山岳地帯である。ビシュケクとオシを結ぶ南北の高速道路M41はジャララバード州の中心部を通過する。また、他にも州の西端から南部へと続き、北東へと方向を変えてチャトカル渓谷からタラス州のキジル・アディルへと通じる道もある。もうひとつの道路 (冬季は閉鎖される。また、フェルガナ盆地からカザルマンまでジープが必要) は東へと伸び、カザルマンやナルインに通じている。
キルギスの電力の重要な供給源となっているはジャララバード州にあり、キルギス及び周辺諸国に電気と水を提供している。
ジャララバード州には複数の湖、くるみの採れる森がある。とくにと呼ばれるくるみの森は自然からの採取量としては世界最大であり、ジャララバードから北に40kmの地点にある。ジャララバード州は生態学的な資源が豊富である。州内にある厳重保護地域 (IUCN Iaカテゴリ) は、、に指定されている。またトグズ・トロ地区にはがある。天然記念物 (IUCNカテゴリIII) には以下のものが含まれる。はから流れ落ちる滝であり、ソゴン・タシュ洞窟はアカシ地区のカラ・ジガチュ岩と呼ばれる赤色砂岩で構成されている。その他の保護地区としては以下のものがある。
コムギ、果物、野菜、トウモロコシ、ナッツ、タバコ、綿花などがジャララバード州の主な産業である。ジャララバード州には他に織物工場や水力発電所もある。鉱物、天然ガス、金属、石油の採掘も行われており、特にコチコル・アタで盛んである。コチコル・アタには小規模ながら石油コンビナートがある。ソビエト連邦時代から操業していた鉱物、天然ガス、石炭、金属、石油の工場はその多くが操業を停止している。
最も景観が良いとされるにはがあり、果樹が豊富に育ち雪に覆われた峰を見ることができる。
ソビエト連邦時代に自然改造計画が実行されたことで鉱物を多く含む水が流出するようになり、これは様々な慢性疾患を引き起こした。いくつかの会社は国内に流れる鉱物を含んだ水の国外の会社との取引に成功している。
フェルガナ盆地に含まれる州南端部分を除けば、ジャララバード州は山岳地帯に属する。
ジャララバード州はトレッキングなどのレジャーに関しては大いなる可能性を持つものの、アルスランボブを除けばそのインフラが整備されているとはいえず、観光客の数は伸びているとはいえない。政府がサポートする生物多様性保全プログラムや地球環境ファシリティ (GEF) は天然資源の保護と観光の促進という役割を果たしている。
ジャララバード州の地方行政区画は8つの地区に分かれている。
2009年時点において、ジャララバード州は7つの市、7つの町、3つの郡、420の村から構成されている。2009年の人口統計によると、ジャララバード州の人口は930,630人 (現在人口) ~1,009,889人 (法定人口)となっている。
2009年の人口統計によると、ジャララバード州の民族構成は以下のようになっている。
</doc>
<doc id="2728267" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728267" title="梅貽キ">
梅貽キ
梅 貽琦(ばい いき、)は、中華民国(台湾)の政治家・教育者・物理学者。民国期に清華大学校長を務めた人物である。後に台湾において、国立清華大学再建や台湾初の原子炉設置に従事した。字は月涵。
1904年(光緒30年)に天津敬業中学堂に入学し、卒業後の1908年(光緒34年)に保定高等学堂に入学した。その後アメリカに留学し、1914年(民国3年)にウースター工科大学で工学学士を取得した。帰国後は天津キリスト教青年会や清華学校(後の清華大学)で就職し、1921年に再び渡米してシカゴ大学で機械工学修士号を取得している。帰国後の翌1922年(民国11年)7月、清華学校物理系主任に就任し、1926年(民国15年)には教務長を兼任した。1928年(民国15年)11月、アメリカへ渡って清華大学留学生監督に就任し、1931年(民国17年)9月に同大学校長へ昇進した(同年12月に帰国、正式就任)。
日中戦争(抗日戦争)が勃発すると、清華大学などを戦争後背地へ移遷させる事業に従事し、西南連合大学校務委員会常務委員兼主席や長沙臨時大学常務委員などを歴任した。1939年(民国28年)9月、三民主義青年団中央監察会監察に就任している。翌1940年(民国29年)にはMITから工科博士号を授与された。1945年(民国34年)6月、中国国民党第6期中央執行委員に選出されている。日中戦争終結後は西南連合大学の解散と清華大学の北平市への復帰作業に従事した。1948年(民国37年)、行憲国民大会で教員団体代表として選出され、同年12月には国民政府行政院政務委員、教育部部長に任命されたが、実際には就任しなかった(陳雪屏が事務を代理)。
1949年(民国38年)6月、パリで開かれた国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)科学会議に出席し、9月のユネスコ総会では中国代表団首席代表を務めている。翌1950年、アメリカで華米協進社の常務董事となり、1953年、中華民国文化顧問委員会主席に就任した。1955年に台湾に移り、大陸のものとは別に清華原子エネルギー科学研究所と国立清華大学を新竹市に設立している。翌1956年(民国45年)には台湾初の原子炉創設につき準備を開始した。1958年(民国47年)7月、教育部長に再任され、後に国立清華大学校長や行政院原子エネルギー委員会(原能会)主任委員なども務めている。翌1959年(民国48年)には国家長期発展科学委員会副主席となった。1962年(民国51年)2月、中央研究院院士に選出されている。同年5月19日、台北市にて病没。享年74(満72歳)。
</doc>
<doc id="2728270" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728270" title="2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート競技">
2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート競技
2014年ソチオリンピックのフィギュアスケート競技は、2014年ロシアのソチで開かれた2014年ソチオリンピックにて実施されたフィギュアスケートの国際競技会である。
2014年ソチオリンピックにおけるフィギュアスケート競技は国際オリンピック委員会の統括のもとで国際スケート連盟が管理進行し、ロシアのソチにあるアイスバーグ・スケート・パレスにて男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスおよび団体の5種目が実施された。
2月7日の開会式に先駆けて、今大会より新種目となった団体戦が実施された。ロシアが優勝し、ソチオリンピックでロシアが獲得した金メダルの第1号となった。このうち、男子シングルで出場したエフゲニー・プルシェンコがオリンピックのフィギュアスケート競技において史上2人目の4大会連続のメダリストとなった。なお銀メダルはカナダが、銅メダルはアメリカが獲得した。
ペアではロシアのタチアナ・ボロソジャル/マキシム・トランコフ組が優勝し2冠を達成した。ペアの選手が地元開催のオリンピックで優勝するのは初めてのことであった。クセニヤ・ストルボワ/ヒョードル・クリモフ組が銀メダル、アリオナ・サフチェンコ/ロビン・ゾルコーヴィ組は2大会連続での銅メダルを獲得した。高橋成美/木原龍一組が日本のペアとしては4大会ぶりに出場、開催国枠のあった長野オリンピックと札幌オリンピックを除けばアルベールビルオリンピック以来2組目のオリンピック出場となった。前回のバンクーバーオリンピックで銀メダルを獲得した中国の龐清/佟健組は4位に終わり、今大会限りでの引退を発表した。
男子シングルでは日本の羽生結弦がアジアの選手として初めて優勝した。羽生はSPでは史上初めて100点を超えるスコアを出し金メダルを獲得、夏季、冬季を通して初の平成生まれの金メダリストとなった。カナダのパトリック・チャンが2位で銀メダルを、カザフスタンのデニス・テンが同国にフィギュアスケートで初めての銅メダルをもたらした。13位のフランスのブライアン・ジュベール、さらにSPの6分練習中に足を負傷し競技を棄権したプルシェンコが引退を発表した。
マイケル・クリスチャン・マルティネスはフィリピンから唯一の本大会参加者であり、フィリピン及び東南アジアで初めてオリンピックのフィギュアスケート競技の出場者となった。
アイスダンスではアメリカのメリル・デイヴィス/チャーリー・ホワイト組がSD・FD共に自身の持つ歴代最高得点を更新し、アメリカのカップル競技では初めての金メダルを獲得した。FDの演技構成点では史上初めて10.00満点を出した。前回大会金メダリストのカナダのテッサ・ヴァーチュ/スコット・モイア組が銀メダル、地元ロシアのエレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ組が銅メダルを獲得した。23位の中国の黄欣彤/鄭汛組が引退を発表した。
女子シングルではアデリナ・ソトニコワがロシアの女子シングル選手としては初めて金メダルを獲得、前回覇者の韓国の金妍兒は銀メダルに終わり、演技後に現役引退を発表した。カロリーナ・コストナーがイタリアの女子シングル選手としては初めてのオリンピックのメダルを獲得した。イサドラ・ウィリアムズがブラジルの選手として初めてオリンピックのフィギュアスケート競技に出場した。競技後に金メダルにからむ採点問題が取り上げられ、競技終了後から3週間を経過した3月10日に大韓体育会が「可能な限りあらゆる方法を動員し、さらなる措置を取る」と表明。21日には、大韓体育会がISUに当時の審判構成への異議を申し立てるという抗議方針を決定した。一方、IOC側は「採点の再検討はしない。(審判団は採点の)厳格なルールを持っている」とし、採点見直しには応じない立場を示している。4月10日に大韓体育会と韓国スケート連盟は正式にISUの懲戒委員会に提訴したが韓国内の不満を収束させることは出来ず、大規模なデモ活動が継続されるとともにオッタビオ・チンクアンタ会長の退任を求める署名活動も行われている。
エキシビションには各カテゴリー上位5組と、推薦枠で髙橋大輔と浅田真央が出演した。開催国の推薦枠でアディアン・ピトキーエフ、エレーナ・ラジオノワ、リーナ・フェードロワ/マキシム・ミロシキン組が、オープニングには本大会のアイスダンスで16位に入ったヴィクトリヤ・シニツィナ/ルスラン・ジガンシン組が出演した。
出場枠が各国に対して与えられ、出場選手は各国により選出された。
各種目ごと各国に対して与えられた出場枠は、2013年3月に開催された世界フィギュアスケート選手権および2013年10月に開催されたネーベルホルン杯の成績により1ないし3と決められた。
なお各種目ごとに選手定員が定められており、上記大会で成績下位の国には出場枠が与えられていない。
ネーベルホルン杯でペアの出場枠を獲得したエストニアはアレクサンドル・ザボエフがエストニアの国籍を取得できなかったために枠を返上し、日本に出場権が移った。世界選手権でペアの出場枠を獲得したフランスはダリア・ポポワがフランスの国籍を取得できなかったために1枠を返上し、オーストリアに出場権が移った。
2012-2013年シーズンの世界選手権、ヨーロッパ選手権、四大陸選手権、世界ジュニア選手権および、2013-2014年シーズンのISUグランプリシリーズ、ISUグランプリファイナル、ISUジュニアグランプリシリーズで各国の選手が獲得したポイントを合計し、個人戦の出場枠が3カテゴリー以上ある国のうち、上位10ヶ国が代表となった。
イギリスは男子シングルで個人戦の出場枠を持っていないが、団体戦に限り出場者を補充できる。<br>
エストニアはその後ペアの出場権を返上したため「個人戦で3カテゴリー以上の出場枠」という条件を満たさなくなった。
競技出場には2013年7月1日時点で15歳以上という年齢制限が課された。
出場のために最低技術点が設定されており、当該シーズンと前シーズンの国際スケート連盟の主催する大会で、ショートプログラム(ショートダンス)とフリースケーティング(フリーダンス)の両方でクリアしていなければ出場ができない。
時間はモスクワ時間(UTC+4)
競技は開会式前に開始され、22日にはエキシビションが実施された。太字は決勝種目。
参加10カ国が予選に参加しショートプログラム(ショートダンス)を滑走し、1位が10点、2位が9点・・・10位が1点を獲得する。4種目終了時点で合計得点の上位5カ国が決勝に進出し、フリースケーティング(フリーダンス)を滑走。予選の点数は決勝へと持ち越される。個人戦で複数枠を保持している国は予選と決勝で選手の交代が許されている。
上位5位以内の選手と開催国推薦枠および推薦枠の選手が参加し開催された。このうち、開催国推薦枠はソチオリンピックには出場しなかったロシアの若手選手アディアン・ピトキーエフ、リーナ・フェードロワ&マキシム・ミロシキン、アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン、エレーナ・ラジオノワが参加し、推薦枠からは女子シングル6位の浅田真央と男子シングル6位の高橋大輔が参加した。参加者および滑走順は以下のとおり。
第一部
第二部
</doc>
<doc id="2728285" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728285" title="ヤンキークエスト">
ヤンキークエスト
『ヤンキークエスト』は、村上マコトによる日本の漫画作品。『さくらハーツ』(日本文芸社)にて、2010年12月から連載開始。同誌が2012年4月9日発売の第9号で刊行終了したことに伴い、同年8月9日から『コミックヘヴン』(同社刊)にて連載再開された。
俗に言う「ヤンキーを織り交ぜたファンタジー漫画」。主人公の暴走族総長が突然異世界へ悪魔王サタンとして召還され、戸惑いながらも敵や怪物との戦いを描かれるバトルシーンが盛り込まれるシリアスな展開から、たびたび挿入されるギャグシーンを併せ持った作風が特徴。
東日本最強の暴走族「サタン」の総長・山口二鷹(やまぐち にたか)は、チームを占めているところ、水野ツカサ(みずの ツカサ)と共に突然異世界へとたどり着く。そこにいたのは姫・リグレット。彼女が二鷹を悪魔王サタンとして召還した本人であった。二鷹は屁理屈を言いながらも現状を受け止め、敵や怪物と戦っていく。
</doc>
<doc id="2728287" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728287" title="青山えりか">
青山えりか
青山 えりか(あおやま えりか、1959年12月27日 - )は、日本の少女小説家。現在は黒部エリ名義でライターとして活動中。
父親の赴任先であったインドネシアのジャカルタ市に生まれる。しかし育ちは東京都であり、晃華学園女子高等学校、早稲田大学第一文学部卒。1980年代には講談社刊の“ホットドッグ・プレス”誌を軸に、第 1線のフリーランスのライターとして活躍していた。作家としては1988年12月に、『だからお願いティンカーベル』で、講談社の今は無き少女小説レーベル「講談社X文庫ティーンズハート」よりデビューし、1996年までに33作品36冊を執筆した。
1993年ごろには渡米しており、ニューヨーク市マンハッタンに居住とのこと。
2001年には仲間とウェブマガジン「ニューヨーク・ニッチ」を立ち上げている。
</doc>
<doc id="2728291" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728291" title="出雲大社朝霞教会">
出雲大社朝霞教会
出雲大社朝霞教会(いずもおおやしろ/たいしゃ あさかきょうかい)は埼玉県朝霞市本町にある神社、出雲大社教の教会である。通称は「朝霞(埼玉県)の出雲大社」。2019年(平成31年)に出雲大社埼玉分院(いずもおおやしろ/たいしゃ さいたまぶんいん)へ昇格予定。
</doc>
<doc id="2728305" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728305" title="アクス=レ=テルム">
アクス=レ=テルム
アクス=レ=テルム (Ax-les-Thermes、オック語:Ax)は、フランス、オクシタニー地域圏、アリエージュ県のコミューン。アクスは温泉保養地、夏のリゾート地、冬期のスキー・リゾート地でもある。
ピレネー山脈中にあり、アンドラ公国と接している。オリエージュ川、アリエージュ川、ロサ川の合流地点である。
地域経済は農業、それも家畜の飼育(ウシ、ヒツジ)が主体である。次にハイドロテラピー(18℃から78℃まで変化に富んだ60の源泉、3つの施設がある)である。冬のスポーツや観光が盛んである。
参照元:INSEE
</doc>
<doc id="2728307" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728307" title="法院">
法院
法院(ほういん)は、東アジアにおける司法機関をさす語。裁判所。
</doc>
<doc id="2728313" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728313" title="Webフォント">
Webフォント
WebフォントはWWWのコンテンツ側がフォントデータを持ち、コンテンツ側から提供されるフォントデータに従って、Webブラウザなどの可視化(レンダリング)をともなうクライアントが文字表示を行うシステムおよびそのフォントである。CSS3.0 fonts moduleで、この機能の標準が提供された。
元来、Webブラウザは端末にインストールされているフォントを呼び出し文字を表示する。端末のフォント如何では、Webデザイナーが意図しないWeb表示がなされてしまい、またフォントに関するWebデザインに制約が生じてしまう。フォントを画像にして表示するという手はあったが、文章修正のメンテナンス、文章の検索といった点で問題がある。そこでWebサーバー上にフォントファイルを置き、Webデザイナーの意図するフォントを表示できるようにした技術がWebフォントである。またはWebサーバー上に置かれるフォント自体をWebフォントと指し、フォントをWebで利用するよう提供するサービスをWebフォントサービスとして区別する。
日本語はひらがな、カタカナ、特に漢字が膨大な数であり、Webフォントのダウンロード量など、ラテン文字と比較して課題がある。例として2010年にサービスを開始したGoogle Web Fontsでは日本語は提供されていない(2013年現在)。しかし2010年、2011年頃から日本語に対応したWebフォントサービスが開設されている。また、Google Fontsも2014年頃から日本語フォントが追加されている。
をサポートするブラウザは、Mozilla Firefox 3.6+、 Google Chrome 5+、
Opera Presto,
、Internet Explorer 9 (2011年5月14日)。Mac OS X LionのSafari 5.1。
ページの読み込みを高速化するためには、フォントのファイルサイズを小さくする必要があるため、必要な字だけを含んだフォントのサブセットを作ることが行われている。また、そのサブセット作成を動的に行うシステムも存在する。日本語は文字数が多いため、この技術が多く用いられている。
ブラウザー側で「ウェブサイトで指定したフォントを使用しない」設定を有効にしたり、ユーザースタイルシートを使用している場合、アイコンが表示されなくなる場合がある。
</doc>
<doc id="2728317" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728317" title="新開裕司">
新開裕司
新開 裕司(しんかい ゆうじ、1968年8月22日 - )は、日本の政治家。衆議院議員を1期務めた。
福岡県福岡市生まれ。奈良屋小学校、博多中学校、福岡大学附属大濠高等学校を経て、1992年、国立音楽大学音楽学部声楽科卒業。音楽教員免許取得。在学中にザルツブルク・モーツァルテウム音楽院サマーアカデミー修了。
1992年、実家で喫茶店のシャポーに入社。1994年、パティシエとしてフランスに渡る。1997年、帰国。2002年、福岡青年会議所入会。2004年、同常任理事。2008年、同理事長。2010年、衆議院議員古賀誠秘書。
2012年11月21日、自民党福岡県連が、党本部に福岡1区の公認候補として申請。その後、県連最高顧問の麻生太郎元首相らから「選考過程が不透明だ」と異論が上がった。同年11月29日、安倍晋三総裁と武田良太県連会長が協議した結果、福岡1区の公認候補は福岡県議会議員の井上貴博に決定し、新開は比例九州ブロックに回ることになった。同年12月16日、第46回衆議院議員総選挙の比例九州ブロック単独36位で初当選。
2014年の第47回衆議院議員総選挙では、再び井上貴博との公認問題をめぐり、無所属で出馬するが落選した。
2019年4月、第19回統一地方選挙福岡市議会議員選挙に博多区選挙区より自民党推薦の無所属で立候補したが、124票差で落選した。
</doc>
<doc id="2728331" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728331" title="タシュケント市営バス">
タシュケント市営バス
タシュケント市営バス (、) は、ウズベキスタンの首都タシュケントの市営バスである。タシュケント市営バスは1909年に運行を開始し、現在では4つの主要路線を含む10路線が運行されている。
1909年12月に初の市営バスが設立された。当時はニコルスコーエ ()とクイリュク ()を結ぶ1路線が運行されていた。1926年に運営会社であるウズベクパトプロモトルグ ()が設立され、この会社が市営バスの管理を行うようになった。
ソビエト連邦時代は主に現在のロシア製の車両が使用されていたが、独立を果たした1990年代以降は様々な企業の車両が使用されるようになり、日本のいすゞやドイツのメルセデス・ベンツ、韓国の大宇自動車や現代自動車、ロシアのといった会社のバス車両が使用されている。
2008年時点で、タシュケント市営バスの乗客数は3.609億人である。2012年1月現在、バス料金は700スムである。
</doc>
<doc id="2728332" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728332" title="西嶋 (身延町)">
西嶋 (身延町)
西嶋(にしじま)は山梨県南巨摩郡身延町の地名。以前は西島と表記され、現在でも寺社の名称等に残っている。郵便番号は409-3301。
富士川と赤石山脈の間に小さな扇状地があり、そこに集落が存在する。また、東側は富士川の氾濫を防ぐため堤防が設けられている。
元亀2年(1571年)に西嶋出身の望月清兵衛翁が当地を伊豆国三方郡立野村(現在の静岡県伊豆市)を訪れて和紙の一種である三椏紙の製法を学び、それを基に西嶋でも作り完成品を武田信玄に献上したことから和紙造りが本格的に始まったとする伝承がある。それが当地の特産品である西嶋和紙であり、現在でも製造されている。
また、西嶋は駿州往還の鰍沢河岸から南へ伸びてきたルートと対岸にある岩間宿から「岩崎の渡し」と呼ばれた渡し船で渡るルートが合流する地点であり、西嶋地区も宿場が設けられ西島宿(にしじましゅく)として栄えた。なお、「岩崎の渡し」のルートがあった場所は現在峡南橋が架けられている。
1889年(明治22年)の町村制執行により扇状地一帯は南巨摩郡西島村となり戦後まで存続したが、1954年(昭和29年)に大須成村・静川村・曙村と合併し中富町となり、住所表記も「南巨摩郡中富町西嶋」と島に山部がついたものに変更されている。その後平成の大合併で「南巨摩郡身延町西嶋」となり、現在に至る。
2015年(平成27年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである。
地内に鉄道は通っていないが、対岸の西八代郡市川三郷町岩間に身延線甲斐岩間駅がある。徒歩15分程度。
</doc>
<doc id="2728336" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728336" title="サンタニェス (アルプ=マリティーム県)">
サンタニェス (アルプ=マリティーム県)
サンタニェス (Sainte-Agnès、ヴィヴァロアルパン語:Sant Anh)は、フランス、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、アルプ=マリティーム県のコミューン。
標高約800mのサンタニェスは、ヨーロッパで最も標高の高い場所にある海岸沿いの自治体となっている。フランスの最も美しい村に登録されている。
村は3つの異なる地理上の区分からなっている。11世紀以来の村、村へ入る道路とのアクセスがあるヴァレ、南東のマントンと接するカブロルである。
言い伝えによれば、旅の途中のイタリアの姫君アニェスは激しい嵐を避けて、村の洞窟で一夜を過ごしたという。
標高800mの岩山に腰掛けたかたちのサンタニェスは、1180年から城を持っている。1993年の発掘調査で、塔の基礎は10世紀末から11世紀初めに遡ることがわかった。サンタニェス住民は隣村のペイユに対する抵抗を奨励し、ルイ14世が任命した知事シュヴァリエ・ド・ラ・ファールは、サンタニェスの城の破壊を命じた。しかしこの破壊は城の全体には及ばず、要塞として1744年から1749年のオーストリア継承戦争で大きな役割を果たした。
また、サンタニェスの地はヴァンティミーユ伯、オートヴィル家、カンディー家、プロヴァンス伯、サヴォワ家、グリマルディ家らの垂涎の的だった。長らくサルデーニャ王国に属していたサンタニェスだが、1860年にフランスへ割譲された。
1932年、マジノ線の防衛設備としてサンタニェス要塞をつくるべく、岩をくり抜くかたちで工事が始まった。恐るべき大砲が設置された。マジノ線最後の環として、サンタニェス要塞はイタリア軍の駐留を許さなかった。
</doc>
<doc id="2728337" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728337" title="垣花恵春">
垣花恵春
垣花 恵春(かきのはな けいしゅん、男性、1947年3月1日 - )は、日本の空手家で、沖縄空手道小林流尚倫會沖縄本部道場範士。国際沖縄小林流空手道連盟の会長でもある。沖縄県宮古島宮古島市(旧・平良市)出身。段位は九段。
1988年10月、沖縄空手道小林流小林館協会垣の花道場開設。同道場に於ける門下生指導と共に沖縄県初の施設機能強化推進費の補助を基に美さと児童園空手クラブを結成。
1990年5月、社会福祉法人国際福祉会理事長末吉業信を会長として、青少年の健全育成、国際交流親善を標榜する沖縄空手道小林流尚倫會を発足。現在は同会副会長。
1992年7月、沖縄コンベンションセンター会議棟ならびに展示棟に於いて琉球・韓国青少年交流祭を第一部シンポジウム、第二部交流祭の構成にて開催。
1995年、沖縄硬軟流空手古武道考武会創立30周年記念演舞大会を尚倫會として主催。同大会でクーサンクー小を演舞出演する。
1996年8月、ブルネイ・インターナショナル・コンベンションセンターに於いてブルネイ・文化・青年・スポーツ大臣ならびに在ブルネイ日本大使主催のブルネイ・沖縄合同文化交流祭に派遣団20名を引率参加。日本大使より感謝状を授かった。
1997年4月、平成の大改修を完工した大阪城天守閣竣工を祝った大阪市主催の行事に参加、あわせて大阪厚生年金会館において大阪・沖縄伝統文化交流チャリティ公演を主催。大阪沖縄県人会連合会に寄付金の贈呈を行った。
</doc>
<doc id="2728357" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728357" title="篠村八幡宮">
篠村八幡宮
篠村八幡宮(しのむらはちまんぐう)は、京都府亀岡市篠町篠にある神社。旧社格は村社。
足利高氏(後の尊氏)の倒幕挙兵地として知られる。
主祭神
合祀神
社伝や本殿の棟札によれば、延久3年(1071年)に勅宣によって源頼義が誉田八幡宮(大阪府羽曳野市)から勧請し創建したとされる。延久4年(1072年)5月13日付の頼義の社領寄進状も現存する。篠村の荘園は藤原氏によって開かれたものであったが、いつの頃からか源氏が相伝することになり、その荘園に勧請されたものとされる。
当地は足利高氏(尊氏)が鎌倉幕府打倒の挙兵をした地として知られ、亀岡市指定史跡にも指定されている。高氏は元弘3年(1333年)4月29日に篠村八幡宮に戦勝祈願の願文を奉じ10日間滞在したのち、六波羅探題を滅ぼして建武中興の礎を築いた。また後醍醐天皇と決別したのち、建武3年(1336年)1月30日に京都攻防戦で敗れたため、2月1日まで篠村八幡宮で敗残の味方の兵を集めるとともに社領を寄進して再起祈願を行なっている。そして尊氏は九州へ逃れ、体勢を立て直すと京都に戻り室町幕府を開くこととなる。
以上の篠村八幡宮への祈願の様子は、『梅松論』『太平記』『難太平記』に記されている。現在も高氏(尊氏)旗揚げの願文(京都府指定文化財)や御判御教書(寄進状)が伝わるほか、境内には矢塚や旗立楊が残されている。
尊氏にとっては2度の岐路で篠村八幡宮により大願が成就したことから、貞和5年(1349年)8月10日に尊氏自身が当社にお礼参りをしたほか、歴代足利将軍からも多くの社領を寄進され、盛時にはその社域は篠の東西両村に渡ったという。この頃、別当職は醍醐寺三宝院門跡が務めていた。しかし、のちの応仁の乱や明智光秀の丹波侵攻によって社伝・社域の多くを失ったという。
江戸時代に入り、寛永年間(1624年-1643年)、亀山城主・菅沼定芳によって本殿が改修され、以後亀山城主の直轄神社として庇護された。
本殿は一間社流造。境内には、高氏挙兵にまつわる「矢塚」が残る。『太平記』によれば高氏は篠村八幡宮に願文とともに一本の鏑矢を供えたといい、多くの武将もそれに続けて供え、矢がうず高く積み上げられたという。矢塚は、これらの矢を埋納した場所とされ、塚上には椎の木が植えられている(現在は2代目)。
境内北方には、「旗立楊(はたたてやなぎ)」として、挙兵した高氏が味方武将に所在を知らせるため、4月27日から5月7日までの間「二引両」の家紋入りの旗を掲げたという楊(やなぎ。柳とは樹種が異なる)が立っている。この楊は『梅松論』にも記載がある。現在の木は昭和初期に挿し木したもので、高氏の時代より6・7代を経て引き継がれてきたものになる。
所在地
交通アクセス
</doc>
<doc id="2728365" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728365" title="アラピラカ">
アラピラカ
アラピラカ(ポルトガル語: Arapiraca)は、ブラジルのアラゴアス州中部に位置する自治体、市、急成長都市であり、州都のマセイオから離れている。アラピラカは1924年に設立された。
、アラピラカの人口は約214,000人である。また、アラゴアス州で2番目に大きい都市でもある。
市は、タバコの生産で有名になっており、「ブラジルのタバコ首都」としても知られている。
北から時計回り:
ASAとして名高いアグレミアソン・スポルチーヴァ・アラピラケンセは、市のサッカークラブである。このクラブは、エスタジオ・ムニシパウ・コアラシ・ダ・マッタ・フォンセカをホームスタジアムとしてプレイしている。
</doc>
<doc id="2728366" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728366" title="ウズベクフィルム">
ウズベクフィルム
ウズベクフィルム (、) はウズベキスタン最大かつ最古の国営映画スタジオである。
ウズベクフィルムは1925年7月1日に設立された。ウズベクフィルムは設立当初はSharq Yulduzi ()と呼ばれていたが1936年に現在の名前に改名された。ナチス・ドイツや枢軸国との独ソ戦の期間中は再び名称がタシュケントフィルムスタジオへと変更された。1958年、名称が再度ウズベクフィルムへと戻された。会社設立以降、ウズベクフィルムは約400のフィーチャー映画と100の動物映画を制作している。最も興行収入を得た映画としては (1958年) や (1960年)、UFO少年アブドラジャン (1992年)がある。
また、2007年には日本とウズベキスタンの国交樹立15周年を記念してウズベキスタン映画祭が開催され、ウズベクフィルム製作の映画が上映された。
</doc>
<doc id="2728373" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728373" title="カップ=ダイユ">
カップ=ダイユ
カップ=ダイユ (Cap-d'Ail、オック語ニース方言:Caup d'Alh)は、フランス、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏、アルプ=マリティーム県のコミューン。
モナコの西側国境と接している。コミューンの名は、アイユ岬からとられている。
カップ=ダイユのビーチは、その自然と海岸の狭い道で有名で、典型的な地中海性の植物で囲まれている。モナコ周辺の急峻な地形特性を持つ。モナコの象徴たる山テト・ド・シアン()からマラのビーチの荒々しい入江までの急斜面を垂直に下り、コミューンを下にのぞむ。
まちにはRD6098と、北を走るRD6007の2本の道路がある。海に面して、海岸通路があり、マラのビーチやマラルケのビーチに達する3600mの道としてかつてつくられた。
カップ=ダイユにはベルエポック時代の豪奢な別荘が立ち並び、20世紀初頭には多くのセレブリティーが集まっていた。
カップ=ダイユはかつてラ・テュルビー=シュル=メール(現在のラ・テュルビー)の一部であった。1904年にボーソレイユが分離し、1908年にはカップ=ダイユが分離してコミューンとなった。
第二次世界大戦中、カップ=ダイユが連合国側によって解放されたのは1944年9月3日であった。
</doc>
<doc id="2728376" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728376" title="バキュームブレーカ">
バキュームブレーカ
バキュームブレーカとは、液体配管や蒸気使用装置などの流れが停止したときに、外部のエアを自動的に吸入することにより内部の液体の排出を容易にし、また配管や装置内の圧力が真空になることによる破壊を防ぐために設置される機器、装置(弁)で逆止弁や真空破壊弁及び逆流防止弁または真空遮断弁とも呼ばれ、略してVBと呼ばれることもある。
サイフォン作用を起こす真空部分へ自動的に空気を送り込み、負圧の発生を防ぐことで逆サイフォン作用による一度吐水した水や使用した水が上水系統に逆流するのを防止するための機器である。
水洗式便所のフラッシュバルブ用バキュームブレーカの場合、給水管に負圧が生じると吸気口の吸気弁より空気を吸い給水塞止弁を閉じてフラッシュバルブ及びフラッシュバルブ以前への管路を閉塞し汚水の逆流を防ぐ構造の機器であり、フラッシュバルブが閉止(便器の洗浄が終了)するたびにこの装置が作動して吸気弁より空気を吸気し、フラッシュバルブから大便器に繋がっている配管内および大便器の吐水口までの便器内の管路を常に大気圧状態にすると共に給水塞止弁が閉まってフラッシュバルブ以前への管路を閉塞し汚水の逆流を防止する。
水洗式便所の大便器用フラッシュバルブの他給湯器、空調機器、蒸気使用装置など上水に繋がった様々な機器で使用される。
バキュームブレーカには常時圧力のかからない部分に設ける大気圧バキュームブレーカと給水系統に常時圧力がかかる個所に取り付けるダイアフラム式の圧力式バキュームブレーカが存在する。
水洗式便所の大便器用フラッシュバルブの場合では大気圧バキュームブレーカが使用され、フラッシュバルブ本体と大便器に繋がっている洗浄管の間に挟まるように取り付けられており、大便器に繋がった給水管路において基本的に大便器の最直前に設置される弁体である。
ただし、フラッシュバルブの配管に水洗便器の洗浄水に尿石防止や消毒、消臭、洗浄等を目的とした必要量の薬剤を一定に自動的に添加供給する水洗便器用薬剤供給装置であるサニタイザーが設置される場合においてはサニタイザーはバキュームブレーカ以降に設置されるためににサニタイザー内のフロート弁が大便器の最直前の弁体となる見方もあるが、サニタイザーの配管はバキュームブレーカ以降の配管))から枝分かれした構造の連通管(給排水管)であるために主流水の便器への最直前の弁体はバキュームブレーカ内部の弁ということになる。
また、サニタイザーがバキュームブレーカ以降に設置される理由は給水管に負圧が生じた場合にサニタイザーから便器に溶出した薬液が上水に逆流を防止するためである。
大便器用フラッシュバルブには汚水の上水系統への逆流防止の為バキュームブレーカの設置が法令で義務付けられている。
バキュームブレーカには吸気弁と逆止弁となる給水塞止弁が内蔵されており、給水管に負圧が発生すると直ちに給水塞止弁が閉まって吸気弁より外部の空気を吸い込むことで、汚水の逆流を防止する。
水洗便所のフラッシュバルブ用バキュームブレーカの場合、一般的にてこの原理を応用したシーソー式の構造になっており、ネジで止められた支点軸棒を境に片側に吸気弁が、もう一方の片側に給水塞止弁が内蔵され、吸気弁、給水塞止弁共に、硬質合成ゴム製のパッキンが仕込まれている。給水塞止弁側が力点、吸気弁側が作用点となる構造で、吸気弁側の方が重くできており、吐水中以外の待機中は自重で吸気弁側が開放された状態で下降位置にあり、一方、支点の反対側の給水塞止弁は上昇位置でバキュームブレーカ以前の管路を閉塞した状態が待機中の定位置となっている。
フラッシュバルブが起動して吐水(便器への給水)が開始されると水勢、水圧による動水圧による加圧により給水塞止弁のゴムパッキンが押し下がられて下降するとともに、支点の反対側の吸気弁のゴムパッキンが押し上げられて上昇して吸気口が閉塞される。フラッシュバルブの吐水が終了して水勢が弱くなると給水塞止弁に水圧による動水圧による加圧が弱くなることで、吸気弁部が自重で下降して吸気弁のゴムパッキンが開放され、吸気を開始すると同時に給水塞止弁は上昇してバキュームブレーカ以前の管路を閉塞し、待機定位置となり、同時にウエイト水として少量の水が給水塞止弁上部に残留する。フラッシュバルブ閉止後のフラッシュバルブ~便器の吐水口の配管内の残圧は吸気弁より吸排気されフラッシュバルブ~便器の吐水口の配管内(便器直前の配管と便器内の通水管路)は大気圧状態に戻る。
このためフラッシュバルブが起動して便器の水を流す度に給水塞止弁と吸気弁の昇降、開閉動作による吸排気が繰り返されることにより吐水時(便器への給水時)以外は、フラッシュバルブから便器への給水管の管路内および大便器の吐水口までの便器内の管路は吸気弁より空気を取り入れ、吸気開始と共に吸気弁から便器の吐水口までの管路内の水は完全に便器に排出され切り管路内は大気圧状態になると共にフラッシュバルブの吐水時以外は給水塞止弁によりバキュームブレーカ以前の管路が常に閉塞されている状態となる為にフラッシュバルブ以前の管路に汚水の逆流はしない状態になる。
フラッシュバルブ閉止直後(便器洗浄終了直後)には、バキュームブレーカの吸気口から空気吸入音が聞こえ、配管内の残圧が抜けて大気圧に戻る時には排気音が聞こえる。特に壁給水壁排水のフラッシュバルブや、リモコンフラッシュバルブと、床下給水和風便器等のフラッシュバルブから便器に至る洗浄管が長い場合、長ければ長いほどバキュームブレーカから激しい吸気音を立てて吸気した後、管路内が大気圧状態に戻る際に排気音がする。
また無数に開いた穴の吸気口を持つ旧型バキュームブレーカの場合、フラッシュバルブ起動開始時(便器洗浄開始時)に吸気弁が上昇して閉まり、フラッシュバルブ閉止時(便器洗浄終了時)に吸気弁が下降して開く吸気弁の開閉昇降動作が吸気口の無数に開いた吸気穴から垣間見える。
新しい構造のバキュームブレーカの場合、給水塞止弁、吸気弁が一体化された上部に支点を持つ合成ゴム製のパッキンが仕込まれたスイング式の揺動フラッパー弁が吊り下げられた状態で待機定位置として内蔵されており、フラッシュバルブの吐水(便器への給水)が開始すると水勢により揺動フラッパー弁で吸気口が閉鎖され、フラッシュバルブの吐水が終了して水勢が弱くなくなると、揺動フラッパー弁吸気弁部が開放され吸気を開始すると同時に、吊り下がった状態の待機定位置に戻る。逆に給水管に負圧が発生するとフラッパー弁は直ちに給水側に傾いて動き、給水口を閉塞して汚水の逆流を防止する。この揺動フラッパー弁式のバキュームブレーカは形状が円筒型のスマートな形で、吸気口も円筒型の本体の下部に開口されているので目に見えない場所にあり、見栄えもよくなっている。さらに最新の製品では、揺動フラッパー弁のシリカや炭酸カルシウム等の水垢等の異物付着による吸気口からの水漏れ防止のために下部に水受けを設けて吸気口を上部に配し、吸気口上部には異物の吸入を防止するための笠状の囲い縁が被せられており、囲い縁の下の隙間から吸気するようにできている。
バキュームブレーカの吸気弁、給水塞止弁や揺動フラッパー弁の弁部(シール部)は硬質合成ゴム製となっている。
厚生労働省では、水が逆流するおそれのある場所に設置されている給水装置は、次の各号のいずれかに該当しなければならないと定めている。
次に掲げる逆流を防止するための性能を有する給水用具が水の逆流を防止することができる適切な位置(1. に掲げるものにあっては、水受け容器の越流面の上方150ミリメートル以上の位置)に設置されていること。
バキュームブレーカが故障し吸気弁≒給水塞止弁の動作に支障があると負圧が発生した時に汚水が逆流する恐れがあるため、定期的にバキュームブレーカの吸気蓋を取外した上でフラッシュバルブを操作して水を流し、吸気弁の開閉(昇降)動作の作動状況を確認し、吸気時に空気に混じった埃等の吸引による吸気弁パッキンへの付着した異物の清掃と、吸気弁からの水漏れが無いかを点検する必要がある他、概ね年に1回オーバーホールを行い分解して可動部にグリスの等の潤滑剤により給脂を行い、吸気弁が摩耗している場合水漏れの原因にもなるため、吸気弁のパッキン部を交換する必要がある。
また、メーカーではバキュームブレーカの機能、性能を保持するために設置から6年以内に新品に交換するように推奨している。
バキュームブレーカの吸気弁は吸気時に空気中の埃や塵も吸い込むことから、吸気弁パッキンへの付着した異物を定期的に清掃しないと便器洗浄の通水時に吸気弁パッキンが開閉(昇降)動作が妨げられ、機能障害が発生する。また、吸気弁パッキンが閉まりきれないと完全にシールされずに水漏れの原因となるほか、吸気が完全に妨げられるとバキュームブレーカが取り付けられていないフラッシュバルブと同様の状態になる。そして、フラッシュバルブの閉止後にはそこから便器へ繋がる配管が負圧(真空)状態になり、残圧により便器の吐水口から空気が逆流して配管内に空気が入り込む状態となるため、配管内が大気圧状態に戻るまでは便器の吐水口から配管への空気逆流音が聞こえる現象が発生することもある。このような現象が発生した場合、直ちに新しいバキュームブレーカへの交換が必要である。
大きな異物が吸気弁に入り込むと便器洗浄の通水時に吸気弁パッキンが閉まらず、水が噴き出してしまうことになり、床が水浸しになるどころか家財損害にもつながる。
煙草の吸殻や灰をバキュームブレーカの吸気弁蓋の吸気穴に押し付けるなど、悪戯により煙草の繊維や灰が吸気穴から内部へ入り込んで吸気弁パッキンの開閉動作が阻害され、水が漏れたり水が噴き出すなどのトラブルが発生することがある。この場合、吸気口が目に見えなく故意に異物を入り込ませない構造の揺動フラッパー弁式のバキュームブレーカに交換することで、防止する。
</doc>
<doc id="2728378" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728378" title="川村竜">
川村竜
川村 竜(かわむら りゅう、1982年8月30日 - )は日本のジャズベーシスト、作曲家・編曲家、プロデューサー。
大阪府出身。高校時代にエレキベースを本格的に始め、在学中よりプロとしての活動をスタート。音楽大学に入学後、コントラバスを始め国内外の様々な著名ミュージシャンと共演を重ねる。2004年、ハワイで開催された国際コントラバスフェスティバルのJAZZ部門において、日本人初・史上最年少での最優秀賞を受賞。
ヨーロッパジャズの重鎮であるトランペッターのDuško Gojković氏のインターナショナルカルテットへの参加や、ビル・エヴァンスの最後のドラマー・Joe LaBarberaとのツアーやレコーディングにも参加。ピアニストのBill Maysやjohn di martinoなど海外のミュージシャンとの共演も多い。
2009年より、岩男潤子の歌手活動におけるプロデュース・バンマスをしている。
作編曲家としての評価も高く、数々のアニソンアレンジには作曲家の田中公平も絶賛。同氏の楽曲の編曲等も手がけるほか、台湾・香港・フランスでのライブにも帯同する。2017年1月より放送のテレビアニメ『鬼平』では同氏と共同で音楽を担当する。
</doc>
<doc id="2728385" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728385" title="鷹乃杜幼稚園">
鷹乃杜幼稚園
鷹乃杜幼稚園(たかのもりようちえん)は、宮城県富谷市にある私立幼稚園。
</doc>
<doc id="2728387" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728387" title="ハツタケ">
ハツタケ
ハツタケ("Lactarius hatsudake" Nobuj. Tanaka)は、担子菌門に属し、ベニタケ目 ベニタケ科のチチタケ属に分類されるキノコの一種である。
かさは直径3-10cm程度、幼時は半球形であるが次第に開いて、ほぼ平らあるいは浅い皿状となる。表面は湿った時には弱い粘性があるが乾きやすく、淡い赤褐色ないし淡黄褐色を呈し、やや明瞭な同心円状の環紋をあらわし、表皮は剥ぎとりにくい。かさ・柄の肉は堅く締まっているがもろい肉質で、ほぼ白色(かさの表皮の直下は淡赤褐色)を呈し、ほとんど無味、僅かに樹脂のような香気があり、傷つけると暗赤色ないし暗赤ワイン色の乳液を少量分泌し、後にゆっくりと青緑色となる。ひだは柄に直生ないし上生(あるいは垂生状に直生)し、密で帯赤褐色ないしブドウ酒色を帯びた褐色を呈し、分岐や連絡脈を生じない。柄はほぼ上下同大で比較的太くて短く、かさより色が淡く、中空である。ひだや柄も、傷つけると赤ワイン色の乳液を分泌し、後に次第に青緑色となるため、古い子実体では、多くの場合は全体に不規則な青緑色のしみを生じている。
胞子紋はごく淡いクリーム色を呈する。胞子は広卵形、ところどころで不規則に途切れた網目状の隆起と、先端に丸みを帯びたいぼ(ともに、ヨウ素溶液で青黒色に染まる)とをこうむる。側シスチジアには二種のタイプがあり、その一型は細長い槍状ないし狭紡錘状をなし、淡い黄色(ヨウ素溶液中では橙褐色)で粒状の内容物を含み、いま一型はひだの組織に深く埋もれて僅かに突出するに過ぎず、ミミズ状に屈曲し,先端は尖らず、淡褐色の内容物を含んでいる。側シスチジアにも二つの型があり、うち一型は尖った紡錘状で、先端部はしばしば鉛筆の芯状に細まり、もう一型は短いこん棒状で、しばしば多数の隔壁を備える。かさの表皮層は、ゼラチン層に埋もれつつかさの表面に平行に匍匐した菌糸で構成される。菌糸にはかすがい連結を持たない。
日本では、夏から秋(時に梅雨期)、アカマツ・クロマツ・リュウキュウマツなどの二針葉マツ類の樹下に発生し、これらの樹木の生きた細根に典型的な外生菌根(フォーク状に二叉分岐し、白色または赤紫色を呈する)を形成して生活する。北海道では、植林されたヨーロッパアカマツの樹下に発生し、トウヒ類の林内でも見出されるという。
タイでは、三針葉マツ類の一種であるケシアマツ()の樹下に発生する。また、中国においては、同じく三針葉マツ類に属するウンナンマツ()の樹下や、二針葉マツの一種であるバビショウ("Pinus massoniana" Lambert)の下に発生する。
どちらかといえば未熟な土壌を好む菌であり、有機物のほとんどない状態で発生する。クロマツ・アカマツなどの林内では、おもにH層(新鮮な落ち葉などの下に広がる、腐朽・断片化した有機物の層)からA層(動植物の遺体と土壌とが混じり合って互いの区別が困難になった、有機物に富んだ層)に生息するが、土壌への有機物供給が少ない環境下では、B層(風化が進行した鉱物質の層)や、C層(風化が十分に進行していない母岩層)などに見出されることもしばしばある。また、林齢が小さい若齢林に多いとされる。林内の地中では大形のコロニーを作らず,きのこ(子実体)は小面積に群生する性質がある。
アカマツの苗にハツタケの純粋培養菌株を接種して外生菌根を形成させた場合、対照(ハツタケ菌未接種)の苗と比較して、苗の全重量・主根の長さ・側根(径10mm以上)の本数などはそれぞれ50ないし60パーセント増加した。なお、アカマツにハツタケの菌株を接種した場合、乳酸・シュウ酸・リンゴ酸・コハク酸・クエン酸などの有機酸の塩(これらは、ハツタケの単独培養下でも見出される)の産生が認められ、それらの総量は、ハツタケの外生菌根が形成されていないアカマツに比較して 1.9倍に達した。中でもシュウ酸の産生がもっとも多く、未感染苗と比較して 100倍にも達した一方、リンゴ酸・クエン酸・コハク酸などが、ハツタケに感染したマツ苗が産生する全有機酸量に占める割合は小さかった。これら有機酸のうち、シュウ酸・クエン酸・コハク酸には、ハツタケの菌糸生長を促す作用があることが見出され、ハツタケとアカマツとの間で外生菌根が形成された場合、両者の生長を促進する働きは、おもにシュウ酸の産生とその再利用とによって誘引されているものと考えられている。
スラッシュマツ( Engelm.)に対しても、樹勢を増強するとともに窒素・リン・カリウムなどの栄養素の吸収を促進する効果を示したが、その性質は、ハツタケの菌糸を単独でスラッシュマツに接種するよりも、ハツタケとホコリタケ属の一種( sp.)とを同時に与えたほうが顕著に発現したという
北海道産の種子から無菌的に栽培したカラマツ(あるいはカラマツとグイマツとの一代雑種)の苗に、純粋培養したハツタケの菌株を接種したところ、10日ほどを経て外生菌根が形成されたという報告があるが、カラマツ属の純林でハツタケの子実体が自然発生した例は知られていないようである。
純粋培養条件下では、炭素源として果糖をもっとも好み、これに次いで麦芽糖・マンニット・ブドウ糖などをよく資化する。窒素源としてはグルタミン酸・硫酸アンモニウム・硝酸アンモニウムなどを好むが、尿素やクエン酸アンモニウム・リン酸アンモニウムなどはあまり積極的に利用しないとされている。
なお、対峙培養試験において、ハツタケの菌糸は、林木に病原性を示すエキビョウキンの多くの種の生育を抑制するいっぽう、同じく病原菌として著名なフハイカビ類については生育をさまたげる性質を示さなかったという。また、ハツタケの発生地点直下の土壌中における微生物相を調査したところでは、細菌・放線菌・真菌の検出数は非常に小さかったとの報告がある。
日本では北海道(石狩以南)から沖縄県(沖縄本島)にまで分布する。小笠原諸島にも分布するが、これは恐らく沖縄から移入・植栽されたリュウキュウマツの根系に付着してともに移入されたものであり、自然分布ではないと考えられる。
日本国外では、中国
・台湾・タイ・ロシア東部・パキスタンおよびネパールからも報告されている。
アカハツ("Lactarius akahatsu" Tanaka)は、おもに二針葉マツ類の樹下に発生し、子実体が傷つくと緑変することでハツタケと共通しており、しばしば混同されているが、全体に橙色が強く、乳液も初めは橙色を呈する点で異なる。なお、分子系統学的解析によれば、ハツタケは、アカハツよりもむしろ アカモミタケに近いことが示唆されているが、日本・中国およびタイ産のハツタケについての分子系統学的比較からは、ハツタケそのものの遺伝的変異がかなり大きいことが示唆されており、種内にいくつかの変種が設けられる可能性もある。また、インドネシアから記載された"Lactarius holakii" Nuytinck & Verbeken も、形態的・分子系統学的にはハツタケにきわめて近い種類であるが、スマトラから移入・植栽された二針葉マツの一種であるメルクシマツ( Jungh. & de Vriese)の樹下に発生し、子実体はハツタケよりもやや小さく赤みが強いこと・胞子もより小形なこと・ひだの縁には紡錘状ないし槍状のシスチジアを持たないことなどで区別されている。
ハツタケに対し、学名として"L. sanguifluus" (Paulet) Fr. が用いられたこともあるが、現在では、類縁関係は認められるものの互いに独立した種であるとする意見が強い。後者はヨーロッパに広く分布し、モンタナマツ("Pinus mugo" Turra)やヨーロッパクロマツ( J. F. Arnold)などの五針葉マツ、あるいは二針葉マツのヨーロッパアカマツ("P. sylvestris" L.)などの樹下に発生するが、柄の表面に、不規則に散在する丸く浅いくぼみを持つ点や、乳液の青変性が弱く、肉に弱い苦味がある点などによって区別される。ただし、その一変種である"L. sanguifluus" var. "asiatics" Dörfelt, Kiet & A. Berg;(ベトナムに分布)は、子実体が非常に小型なこと(かさの径1-3cm程度)や胞子表面の網状紋様がはるかに繊細なことを除けばハツタケに非常に類似しており、ハツタケと同一種ではないかとする意見もある。
ハツタケに対して用いられている"Lactarius hatsudake" Tanakaの学名は、東京帝国大学理科大学の菌類学者田中延次郎による命名で、きのこ類に対し、日本人として初めて単独で新種記載を行って与えた名として知られている。しかし、この学名(記載・命名・発表は1890年)について、1860年にすでに記載・命名がなされていた"L. lividatus" のシノニムとして扱い、学名の優先権を適用して廃棄する提案がなされている
。"L. lividatus" のタイプ標本は、奄美大島において1855年1月21日に採集されたものであるが、その保存状態は非常に悪く、この標本の検討結果をもとにして提出された"L. hatsudake" と"L. lividatus" とが同一種であるとの上記の見解には疑問を呈する研究者もある。いっぽう"L. hatsudake" については、タイプ標本はその原記載において指定されておらず、現時点での所在についても不明である。
"L. hatsudake" の原記載では、"L. lividatus" についてハツタケとの類似性を認めながらも「"L. lividatus"は、乳液が少なくとも分泌直後の時点では白いことで特徴づけられるグループに分類されており、乳液が鈍い帯紫褐色を呈するハツタケとは別種である」と述べられている。そのいっぽうで、"L.. lividatus" の原記載では「かさは中央部がくぼみ、柄は上方に細まり、全体に淡赤褐色を呈する:ひだは密で鈍い淡赤色を帯び、青変する:日本に産し、チチタケに似る」とされ、乳液の色調については触れられておらず、発生環境周辺の樹種についても記述がない。いまのところ、ハツタケの学名として"L. hatudake" と"L. lividatus" とのいずれを用いるべきであるのかについては、客観的な解決をみていない。
ハツタケに似て、かさや柄が黄褐色を呈し、かさに多少とも同心円状の環紋をあらわすきのことしてキチチタケ("Lactarius chrysorrheus" Fr.)が知られており、時にはハツタケと混同して採取されることもあるが、キチチタケではひだがほぼ白色~クリーム色(ワイン色を帯びない)であること・乳液が初めは白く、後に黄変すること・多少とも辛味を有することで区別される。チョウジチチタケ("Lactarius quietus" (Fr.:Fr.) Fr.)や ニオイワチチタケ("Lactarius subzonarius" Hongo)も、大きさや外観が類似しており、かさの表面に同心円状の環紋をあらわすためにまぎらわしいが、これらは主に広葉樹林に発生し、子実体を傷つけても緑変しないことや、ことに乾きかけた子実体において特有の香り(チョウジチチタケではチョウジ様、ニオイワチチタケではカレー粉様)を放つことなどの点で、区別は容易である。
生鮮品は、その重量の87 ないし 96パーセントが水分である。乾重あたりのおおまかな分析値の一例を挙げれば、粗タンパク質 22.2-23.5パーセント、粗脂肪 2.2-7.3パーセント、糖質 37.7-64.4パーセント、粗繊維 6.6-7.6パーセント、灰分 4.4-5.8パーセントという値がある。
揮発性成分としては76種が認められている(うち5種は未同定)が、そのうちで比較的多量に含まれていたのは"cis"-イソロンギホレン((2S,4aR)-1,3,4,5,6,7-ヘキサヒドロ-1,1,5,5-テトラメチル-2H-2,4a-メタノナフタレン)、α-セドレンエポキシド(3a,6,6,9a-テトラメチルドデカヒドロナフト〔2,1-b〕フラン)、フムレンエポキシドIII(4,8,11,11-テトラメチル-1,2-エポキシシクロウンデカ-4,8-ジエン)、クロバン((1R,2R,5R,8S,9S)-4,4,8-トリメチルトリシクロ[6.3.1.01,5]ドデカン)、リノレン酸およびパルミトレイン酸などであるという。
GC/MS/オルファクトメトリーおよび段階希釈による閾値検出(Aroma Extract Dilution Analysis:AEDA法)などによって解析した結果、ハツタケの香りの構成物質としては、特にヘキサナール、4-デヒドロビリディフロロール、ミリオール((1aS,3bβ,6aR, 6bα)-デカヒドロ-1,1,3aβ-トリメチル-6-メチルシクロペンタ-[2,3]シクロプロパ[1,2-a]シクロプロパ[c]ベンゼン-5α-オール)、およびフェニルアセトアルデヒドの4種が重要な役割を果たすと考えられている。
真空乾燥品 100グラム当たり 5’CMP 198 ミリグラム、5’AMP 217 ミリグラム、5’UMP 136 ミリグラム、5’GMP 262 ミリグラムが検出され、5’IMP は含有されていないという分析例がある。
色素類のおもなものとして、アズレン骨格を有する7-(1-ハイドロキシ-1-メチルエチル)-4-メチルアズレン-1-カルボアルデヒド(赤紫色)や4-メチル-7-(1-イソプロピル)アズレン-1-カルボン酸(紫色)、および 1-[(15E)-ブテン-17-オン]-4-メチル-7-イソプロピルアズレン(緑色)が単離されている。
また、セスキテルペン骨格を持つラクタリオリン(AおよびBに区別される)も含まれており、これはヒトの体内における γ-インターフェロンの生合成に関与し得るという。
子実体には、中性脂質 とリン脂質とがほぼ等比率で含まれている。 脂肪酸として、パルミチン酸・ステアリン酸・オレイン酸・リノール酸・α-リノレン酸が検出されるが、特にステアリン酸(脂肪酸総量の約60パーセント)が多く、リノール酸(同25パーセント)がこれに次ぐ。なお、ラクタリン酸(6-オキソオクタデカノン酸 = 6-ケトステアリン酸)は、トビチャチチタケ・ツチカブリ・ヒメチチタケなどから見出された特殊な脂肪酸であるが、ハツタケからは見出されていない。
ステロール類としては、エルゴステロール、過酸化エルゴステロール(エルゴステロールパーオキサイド:5-α-8-α-エピドキシ-(24E,24R)-エルゴスタ-6,22-ジエン-3β-オール)およびその誘導体(5-α-8-α-エピドキシ(24S)-エルゴスタ-6-エン-3β-オールのほか、セレビステロール((22E, 24R)-エルゴスタ-7,12-ジエン-3β,5α,6β-トリオール)の4種が見出されている。このうち、過酸化エルゴステロールとその誘導体は、ヒガシダイヤガラガラヘビ("Crotalus adamenteus" Beauvois)の毒液に含まれるホスホリパーゼA2に対して、選択的阻害物質として働く一方、セイヨウミツバチ("Apis mellifera" L.)毒に由来するホスホリパーゼには作用しない。また、ヒト免疫不全ウイルスに対して、多少とも抑制作用を示すという報告もある。
ハツタケの熱水抽出物から得られた多糖類は、全糖量74.2パーセント・ウロン酸含量12.5パーセントの組成を有する。構成糖としてはD-グルコース・D-ガラクトース・D-マンノース・D-グルクロン酸などが検出されているほか、生物からは初の単離例となる 6-デオキシ-D-アルトロースが見出されている。なお、 6-デオキシ-D-アルトロースは、ハツタケにきわめて近縁であるとされるアカハツの子実体からも単離されている。
もっとも多いのはリンゴ酸(乾物 100グラム当たり2158ミリグラム)であり、これにピログルタミン酸(同 631ミリグラム)やフマル酸(同 402グラム)などが次いでいる。他にクエン酸やコハク酸が含まれており、さらに α-ケトグルタル酸・シュウ酸および微量のギ酸・酢酸・乳酸が検出されている。
無機成分としてもっとも豊富なのはカリウムで、灰分の約50パーセントを占めている。以下、鉄(5.56パーセント)・ナトリウム(3.67パーセント)・アルミニウム(1.34パーセント)と続き、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・マンガン・銅などが含まれている。
分析値の一例として、乾重 100グラム当たりエルゴステロール 0.19ミリグラム、ビタミンC12.6ミリグラム、ビタミンB 261.6ミリグラムを含むという報告がなされている。
ハツタケの子実体の水抽出物はイヌビエやアブラナあるいはダイコンに対してアレロパシーを誘引するとされているが、その本態物質はまだ明らかにされていない。
日本では古くから知られた食用キノコの一つである。中国(雲南省および湖南省)でも、食用菌として市場に出されている。なお、中国の市場では红汁乳菇の名で呼ばれ、抗腫瘍活性を有すると信じられている。
韓国あるいはロシアでも、商業的規模で消費されているかどうかは不明であるが、少なくとも食用菌として利用されているのは確かであろうという。
梅雨明けのころにも多少出回るが、残暑の候から初秋が旬である(江戸時代には旧暦4月から7月ごろの季節物として扱われていた)。
肉質がもろくて傷つきやすく、傷ついた部分は青緑色に変色する性質がある。変色したとしても食用には差し支えなく、味や香りにも影響はないが、見栄えを悪くするため、取扱いは慎重にする必要がある。ひだにはしばしば砂粒が入り込んでいるため、一個ずつかさを上方に向け、柄を菜箸で挟み、別の箸でかさの上面を軽く叩いて砂粒を落としてから調理する。
食用として利用された歴史があるにもかかわらず、日本では、人工栽培の手法についての研究例が少なく、マツタケなどの増殖法にならい、マツの若齢林の下草刈りや落ち葉・落ち枝の除去を行う程度の段階に留まっている。中国では、ウンナンアカマツの林地にハツタケの培養菌株を接種して増殖試験を行い、ヘクタール当り675kgの子実体を収穫した例がある。
菌糸体の人工培養に際し、分離源としては子実体のかさ肉や柄の内部組織は不向きで、ひだの断片を用いるべきであるとされている。また、アカマツの生葉の煎汁培地上での生育は不良で、菌糸体の大量培養にはショ糖34g ・廃糖蜜13ml ・小麦のふすま 36g ・コーンミール20g ・リン酸二水素カリウム3g(蒸留水1000 ml 当り)を用いた液体培地がよく、この培地1リットル当り約18gの培養菌体が得られるという。なお、培地のpHについては5.0前後が最適であるとの報告がある。菌株の系統いかんによっては、無菌栽培したアカマツの苗の根に純粋培養したハツタケを接種することにより、感染苗を作出することが可能であり、場合によっては子実体原基(ごく幼く、かさや柄・ひだなどが未分化な状態にあるつぼみ)が形成されることもある。ただし、原基の形成条件の詳細については不明な点が大きく、確実にこれを誘導する技術は未完成である。さらに、原基が形成された場合であっても、現時点では、それらが完全な子実体として生育をまっとうするまでに至った例はなく、実用化にはさらに検討を行う必要がある。
特に関東地方で親しまれ、守貞漫稿(食類-後巻之一)には「初茸売り。山のきこりや八百屋がハツタケを売る。京阪にはハツタケは無い。江戸だけで売られる。」とあり、当時の関西ではあまり人気がなかったのに対し、マツタケがほとんど産出しない江戸近辺では、食用としてよく利用されたようである。千葉県では特に珍重されたといい、旧佐倉堀田藩鹿渡村(現在の千葉県四街道市鹿渡)においては、嘉永3(1850)年庚戌年(かのえいぬ)九月十日(旧暦)付の回状として「初茸 七十ケ 右ハ御用ニテ不足無ク 来ル十三日 四ツ時迄ニ 上納致ス可シ 尤モ軸切下致シ 相納メル可ク候 此廻状 早々順達致ス可ク候 以上」の文面が発行された記録がある。
ほかにも、佐倉近辺の名産品として、カキ・クリ・ゼンマイ・ワラビ・ジュンサイ・タケノコ・ブクリョウ・ショウロなどとともに、ハツタケが挙げられた例があり、さらに、今を去る百六十年前の天保十四年、龍腹寺村(現在の千葉県印西市の一部)在の要蔵という人物の日記に 「九月廿日 村方分例年ノ通リ初茸献上致シ候」との記事がある。この記述は、近隣の淀藩大森役所の役人にハツタケを届けた記録であるとみられ、淀(現代の京都付近)や江戸から赴任した舌の肥えた役人(およびその家族)に、龍腹寺村の村民が毎年ハツタケを献上していたのがうかがえる。
なお、現代の千葉県下において「ハツタケ」の名称で市販されているものの中には、近縁種のアカモミタケなども含まれているとされている。
食文化の面からではなく、多少とも博物学的な観点からハツタケについて記述した文献も散見される。たとえば、神門郡組下村々産物帳出寄帳(1735年=享保20年)では、菌類11種のうちの一つとして初茸の名称が挙げられている。また重修本草綱目啓蒙(小野蘭山著、享和3年=1803年:重修としての復刊は弘化4年=1847年)には、「称青頭菌云雲南通志中・而称青紫云呉蕈譜・・・在叢中松樹元・黄赤微含禁色・転藍候触以テ手指・蓋上含ム青斑於尾州産・土名称阿生葉地(雲南通志に云うところの青頭菌であり、あるいは呉蕈譜に云う青紫である…(中略)…松の樹下の草中に発生する。黄赤色で、やや紫色を帯び、手で触れると藍色に変色する。尾州産のものは傘に青斑があり、方言は”あをはち”という)」と記述されているが、「あをはち」という方言名が尾州特有のものであるのか否かは不明である。また、本朝食鑑には、「松の樹の日陰の所に生える。庭園でも松が多い所なら、ハツタケの石突を細かく砕いてから米の研ぎ汁に漬け、これを蒔くと、何年かを経て必ず生えてくる。形状はマツタケに似るがより小さく、つぼみの時点からかさが張っている。かさの裏面には細い刻み(=ひだ)がある。かさの上面・下面と柄とは赤黄色で、また木の葉をかぶって生えるので、これを見出すのは大変に難しい。四・五月の雨の後に生えるが、秋の時に比べると多くはなく、八・九月の雨の後に生えるものが最も多い。味は甘くて香気があり、その甘さはマツタケよりまさっているが、香りは(マツタケに)及ばない」と解説されている。
いっぽうで巻懐食鏡(香月牛山著:寛政2年=1790年)においては、「秋が来ると、山野の松の樹の下に生える。味は甘美で毒は無く、食べられる。傘の裏が緑青色に見える物がよい。味が軽い(?)ので、病人が食べてもよい。シメジ・ナメススキ・ハツタケの三種は、きのこの中の佳品なり。」と説明されている。 倭訓栞(巻之参:谷川士清著:明治32年=1899年)には、「ハツタケ、紫蕈ともいう。ハツは早いことをいう。備州ではアイタケ、尾州ではアオハチ、江州ではアオスリまたはアイスリ、賀州ではマツミミ、中国、九州ではマツナバという。」との記述がある。日本初の方言研究書である物類称呼(越谷吾山著:安永4年=1775年)にも同様の記事があり、すでに江戸時代には、食用菌として全国的に知られていたもののようである。
さらに、続江戸砂子(菊岡光行著:享保20年=1735年)には、「江府(=江戸)名産並近在近国」として「小金初茸・下総国葛飾郡小金之辺、所々出而発:在江府隔六里内外:在相州藤沢戸塚辺産、早産比下総:相州之産存微砂而食味下品。下総之産解砂而有風味佳品(小金初茸、下総国葛飾郡小金の辺、所々より出る。江戸より六里程。相州藤沢戸塚辺より出る初茸は、下総より早い。しかし相州産のものは微砂をふくみ、歯にさわってよくない。下総産のものは砂がなく、風味ももっとも佳い)。」との記事がみえる。おそらくは、相模湾岸に広がるクロマツ林に産するハツタケと、内陸のアカマツ林に生えるハツタケとを比較したものではないかと思われる。
和名は「初茸」の意で、おそらくは初秋に多く発生するところからの命名であると考えられるが、命名者は不明であり、この名がいつごろの時代から提唱されたのかも明らかになっていない。
岩手・愛知・滋賀・京都などで「あいずり」、青森・長野・鳥取・島根・岡山・広島および香川(小豆島)では「あいたけ」と呼ばれるが、これらは、きのこが傷つくと青緑色に変わることに由来するものと思われる。岐阜・愛知・静岡などでの「あおはち」・新潟における「あおはつたけ」もまた、同様の理由に基づくものであろう。同様に、きのこの変色性に基づくと思われる方言名としては、青森県・秋田県・岩手県・山形県・千葉県(特に夷隅・君津)などにおける「ろくしょう」・「ろくしょうはつたけ」・「ろくしょきのこ」などが挙げられる。
秋田県下では「まつきのこ」・「まつしたきのこ」などと称され、千葉県の一部の地方でも「まつしめじ」と呼ぶという。中国地方や九州南部では「まつなば」・北陸地方(富山県・石川県など)では「まつみみ(なまって「まつみん」・「まつめん」とも)」と呼ぶ地域がある。マツ林で採集される食用菌の代表格とみなされていたものではないかと考えられる。
「はつたけ」の名で扱う地方も少なくなく、これがなまった「はったけ」(岩手県・大分県」・「はつだけ」(秋田県・千葉県外房地方)・「はづたけ」(青森県)「はじたけ」・「はちだけ」(ともに秋田県)などの名も用いられる。ただし、古名がこれらの地方に浸透して連綿と用いられ続けているものかどうかは定かでない。
語源が明らかでない呼称として、新潟県下ではまた、「じんしち」の呼称がある。
また「うるみ」(千葉県・茨城県)・「おわかえ」(岩手県)・「てんぐだけ」・「まいたけ」(鳥取県)などがある。
宮崎県では、「しゅろなば」(宮崎市山崎町)・「まつしめじ」(小林市生駒)・「まつなば」(えびの市)などの方言名があるほか、和名の「はつたけ」で呼ばれる地域(たとえば川南町坂ノ上・唐瀬原・高鍋町堀ノ内・新富町野口など)もある。このうち、高鍋町や新富町では、ハツタケと同様にマツ林で見出されるシモコシが多量に採取できたおりには、ハツタケは顧みられなかったという。さらに、佐土原町前牟田では、ショウロやシモコシのほうが食用きのことしては上等であるとされ、ハツタケを利用する習慣はなかったとされている。
沖縄では「まちなば」あるいは「しみじ」の名で呼ばれ、広く食用にされているという。
属名"Lactarius" は「乳を含む」の意のラテン語で、子実体を傷つけると乳液を分泌する性質に基づく。種形容名の"hatudake" は和名をそのままラテン語化したものである。
秋の季語の一つとして知られることからも、日本人とハツタケとの関わりが深いものであることが推察される。
近代文学の作品中でハツタケの名が現れた例として、宮沢賢治の作品のうち、「狼森と笊森、盗森」(前述)のほか、「二人の役人」の中で、「けれども虫がしんしん鳴き時々鳥が百匹も一かたまりになってざあと通るばかり、一向人も来ないやうでしたからだんだん私たちは恐くなくなってはんのきの下の萱をがさがさわけて初茸をさがしはじめました。」という描写がある。
中里介山の筆になる長編小説大菩薩峠では、その「畜生谷の巻 二十五」および「椰子林の巻 六十五」においてハツタケの名が登場する。畜生谷の巻では「この附近の石占山(いしうらやま)というところは、文化文政の頃から茸の名所となってはいるが、そこで取れる茸は、松茸(まつたけ)、湿茸(しめじ)、小萩茸(おはぎたけ)、初茸(はつたけ)、老茸(おいたけ)、鼠茸(ねずみたけ)というようなものに限ったもので、そこから毒茸が出て、人を殺したという例(ためし)はまだ無い」と描写されている。いっぽう椰子林の巻には、「その翌朝、昨夜の侵入者と、この庵(いおり)の主(あるじ)なる若い老尼とは、お取膳で御飯を食べました。初茸(はつたけ)の四寸、鮭(さけ)のはらら子、生椎茸(なましいたけ)、茄子(なす)、胡麻味噌などを取りそろえて、老尼がお給仕に立つと(後略)・・・」との記述がなされている。
島崎藤村の千曲川のスケッチ(その五 山の温泉)においては、ハツタケについて「最早初茸を箱に入れて、木の葉のついた樺色(かばいろ)なやつや、緑青(ろくしょう)がかったやつなぞを近在の老婆達が売りに来る」と描写している。また、この作品の別の個所(その五 山中生活)でも、マツ林でのきのこ狩りの様子が描写される中で、ハツタケの名が登場している。また、立原道造が盛岡に着いて初めて出した実家宛ての私信には、「きのふ會ひました けさもまた初茸御飯を届けて来ました」の一節がある。
漫画では、つげ義春の「初茸がり」を挙げられる。詳細は当該項目を参照。
</doc>
<doc id="2728390" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728390" title="コショウダイ">
コショウダイ
コショウダイ(胡椒鯛、学名 "") は、スズキ目イサキ科に属する海水魚の一種。東シナ海から紅海、北部オーストラリアなど広い地域の沿岸域に棲息する魚。定置網や刺し網などで漁獲され、食用として流通する。刺身・焼き魚などの調理法がある。
成魚は最大で60cmに達する。体型は楕円形で側扁している。体色は淡い灰褐色で、暗褐色の斜めの帯が三本見られる。
体表の背びれ近くに胡椒のような斑点があることからコショウダイと呼ばれる。
日本の地方名として、オゴンダイ(千葉県小湊)、ギシ(静岡県熱海)カイグレ(和歌山県田辺、三重県二木島)、コロダイ(和歌山県串本、愛媛県宇和島)、コチダイ(富山県)、トモモリ(宮崎県)などがある。
</doc>
<doc id="2728391" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728391" title="オクシデンタリズム">
オクシデンタリズム
オクシデンタリズム(Occidentalism)または逆オリエンタリズム(reverse Orientalism)とは、西洋精神・西洋文化、西洋風、西洋趣味、西洋気質、西洋かたぎ、西洋崇拝を指す語。または、西洋の文化・言語・人々に関する学究的な知識を指す語。オリエンタリズムの片割れに当たる。「オクシデンタリスト」(Occidentalist)は西洋通、欧化主義者、西洋文化愛好者(研究者)の意味。
オクシデンタリズムは「反西洋思想」とも訳される。
著作家兼バード大学教授イアン・ブルマ、およびヘブライ大学名誉教授アヴィシャイ・マルガリートの研究書『反西洋思想』("Occidentalism")によれば、「オクシデンタリズム」(反西洋思想)は、西洋の「敵」によって描かれる「非人間的な西洋像」を指す。これは「殺人的な憎悪」であり、特定の政策や国家にではなく、特定の生き方・社会・政治の在り方(大都会・貿易・商業・懐疑主義・個人の自由等)に向けられる。ただしオクシデンタリズムは、「凶暴な憎悪と強い憧れがいかに密接に繋がっているか」を示してもいる。
単なる西洋文化への嫌悪感や、西側諸国の政策に対する批判はオクシデンタリズムではない。「オクシデンタリズム」はオリエンタリズムの双子の片割れに当たるもので、正当な西洋批判とは異なる。何故ならオリエンタリズムに見られる、人間から人間らしさを取り除こうとする傾向が、オクシデンタリズムの中にもあるためである。オリエンタリズム的偏見の中には、非西洋人は完全な人間ではなく未成熟的で、自分たちよりも劣った人種として扱えるという前提があった。オクシデンタリズムもオリエンタリズムと同様、相手を人間未満に過小評価する傾向があり、オリエンタリズムをそのまま鏡で逆写ししたものと言える。
オクシデンタリズムは、資本主義(capitalism)、マルクス主義(Marxism)、その他の諸々の主義(ism)と同じく、ヨーロッパで生まれ、その後に非西洋世界へと移動していった。西洋は啓蒙主義の源であり、世俗的・リベラルな思想を生み出していったが、同時に反動的で有害な思想をも生み出してきた。思想史的・歴史的には、オクシデンタリズムはヨーロッパの反宗教改革や反啓蒙主義から始まっており、以降は東西のファシズム(結束主義)やナチズム(国家社会主義)、反資本主義や反グローバル化運動となり、今日の様々な場所での宗教的過激主義に至っている。
西洋に対する国家主義的・土着主義的反抗は、近代化の社会経済的諸力に対する東洋世界の反応を繰り返している。しかし、その起源は西洋文化にある。つまり資本主義・自由主義・世俗主義を、社会や文化に破滅をもたらす力と見なす理想主義的過激派や保守的国家主義者から起こっている。近代西洋に対する反応は、初期は純然たる異文化との出会いだった。しかし後に現れた「オクシデンタリズム」の多くは、近代西洋思想を反転させ、民族国家の覇権・合理性に対するロマン主義的な拒絶・自由民主主義の一般市民の精神(心霊)的困窮、等といった思想へと変えた。
ブルマとマルガリートが突き止めたところでは、そうした反抗の由来はドイツロマン主義にある。また、19世紀ロシアでの西洋化主義者とスラヴ主義者との論争や、シオン主義(シオニズム)・毛沢東主義・イスラム主義(イスラム教)・帝国的日本国家主義のイデオロギーに現れている論も同根である。
ブルマとマルガリートの『反西洋思想』について、『エコノミスト』や『ニューヨーク・タイムズ』は絶賛した。また『ニューヨーク・タイムズ』は、オクシデンタリズムについて「この道はイスラムへ戻っているのではなく、実際は、西洋自身へ戻っている("The path does not lead back to Islam but, in fact, back to the West itself.")」と要約した。
オクシデンタリズムの敵意が向けられる矛先は、次のようになっている。
かつて非西洋世界では、ドイツロマン主義は魅力的と認識されていただけでなく、崇敬の対象だった。ロマン的なドイツ思想家(たとえばフリードリッヒ・ヴィルヘルム・シェリング)の胸像が運び込まれ、拝まれることさえあった。『反西洋思想』は次の通り論じている。
こうしたドイツロマン主義に触発され、西洋社会(イギリス・フランス共和国・オランダ等)に対して「正反対の社会」を見る思想が生まれた。
ドイツの社会主義は、非西洋世界で礼賛された。ドイツの方法は、単なる西洋のクローンにならず、西洋の「毒」(鄧小平いわくキリスト教や資本主義的自由民主主義といった「精神的汚染」)に毒されず、近代国家を建設する方法だと見られていた。たとえばマルクス主義があり、これは西洋の近代思想だったが、キリスト教の代替物として平等主義・人類解放・普遍性を主張してもいた。マルクス主義は「科学的」(科学的社会主義)であり、キリスト的な宗教・文化の出る余地は無かった。またドイツ国家社会主義(ナチズム)は、西洋(資本主義的帝国主義)を模倣しているよう見せずに、産業的近代社会の一員に加わる方法を示した。
これらは実際には、かなり無理な試みだった。一つの知識・技術を、別の知識や素になっている「危険な思想」から隔離してくことは不可能だった。こうした近代化への代替ルートは、中国・北朝鮮・イラク・エジプト・ベトナム・エチオピア・キューバを含め多数の場で試みられたが、ことごとく失敗した。この失敗から、暴力的なオクシデンタリズム(土着主義的な純粋さへの憧れと破壊的な西欧嫌悪)が生まれた。
オクシデンタリズムで言う「西洋」と「近代」は等しい概念であり、同様に定義しがたい。
一例として1942年7月、著名な学者や知識人が京都で開いた座談会、「近代の超克」がある。当時は日本軍が真珠湾攻撃でアメリカの戦艦を爆撃した7ヶ月後であり、愛国的熱狂が頂点に達していた。出席者はいずれも、「西洋」への攻撃に喜びを表明したナショナリストであり、彼らは日本ロマン派の作家、仏教やドイツ哲学(ヘーゲル)の影響の濃い京都学派の哲学者、ドイツ社会主義(マルクス主義)からの転向者(林房雄)、ドイツ社会主義批評家(小林秀雄・亀井勝一郎)等だった。そこでは「日本の指導のもとでのアジア新秩序」というプロパガンダに与し、
等と主張された。そして
といった類のすべてが「超克」されねばならない、とされた。座談会の出席者の一人、映画評論家の津村秀夫は、ハリウッド映画を激しく非難し、レニ・リーフェンシュタールの撮ったナチス政治集会のドキュメンタリー映画を絶賛した。強力な国家コミュニティをどう建設するかにおいて、後者の方が彼の考えに近かったからである。津村によれば、西洋に対する戦いとは、「ユダヤ人の金融資本」によって作られた「有毒な物質文明」との戦いだった。そして文化―伝統的な日本文化―は精神的かつ深遠であるのに対し、現代西洋文明は軽薄で根無しで創造性を破壊するものだという見解は、座談会の出席者たちの間で一致していた。彼らの考えでは、西洋(特にアメリカ)は冷淡で機械的である。そこで日本の皇道支配の下に、長い伝統を持つ東洋が統一されれば、慈愛に満ちた有機的かつ健全なコミュニティを取り戻せる、とされた。
アジア人にとって当時―そして今日でもある程度―は、「西洋」が「植民地主義」をも意味した。日本は西洋列強の権力の源になっている考え方や技術―ヨーロッパの衣服、プロシア憲法、イギリス海軍の戦略、ドイツ哲学、アメリカ映画、フランス建築など様々なもの―を、「文明開化」を通して模倣し適応していった。このような大規模な変革で日本は植民地化を免れた上に、列強の仲間入りを果たし、1905年には近代戦を戦って日露戦争に勝利した。トルストイは
と評している。だが日本より少し前に近代化していたドイツと同様、急激な近代化を行ったことで、日本社会には混乱がもたらされた。ついには歴史をくつがえし、西洋に打ち克ち、近代的なまま理想化された精神的過去に帰る方法が議論されるようにもなった。
ここに見られる理想や意見は、イスラム急進派、中国をはじめとする非西洋世界の過激なナショナリストたち、西洋内部の急進的な反資本主義者などにも共有されている。そこに右翼左翼の二分法は当てはまらない。実際に1930年代、「近代の超克」という願望は、ドイツ社会主義(マルクス主義)に傾倒したインテリの間でも、右翼の排外主義者の間でも根強く、今日でも同じ傾向が見える。嫌悪の理由はそれぞれ異なるが、アメリカ帝国主義(アメリカの文化・企業)や近代の商業都市への嫌悪は、左翼・急進的イスラム主義者・ロマンチストにも共通している。
こうしたオクシデンタリズムの核心には、「一体化」がある。例えば西洋の政教分離に反して、敬虔なムスリムにとっては政治・経済・科学・宗教は別のカテゴリーに分離できない。哲学者の西谷啓治はムスリムではないが、自然科学・ルネッサンス・宗教改革によってヨーロッパ精神文化が崩壊したと批判している。彼の理想は、政治と宗教が継ぎ目無く一つの全体を形成すること、言わば教会と国家が合体することにあった。戦時日本の神話・宗教は国家神道だが、それは古代日本の伝統というより、前近代のヨーロッパのキリスト教を曲解したことによる、近代の「発明」だった。
この種の国家宗教または「思考の政治」は、1930年代日本の京都から1970年代イランのテヘランにいたるまで、あらゆるオクシデンタリズムに見られる。この要素は全体主義において欠かせない。ヒトラーの第三帝国、スターリン体制下のソ連、毛沢東の中国では、宗教施設から大学の自然科学系学部まで、あらゆる機関が全体主義思想に従うように作り替えられねばならなかった。
座談会「近代の超克」では、19世紀の産業化・資本主義・自由主義経済の発展が「現代社会の諸悪の根源」であるという指摘もあった。「機械文明」や「アメリカニズム」に対して、古い文化を持つ日本とヨーロッパは立ち向かうべきという主張もあった。ヒトラーはと語っている。日本の同盟者となったヒトラーはとも述べていた。
ただし、アメリカ政府の行ったこと、行わなかったことは肝心ではない。例えば「近代の超克」の知識人たちが論じていたのは、アメリカの具体的な政策ではなく、アメリカについての概念―根無し草・コスモポリタン(世界主義的)・皮相・些末・物質主義・混血・流行中毒な文明についての概念―だった。ここでも日本の知識人たちは、主に当時のドイツ言論に倣っていた。その一例であるハイデッガーは、「アメリカ主義(Amerikanismus)」とはヨーロッパ魂を蝕むものだと批判した。「第三帝国」というフレーズを創ったアルトゥール・メラー・ファン・デン・ブルックは、とした。つまりオクシデンタリズムで問われる「アメリカ」とは、アメリカの政策ではなく「アメリカについての考え方」であり、「魂のない機械化された社会」についての幻影に他ならない。
アルカイダの司令官(アミール)オサマ・ビン・ラディンによれば、2001年の9.11テロによって近代西洋文明は崩壊した。
9.11の後まもなく、あるビデオテープが中国で売りに出されており、これは9.11の実写とハリウッド製の災害映画とが合成された映像だった。現実をフィクションと思い込むことは、現実の恐怖から離れるには容易な方法である。中国人や多くの人々にとって、9.11は映画か劇中の出来事のような印象を残した。その点で、オサマ・ビン・ラディンの作戦は大成功だった。ツインタワーとその中の人々を殲滅した行為は、現実的にも抽象的にも、「西洋との戦い」の一部だからである。大量殺戮は、「罪深き都市」の崩壊についての古代神話とも呼応した。
しかし西洋やアメリカに妬みや憎しみを感じるのは、それらが何なのか想像もできない人々ではない。普段から西洋のイメージや商品を身近に感じている人々である。9.11の合成編集ビデオを買い求めたのは ―― 貧しい農民ではなく ―― ニューヨークの摩天楼のような高層ビルがそびえ立つ、上海や北京をはじめとする大都会の若者たちだった。
ツインタワーを破壊したテロリストたちも、西洋で相当の期間を過ごし、専門教育を受けた教養ある若者たちだった。確かに、テロリストたちの重要目的は罪の浄化であり、リーダーの一人であるモハメド・アッタも女性とセックスを憎悪していた。遺言では、
と述べた。しかしアッタは、カイロの大学で建築学の学位を取得し、ドイツの大学(ハンブルク工科大学)で、都市計画におけるモダニズムと伝統について論文を書いていた。ビン・ラディン自身も、かつては土木技師だった。現代技術者たちの慢心の例とされたツインタワーは、皮肉にもその技術者によって破壊されたのだった。
大都市が建設される度に、人々は復讐を恐れた。神の怒り、街門を突き破って襲ってくる野蛮人、あるいはキングコングやゴジラのような「怪物」が姿を現すのではないかという不安に苛まれてきた。火を盗むこと(プロメテウス)、知恵をつけすぎること(知恵の樹)、金を蓄えすぎること(マモン)、空に届くような塔を建てること(バベルの塔)、あるいは神に挑戦すること(冒涜)で、神の逆鱗に触れるのではないかといった不安があった。信心深い者にとって、問題は都市そのものではなく、都市の住人が、神を崇拝する代わりに商売や娯楽に熱中することである。
大都会はしばしば売春婦になぞらえられる。そのイメージには、モハメド・アッタのような潔癖者が恐れ嫌悪する、女性のセクシュアリティ以上のものがある。売春婦の比喩は、商売によって成り立つ都市社会を表している。都市はそれ自体が巨大な市場であり、すべて物も人間も商品にする。都市に並ぶ売春宿・ホテル・デパート等は、より良い生活の幻想を売り、金さえあれば出生に関係なく好きに振る舞うことを可能にする。
へつらい・幻想・不道徳・現金等によって商品化された人間関係を象徴するのが「売春婦」とされた。オクシデンタリストが喧伝する「罪深い人間の都市」のイメージには、「売春婦」がつきものである。売買春ビジネスの決まり文句の一つに「女の体を買うことはできても魂を買うことはできない」というものがあり、これは(娼婦や娼夫が)プロの仕事をする際、感情をシャットアウトし魂を失う ―― 人間でなくなる ―― という考え方に繋がっている。産業革命の黎明期1860年代に名を馳せたパリの高級娼婦パイヴァについて、フランスの作家ゴンクール兄弟は日記にこう記している。
オクシデンタリズムから見れば、都市・資本主義・西洋機械文明のイメージはこのように、貪欲なぜんまい仕掛けの人形のような娼婦ということになる。
いつ頃から貪欲・不信心・根無しのコスモポリタニズムといった「邪悪」が、都市や西洋と結びつけられたのかは一考に値する。そもそも多様な人種の暮らす都市は、欧米特有ではなかった。ムスリムは伝統的に大都会を敵と見なさず、それどころか初期のイスラムでは、都市生活は遊牧生活の無知から人々を救うものとして推奨されている。何世紀もの間、バグダッドやコンスタンティノープルは貿易・学問・娯楽の中心地だった。もっと東では、北京の富と絢爛が13世紀ヴェニスからやって来た商人の目を眩ませた。当時の洗練された中国文明に比べれば、17世紀アムステルダムの豊かさも地方都市レベルに過ぎず、そして19世紀後半まで、江戸はどのヨーロッパ都市よりも大きく、高い人口密度を有していた。それでも、現代のバビロン的大都会のイメージは、西洋と強く結び付いている。それは、最初のオクシデンタリストたちがヨーロッパ人だからである。
リヒャルト・ワーグナー(ドイツロマン派の代表例)は、自分のゲルマン的英雄タンホイザーが旅の途中、官能と美の女神ヴィーナスに誘惑される場面について、こう記している。
ワーグナーの語りは、フランスの軽薄さに対する単なる反感を越えている。人が都市を嫌う理由は様々だが、オクシデンタリストの都市に対する偏見は、たいていの理由付けを遥かに超越している。彼らの考えでは都市は、非人間的で欲望に身を任せた邪悪な動物のひしめく「動物園」であり、都市生活者は「人間の魂を失った動物」なのである。
帝国主義下でヨーロッパは科学・産業・商業などの発展により、世界のメトロポリス(巨大都市・中心地)となった。それは、特定のヨーロッパの地域が世界の中心となり、それ以外ほとんどの場所は周辺部分に追いやられることを意味した。
ワーグナーのフランスに対する反感、および周辺地方国としてのドイツという考えは、ナポレオンのヨーロッパ遠征の遺物ではあった。しかし、当時19世紀後半に力の頂点に達したフランス帝国は、ナポレオン下のフランスと異なり商業帝国であって、神的な使命感よりも富の追及によって動かされていた。19世紀商業帝国主義の最大の都はロンドンであり、世界最大の工業都市 ―― 「黒い悪魔の工場」の首都 ―― はマンチェスターだった。パリは粋なコスモポリタン的首都の座をロンドンと競い、ベルリンはいつもそれらに追いつこうと必死になっていた。
不純な都市文明を殲滅し、精神・人種の浄化を理想に掲げるオクシデンタリストにとって、こうした都会は羨望と恐れを同時に呼び起こす「憎悪の的」となった。その二世紀後には、ニューヨークがそれに該当した。
啓蒙主義者・合理主義者ヴォルテールが見たように、金銭は信条・人種の違いを解消し、市場では生まれはあまり重要でない。しかし世俗性や通商法は、宗教的・封建的な人々にとっては、冷淡・機械的・非人間的にさえ見える。1826年にドイツから来た旅行者は、
と感想を残している。その20年後、ドイツ(プロシア)の作家テオドール・フォンターネは、
と形容し、このような社会はやがて崩壊すると確信していた。フリードリッヒ・エンゲルスは、都市ですべての階級・地位の人々が、無差別かつ無関心に通り過ぎていくさまを団結の欠如と見て、「人間性が反発する何か」と評した。しかしこれは利点になり得るもので、都会の群衆や無関心は、人を開放することもある。19世紀イギリスをふくめ産業化過程にある国では、女性や田舎者が仕事・金・自由を求めて都会へ殺到した。産業化による荒廃・犯罪ギャング・売春宿等が待ち受けていても、人々は都会に流れ続けた。しかし一度去れば、田舎での確実な生活、固まった親戚関係、封建的・宗教的伝統への服従は失われ、それは時に猛烈な恨みを生む。
大都会を舞台にした訓話的な物語には、冷酷・狡猾・金持ち・性的堕落・貪欲・不誠実等を象徴する悪漢が定番であり、多くは西洋的な振る舞いをしている。
たとえば1950年代の日本映画では、主人公は着物を着て日本刀で奮闘するのに対し、悪役はスーツを着てウィスキーを飲み、銃で相手をする。ヨーロッパのギャング映画では、悪役の服装や振る舞いはアメリカ風である。そしてどの国でも、近代社会が典型的に敵とされている。アメリカのウェスタン映画ではたいてい悪役は、荒野に町を建てるため都会から新しく敷かれた鉄道に乗ってやって来る、スーツ姿のペテン師である。田舎にあった「誠実」と「信頼」の絆は、スーツを来た人間が書く「怪しげな契約書」に取って代わられる。
「地方」を飲み込む「怪物」としての大都会は、ヨーロッパでしばしばユダヤ人や根無し草の守銭奴と同一視された。こうした偏見の表現例としては、T・S・エリオットの詩がある。
ラビ(ユダヤ教の聖職者)の孫だったカール・マルクスは、ユダヤ人資本家をシラミに例え、貧困層を食い尽くす不潔な都会の寄生虫と評した。他の19世紀の社会主義思想家としてはピエール・ジョセフ・プルードンがおり、彼はユダヤ人を
と評した。ナチスはこのような偏見を受け継いで、大都市(ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン等)と、「寄生」するユダヤ人とを結び付けた。1933年以前のベルリンは、ナチスや多くのロマン派土着主義者にとって、退廃の象徴だった。1890年代のドイツでは、自然主義者・民俗愛好家・ヌーディスト(裸体主義者)・愛国主義者等が、「ベルリンから離れよう」というスローガンを掲げた。また、工場・スラム街・ナイトクラブ・左翼・民主主義・ユダヤ人・外国人等のあふれる「ベルリンの煉瓦から離れよう」という提唱も起こり、ベルリンの現代性は「ドイツらしくない」と攻撃された。
ナチスのプロパガンダでは、ベルリンのデパートは「ユダヤ人の唯物主義」の象徴であり、ドイツ女性の女らしさを化粧品等の「コスモポリタン」(世界主義的)な商品で堕落させるものだった。ナチスの出版物では、ベルリンのデパートは中小企業や正直な職人を締め付ける、ぬるぬるした不気味なタコとして描かれている。自然科学やモダニズム芸術は「ユダヤ人のペテン」と見なされ、ジャズという「ニグロ音楽」は、邪悪なアメリカ精神を表現しているとして非難された。
ヨーロッパ以外でも、西洋またはアメリカニズムが、大都会の悪徳や田舎の牧歌的風景消失の責任を負わされた。たとえば東南アジアでは中国人が、アフリカではインド人が責任を負わされ、彼らは金で動く「西洋化された」現地のエリートと結託し、本物の精神性に溢れる人種的に純粋なコミュニティーを毒する集団として攻撃される。しかし彼らの位置づけは、アメリカニズムと大都市に寄生する「ユダヤ人」の変形版である。そもそも、アメリカニズムやウェストクシフィケーション(Westoxification 西洋毒化)にまつわるこうした考え方は、元をたどれば西洋内で生まれた偏見に起源がある。
「近代の超克」も、日本の大都市の様子(ハリウッド映画・映画スター・カフェ・ダンスホール・風刺・ラジオ・新聞・短いスカート・自動車等)を非難していた。このような都市文明を日本の知識人たちは、軽薄・物質主義的・凡庸・根無し・非日本的であるとして憎み、深遠な精神文化とは正反対のものとした。しかし、ここにはある種の歴史的記憶喪失がある ―― ハリウッドスターが日本の映画館に登場する以前から、日本の都市は商業の中心として栄えていた。歌舞伎、市場、売春宿、娯楽施設の栄えた江戸時代の社会が、1930年代の東京の歓楽街よりも「精神的」だった証拠はない。
表面的な形は異なれど、当時の日本の思想家たちの意見は、1930年代のヨーロッパの思想家たちと同じだった。アラブ知識人の提唱した汎アラブ主義が汎ゲルマン主義に基づいているように、日本のインテリも1930年代ごろのドイツナショナリズムから多大に影響され、その反西洋観・反都市観をも模倣していたのだった。
20世紀で最も影響力のあったイスラム思想家の一人、サイード・クトゥーブは、1948年に生まれ故郷のエジプトからニューヨークにやって来た。そこでやりきれない思いを味わっていたクトゥーブによれば、
だった。大都会の中では「鳩でさえ不幸」に見え、そしてアメリカには「金銭、映画スター、新車」以外についての会話は存在しないのかと嘆いた。クトゥーブが故郷へ宛てた手紙には、「誘惑的な空気」の中で、日常生活に溢れる衝撃的な官能性や、アメリカ女性の慎みのない行動に悩まされている、と書かれている。大都会ではないコロラド州の町グリーリーでも、教会の主催したダンスパーティーがあまりに「淫ら」だったと衝撃を受けている。
クトゥーブは「純粋なイスラム教コミュニティー」という理想の守護者で、それは西洋の「偶像崇拝」・「物質主義」に抗してでも守らねばならないとした。しかしあらゆる純粋さの理想と同様、彼の言う「精神的コミュニティー」の理想も一つのファンタジーに過ぎず、暴力や破壊の因子を含んでいた。
「商業」は西洋の発明ではないが、「近代資本主義」は西洋生まれではある。西洋の大都市が生んだ普遍的システムとしてのグローバル資本主義は、新旧の帝国を席巻した。これは伝統・文化・信仰等を守りたい人々にとっては、深遠的・真正的・精神的なものを破壊する「陰謀」に等しかった。実際にはグローバル資本主義の影響は複雑で、「陰謀」と呼べるほど簡潔明瞭なものではないが、歴史的にこの「陰謀」はローマ帝国主義、英米資本主義、アメリカニズム、アメリカ帝国主義、十字軍シオニズム、または単に「西洋」と呼ばれてきた。
そしてユダヤ人は、商業・金融のみならず、西洋の普遍的主張 ―― 共和主義・共産主義・世俗的な法律等 ―― にも関与していると考えられてきた。1920年代にナチスがドイツの「社会悪」として糾弾したのは、ユダヤの資本家、詐欺師、「卑劣な反逆者」だけではなかった。ワイマール憲法を起案したユダヤ人弁護士たちも、ドイツ民族を骨抜きにしようとしたという理由で責められた。
こうしたユダヤ陰謀説の起源は、フランス革命にあった。すなわち、近代ヨーロッパにおけるユダヤ排斥主義 ―― ユダヤ人が世界支配を企んでいるという陰謀説 ―― は、フランス革命が象徴した左翼思想(啓蒙主義・合理主義・普遍性)への反発から始まった。フランスの反共和主義勢力によれば、ユダヤ人やフリーメーソンは、様々な伝統的機関(たとえばカトリック教会)を侵食しようとする、陰謀者の手先だった。
これに対してナポレオンはユダヤ人を解放し、征服したヨーロッパの先々で普遍的基準・法律を課そうとした。しかしそのような試みは、ナポレオンはユダヤ人の操り人形だという意見や、実は彼自身も隠れユダヤ人ではないかという憶測を生んだ。このフランス産の憶測は他のヨーロッパ人へ、特にドイツ人へ広まった。
ヒトラーは著書『わが闘争』の中で、フランスはユダヤ系証券取引所の奴隷となっており、ユダヤ人によって巧妙に指示され、ドイツに復讐しようとしている、と主張した。アメリカは徹底的に「ユダヤ化」されていて、
ともヒトラーは主張した。ヒトラーおよび彼が考えを借りた作家たち全般に共通していたのは、生活共同体に関する独特の見解だった。それは、「民族(フォルク)」のコミュニティーは「有機的」なものであり、必然的にそのメンバー資格は「排他的基準」により定められるという見解だった。ヒトラーが好んだ思想家ヒューストン・スチュアート・チェンバレンは、イギリス市民権など僅かな金で「どんな黒ん坊でも手に入れることができる」と言っていた。対照的にフランス共和国・アメリカ合衆国・大英帝国等は、市民権によって(大都市のように)理論上すべての人を迎え入れた。
オクシデンタリストにとって、ユダヤ・アメリカ・フランス・イギリスは同類の標的である。そしてナチスドイツは、イスラム原理主義者と同様、それらすべてを敵にした。「ヨーロッパの真ん中の国」と称するドイツには、自分の国が「敵に全包囲されている」という感覚もあった。ドイツにとって東の境界線にはボルシェビキが、西には「ユダヤ化された」ヨーロッパやアメリカの民主主義国家があった。そのような不安を持つドイツのナショナリストにとって、ワイマール共和国は「西洋の雇われ対抗勢力」だった。
ナチスドイツはスターリンの「アジア的勢力」と戦う前に、まず西洋との戦いに挑んだ。ナチスは自由民主主義国家を人工的・合理的・物質主義的であり、混血が進んでユダヤ人で溢れかえっていると見なしていた。このヨーロッパ内(大陸の中心)で芽生えた、民主主義国家への殺人的衝動による攻撃は、オクシデンタリズムの最たる例である。
近代都市への攻撃は、都市生活者の創作物として都市内部から生まれることが多い。典型例はである。彼はサラエボのシェークスピア学者で、ロンドンやアメリカに住んだ経験もあり、流暢な英語を話した。サラエボはバルカン半島で最もコスモポリタンな都市 ―― 多人種が集う世俗的都市にして、図書館・大学・カフェで有名な、教育と貿易の都市 ―― だったが、1990年中頃に彼は「民族浄化」と民族国家の復活の名の下に、サラエボ砲撃を命じて炎上させた。コルジェヴィッチは1997年1月16日に自殺を試み、ベオグラード病院で一週間後に死亡した。
大都市への致命的攻撃方法としては、単なる破壊ではなく改造もある。ヒトラーはベルリンを、「神の国」に匹敵するような「ゲルマニア」として改造する計画を発表した。計画が実施されればゲルマニアは「純血人種」に占拠され、リベラル(西洋)的な市民の自由・市場主義経済・民主主義・芸術表現の自由・個人主義等が「超克」されるはずだった。ヒトラーは
と誇った。
ヒトラーも自殺し、ゲルマニアの建設は未完に終わり、その形跡はほとんど残らなかった。しかし西洋の首都と競う統制都市建設の野望は終わらず、北朝鮮、中国、東南アジアなどが後に続いた。北朝鮮の首都平壌は、全体主義権力へ捧げられている。そこには105階立ての柳京ホテルがピラミッドのように建っているが無人であり、予算が尽きた上に建設が危険すぎるという理由で中途放棄されている。これらの都市は、方法は異なるが、西洋文明の粗暴なコピーを作って西洋を「超克」しようとした例となっている。
ヨーロッパの社会主義者達の間の反西洋的偏見は、たとえばイスラム主義(イスラム教)的テロ攻撃の罪を西洋に負わせたり、 西洋やその同盟による行動に反対したりする反面、名の知れた西洋の敵達が同じような行動をすると支持または容認しており、オクシデンタリズムと呼ばれてきた。マーコ・アタィラ・ホォアは、ひたすら西洋的仲介に反対している初心な社会主義的「反帝国主義」は、オクシデンタリズムに等しいとしている。
</doc>
<doc id="2728393" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728393" title="馬料">
馬料
馬料(めりょう/うまのりょう)は、日本の律令制において官人に支給された令外の禄(給与)の一部。
養老3年12月7日(720年1月20日)に五位以上の家に身辺雑仕・警護のために防閤(ぼうこう)が仗身とともに支給されることになったが、逃亡が相次いだために、神亀5年3月28日(728年5月11日)に防閤を廃止する代わりに養馬の料に供する為に馬料が支給されることになった。
防閤は中国の制度に由来しており、唐においては五品以上に支給されていた(一品は96人、五品は24人と品階によって差異がある)が、日本と類似の問題を抱えた結果、銭の代納が認められ、やがて開元24年(736年)に支給方法の改革で月俸制が導入された際に月俸中の手当の1つとなった。なお、唐の将軍郭子儀が褒賞として馬料を賜ったことが知られているが、制度的なものではなかった。
防閤がそのまま手当として存置していた唐とは異なり、日本では防閤そのものを廃止していること、馬料の対象となる馬を明示しなかった(官人本人の乗馬でも防閤の役割に代わる従者の馬でも良い)ことから、防閤の代替として新たに制定された給与ではあるものの、その性格は全く別のものであった。
大同3年9月20日(808年10月13日)に時服・要劇料とともにあまねく衆司に支給されることになった。『延喜式』によれば、馬料は文武の職事官に支給され、文官については式部省式、武官については兵部省式、女官については中務省式に規定が設けられた。ただし、官司ごとに馬料を支給される定員が存在しており、実際の任官者がこれを上回る場合には支給を受けられない者が出た場合もあったと考えられる。
その支給方法は基本的な給与である季禄の支給方法に倣い、1年を1月から6月までと7月から12月までの2季に分け、それぞれの上日が必要日数(125日)以上の者に支給する(両方要件を満たせば年2回支給されることになる)とされており、財源は大蔵省が銭をもって支出することになっていた。文官・武官・女官・神祇官によって支給規定は異なっており、文官の場合は一位50貫、従三位では15貫、従五位では4貫、初位では2.05貫を支給され、武官はやや多め(武官中の最高位階にあたる従三位で25貫、従五位では6貫)の支給、女官はやや少なめ(女官中の最高准位にあたる尚蔵(正三位相当)では8貫、尚侍(従三位相当)では7.5貫、掌侍(従五位相当)では2貫)の支給を受けた。
</doc>
<doc id="2728400" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728400" title="シンガポール・バス・サービス">
シンガポール・バス・サービス
シンガポール・バス・サービス(Singapore Bus Services, SBS)はかつて存在したシンガポールの路線バス運行会社。1973年に3社(Amalgamated Bus Company Limited, the Associated Bus Services (Private) Limited, United Bus Limited)が合併し設立された。その5年後の1978年にSingapore Bus Service (1978) Limitedとして旧シンガポール証券取引所に上場した。
1997年11月にバス事業以外の交通機関を扱う会社にするためにデルグロ・コーポレーションに社名を変更。バス事業は子会社としてシンガポール・バス・サービス(Singapore Bus Services Limited)に分離し、子会社としてもシンガポール証券取引所に上場した。
2001年11月にシンガポール・バス・サービスはSBSトランジット(SBS Transit)に社名を変更し、バス以外の複数の交通機関を扱う企業へと変わった。
路線バス:
</doc>
<doc id="2728401" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728401" title="黒ワイン">
黒ワイン
黒ワイン(くろワイン)とは、ルーマニアで生産される暗赤色のワインのこと。ブラックワインとも。濃い赤ワインと認識されることもあるが、黒ワインというカテゴリが存在し、赤ワインとは区別されている。黒ワインの製造開始時期は定かではないが、赤ワインと同時期に製造が始まったとされている。
サントリーが発売している肉専用ワイン「カーニヴォ」、フランス南西部(アキテーヌ地方とミディ・ピレネー地方)を起源とする赤ワイン用ぶどう品種「マルベック」、「カオールの黒」、コート・デュ・ブリュロワ、日本の元競走馬ブラックエンブレムの母馬「ヴァンドノワール」を黒ワインと呼ぶこともある。
WEPA(Wine Exporters and Producers Association)は、ルーマニアがワイン生産の最も盛んな国のひとつとして位置づけており、更にルーマニアは黒ワイン用の葡萄種が世界で圧倒的多数存在していると記している。これにより、EUのワイン協会(European Union wine regulations)により、「黒ワインはルーマニアで生産される赤褐色のワイン(ルーマニアワイン)」として定義されている。
黒ワインは鯉によく合い、健康にも良いためにお祝いの前菜として提供される。チキンのレバーとの相性もよい。
また、ルーマニアでは黒ワインが薬効があると考えられている。体への潤い効果があり、黒ワイン風呂や、黒ワインの成分を配合していることを売りにする飲料もある。また、黒ワイン用の葡萄種はワイン造りだけでなく、強い抗酸化剤として用いられており、黒ワイン用葡萄種から作られた黒ワインは、心機能を高める自然食として医療現場においてもよく知られている。また、アレルギー治療のために赤または黒ワインを毎晩1杯飲む事が知られている。
黒ワインの製造にはルーマニアの黒葡萄種が用いられており、製造工程のぶどうの果汁を絞り出す段階で通常のぶどうよりも長い時間ぶどうの皮と一緒に寝かせることで色がより濃く、そして味が強く仕上がる。
</doc>
<doc id="2728404" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728404" title="吉田照美 飛べ!サルバドール">
吉田照美 飛べ!サルバドール
『吉田照美 飛べ! サルバドール』(よしだてるみ とべ!サルバドール)は、文化放送のラジオ番組。2013年4月1日開始。2017年3月31日終了。
放送時間は月曜日 - 金曜日 15:30 - 17:50。
なお、後述の通り、パーソナリティ・アシスタントのそれぞれの名前が同じ『照美』であるため、この項目では特別な場合を除いて、パーソナリティの吉田照美を「吉田」。アシスタントの室照美を「室」と表記する。
夜に『吉田照美のてるてるワイド』、昼に『吉田照美のやる気MANMAN!』、早朝に『吉田照美 ソコダイジナトコ』と、それぞれの時間帯を担当してきた吉田照美が、夕方の時間帯を担当することになった。
「吉田照美と今を遊ぶ」がコンセプトで、タイトルの「サルバドール」は、吉田が敬愛する画家のサルバドール・ダリからとったもので、タイトルロゴにもいくつかの意匠が見られる。
放送開始 - 2016年3月25日は「サルバトラー」と呼ばれる外国人タレントの日替わりコメンテーターとともに、日本の常識に捉われず、グローバルな視点から、様々な情報や話題を捉える、国際色豊かな番組であった。
2017年3月31日で番組を終了することを、2016年11月22日の放送で吉田が発表した。文化放送は「総合的な判断で(番組の終了を)決めた」と述べ、同局では1980年10月の『てるてるワイド』開始以来、36年半に渡って続いた吉田がパーソナリティを務める平日帯ワイド番組が終了した。
※突撃! 飛べサル トピックスに出演後、スタジオを飛び出して、外中継リポートを行う。番組内では「突撃マン」(男性)「突撃レディ」(女性)と呼称。塚本ディレクターは「突撃じいじ」と呼ばれる。
※「飛べサル トピックス」から「ギリギリオピニオン 言わせてサルバトラー」までの出演
『吉田照美 飛べサル名曲商店街』(よしだてるみ とべサルめいきょくしょうてんがい)は、2015年3月30日から2017年3月31日まで放送されていたコーナー。室が演じる「新婚の主婦 ムロミ」が商店街の様々な店を訪れ、吉田が演じる「店の店主」とのやりとりを交えつつ、思い出の1曲を紹介する。前番組『高田純次 毎日がパラダイス』を引き継ぐ形で、全国のNRN系列局で放送していた。
2015年6月5日 - 6月26日まで、毎週金曜日はいとうあさこが、2015年6月17日 - 8月12日まで、毎週水曜日は六角精児が、レギュラーゲストとして出演していた。
放送時間の早い順から記載。ネット各局は制作局の文化放送より、一週遅れで放送されていた。
</doc>
<doc id="2728406" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728406" title="西田尚美">
西田尚美
西田 尚美(にしだ なおみ、1970年2月16日 - )は、日本の女優。広島県福山市出身。所属事務所は、2007年から鈍牛倶楽部。血液型はB型。福山市立福山高等学校、文化服装学院卒業。
モデルとして女性ファッション誌『Junie』、『PeeWee』、『an・an』などに登場し、『non-no』では同誌の好感度ランキング上位となった。
1993年のテレビドラマ『オレたちのオーレ!』への出演をきっかけに女優に転身。
『ひみつの花園』出演を機に、親交のある矢口史靖作品には常連出演している。
中江裕司作品にも『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』と立て続けにオファーを受けている。
2005年7月4日、公式サイト上で結婚を明らかにした。結婚後も仕事を続けること、夫は靴デザイナーであることを発表し、同年7月7日に入籍した。2007年9月21日、映画『夜の上海』の初日舞台挨拶で、妊娠4か月であることを発表、2008年4月6日に女児を出産した。
</doc>
<doc id="2728409" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728409" title="西脇綾香">
西脇綾香
西脇 綾香(にしわき あやか、1989年2月15日 - )は、日本の女性歌手で、テクノポップユニット・Perfumeのメンバー。愛称は「あ〜ちゃん」。
広島県広島市安佐北区出身。堀越高等学校、亜細亜大学経済学部卒業。
身長160cm。髪型はパーマのかかったロングヘア。妹は9nineの西脇彩華。
Perfumeとしてのエピソード
</doc>
<doc id="2728411" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728411" title="公開処刑板 鬼女まつり">
公開処刑板 鬼女まつり
『公開処刑板 鬼女まつり』(こうかいしょけいいた きじょまつり)は、堀内公太郎による日本の推理小説。『公開処刑人 森のくまさん』につづく著者の2作目となる作品。
堀内は本作について「『公開処刑』とはいっているが、『森くま』の続編という位置づけではありません。『森くま』が存在したあとの世界を描いてはいますが、違うお話だと思っていただければ幸いです」と語っている。当初は「板」を「ばん」と読んでもらうつもりだったようであるが大森望のアドバイスを踏まえて、編集部と相談のうえで「いた」としたようである
いじめを苦に高校生が自殺した問題で、マスコミが騒ぎ、警察が捜査にあたるが、ネットでは加害者の実名まであがり、人気ブロガーによる批判も話題になる。
宝島社より2013年3月6日に宝島社文庫より発売。
カバーデザインはデビュー作に続きトヨクラタケル
</doc>
<doc id="2728417" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728417" title="河野左金太">
河野左金太
河野 左金太(こうの さきんた、(1865年10月20日(慶應1年9月1日)) - 1932年(昭和7年)4月8日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍少将。二・二六事件に関与し自決した河野寿は三男。
河野は神奈川県士族出身の海軍兵学校13期生である。1886年(明治19年)、同期生34名と航海練習艦「龍驤」乗り組みを命じられ、豪州方面への航海で実務訓練を受け、翌年2月に少尉候補生となる。10月に海軍兵学校の卒業証書の授与を授与され、「金剛」、「海門」、「武蔵」乗組みとして実務経験を積んだ。少尉任官は1888年(明治21年)11月である。
「比叡」分隊士として、乗艦を命じられた17期生の指導にあたり、遭難した「エルトゥールル号」の生存者を送り届けるためトルコまで赴いた。日清戦争時は水雷隊敷設部の分隊長で、戦前から戦中の3年弱この職位にあり、戦争末期に「山城丸」分隊長として出征している。河野の在任は1905年(明治28年)2月から7月で、この間の「山城丸」は小艦艇に対する石炭、水、魚雷の供給を行った。
戦後は艦艇の分隊長を歴任し、1907年(明治30年)12月から1909年11月まで、海軍兵学校での職務に就く。当時の校長は日高壮之丞で、河野は監事のほか、運用術の教官として海兵26期から海兵29期を指導した。「鳳翔」艦長を兼任しているが、同艦では海兵生徒に運用術の実地練習が実施された。在任中に少佐へ進級し、海兵27期の卒業に際しては、「金剛」分隊長として、豪州への遠洋航海で引き続き指導を行った。
その後は呉海兵団分隊長や「武蔵」、「須磨」の各副長を経て呉港務部員兼呉予備艦船部員となり、日露戦争において後方支援にあたり、在職中に中佐へ進級する。中佐以降の河野は、「摩耶」、「秋津洲」の各艦長や旅順港務部長、佐世保港務部長を歴任した。第一次世界大戦に際しては、工作艦「関東」艦長兼工作部長としてメキシコ沖で座礁した「浅間」の救難作業を指揮
して成功を収めている。再度の佐世保港務部長在任中の1916年(大正5年)12月に少将へ進級し、翌年予備役となった。
河野は(明治44年)に仮製舵を発明した。この河野式仮製舵は、仮製舵を取り付けることで被曳航船の針路を安定した状態に保つことを可能にし、その効果を認めた海軍は、海軍大臣斎藤實名義で特許局長に特許を出願した。
河野は現役を離れると熊本県に居住したが、元来河野家と熊本には縁がなかった。次男の司は、子弟教育を考えたうえでのことと推測している。司から見た河野は「曲がったことの嫌いな、むしろ頑固一徹の、いわば古武士的性格」、「絶対皇室中心主義にかたまった父」であった。海軍時代の河野は大久保彦左衛門になぞらえられることもあったという。
六男一女に恵まれたが、河野が軍人に向いていると考えていたのが、三男の寿(航空兵大尉)である。河野は寿に教育勅語、素読などの教育を施している。河野はその死に際し、少尉に任官した寿の軍服姿を眺め喜んだ。
寿は二・二六事件に際し、牧野伸顕を襲撃して負傷する。寿は同志に自決を勧める書を遺し、また牧野を護衛し死亡した巡査の遺族に詫びるよう依頼し、果物ナイフで割腹自決した。二・二六事件の際、寿の姉は「桜の花のように、潔く死んでもらいましょうよ」と語っていたが、面会に際し涙を見せることで、寿の自決の決心を鈍らせることを懸念していた。寿の弟二人は司に寿の自決を求める書を寄せ、うち血判した五男は寿の自決後に「本当に御立派に生きてくださいました」と再度書を寄せ、この書は寿の棺に置かれた。この五男は第二次大戦の敗戦後満州移民団の引き上げを指揮し、伝聞情報では中国で銃殺刑に処せられた。司(東京商大出身)は寿に自決用の毒薬を渡し、戦後は二・二六事件の調査、慰霊に尽力した。
</doc>
<doc id="2728420" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728420" title="ロシア国立東洋美術館">
ロシア国立東洋美術館
ロシア国立東洋美術館(ロシアこくりつとうようびじゅつかん、Искусство стран Востока、State Museum of Oriental Art)は、ロシアのモスクワにある美術館である。
ロシア国立東洋美術館は、以前はルーニン家の家()と呼ばれた建物に、1918年10月、政府管理によりモスクワに設立された、
旧ソ連およびロシア連邦時代において東洋美術の収集を目的とした唯一の美術館である。日本をはじめ、中国、インド、イラン、中央アジア、コーカサスの各共和国などの素晴らしい美術品が多数収集されており、およそ100か国以上の国々の作品16万点以上が収蔵されている。
中でも、日本の美術品は約8500点あり、そのうち484点の日本絵画コレクション(首藤定コレクション)が知られている。首藤定コレクションは当初は582点寄贈されたが、その後、文化省の命令によって57点の作品がロシア国内19か所の美術館、博物館に移され、また、1975年5月23日にソ連政府から、福田平八郎の作品41点が日本へ返還され、これらは京都国立近代美術館に収蔵された。また、浮世絵版画もストロガノフ美術大学の旧蔵品、イワノヴァニシェンスキー旧蔵品など約2000点が収蔵されている。
</doc>
<doc id="2728425" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728425" title="Blue Moon Stone">
Blue Moon Stone
「Blue Moon Stone」(ブルームーンストーン)は、1992年5月21日にリリースされたチェッカーズの29枚目のシングル。
</doc>
<doc id="2728431" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728431" title="西風の狂詩曲">
西風の狂詩曲
『西風の狂詩曲』(にしかぜのラプソディ、The Rhapsody of Zephyr)は、韓国のゲームメーカー・ソフトマックス制作のRPG作品。
1998年3月に韓国で発売され、130,000本以上の大ヒットを記録しており、日本では1999年10月に日本ファルコムよりPC版(Windows 95専用CD-ROM)も発売され、発売累計40,000本以上の売上を記録している。同社の『創世記戦争』シリーズの外伝「創世記戦外伝1〜西風の狂詩曲」にあたる。「新ソフトウェア大賞」、「ソフトエキスポ'98商品賞コンテンツ」など数々の賞を受賞している。
2001年2月22日にドリームキャスト専用ゲームソフトが発売された。
2004年1月29日にマーベラスインタラクティブより操作性の改善・クリア特典の追加などパワーアップしてPlayStation 2専用ゲームソフトも発売されており、初回限定版にはゲーム中のGBM全42曲が収録した「プレミアムサウンドトラック」が同梱されている。オリジナルのオープニングも新たに収録した。
「モンテ・クリスト伯」をベース、17世紀ヨーロッパを舞台にした中世欧州風RPG作品。
</doc>
<doc id="2728432" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728432" title="学校法人中野学園">
学校法人中野学園
</doc>
<doc id="2728434" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728434" title="Love '91">
Love '91
「Love '91」(らぶ ないんてぃわん)は、1991年3月21日にリリースされたチェッカーズの25枚目のシングル。
</doc>
<doc id="2728436" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728436" title="西暦1999 ファラオの復活">
西暦1999 ファラオの復活
『西暦1999 ファラオの復活』は、ロボトミーソフトウェアが開発した古代エジプトの遺跡が舞台のファーストパーソン・シューティングゲームである。北米では『PowerSlave』、欧州では『Exhumed』というタイトルで発売されている。
日本ではBMG Interactiveから1996年11月29日にセガサターン版と1997年7月10日にPlayStation版が発売された。1996年12月31日にPlaymates Interactive Entertainmentによりリリースされた日本未発売のPC/AT互換機版もある。
北米ではPlayStationとPC向けに続編となる『"PowerSlave 2"』の開発があった。このゲームはFPSだが、続編はサードパーソン・シューティングゲーム(三人称シューティングゲーム)タイプのアクションゲームとして開発される予定だったと言う。キャラクターや世界観などの設定資料なども公開されていたが、1998年にロボトミーソフトウェアがCrave Entertainmentに買収されたため、続編の開発はキャンセルとなってしまった。
ちなみに、ヘヴィ・メタルのアイアン・メイデンの古代エジプトをテーマにした『パワースレイヴ』(1984年)と言うアルバム及び曲があり、北米版のタイトルと同じ名前だが、このゲームとの関係性は無い。
ファーストパーソン・シューティングゲームであるが、アドベンチャー要素があり、扉を開けるために、鍵となるシンボルを手に入れないと開かない扉もある。
ステージ構造はエジプトの遺跡をイメージした建造物がメインとなっており、敵を倒しながら様々な仕掛けを解き、次のステージへと進むゴール地点を目指す内容となっている。ゴール地点の目印はエジプトラクダとなっている。
ステージ内の様々な仕掛けには、スイッチを押さないと開かない扉、空中を移動する足場、手りゅう弾によって崩れる壁などがある。また、扉の中には特定のシンボルを所持していると開く扉があり、それぞれパワーシンボル、タイムシンボル、ウェポンシンボル、アースシンボルの4種類が存在する。
ステージの環境として、触れるとダメージを受ける溶岩や毒池、また呼吸ができないため制限時間がある水中面などがある。これらの要素は後に出現するアイテムを取得する事で回避する事ができるようになっている。
武器は、剣(マシェット)、ガン(短銃)、マシンガン (M-60)、手榴弾、火炎放射器、と言った現代武器から、コブラステッキ、ラーのリング、マナクルなど魔法武器もある。ステージ上に隠された6つある秘宝を入手することで様々な能力を身に付ける事ができ、また秘宝を入手しないと行けない場所もある。
6つの秘宝の名称と効果は以下の通りとなっている。
ゲーム中には中ボス敵が2体、最後のボス敵が1体存在し、最後のボス敵を倒す事でゲーム終了となる。
また、各ステージ内には「通信機器」が隠されており、全ての通信機器を回収した上でゲームクリアすると正規エンド、回収できずにゲームクリアするとバッドエンドとなる。
またステージ上に隠されたロボトミードールと言う開発陣のスタッフの人形を全23体集めると、特典としてロボトミーソフトウェアが開発した対戦型シューティングゲームをプレイできるお楽しみ要素もある。ただしCPU戦は無いため、プレイヤー一人だけでは遊べない。
遥か昔、エイリアンが地球侵略として、エジプトに到着。人類を制圧し、人類を奴隷とし、帝国を築き上げた。奴隷と化した人類はエイリアンに対して反乱を起こし、強い霊力を持つラムセスが単身でエイリアンの本拠地であるエジプトに乗り込み、激しい戦いの末にエイリアンを倒し地球に平和が訪れる。しかし1999年にエイリアンの子孫であるキルマートが地球に襲来。人類は地球中から軍隊を結集し、エイリアンと戦うが、敗北し、キルマートは帝国を築き上げた。特殊部隊の兵士である主人公はエイリアンを倒す為、拠点があるエジプトのカルナック付近に派遣される。しかし、主人公が乗っていたヘリが撃落され、通信機(トランスミッター)を失い、主人公はカルナックからキルマートの手下となったミイラやアヌビスの兵士、バステットの兵士、サソリなどを倒し、ラムセス王に導かれながらキルマートを倒すためステージを進む。
セガサターン版、プレイステーション版とは完全に異なったゲームシステムになっており、3D Realmがデューク ニューケム3Dをリリースする前の1995年にBuild engineを使用した『Ruins: Return of the Gods』と言うタイトルでリリースされる予定であった。しかし11月8日に中止となり、代わりにPlaymates Interactive Entertainmentが、3D Realmの許可を得てBuild engineを使用して、『PowerSlave』とタイトルを変えてPC版をリリースした。当初、ロボトミーソフトウェアはPC版をそのままコンシューマーのSSとPSに移殖しようと考えていたが、弱いハードウェアの性能上から不可能だったため、PC版とは異なる独自の新しいエンジンを使用した、オリジナルのゲームを開発した。ロボトミーソフトウェアは後にこのゲームのエンジンを元にSS版のQuakeとDuke Nukem mobile 3Dを開発している。
ステージ構造や一部敵キャラクターがセガサターン版から変更されており、また消失や武器強化アイテムが削除、マップの出現位置が固定ではなくランダムになった事などから、難易度はセガサターン版より高くなっている。ただし、セガサターン版では微動の際に滑るように移動するため足場から落下しやすくなっていたが、プレイステーション版では微動の際にも滑らなくなり、落下の危険性は減少している。
ある条件を満たすとドルフィンモードとハゲワシモードが使えるようになる。ドルフィンモードでは水中で速く泳げるようになり、水中から高く跳び上がる事ができるようになる。ハゲワシモードでは高く飛べるようになる。
他に、ロボトミードール全23体を集めた後のミニゲームがデスタンクからジェイデンに変更されている。
開発スタッフは本ゲーム制作前に任天堂に4年間在籍していた事があり、そこで得たノウハウを駆使して本ゲームを完成させた。また、開発者は「同じジャンルの『DOOM』と比べると飽きさせないようプレイヤーに選択枠をたくさん設けました」と語っている。
ゲーム誌『SATURN FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.3点(満30点)となっている。
ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では、7・6・6・6の合計25点(満40点)となっている。
</doc>
<doc id="2728441" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728441" title="ホアン・リウダベッツ">
ホアン・リウダベッツ
ホアン・リウダベッツ・モル(Juan Riudavets Moll、1889年12月15日 - 2004年3月5日)は、スペイン人の長寿の男性。確かな記録のある歴代最長寿のスペイン人男性。114年と81日間生き、2003年9月28日から亡くなるまで男性長寿世界一であった。彼が死去した時点ではスペインで最も長生きした人物であると思われていたが、その後さらに長く生きた人物が2人(マリア・アントニア・カストロとマリア・デル・カルメン・ロペス)いたことが判明した。
1889年12月15日、メノルカ島で生まれた。1917年に結婚し、妻は1979年に死去。
2004年3月5日、風邪をこじらせて死去。114歳81日。
</doc>
<doc id="2728442" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728442" title="ミニー・ミノーソ">
ミニー・ミノーソ
サトルニノ・オレステス・アルマス・ミノーソ・アーリエタ(Saturnino Orestes Armas Miñoso Arrieta, 1925年11月29日 - 2015年3月1日)は、キューバのハバナ州ハバナ出身の元プロ野球選手(外野手)。右投げ右打ち。
シカゴ・ホワイトソックス等4球団で活躍し、7つのポジションを守った。1940・1950・1960・1970・1980年代と5ディケードで試合に出場した。現役時代「Mr. White Sox」(ミスターホワイトソックス)と称された。
からニグロリーグのニューヨーク・キューバン でプレー。にクリーブランド・インディアンスと契約し、翌に昇格した。この年は9試合に出場したのみで、翌は再び傘下マイナーリーグで過ごす。再昇格したの開幕直後の4月30日に、インディアンスからシカゴ・ホワイトソックスに移籍。このトレードは両球団の他にフィラデルフィア・アスレチックスの3球団が絡むトレードであった。ホワイトソックスに移籍した初戦は本拠地コミスキー・パークでのニューヨーク・ヤンキース戦であったが、三塁手として起用されたこの試合の第一打席で初球を本塁打。以後、外野手のレギュラーとして起用され、両球団合計で146試合に出場。アメリカンリーグ1位の31盗塁を記録し、打率.326、本塁打10、打点76と活躍。三塁打14もリーグ1位であった。新人王の投票ではギル・マクドゥガルド(ヤンキース)に次ぐ2位であった。
以後も俊足、好打、そして好守備の外野手として活躍。アメリカンリーグ盗塁王は1951年に次いで、と計3回獲得。MLBオールスターゲームには通算7回選出された。死球も多く、通算192死球を記録。これはシーズン終了時点でも歴代9位である。1951年からまでの間、1955年を除く10シーズンでリーグ1位を記録した。
に創設されたゴールドグラブ賞を獲得。翌にはインディアンスに移籍するが、と、ホワイトソックスに復帰したにも受賞した。
にセントルイス・カージナルス移籍後は出場機会が減り、には新球団ワシントン・セネタースに移籍。3たびホワイトソックスに復帰したを最後に、38歳で一度は引退した。
その後数年メキシカンリーグでプレイし、より3年間、古巣ホワイトソックスで一塁・三塁ベースコーチとして後進を指導していたが、コーチ就任した1976年、当時50歳のミノーソ}に、当時のオーナービル・ベックのアイディアで現役に復帰。3試合に指名打者として出場し、1安打を記録した。現在でも、安打の記録としてはメジャー史上4番目の年長記録である。さらに、シーズン終盤2試合に代打で出場し、1890年代から1930年代にかけて出場したニック・アルトロック以来史上2人目の「5ディケイド・プレイヤー」となった。また、54歳での出場はサチェル・ペイジの59歳、前出アルトロックの57歳に次いで3番目の年長メジャーリーガーであった。ちなみに、ミノーソが最初にインディアンスと契約した際のオーナーがベックであった。
5月8日に、ミノーソの背番号『9』はホワイトソックスの永久欠番に指定される。
、この年限りで閉鎖される旧コミスキー・パークの最後の試合にホワイトソックスは64歳のミノーソを現役復帰させて史上最年長選手、そして史上初の「6ディケード・プレイヤー」にしようと画策したが、当時のMLBコミッショナーであった、フェイ・ヴィンセントが「単なる客寄せで、試合の尊厳を損なう。」として許可しなかった。試合には出場できなかったが、名誉キャプテンとしてベンチ入りし、試合前のメンバー交換に登場した。メジャーリーグでの「6ディケード」はならなかったが、独立リーグのセントポール・セインツではとにそれぞれ試合に出場し、「7ディケードプレイヤー」となっている。
にホワイトソックスの殿堂入り。には現本拠地のUSセルラー・フィールドにミノーソの銅像が完成。にホワイトソックスがワールドシリーズ優勝を果たした時にはシカゴ市内のパレードに参加している。なお、ミノーソ自身は現役時代にワールドシリーズに出場したことはない。
3月1日、友人とのパーティが終わった後の帰宅途中の自動車内で死去。89歳没。検視ではミノーソの死因は慢性閉塞性肺疾患がもとの肺動脈瘤破裂と診断された。現在もミノーソはホワイトソックス永久欠番選手でもっとも長く生きた人物である。
死後、ホワイトソックスファンであるバラク・オバマ大統領が声明を出し、「ミノーソ氏は野球殿堂入りこそ果たせなかったかもしれないが、私やこれまでの黒人とラテン系の若者にとって、彼が残した功績はどんな表彰楯よりも価値がある」と述べた。
</doc>
<doc id="2728443" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728443" title="ON THE ROAD 2005 &quot;MY FIRST LOVE&quot;">
ON THE ROAD 2005 &quot;MY FIRST LOVE&quot;
ON THE ROAD 2005 "MY FIRST LOVE"(オン・ザ・ロード2005 マイ・ファースト・ラヴ)は、2005年9月3日から12月11日まで開催された浜田省吾のコンサートツアーである。
2005年7月6日に発売されたアルバム『My First Love』を引っ提げての約4年ぶりとなるコンサートツアー。10都市26公演のアリーナツアーで、チケットはすべてソールドアウトし、延べ25万人を動員した。
また、ツアー開始前の7月18日には静岡県掛川市のつま恋多目的広場で開催された野外フェス「ap bank fes '05」に大トリとして出演している。
演奏される曲数はアンコールを含めて29曲で、ステージは3時間半に及ぶ。2daysの1日目と2日目で何曲か入れ替わる楽曲があるが、大まかなラインナップは変わらない。アンコール前にはその土地土地での浜田本人の映像が挿入された。
まずアリーナ前方のメインステージで20曲が演奏され、アンコールではアリーナ中央のセンターステージに移動して6曲が演奏される。センターステージからメインステージに戻る際には、浜田のドラムによる「愛奴のテーマ」が演奏される。そして、最後にメインステージで2曲が演奏される。
2008年4月2日に『ON THE ROAD 2005-2007 "My First Love"』が発売された。当コンサートツアーと、2006年〜2007年のコンサートツアーをひとつに合わせた作品となっている。
通常盤はDVD2枚組、初回限定盤はDVD2枚組にボーナスディスク1枚が付属したボックス仕様となる。
</doc>
<doc id="2728447" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728447" title="オイスカ開発教育専門学校">
オイスカ開発教育専門学校
オイスカ開発教育専門学校(おいすかかいはつきょういくせんもんがっこう)は静岡県浜松市西区和地町にある専修学校。設置者は学校法人中野学園
</doc>
<doc id="2728450" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728450" title="紅狼">
紅狼
『紅狼』(ホンラン/Hong Lang)は、鷹匠政彦原作、岡村賢二作画による日本の漫画及び、それを原作としたOVA。
199X年。モンゴル人民共和国のヘンティー山脈において、日蒙合同によるチンギス・ハーン陵墓の発掘調査が行われていた。その陵墓の中で、シャグダル博士・江沢博士・篠田博士の三人は三本の矢を構えたチンギス・ハーンのミイラを発見した。「世紀の大発見」と喜ぶ三人だったが、その直後、陵墓は地震によって崩壊してしまう。慌てて陵墓から脱出しようとする三人に、チンギス・ハーンが「1000日後に、三人の大王がヨーロッパを侵略し世界を滅ぼす。それを阻止出来るのは、矢傷のある三人の若者だけだ」と語りかける。
数カ月後。中華人民共和国の北京で、拳法家の厳宝林が殺害される事件が発生した。弟子の荊は仇討ちを誓うが、直後に大王の使いを名乗る男から襲撃を受ける。同じ頃、日本の東京では、江沢博士がひき逃げされ死亡する事件が発生していた。現場に偶然居合わせた瑞穂は、その夜、江沢博士から受け取ったフロッピーディスクを狙う男の襲撃を受けた。男を撃退した瑞穂がフロッピーディスクを確認すると、そこには「矢傷をもつ紅狼は北京にいる」という一文があった。瑞穂は、自分と同じ矢傷をもつ人間が「紅狼」と呼ばれていることを知り、その謎を解くため北京に向かうが、瑞穂の乗った飛行機は大王によって撃墜されてしまう。
一方、大王の使いに襲われていた荊は、北京闇社会のボスである劉光に命を救われる。劉は大王についての情報を知っており、自分のアジトに荊を招いた。そこには劉の部下に助けられた瑞穂がおり、二人は前世から転生した紅狼であることを知る。劉のアジトを後にした二人だったが、直後に大王配下の呉太仁に捕まってしまう。呉の屋敷に連れて来られた二人はそこで、大王の正体が「悟空」と呼ばれるコンピューターであることを知る。呉の屋敷から脱出した二人は、助けにきた劉光や中国の民主化を目指す中華民主団結連盟のメンバーと合流し、大王を倒すための方法が書かれている「孫子の拳譜」を手に入れるため始皇帝陵に向かう。
始皇帝陵に向かう途中、荊は厳の高弟・羅風に出会い、羅の案内で始皇帝の地下宮殿に入り、「孫子の拳譜」を手に入れるが、劉光の裏切りに遭い「孫子の拳譜」を燃やされそうになるが、突風が吹き焼失を免れる。その隙を突き、瑞穂が劉光の首筋を矢で突くと、その部分が紅狼の証の矢傷となる。自分が三人目の紅狼だと知った劉光は、荊・瑞穂と共に大王を倒すため、大王の手先である呉陽平の屋敷に向かう。
呉陽平の屋敷では、悟空が「アングルモア計画」を発動し、ヨーロッパへの核攻撃のカウントダウンが始まる。そこに荊たちが現れ、悟空は始皇帝、チンギス・ハーン、毛沢東の姿となり荊たちに襲いかかる。荊たちは始皇帝と毛沢東を倒すが、戦いの中で劉光は死んでしまう。チンギス・ハーンは想念の世界から現実の世界に現れ、中国人民解放軍を操り民主化運動の弾圧を図るが、荊と瑞穂に敗れ倒される。悟空は再び転生して世界を滅ぼすことを告げ機能を停止する。
呉陽平の屋敷を出ると、紅狼伝説に導かれた民衆が再び天安門広場に集まり民主化を求めていた。羅は荊と瑞穂に、現世での紅狼の役目が終わったことを告げる。瑞穂は荊と結ばれることを望むが、社会から抹消された黒孩子の荊と結ばれることは叶わず、二人は来世での再会を誓い別れた。
1993年7月7日に発売。性的・暴力的・政治的な描写はカット、もしくはソフトな描写に修正されている。また、第2巻の内容は大部分がカットされており、終盤の展開も原作とは異なる。
</doc>
<doc id="2728451" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728451" title="河野俊明">
河野俊明
河野 俊明(こうの としあき、1945年1月24日 ‐ )は日本の元政治家。元石井町長。大阪府堺市出生、徳島県石井町出身。石井町立石井小学校、石井町立石井中学校、徳島県立名西高等学校卒業。
徳島県立名西高等学校卒業。高校卒業後、四国コカ・コーラボトリングに入社し9年間勤務。その後、いくつかの会社を設立し、代表取締役などに就任。
2007年より石井町長選挙に出馬し、初当選。
2009年7月9日の夜、徳島市の飲食店で従業員の女性に軽く握った左手を押し当てる暴行を加えたとして、傷害容疑で2度書類送検され徳島地検は2度起訴猶予とした。
2011年12月、徳島検察審査会は起訴すべきと議決、2012年3月に強制起訴した。求刑は罰金20万円。
2013年2月8日、徳島地裁(佐藤晋一郎裁判長)は石井に対し科料9000円の有罪判決を下した
。石井は即日控訴し、町長は辞職しない意向。
強制起訴制度が始まってから、初の有罪判決となった
。弁護人は、「微罪の最たるものまで強制起訴の対象になるのは負担が大きすぎる」などと、強制起訴制度への疑問を投げかけた。
</doc>
<doc id="2728452" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728452" title="虫は死ね">
虫は死ね
『虫は死ね』(むしはしね)は、1963年(昭和38年)11月10日にTBS系列「東芝日曜劇場」にて放送された単発のテレビドラマ。制作は北海道放送(HBC)。安部公房が脚本を書き、市原悦子が主演を務めた。
撮影は、同年の9月14日から21日まで、羊蹄山の麓の真狩村を中心にオール・ロケーションで行なわれた。全編フィルム収録。
昭和38年度芸術祭奨励賞受賞作品。ドラマ本編の映像は保存されており、横浜市の放送ライブラリーにて無料で閲覧することができる。脚本テキストは1964年(昭和39年)、現代芸術協会雑誌「テレビドラマ」に掲載された。
ある農家の夫婦の元に、主人の姪の愛子が手伝いにやって来る。愛子は男との別れ話のもつれから気がふれ、果物ナイフで男に切りつけて精神病院に入院していた。田舎にやって来てほっとする愛子は意外にほがらかで、主人は愛子にいたわりの感情を持つが、妻の方はいろいろと事件のことを根掘り葉掘り聞きだそうとする。そのとき、食卓に飛んできた蛾を叩きつぶそうとする妻の手を、愛子は衝動的に強く払いのけ食器類がころがり落ちた。愛子はあやまるが、妻は愛子ばかりを庇う夫にいやな気分になる。
ある日、妻は愛子の掌の血まめの手当てをする夫を見て、徐々に愛子に反感を持つようになる。そんな折、原野にイナゴが大量発生し、対策を講じるために村人や主人が役場に集まった。営林署の技師を呼んでスプレア機で害虫駆除薬を噴霧することとなったが、技師が村にやって来る日、妻は愛子に昼食用として鶏をしめるよう命じる。鶏をなかなか捕まえられず、道に飛び出した愛子を、ちょうど技師たちを乗せたジープで戻ってきた主人が見つけて一緒に家に連れ帰る。愛子を擁護する主人と妻が険悪になり、愛子は再度鶏しめを試みようと鎌を手に鶏のいる庭に行った。鶏を追う愛子に妻は急ぐよう促し、虫も鳥も殺せないお姫様みたいなきれい事で男をたぶらかすなんて淫売と同じだ、平気で人を殺せる人間の方がそんなふうに猫をかぶっているんだと激しく罵倒し、泥棒猫のくせに虫を殺せないのは、自分が虫だからだ、あんたは害虫なんだよと狂ったようになじった。愛子は耳をふさぎ絶叫する。
技師が薬を噴霧するスプレア機に乗って試しに主人の家に来た。珍しげに機械を見て、乗りたがる愛子と技師が楽しそうに談笑しているのを妻が忌々しげに見、主人もやや技師に嫉妬する。愛子に運転を教える約束をして技師が帰ろうとすると、タイヤがパンクする。見るとタイヤはカミソリで切られていた。妻は愛子を犯人あつかいしはじめ、「人間の命よりも虫の命の方が大事だという気違いがいる」と嫌味を言った。愛子は、「本物の気違いは、自分で自分のことを変だとは自覚できないんですってね……でも、私はまだ自覚できたわ」と言った。技師が困惑する中、愛子を庇う主人と妻が言い合いになり険悪なムードになった。愛子は農家を出て行く決心をし、技師はタイヤを交換したスプレア機で町まで送ろうとするが、主人が、行くんなら一人で行きなさいと言った。愛子は、「私、まだ自分が変だってことを自覚できるわ、でも、すぐにまた、自覚できなくなりそうよ」と言い残して立ち去って行った。妻は、これで昔どおり静かになったと低く呟く。
ほか
</doc>
<doc id="2728455" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728455" title="尾花輝代充">
尾花輝代充
尾花 輝代充(おばな きよみつ、1950年 - )は、日本のヴァイオリニスト、指揮者。
埼玉県浦和市出身。幼少からヴァイオリンをブローダス・アール、ルイ・グレーラーに師事。東京芸術大学卒業。京都市交響楽団、読売日本交響楽団、札幌交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを歴任。指揮法を山田一雄に師事。指揮・編曲・舞台芸術監督としても活躍。
</doc>
<doc id="2728456" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728456" title="吉田このみ">
吉田このみ
吉田 このみ(よしだ このみ、1987年9月1日 - )は、日本のシンガーソングライター。
大阪府摂津市出身・在住。血液型はA型。通称・吉この(よしこの)。
2010年から2011年にかけて、読売テレビのオーディションバラエティ番組『ミリオンの扉』内で開催された「なにわのボーカリストオーディション」で、約500名以上の応募の中からグランプリを獲得。第五次審査の視聴者投票では約5,000人が彼女に投票した。最終審査の課題曲でもあった「フルサト」は、agehaspringsの大川カズトが作曲・編曲を担当している。2011年6月29日にYGKレーベル(よしもとアール・アンド・シー)より「フルサト」でメジャーデビュー。
</doc>
<doc id="2728458" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728458" title="おにぎり (テレビドラマ)">
おにぎり (テレビドラマ)
『おにぎり』は、1966年10月17日から1967年4月10日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のテレビドラマである。ハウス食品工業(現・ハウス食品)の一社提供。全26話。放送時間は毎週月曜 21:30 - 22:00 (日本標準時)。
秋宮市という田舎町で「きくむら」というおにぎり屋を営む一家と、その近所にあるバー「ポッポ」の関係者たち、そしてその二つの店の常連客を交えて展開する人間模様を中心に描いたホームドラマ。
前作『ママとおふくろ』から引き続き淡島千景を主演女優に起用していたが、スポンサーは前作とは異なり、それまで月曜19:00枠の『オーイわーいチチチ』を提供していたハウスがスポンサーに付いていた。なお現状では、本作が日本テレビ最後のハウス一社提供番組となっている。
</doc>
<doc id="2728462" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728462" title="ICESat-2">
ICESat-2
ICESat-2 (Ice, Cloud, and Land Elevation Satellite-2)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が開発・運用する地球観測衛星。レーザー高度計(ライダー)を搭載し、地球温暖化と海面上昇の進行を予測する上で重要な指標となる極地の氷床と海氷を観測する。同時に雲とエアロゾルの鉛直構造、海面の水準変動、土地の標高および植生に関するデータをも収集する。2003年から2009年にかけて観測を行ったICESatの後継機として、2018年9月15日に打ち上げられた
ICESat-2は全米研究評議会(NRC)が2007年にNASAに勧告した今後10年の打ち上げるべき地球観測衛星のうち、フェーズ1として選定された4基のうち1基である。
ICESat-2の目的は気候変動の研究上重要なデータを残したICESatのミッションを引き継ぐことであり、極圏の氷の変化を継続的に観測し、その質量収支を明らかにするとともに、海面レベルの上昇に対する関連性を見積もる。さらに地球全球における植生の樹高データを収集してバイオマスの総量を把握することにより、気候変動に関わる植物の炭素循環の研究にも寄与する。衛星は回帰日数91日の近極軌道を周回して観測を行うことで、3ヵ月ごとに地球全球の標高データを更新する。
ICESat-2はシングルビームのライダーを搭載したICESatの設計を全面的に改め、観測機器としてマルチビームライダーのATLASを搭載し、衛星プラットフォームにはより大型のLEOStar-3バスを使用する。レーザーの多重化と送出パルスの高速化によって高密度のサンプリングを行い、急勾配かつ荒れた地形における高度データの精度を向上させることが可能となる。ミッション期間は3年以上が予定され、スラスタの燃料は7年分を搭載する。衛星の運用管理はゴダード宇宙飛行センターが担当。衛星の製造には オービタル・サイエンシズ(その後オービタルATKを経て現在はノースロップ・グラマン・イノベーション・システムズ)が主契約社として2011年に選定された。
当初は2015年打ち上げの構想であったが、観測センサ開発の難航により、2014年4月の時点でNASAは打上げが2016年~2018年へ遅れる見解を示した
2018年6月にヴァンデンバーグ空軍基地に到着した衛星は、搭載レーザー装置の最終地上テストにパスし
同年9月15日に同基地の第2発射施設よりユナイテッド・ローンチ・アライアンス社のデルタ IIロケットによって打ち上げに成功。またピギーバック衛星としてカリフォルニア大学ロサンゼルス校などが製作したELFINなど4基のCubeSatも同時に周回軌道へ運ばれた。なおデルタIIはすでに生産を終了しており、この打ち上げがデルタIIロケットの155回目にして最後の飛行となった。
ICESat-2は10月3日に南極大陸において最初の高度測定に成功。その後、各種調整を経て観測運用に入る。取得されたデータはアメリカ雪氷データセンター(NSIDC)を通じて一般に公開される予定となっている。
</doc>
<doc id="2728463" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728463" title="フロンティアブレーン (ポケットモンスターSPECIAL)">
フロンティアブレーン (ポケットモンスターSPECIAL)
フロンティアブレーンでは、漫画『ポケットモンスターSPECIAL』に登場するバトルフロンティアのフロンティアブレーンを紹介する。
バトルフロンティアはジョウト地方・ホウエン地方・シンオウ地方に存在し、各施設のトップに君臨するフロンティアブレーンが存在する。
ホウエン地方はエニシダがオーナーを務めているが、他の地方のオーナーの存在は明かされていない。また、作中ではジョウト地方からシンオウ地方に移転した描写がある。
第6章・第13章に登場。バトルフロンティアのオーナーであるエニシダが選出した7人の実力者で、フロンティアの7つの施設をそれぞれ管理している。ブレーン同士の絆は相当強い。ブレーンに勝利した場合はその証としてフロンティアシンボルが貰える。
第13章では惑星の危機の中トクサネシティに向かい、暗躍する新生アクア団・マグマ団の鎮圧を行った。その後は接近するグランメテオΔ破壊のために、迎撃チームに参加した。
第8章に登場。第6章に登場したフロンティアブレーンとは違いエニシダとの直接的な接点はなく、クロツグが取り仕切っている。ブレーンに勝利した場合はその証として記念プリントが貰える。
第9章にて、クロツグがブレーンを務めていたことが明かされているが、務めている施設、他のブレーンの存在、バトルフロンティアの場所は明かされていない。
</doc>
<doc id="2728464" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728464" title="孝寧大君">
孝寧大君
孝寧大君(こうねいたいくん、ヒョリョンテグン、、洪武29年9月16日(1396年10月18日) - 成化22年5月11日(1486年6月12日))は、李氏朝鮮前期の王族。政治家。名は補、初名は𧙖、字は善叔、号は蓮江、諡号は靖孝。太宗の次男であり、母は元敬王后閔氏。譲寧大君の弟で世宗の次兄にあたり、91歳(満89歳)まで生きた。
崇儒抑仏政策に反対して仏教を保護し、王室の元老として政治にも参加した。任士洪は孫婿で、李梁は五代孫にあたり、また六代孫には仁順王后沈氏(13代国王明宗の王妃)、沈義謙、沈忠謙などがいる。
1396年9月16日、太宗と元敬王后(驪興閔氏出身)の次男に生まれた。12歳で鄭易の娘である蘂城府夫人(海州鄭氏出身)を迎えた。17歳で孝寧大君に封じられた。幼い頃より文学に励み、30歳までには書道の名人と称されるほどであった。弓術に長け、父の太宗の寵愛も受けていた。蘂城府夫人との間に六男二女、側室某女との間に一男一女をもうけた。また仏教に興味を抱いて研究し、円覚経・般若心経・法華経・楞厳経・禪宗永嘉集を翻訳した。儒佛心法同一原を唱え、1464年には円覚寺の建立なども行った。死後はソウル特別市瑞草区方背洞清権祠に祀られている。
</doc>
<doc id="2728466" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728466" title="伝説のポケモン (ポケットモンスターSPECIAL)">
伝説のポケモン (ポケットモンスターSPECIAL)
伝説のポケモン (でんせつのポケモン)では、漫画『ポケットモンスターSPECIAL』に登場する伝説のポケモン を紹介する。便宜上、幻のポケモン(まぼろしのポケモン)、ウルトラビーストについても記載する。
各地方において、伝説や神話上で語られる伝説のポケモンと、僅かな文献でしか語られず、存在さえも不確かとされている幻のポケモンは、作中の登場人物や悪の組織・勢力との戦いにおいて重要な立場に置かれている。デオキシスとコスモッグを除いて世界に一匹しか存在せず、ゲームでは作品をまたいで別個体で登場する伝説のポケモンも多いが、本作品では反映されない。
伝説のポケモンの力はいずれも強力であり、フロンティアブレーンのリラ・ジンダイ・クロツグといった実力派、またはレッド・ブルー・クリスタル・ダイヤ、ブラック、ラクツ、ワイなど、若くも図鑑所有者に選ばれる程の才能溢れる者でなければ、扱うのは極めて困難である。一方でスイクン・ラティオス・ラティアスの様に自ら人間に協力するなどの例外もある。高い知性を持つ者も少なくなく、中には自分の意思を人間に伝えることができるのもいる。
幻のポケモンは上記とは別格であり、例として自分からトレーナーの下にいることを決めたり、特別な機械で制御するなどの僅かな場合を除きいずれのポケモンも並大抵の者には従わず、また制御する事もできない。
</doc>
<doc id="2728467" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728467" title="偉大な遺産">
偉大な遺産
『偉大な遺産』(いだいないさん、위대한 유산)は2006年5月3日~2006年6月29日まで韓国のKBS2で毎週水曜・木曜、午後9時55分に放送されたテレビドラマ。全17話。
夢も希望もない日々を送っていたヤクザのヒョンセは、急死した母が遺産として残した幼稚園を任されることになってしまう。その遺産の土地はボスが狙っていた土地だったため、遺言どおりに100日間幼稚園で働いた後に土地を売ってしまおうと思っていたが・・・
日本語字幕あり。一部差し替えあり。販売元はジェネオン エンタテインメント。
</doc>
<doc id="2728468" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728468" title="コンビナティオ・ノヴァ">
コンビナティオ・ノヴァ
Combinatio nova(略語: comb. nov.)は、「新しい組み合わせ」を表わすラテン語である。
これは、生命科学の文献において、既に記された種の従来の形容語句を組み合わせて、以前命名された種に対して新たな一般名を付ける際に用いられる。例えば、"Calymmatobacterium granulomatis"が"Klebsiella granulomatis"に改名される時、これが新たな組み合わせであることを示すために"Klebsiella granulomatis comb. nov."と呼ばれる。
</doc>
<doc id="2728470" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728470" title="福井謙二 グッモニ">
福井謙二 グッモニ
『福井謙二 グッモニ』(ふくいけんじ グッモニ)とは、文化放送のラジオ番組。元フジテレビアナウンサーの福井謙二の冠番組である。2013年4月1日 放送開始、2017年3月31日放送終了。放送時間は月曜日 - 金曜日 7:00 - 9:00。
この番組は様々なコメンテーターとともに「今」の情報に問題提起していく、平日朝の生ワイド番組である。
コンセプトは「働く人への応援番組」を掲げ、リスナーが日々の生活の中で感じている疑問や不安を解消する。
文化放送は「庶民的な感覚を持ち、リスナーと目線を共有できると期待して」とオファーして、福井が受諾した。福井はテレビ、ラジオを含めて、初の冠番組を担当する。
番組開始から半年間は、福井がフジテレビアナウンサーであったため、フジテレビから文化放送へ派遣される形で出演していた。フジテレビの現職アナウンサーが文化放送の番組でパーソナリティを務めるのは『露木茂のHOTほっと土曜ワイド』を担当した露木に続いて、2人目であった。
2013年10月1日からはフリーアナウンサーとして、当番組への出演を継続する。
2017年3月31日で、番組を終了。プロゴルファーのタケ小山がパーソナリティを務める平日帯 朝ワイド番組『The News Masters TOKYO』を、同年4月3日よりスタートした。
</doc>
<doc id="2728471" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728471" title="KIDS (バンド)">
KIDS (バンド)
KIDS(キッズ)は、日本のロックバンド。所属レーベルはよしもとアール・アンド・シー。
2006年10月28日、高校の文化祭に出演する為に奥野涼を中心に結成。バンド名は当時奥野が好きだった格闘家の山本"KID"徳郁から付けられた。メンバーチェンジを経て、2010年現メンバーに。2012年3月、YGKレーベルよりメジャーデビュー。2015年、メンバーの不祥事による脱退により事実上の解散となる。
</doc>
<doc id="2728472" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728472" title="ア・ステート・オブ・トランス">
ア・ステート・オブ・トランス
『A State of Trance』(ア・ステート・オブ・トランス) は毎週木曜日中央ヨーロッパ時間20時から2時間放送されているオランダのラジオ番組及び、同名のコンピレーションアルバムシリーズ。公式の略称は「ASOT」。
オランダのラジオ局で2001年6月1日に放送開始。最新のトランスミュージックをノンストップMixでオンエアーしている。
その他、トランスDJとの対談やホストであるアーミン・ヴァン・ブーレンのライブが放送されることもある。
2005年以降、全45ヶ国のラジオ局で放送されている他、インターネットラジオ局である(DI FM)のTrance Channelでも放送されている。
日本のラジオ局block.fmで拝聴可能。放送時間は毎週水曜日の午後6:00~午後8:00(18:00~20:00)に放送。
エピソード800 Pt.2からホストであるアーミン・ヴァン・ブーレンの公式Youtubeチャンネルでのライブストリーミング配信を開始した他、Spotify、iTunesなどでのストリーミング配信を開始した。各エピソードのトラックリストやFuture Favoriteの投票結果は公式サイトのエピソードリストで確認することが出来る。
公式サイトの放送局リストを参照
</doc>
<doc id="2728478" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728478" title="花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)">
花図鑑 (薬師丸ひろ子のアルバム)
『花図鑑』(はなずかん)は1986年6月9日にリリースされた薬師丸ひろ子のスタジオ・アルバム。発売元は東芝EMI。商品コードは、LP:WTP-90408、CT:ZH28-1688、CD:CA32-1260。
オリコンチャートの最高順位は週間2位(全チャート共通)、LPチャートの登場週数は10週、累計9.4万枚のセールスを記録。CTチャートの登場週数は11週、累計4.7万本。CDチャートの登場週数は11週、累計3.7万枚。LP・CT・CD合算のセールスは17.9万枚となっている。
1997年11月19日に発売元EMIミュージック・ジャパンにより再発売された。
2014年2月5日にユニバーサルミュージック(USMジャパン)により高音質SHM-CDで再発売された。規格品番はTYCN-80017。
1986年にリリースされた3作目のオリジナル・アルバム。全10曲。このアルバムも漢字3文字シリーズの1枚である。
全曲作詞は、プロデューサーの松本隆が担当している。作曲陣は筒美京平、井上陽水、中田喜直、細野晴臣(順不同)といった豪華なメンバーである。特に注目すべきは、「夏の思い出」「雪の降るまちを」「めだかの学校」「ちいさい秋みつけた」等の童謡や唱歌で有名な中田喜直で、このアルバムには「寒椿、咲いた」と「かぐやの里」の2曲を提供している。
「花のささやき」は、モーツァルトのピアノ協奏曲第23番の第2楽章の旋律に松本隆が詞を付けたものである。
薬師丸自身の作曲による「紫の花火」も収録されている。
ジャケット、歌詞カード、ピンナップの写真は篠山紀信による。
歌手生活30周年を記念したベスト・アルバム『歌物語』には、本作から「100粒の涙」と「紅い花、青い花」の2曲が収録されている。
このアルバムと『星紀行』の間に、『薬師丸ひろ子 ベスト・コレクション』を1986年12月6日にリリースしている。
全曲作詞:松本隆
UNIVERSAL MUSIC JAPAN
</doc>
<doc id="2728479" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728479" title="Hitman: Absolution">
Hitman: Absolution
『ヒットマン: アブソリューション』(原題:"Hitman: Absolution")は、2013年1月24日に発売されたテレビゲームである。
今作は、前作までと異なり、任務自体も一貫したストーリーの上で展開される。また、3つの章立てで展開される。
前作(Blood Money)で壊滅した「ザ・エージェンシー」(ICA)は元に戻りつつあり、47も組織の暗殺者として復帰していた。そんな折、ダイアナがICAを裏切り、シカゴにいる彼女を見つけ出した組織は、幹部であるトラヴィスの指示の下、47にその暗殺と、彼女が連れている少女の確保を命じる。ダイアナに致命傷を与えた47だったが、死の間際、ダイアナは彼女が連れていた少女・ヴィクトリアを守ることを依頼する。
ヴィクトリアを守るため、47はヴィクトリアが狙われる理由と狙う敵を調査し始める。
47はひとまずヴィクトリアをローズウッド孤児院に預けて隠し、チャイナ・タウンに住む情報屋のバーディにヴィクトリアについて情報の探りの依頼をする。その代償としてバーディはシルバーポーラを預かった上で、キング・オブ・チャイナタウンの暗殺を依頼し、47は実行する(「キング・オブ・チャイナタウン」)。
バーディの情報によって現在ターミナス・ホテルにいるデクスターという男がヴィクトリアを狙っていることが分かり、47はターミナスホテルへ潜入する。47は無事に最上階まで潜入したものの、デクスターの護衛・サンチェスに倒されてしまう(「ターミナス」)。サンチェスが倒した男を見て、それが伝説の暗殺者47であることに気付いたデクスターはヴィクトリアを手に入れるため、命を取ることはせず、ハウスキーパー殺しの罪を着せる。部屋が炎に包まれる中、目を覚ました47は警察の追手を振り切り、何とか包囲網を抜ける(「決死の逃走」)。デクスターはストリップバー「ヴィクセン・クラブ」のオーナーであるドム・オズモンドと、ギャング団のボス・ウェイドと懇意の中であり、バーディは、彼らが協力する以上、すぐにデクスターはヴィクトリアを見つけ出すだろうと言う。さらにバーディ自身にもウェイドの手が伸びているため助けるよう懇願される。47はシカゴ警察の厳戒態勢の中、ヴィクセン・クラブに潜入してオズモンドを暗殺し、その足でチャイナタウンへ急行。チャイナタウンでバーディの居場所を聞きこむウェイドの手下達を暗殺するが、一歩遅く、バーディは保身からウェイドにヴィクトリアの情報を渡していた(「狩る者、狩られる者」)。
孤児院にやってきた47はヴィクトリアと再会するが、その矢先にウェイドが手下を率いて孤児院に突入してくる。ウェイドの手下達は孤児院で殺戮の限りを尽くし、47とはぐれたヴィクトリアの確保に成功する。しかし、追跡してきた47を迎え撃とうとして逆にウェイドは返り討ちに遭う。ウェイドを倒し安心したのもつかの間、その隙をついてレニーがヴィクトリアを連れ去ってしまう。彼らが持っていたバーのマッチから彼らの本拠地がサウスダコタ州ホープだと知った47は、ウェイドの車を拝借し、シカゴを出る(「ローズウッド」)。
ホープへ着いたレニーの居場所を探るため、バーに立ち寄る。そこでバーテンダーよりレニー一味について情報を得る(「ようこそ、ホープへ」)。一方、バーディはICAとデクスターの仲介役となることを目論見、ICAに47の居る場所を明かした上で、デクスターには自分を売り込むがこれは失敗する。バーディは預かっていたシルバーポーラーをホープの銃器店に預け、47はこれを取り戻す(「バーディの贈り物」)。レニーのギャング団の幹部達を次々と暗殺した47は、ヴィクトリアの行方を知るためレニーを誘拐する(「レニーのカミソリ」)。レニーからヴィクトリアが「デクスター・インダストリーズ」に捕えられていることを聞きだし(「道の終わり」)、閉鎖された鉱山から建物内部への潜入を試みる。建物の地下では高度な兵器開発プラントが備わっており、その研究のトップ達を暗殺しながら、ヴィクトリアのいる最下層へたどり着く。しかし、既にヴィクトリアはデクスターに連れ去られた後であり、47はヴィクトリアの研究データを消去して研究所を後にする(「デクスター・インダストリーズ」)。途絶えた手掛かりをつなぐため、サンチェスのレスリングの試合が行われてる中、アリーナへ潜入した47はサンチェスを殺害し、次の手がかりとして悪徳警官スカーキーの名を知る(「ファイトナイト」)。
モーテルに泊まっている47をトラヴィスの命令を受けたセインツ率いるICAの要員達が急襲する。一般人関係無く殺害されていく中、47はセインツのメンバーを全員返り討ちにする(「セインツの襲撃」)。先の情報を元に裁判所にやってきた47は併設されている拘置所へと潜入し、最奥にあるスカーキーの部屋へ向かう。しかし、仕掛けられた罠によって気絶し、捕えられてしまう(「スカーキーのルール」)。47が隙を見て拘置所から脱したところで、トラヴィスの命令を受けたICAの部隊がホープの街を急襲する。街を襲うICAの部隊にまぎれて、47はスカーキーの後を追い、葬儀中の教会で彼を射殺する(「オペレーション・スレッジハンマー」)。
シカゴに戻ってきた47は、新たに卸したトレードマークのスーツを着込み(「無二の一着」)、デクスターのシカゴの拠点である「ブラックウォーター・パーク」ビルへ向かう。一方、屋上での取引でトラヴィスを出し抜き、まんまと大金をせしめたデクスターは喜びも束の間、47がやってきていることを知る。デクスターはヴィクトリアを連れて屋上へ向かい、レイラが47を待ち構えるが、逆に殺害される。レイラへの電話でデクスターの居所を知った47は、屋上に爆弾を設置して待ち構えるデクスターを殺害し、ついにヴィクトリアを保護する(「ブラックウォーター・パーク」)。
失態続きのトラヴィスは原点に立ち返り、発端であるダイアナの死を疑い始めていた。ICAの職員を動員し、バーンウッド家の墓の調査を開始するが、そこに47が潜入する。そして47はトラヴィスの側近であるジェイドを暗殺し、教会堂に立て篭もるトラヴィスを殺害する(「罪の赦し」)。
一連の事件はトラヴィスによって引き起こされた物とされ、47はICAに復帰する。そして、離れた場所から密かにヴィクトリアの無事を見守っていた。そして、そこにはダイアナの姿もあった。
海外では予約特典として、日本国内ではスペシャルコードを使用する事で入手出来たスピンオフタイトル。ある狙撃任務をプレイするファーストパーソン・シューティングゲームとなっている。
47は狙撃地点から動く事は出来ず、スナイパーライフルを使ってターゲットと護衛を制限時間の間に始末する事になる。終了時にプレイ内容に応じたスコアが表示され、オンラインランキングで競う事が出来た(現在は終了している)。ゲームをクリアする事で本編で使用出来るスナイパーライフルなどの特典が入手出来た。
メインターゲットの他にも隠されたチャレンジ要素があり、これらを達成するやりこみ要素もある。
</doc>
<doc id="2728481" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728481" title="ヘヒト (特殊潜航艇)">
ヘヒト (特殊潜航艇)
ヘヒトまたはType XXVIIAとは第二次世界大戦時にナチス・ドイツで建造された、全電動で2人乗りの特殊潜航艇である。ヘヒトとはドイツ語でカワカマスを意味する。
ヘヒトが建造されたきっかけは、2隻のイギリス製X級潜水艦、X6およびX7をサルベージしたことに始まる。これらはドイツ戦艦ティルピッツを撃沈しようとした中に沈没したものだった。「Hauptamt Kriegschiffbau」は直後にイギリス製潜航艇を検査し、これを基に2人乗りの潜航艇の設計を行なった。これはType XXVIAとして制式化され、ヘヒトと名付けられた。
X級潜航艇のように、Type XXVIIAは敵艦の喫水線下を襲うため、爆発物を携行するよう設計されている。ただしこれは著しく小型化され、X級とは相当異なっている。この艇はディーゼル・エレクトリックの推進方式を搭載せずに済ませており、その替わりに全てを電動の12馬力AEG製魚雷用モーターに頼っていた。これは基本的に艇が潜航して用いられる予定であり、ディーゼルエンジンの必要が無かったことによる。しかしこの結果、4ノットで69海里という非常に短い航続能力となった。
この潜航艇には防潜網や類似の障害物を突破できる必要があったことから、艇には水中翼やフィン無しに設計され、艇のトリムは耐圧殻内部の重量を調整して制御されることとなった。訓練では重量物を充分すみやかに移動できなかったため装備がまったく機能せず、そこですぐ水中翼とフィンが装着された。それでもなおヘヒトの潜航能力はバラストタンクを装備しないため貧弱だった。
爆発物を携行するようにヘヒトが設計されていたとはいえ、沿岸海域で船舶を攻撃できるようカール・デーニッツは魚雷を携行することを主張した。ヘヒトは艇に吊り下げた魚雷1発、もしくは機雷1発、また艇首のリムペットマインで武装するよう設計された。
ヘヒトの外形はイギリス製のウェルマン潜航艇に似ている。取り外し不能な爆発物が潜航艇の艇首に装着され、前部区画には電池とジャイロコンパスが備えられた。ジャイロコンパスはドイツの特殊潜航艇に初めて備えられたもので、艇を潜航させて用いるならば航法に必須の装備とみなされていた。この区画の後方は操縦区画で、乗員2名用の座席が備えられた。席はセンターライン上に並べられ、機関員が前方に、艇長が彼の後ろに位置した。艇長にはペリスコープが与えられており、また航法を目的として透明なアクリル製ドームが設けられていた。
潜航艇はもっぱらほとんどを海面下で運用するよう意図しており、ジャイロコンパスの装備が必要であると決断され、これを装備した最初のドイツ製特殊潜航艇となった。
1944年1月18日、デーニッツはアドルフ・ヒトラーと新規設計につき検討し、ヒトラーは賛意を表わした。3月9日、試作艇を建造するためキールのゲルマニアシャフトと契約が結ばれ、3月28日にはさらに52隻の潜航艇の建造契約が続いた。
1944年5月から8月までに総計で53隻のヘヒトが建造されたが、これらの艇の不満足な性能から実戦投入は行なわれず、もっぱらゼーフントの搭乗員の訓練に用いられた。
この潜航艇の艇首には、磁気機雷の替わりにダイバーを乗せることができた。
</doc>
<doc id="2728484" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728484" title="パラダイムシフト (曖昧さ回避)">
パラダイムシフト (曖昧さ回避)
パラダイムシフト
</doc>
<doc id="2728491" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728491" title="SKYACTIV TECHNOLOGY">
SKYACTIV TECHNOLOGY
SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)は、マツダが開発・製造する自動車技術の総称である。
2010年10月20日にマツダの新世代技術として発表された。
といった技術が含まれる。こうした一連の技術により2015年までにマツダ車の平均燃費をグローバルで2008年比で30%向上させるとしている。
従来の自動車開発ではエンジン、トランスミッション、プラットフォームといった主要なコンポーネントの設計時期が異なるため、個々の理想的な構造・設計を純粋に追求することは難しかったが、スカイアクティブ・テクノロジーは自動車を構成する要素技術を包括的かつ同時に刷新することで、車両全体の最適化を図ったという点に特徴がある。
スカイアクティブ・テクノロジーを採用した商品は製作誤差による性能の個体差を極小化することで、カタログ通りのスペックを全数保証するポリシーが貫かれており、こうした取り組みはマツダ車が属する価格帯の商品では異例である。
2016年7月14日には車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表し、その第一弾「G-ベクタリング コントロール」を大幅改良したアクセラに搭載した。
2016年度から2018年度に第2世代のスカイアクティブ・テクノロジーを登場させ、2019年度からは本格導入するとしている。
自動車の燃費向上にあたり、エンジン、トランスミッション、プラットフォームといったベース技術の基本性能を優先的に高めた上で、電気デバイスの採用を拡大するマツダの戦略。マツダは2020年においても内燃機関が主要なパワートレーンとしての割合を占めると予測しており、ベース技術の性能を高めておけば電気デバイスの負荷が相対的に小さくて済むとしている。この戦略におけるベース技術がスカイアクティブ・テクノロジーにあたる。ビルディングブロック戦略における電動化技術には以下の3つが含まれる。
エンジンの全面刷新にあたり、パワートレーン開発の責任者人見光夫は、内燃機関の改善における因子を「圧縮比」、「空燃比(比熱比)」、「燃焼期間」、「燃焼タイミング」、「ポンピング損失」、「機械抵抗」の6つに集約した。マツダは3段階でこれら全ての因子を理想状態に近づけることにより、内燃機関としての「究極」を目指すとしている。スカイアクティブ・エンジンはこのロードマップにおける第1段階に位置付けられており、残る段階ではリーンバーンの採用及びシリンダーブロックの断熱化が示唆されている。
上記の因子のうち、「圧縮比」、「ポンピング損失」、「機械抵抗」の改善に開発の重点が置かれた。
上記の因子のうち、「燃焼タイミング」、「機械抵抗」の改善に開発の重点が置かれた。
SKYACTIV-GとSKYACTIV-Dの技術を融合した次世代ガソリンエンジン。燃焼方式に世界初の「火花点火制御圧縮着火(Spark Controlled Compression Ignition:SPCCI)」を採用している。
6速オートマチックトランスミッション。トルク容量270Nmの「ミッド」と460Nmの「ラージ」の2種類が存在する。
従来のステップATは、滑らかな発進や変速といった利点を持っているが、その際にトルクコンバータ(トルコン)の滑りによる伝達ロスや、ダイレクト感が損なわれるといった欠点が存在した。この対策として、トルコンを介さず、エンジンとトランスミッションを直結するロックアップが用いられてきたが、ロックアップの多用はNVHの増大やロックアップクラッチの耐久性を損なうといった問題があったため、ロックアップ領域の拡大は進んでいなかった。
マツダは、トルコンを作動させるのは発進時のみとすることで流体継手を小径化し、開いたスペースに湿式多板式ロックアップクラッチと大容量化したダンパースプリングを収める事でレイアウトを成立させ、耐久性や制御性を損なうことなくロックアップ領域をJC08モードで従来の49%から82%へ大幅に拡大させた。ロックアップによるNVHの増大は、トランスミッションだけでなく、排気系や車体、エンジンマウントといった幅広い領域での対策を施すことで低減した。
さらに、従来ではATユニットの外部に置かれたECUと油圧制御装置を一体化した「機電一体制御モジュール」を採用した上で、ソレノイドバルブに個体差による制御のばらつきを補正するトリミングを実施することで作動油圧の精度を高め、変速時の応答性を向上させている。
こうした結果、SKYACTIV-DRIVEは従来比で4-7%の燃費向上と、デュアルクラッチトランスミッションを上回る変速速度を実現したとしている。
6速マニュアルトランスミッション。当初、トルク容量270 Nmの「ミッド」(C66M-R)と460 Nmの「ラージ」(D66M-R)の2種類が公表された。2014年には4代目デミオと同時にトルク容量220 Nmのスモールタイプ(F66M-R)が登場した。スモールタイプにおいては6速を基本設計としつつ5速仕様を派生させることのできる構造になっており、実際に5速仕様(F65M-R)も登場した。この3機種は全て横置きFWD用として設計されているが、2014年、2015年発売予定としてロードスターの4代目モデルが公開されると同時に、縦置きFR用のSKYACTIV-MTも公表された。
意のままに操れる変速操作性と小型軽量化、NVH性能の向上を開発の目標とした。
シフト操作のショートストローク化と操作力の軽減という相反する目標を両立させるため、ギアトレイン部のイナーシャ(被同期側イナーシャ)の低減、内部レバー比の拡大、小さな内部ストロークでもシンクロナイザーが正確に機能する小型化されたスプラインモジュールの採用、これらの改良により、シフトストロークを50 mmから45 mm、操作力を約50 Nから約40 Nに低減した。
また、「ラージ」は1速用ギアとリバースギアを兼用とすることでリバースアイドル専用軸を廃止した他、2速及び3速インプットギアを共用とすることでセカンダリー軸長を従来比で約20 %短縮させている。
ロードスター用の縦置き6MTでは従来の5速直結、6速オーバードライブを見直し、直結ギアを6速とすることによるシフトリンケージの簡略化。プライマリーギアとセカンダリーギアの歯車比を逆転させる事により、ギヤオイルに浸かるセカンダリー側の回転数を下げ、撹拌抵抗を軽減するなどの技術が取り入れられている。
こうした結果、SKYACTIV-MTは従来比で1 %の燃費向上と、約20 %の軽量化を実現したとしている。
プラットフォームの刷新に当たり、ボディ設計の基本コンセプトを「ストレート化」、「連続化」、「マルチロードパス」とした。
従来、前輪駆動車ではドライブシャフトの可動軌跡を避けるためにフロントサイドメンバーを上方に湾曲させていたが、スカイアクティブ・テクノロジーの開発にあたってはプラットフォームとパワートレーンの同時刷新という機会を生かし、トランスミッションの軸方向短縮といった工夫で干渉を避け、フレームのストレート化を果たした。フロントサイドメンバーからフロアメンバー、リヤサイドメンバーの接合部も平面視でハの字形にストレートに配置することで屈曲部を極力廃している。サスペンションの取り付け位置をアッパーボディとアンダーボディとダイレクトに結合させる「デュアルブレース」と呼ぶ構造にした他、部材をリング状に連続化させる環状構造を用いて剛性を確保しながら軽量化を図った。Bピラーリインフォースメントにはホットスタンプ材を採用し、高張力鋼板の使用比率を従来の40%から60%に増加させている。衝突時においては、荷重を複数の方向に分散させ吸収する「マルチロードパス構造」とし衝突安全性能を向上させた。
こうした結果、SKYACTIV-BODYは従来比で30%の剛性向上と8%の軽量化を実現したとしている。
サスペンション形式はフロントにストラット、リアにマルチリンクを採用している。フロントサスペンションのキャスター角およびトレール量を拡大して高速域での直進性を高めた上で、電動パワーステアリングのギヤレシオを従来より高速化させヨーゲインのピークを低車速域に設定し、操舵の軽快感と安心感を両立させている。リアサスペンションはトレーリングアームの取り付け位置を2代目アテンザ比で45mm上方に設定し、後輪の揺動軌跡を後傾化したことで前後方向の入力の低減と制動時のリフトの抑制を図ると同時に、ショックアブソーバーの減衰力とトップマウントラバーの剛性の低減により快適性を向上させた。
また、クロスメンバーの閉断面部をフランジレス化するなどして、剛性を向上させながら従来比で14%の軽量化を実現したとしている。
エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーの各ユニットを統合的に制御し、連携させることで走行技術を全体最適化する技術の総称。
初搭載については◎、対応している場合は○を付けている。エンジン下の数字は排気量(L)。
</doc>
<doc id="2728505" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728505" title="弦楽四重奏曲第83番 (ハイドン)">
弦楽四重奏曲第83番 (ハイドン)
弦楽四重奏曲第83番 変ロ長調/ニ短調 Hob.3-83 作品103は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが晩年に作曲した未完成の弦楽四重奏曲である。
自筆譜には「1803年」と記載され、作曲当時のハイドンは73歳を迎えており、前年より持病によって作曲ができない状態となっていた時期に作曲されたものとされている。ハイドンが作曲を放棄した理由については、自身がすでに持病によってこれ以上作曲できないと判断したため放棄に至ったという。
2つの楽章のパート譜は生前の1806年10月にブライトコプフ・ウント・ヘルテル社から出版されている。なおハイドンはメヌエット楽章の最後に、1796年に作曲された4声の合唱曲『老人』(Hob.XXVc-5)の冒頭部分(4小節)の歌詞「わが力すでに萎えたり。齢をかさぬ、力、衰えぬ」を印刷するように指示している。作品はモーリス・デ・フリース伯爵に献呈された。
本来4楽章になる予定であったが、そのうちの2楽章のみ完成している。
</doc>
<doc id="2728506" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728506" title="勝俣孝明">
勝俣孝明
勝俣 孝明(かつまた たかあき、1976年4月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(3期)、環境政務官。
静岡県沼津市生まれ。沼津市立門池小学校と沼津市立門池中学校を卒業。静岡県立沼津東高等学校から学習院大学経済学部へと進む。同大学卒業後、慶應義塾大学大学院経営管理研究科を修了した。
2000年4月にスルガ銀行株式会社に入社。2010年12月に同社を退職し、政治活動を開始。
2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に、静岡6区から自由民主党公認で出馬。小選挙区においては、民主党の渡辺周に敗れるも、比例東海ブロックで復活し初当選。
2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙に、静岡6区から出馬。選挙戦では「地方に景気回復の実感を届ける」と訴えた。7選を目指す渡辺を阻もうと首相の安倍晋三ら自民党幹部も応援に入り、また、公明党の支援も受けたが及ばず、比例東海ブロックで復活し、再選を果たした。
2017年7月に二階派に入会。同年10月の総選挙において、選挙区では及ばなかったが比例東海ブロックで復活し3選。
2018年10月、 第4次安倍改造内閣で環境政務官に就任。
</doc>
<doc id="2728518" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728518" title="近藤久太郎">
近藤久太郎
近藤久太郎(こんどう ひさたろう、明治16年(1883年)-明治38年(1905年))は、明治時代の一般男性。父は近藤勇五郎、母は近藤たま、新選組局長近藤勇の孫(勇は母方の祖父)、母方の祖母は松井つね。父方の祖父は宮川音五郎で勇の長兄、大伯父宮川粂次郎は音五郎の弟で勇の次兄、父方の曽祖父(母方の曽祖父でもある)は宮川久次郎。異母妹が2人おり、異母弟に近藤新吉(勇五郎の次男、後妻の子、1936年没)がいる。
明治16年(1883年)、近藤勇五郎・近藤たま夫妻の長男として誕生。その3年後の明治19年(1886年)6月28日、母たまが死去、当時久太郎は4歳であった。父勇五郎は母の死後9ヶ月で国分寺のたよと再婚し、双子の女子(久太郎にとっては2人の異母妹)を儲けたが、その後、姑・つねと相性が悪く2年半程で離婚。次にかしと結婚した。
日露戦争に出征。明治38年(1905年)、中国の高刀屯患者療養所で戦病死した。享年23。妻子はなく、近藤勇の嫡流子孫は途絶えることとなった。ただし、近藤勇には妾との間にも子供がいたため、その血脈が続いている可能性はある。
</doc>
<doc id="2728524" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728524" title="曽根氏">
曽根氏
曽根氏(そねし)は日本の氏族の1つ。甲斐源氏の分家である。別の表記に「曾禰」、「曾弥」、「曾根」などがあるが、どの段階で変更されたかは不明な点もある。
清和源氏・源清光の子である曾禰禅師厳尊(表記は玄尊とも)を祖とする。厳尊の長男・曾禰太郎遠頼(とおより)は本家筋にあたる源頼朝に臣従して活動した。
しかしその血脈は室町時代中期に絶え、武田信重の子である基経(もとつね)、継いでその弟の賢信(かたのぶ、名は賢範(かたのり)とも)が曽根氏を再興している。この時に名乗った苗字が「下曽根」ともいわれ、武田信豊を自害に追い込んだとされる小諸城代・下曽根浄喜も子孫の一人とされる。
賢信の子孫は本家(賢信の兄・信守の血統)である戦国大名・甲斐武田氏に仕え、その孫・昌長が武田信昌(信守の子)から「昌」の字を賜って以降、一族(縄長、虎長など)が主君・武田氏(信縄、信虎)からの偏諱を賜っている。曽根昌長は楠浦昌勝とともに信縄・信虎の有力側近として活動し、『王代記』によれば永正17年(1520年)6月には逸見氏・大井氏・栗原氏ら甲斐国人との争いにおいて信虎とともに戦っている。
虎長の子と考えられている曽根昌世は武田晴信(信玄)、勝頼の2代に仕えた足軽大将として知られる。『国志所引曽根系図』によれば、永禄8年(1565年)の義信事件では昌世の子とされる「曽根周防」が飯富虎昌とともに処刑され、昌世も一時駿河へ隠棲したという。
「曽根周防」については確実な記録からは確認されないが、永禄8年6月に武田義信とともに甲斐国二宮・美和神社へ太刀を奉納した際の奉加帳に見られる「曽根虎盛(九郎左衛門尉)」とする説もある。一方で曽根虎盛は元亀年間に駿河久能城に在城していることから永禄8年以降の存命が確認され、「曽根周防」の存在を疑問視する説もある。
昌世は天正3年(1575年)5月21日の長篠の戦いまでその家臣として活動したが、天正10年(1582年)3月の武田氏滅亡前に徳川家康に臣従した。昌世は駿河興国寺城を安堵され、その同年6月の本能寺の変により「天正壬午の乱」が起こると、同じく武田旧臣である駒井政直などと共に武田遺臣を徳川氏に味方させるべく起請文のまとめ役となり、後北条家との争いにおいてに活躍したが、程なくして出奔する。以降は蒲生氏郷に仕えたといわれている。
この他にも支流・分家が存在しており、現在に至っている。
</doc>
<doc id="2728525" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728525" title="モリー・ハウス">
モリー・ハウス
モリー・ハウス()は、18世紀のイングランドに存在した同性愛者や異性装同士の出会いを目的に作られた酒場またはプライベートルーム。日本では元禄年間(1688年-1704年)に登場した陰間茶屋がそれに当たるが、今日のゲイバーの原型の一つとされる。
18世紀のイングランドにおいて「モリー」は女性的な様を指す言葉であったが、通常は同性愛男性に対して使われていた。広い意味においてモリーやその他のは、20世紀から21世紀にかけての男性同性愛者の原型の一つであった。
女性の衣服を着用したモリー・ハウスの客は「モリー」と呼ばれ、女性の人格と名前、振舞いや会話を楽しんでいた。パートナーシップや誓約の象徴としてモリーと恋人の男性の間の結婚式も行なわれていたり、出産の真似事も行なわれていた。最も著名なモリー・ハウスに、ロンドンのに1724年から1726年にかけて存在したのものがある。
当時のイングランドにはが存在し、(男色)は死刑と定められており、当時の裁判記録にはモリー・ハウスを証拠採用するものが多くあった。1726年5月に、マーガレット・クラップのモリー・ハウスが摘発され、3人の男性がタイバーンにて処刑された。1727年には(非公式の警察官)の がモリー・ハウスにおけるバガリーについて有罪宣告を受けた。
チャンネル4の番組「」にはモリー・ハウスとモリーを扱ったエピソードがある。
2013年のBBCの番組「」のエピソードにて、1889年のホワイトチャペルの場面でモリー・ハウスが扱われている。
イギリスの劇作家 は、アメリカの歴史家 の著作『Mother Clapp's Molly House: The Gay Subculture of England, 1700 - 1830』を基にした戯曲『』を2001年に発表している。
</doc>
<doc id="2728527" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728527" title="比嘉奈津美">
比嘉奈津美
比嘉 奈津美(ひが なつみ、1958年10月3日 - )は、日本の政治家・歯科医師。自由民主党所属の元衆議院議員(2期)、環境大臣政務官(第3次安倍第2次改造内閣)。
1958年10月3日、沖縄県コザ市(現在の沖縄市)に生まれる。コザ市立諸見小学校・同コザ中学校を経て、1974年に浦添市に新設された昭和薬科大学附属高校に進学した。小学6年生時にはコザ暴動を目の当たりにした。その後福岡歯科大学へと進学し、1986年に卒業。
卒業後は沖縄県の久米島へと渡って歯科医師となり、後に沖縄市内に「なつみ歯科医院」を開院した。また2006年からカンボジアでの歯科医療ボランティアに携わるようになった。2009年4月には沖縄県歯科医師会の副会長に就任した。
2011年12月、嘉数知賢の後任として自民党沖縄3区支部長に就任。
2012年12月の第46回総選挙では「TPP参加反対」「米軍普天間基地の県外移設」などを公約に掲げて選挙戦に臨み、日本未来の党公認の現職・玉城デニーを破り初当選。翌2013年11月には普天間基地移設問題に関しては名護市辺野古への移設を容認する方向に転換した(後述)。
2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では、小選挙区では玉城に敗れるも比例九州ブロックにて比例復活、再選を果たす。
2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、環境大臣政務官に就任。
2017年10月22日の第48回衆議院議員総選挙では、玉城に敗れ、比例復活もならず落選。惜敗率0.017パーセントの差で宮崎政久に次点を譲る形となった。
2019年7月の第25回参議院議員通常選挙に、自由民主党公認で比例区で出馬予定。日本歯科医師連盟が支援する。
憲法改正に賛成。集団的自衛権の行使を容認すべきとする。
核武装は将来に渡って検討すべきでないとしている。
選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている。
TPPへの参加に反対しており、農業分野への関税は維持されるべきと主張している。
東村高江でのヘリパッド建設問題については、北部訓練場の返還が進むことを理由に賛成している。ただしオスプレイを使用した訓練は認めるべきではないとしている。
比嘉は第46回総選挙出馬に際して「普天間基地の県外移設」を公約として掲げており、基地移設先に関する考えを問う毎日新聞の候補者アンケートに対しても「沖縄県以外の国内」と回答していた。また当初掲げていた県外移設方針を後退させた民主党政権に対しては「マニフェストを破って県民の心を傷つけた」と批判を寄せていた。
2013年4月、自民党の西銘恒三郎衆議院議員(沖縄4区)と島尻安伊子参議院議員(沖縄県選挙区)が相次いで辺野古容認派に転向。これに対して比嘉は転向を拒み、同年7月の参院選で党が辺野古移設推進を打ち出した際にも「衆院選時に公約で掲げた『県外移設』を続けていく」と主張した。
同年11月、副総裁の高村正彦ら党幹部が「辺野古容認に転じなければ離党勧告もあり得る」と示唆した。比嘉は同月19日に幹事長の石破茂と面談、地元関係者との調整に入り、25日の記者会見で正式に辺野古移設を容認することを発表した。比嘉は「(普天間の)固定化の可能性が非常に高いということだった。県民の命の方が大事だと思い決断した」と説明した。
女性宮家の創設に賛同している。ただし所属する自民党内では女性宮家への反発が強い。
</doc>
<doc id="2728534" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728534" title="ジサッカリダーゼ">
ジサッカリダーゼ
ジサッカリダーゼまたは二糖類分解酵素(Disaccharidase)とは、二糖を単糖に分解するグリコシダーゼである。これらの酵素の1つを遺伝的に欠損している個体は、先天的な乳糖不耐症やショ糖不耐症等の二糖類不耐症となる。
</doc>
<doc id="2728536" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728536" title="舌辛川">
舌辛川
舌辛川(したからがわ)は、北海道釧路総合振興局管内を流れ阿寒川と合流した後に太平洋に注ぐ二級河川。阿寒川水系の支流である。
北海道釧路総合振興局釧路市にある阿寒カルデラ外輪山の徹別岳で源を発し、阿寒町舌辛地区で水系本流の阿寒川と合流し太平洋に注ぐ。
シタ・カラ 犬の子を産みたる処。
シタ・コロ・ベ 犬を産みたる処。
シタツ・カラ・ナイ 鬼かんば(ダケカンバ)を採る川。
支流のシュンクシタカラ川は上水道(阿寒簡易水道)として利水される。
"括弧内は流域の自治体"
</doc>
<doc id="2728538" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728538" title="ジャパン マリンユナイテッド">
ジャパン マリンユナイテッド
ジャパン マリンユナイテッド株式会社()は、2013年1月1日にユニバーサル造船株式会社と株式会社アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドが合併して誕生した日本の造船会社である。
</doc>
<doc id="2728541" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728541" title="豊岡市立豊岡南中学校">
豊岡市立豊岡南中学校
豊岡市立豊岡南中学校(とよおかしりつ とよおかみなみちゅうがっこう)は、兵庫県豊岡市大磯町にある公立中学校。2012年(平成24年)現在の生徒数は585名となっている。
</doc>
<doc id="2728550" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728550" title="マルガリータ・アリゲール">
マルガリータ・アリゲール
マルガリータ・ヨーシフォヴナ・アリゲール(、1915年10月7日(新暦では9月24日) - 1992年8月1日)は、ロシア帝国(現:ロシア)オデッサ出身の詩人、翻訳家、ジャーナリスト。
代表作は1942年に著された大祖国戦争(独ソ戦)初期に活躍したソ連邦英雄のゾーヤ・コスモデミヤンスカヤを描いた長編叙事詩『ゾーヤ()』があり、1943年にスターリン賞を受賞した。
1915年10月7日(新暦では9月24日)、ロシア帝国ヘルソン県オデッサにてユダヤ人の家庭に生まれる。ティーンエイジャーの頃は化学工場で働いていた。
1933年より作品を発表。翌年の1934年にはに入学し、1937年に卒業した。
1938年に第一次五カ年計画に関する処女詩集『誕生の年()』を著した。
1939年は詩集『鉄道()』を著し、1940年には『石と草』を著す。
1942年、叙事詩『ゾーヤ()』を著して1943年にスターリン賞を受賞。また同年、ソビエト連邦共産党の党員となる。
1945年は、ゾーヤ・コスモデミンスカヤに関する戯曲『真実の物語()』を著した。
1947年に叙事詩『最初の雷鳴』、1948年は詩集『最初の兆し』を著した。
1953年、『レーニンの丘』を著す。
1957年より沈潜的傾向であるとして批判を受けた。
1992年8月1日、モスクワで亡くなる。
</doc>
<doc id="2728552" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728552" title="エンレイソウ属">
エンレイソウ属
エンレイソウ属(エンレイソウぞく、学名:"Trillium"、和名漢字表記:延齢草属)はユリ科の属の一つ。APG植物分類体系では、メランチウム科に分類される。
多年草。地下に太く短い根茎がある。茎は1本立ちして、茎の先端に葉が3輪生し、その先に1個の花をつける。花被片は離生し6個ある。外花被片は3個で、緑色または緑褐色、内花被片も3個で、花弁状になり白色または淡紫色になるが、ときに内花被片が欠けて無いこともある。雄蕊は6個あり、花糸は短く、葯は線形になる。子房は上位で3室あり、各室に多数の胚珠がある。花柱は3裂し、裂片は反り返る。果実は液果で、多数の種子がはいる。
ヒマラヤから東アジア、北アメリカに40-50種あり、日本には4-5種が分布する。種間の自然雑種も知られている。
</doc>
<doc id="2728553" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728553" title="ワカソ・ムバラク">
ワカソ・ムバラク
ムバラク・ワカソ(Mubarak Wakaso, 1990年7月25日 - )は、ガーナ・ノーザン州タマレ出身の同国代表サッカー選手。デポルティーボ・アラベス所属。ポジションはMF。
2007年にガーナのアシャンティ・ゴールドSCでプロキャリアをスタートさせ、2008年にスペインのエルチェCFに5年契約で移籍した。2011年にビジャレアルCF移籍し、翌年にはRCDエスパニョールに移籍した。2013年8月28日にロシア1部のFCルビン・カザンに4年契約で移籍した。
2014年8月27日、セルティックFCにレンタル移籍した。
2017年7月17日、デポルティーボ・アラベスと3年契約を交わした。
ガーナ代表として2012年10月13日、アフリカネイションズカップ2013予選のマラウイ代表戦でデビューを果たした。
</doc>
<doc id="2728570" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728570" title="黒姫 (ゲーム)">
黒姫 (ゲーム)
『黒姫』(くろひめ)は、2000年12月15日にSPDより発売されたアダルトゲーム。
基本的にはアドベンチャーゲームで、サスペンスホラーの要素も追加されている。
2002年にディスカバリーより、『黒姫 -桎梏の館-』(くろひめ しっこくのやかた)のタイトルで、アダルトアニメ化された。
本作は山奥の洋館に集められた男女七人が一人ずつ消えていく様を描いたアダルトゲームであり、ソリッド・シチュエーション・スリラーとしても扱われることがある。
発売元であるSPDは本作をもって解散したため入手が困難となっている。
主人公は閉じ込められた洋館から48時間以内に脱出することがゲームの目的である。洋館内を移動するといくつかの選択肢が出て、時間が経過していく。48時間が経過すると自動的にエンディングとなり、行動の如何によって結末が変化するマルチエンディング方式である。1度クリアすればシナリオとイベントの分岐マップが表示されるため、未見のグラフィックおよびエンディングの存在を把握できる。イベント発生条件には経過時間が関わってくるため、コンプリートには手間を要する。
主人公は、恋人の聖夜や友人たちとともに7人でキャンプに行っていたが、道に迷ってしまう。7人は洋館を見つけるが、人の気配こそすれそこは誰もいない。不安を感じつつも夜を明かすことにした7人だが、洋館へと足を踏み入れた途端、地震が起き、中に閉じ込められてしまう。
そこで起こる様々な怪奇現象が7人を襲う。それはこの館の主・摩耶によって仕組まれたものであった。
※声の表記はアダルトアニメ版のもの。
2002年と2003年にディスカバリーよりDVDとVHSで発売された。前後編で、1話約30分。2009年には「VFT」マークのある映像に対応した専用モジュールを用いることでバーチャルセックスを体験できる「バーチャルギア」シリーズとして前後編を1本のDVDに収めた完全版も発売された。北米では前編と後編を1枚のDVDに収録した無修正版が『BLACK WIDOW』(ブラックウィドウ)のタイトルで発売されている。
前編と後編でアニメの制作会社とスタッフの変更があり、作画に差異がみられる。
ライターの穴リスト猫は、本作について「シチュエーションが十分に生かし切れていなかったため、謎解きの要素が薄かった」と評した。
また、穴リスト猫はアダルトアニメ版について、「シチュエーションが生かされており、ストーリー性が優先されている。ただ、トリックがご都合主義とはいかなくても安っぽいもので、謎解きを期待すると肩透かしを食らう。」と評し、「あまり細かいことを気にせず、エロゲー・エロアニメの古典を楽しむつもりで見てほしい」と述べている。
リンク先は18歳未満閲覧禁止
</doc>
<doc id="2728573" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728573" title="ロックオペラ モーツァルト">
ロックオペラ モーツァルト
『ロックオペラ モーツァルト』(原題:"Mozart, l'opéra rock")はフランスのミュージカル。ロック・オペラ。2009年9月22日にパリで初演。
第一幕
第二幕
(2013年2月9日、2月10日プレビュー公演)
NRJミュージックアワード:
</doc>
<doc id="2728583" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728583" title="東京一人暮らし">
東京一人暮らし
『東京一人暮らし』(とうきょうひとりぐらし)はテレビ朝日系列の環首都圏5局のブロックネットで1997年から毎年2月に放送されている特別番組。
幹事局は毎年各放送局が持ち回りで担当。
</doc>
<doc id="2728585" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728585" title="忍者じゃじゃ丸くん さくら姫と火竜のひみつ">
忍者じゃじゃ丸くん さくら姫と火竜のひみつ
『忍者じゃじゃ丸くん さくら姫と火竜のひみつ』(にんじゃじゃじゃまるくん さくらひめとかりゅうのひみつ)は、2013年6月20日にハムスターより発売されたニンテンドー3DS用ゲームソフト。
ジャレコのアクションゲーム『忍者じゃじゃ丸くん』シリーズ初のニンテンドー3DS用タイトル。同シリーズの家庭用タイトルとしても2004年の『じゃじゃ丸Jr.伝承記〜ジャレコレもあり候〜』以来9年ぶりの新作となる。ジャレコのコンシューマゲーム事業からの撤退に伴い、同社よりタイトルIPを借り受けたハムスターからのリリースとなった。
本作品は、2008年に発売中止となったニンテンドーDS用ソフト『忍者じゃじゃ丸くん ペンは剣より強しでござる』の開発ソースを元にして作られたことが、同タイトルに携わっていた開発スタッフにより明かされた 。
</doc>
<doc id="2728590" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728590" title="田中みお">
田中みお
田中 みお(たなか みお、1968年11月27日 -)は、日本の元モデル、女優。東京都豊島区池袋出身。
1982年9月、通信販売のみの発売で送料込みの1万5千円の豪華写真集『ROMANCE Part2』(この写真集は他にはKUMI、SAYAKAという田中みおより幼い二人の少女も登場、ちなみに他モデルの『ROMANCE 五人の少女の前奏曲』が前作にあたる)で少女Mという特異な芸名でヌードモデルとしてデビューした。Mの意味は本人曰く、未成年のMである。この時、少女Mこと田中みおは13歳であった(雑誌によっては12歳という表記もある)。モデルになったきっかけは、叔母がプロダクションをしており、事務所に遊びに行った時にたまたまいたカメラマンに誘われたからである。少女Mの名付け親もこの叔母で、新聞で未成年者を示す少女Aからヒントを得たという。
この時代に発売された少女ヌード写真集の多くは、まだヘアの生えてない局部はそのまま写し出されていることが多く、この写真集もその例外ではなかった(その1ヶ月後に普及版が発売)。翌1983年6月にビデオ『少女M・13歳』が大ヒットする。このビデオは、その後続々と発売されることになる少女ビデオの先鞭をつけた。当時の人気は凄まじく、最初の写真集3冊とビデオ2本で4億円近くを稼ぎ出した。そして少女Mは週刊プレイボーイを中心に、写楽、平凡パンチ、GORO、、ACTRESS、アクションカメラ等、当時の男性誌に次々と取り上げられ、何度も表紙を飾るなど一気にメジャーとなり、他のアイドルとは違う独特の存在感で注目された。1984年には『スクラップ・ストーリー ある愛の物語』で主演、主題歌も歌う。この映画には嵐山光三郎、高田純次、糸井重里、レオナルド熊、安岡力也といった当時の著名人が多数出演しているが、田中みおは実年の14歳のヌードモデル役を演じており、フルヌードの場面や、ベッド・シーンも演じているため児童ポルノ禁止法(1999年11月1日施行)以後の今となってはソフト化は不可能とされている。この当時は、それだけ少女の裸に対して寛容だった。ベッド・シーンでは官能の表情ができず、監督の若松孝二が隠れて足をつねったりして、顔を歪ませて感じた演技をさせた。これについては、体験がないから演じられなかったと本人は弁解している。この映画では報知映画賞で最優秀新人賞にノミネートされた。また、この当時の自らについては「私、人の顔色を伺いながら話すのってニガテなんです。その人にどう思われようと、自分のやりたいようにヤルッ。“ガマン”とか“忍耐”とか、そーゆー言葉も一切パス。スキゾ型人間の典型なんですよね。」と語っていた。
その後、『週刊プレイボーイ』誌上で名前を読者応募で改名することにし、田中みおと命名。女優、歌手として活動することを宣言する。
また1984年に写真集『君はキラリ』が10万部を超える大ヒットになった同じロリータアイドルの諏訪野しおり(後に若葉しをりと改名)とは同じ事務所で、映画、テレビと何かと共演する機会が多かった。
田中みおとして何本かの映画、テレビドラマに出演したが、1990年代に入ってからの活動記録は確認できるもので『週刊プレイボーイ』(1990年4月17日号)のグラビアのみである。事務所によると、本人に芸能活動をする気が全くないので仕事は全て断っているとのこと。
姉と弟と妹の四人姉弟であるが、少女Mの妹という触れ込みでデビューした美少女Nは妹ではなくて、従姉妹である。
趣味に読書、ビリヤード、特技はスキンダイビング、スポーツは他にテニス、剣道、水泳、ゴルフとスポーツ好きである。チェッカーズのファン。
</doc>
<doc id="2728605" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728605" title="一木千洋">
一木千洋
一木 千洋(いっき ちひろ、1989年4月16日 - )は、日本の女性声優。青二プロダクション準所属。青二塾東京校32期生。静岡県出身。学習院大学卒業。血液型はB型。
太字はメインキャラクター。
</doc>
<doc id="2728620" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728620" title="吼えろ!">
吼えろ!
『吼えろ!』(ほえろ)は、1962年(昭和37年)11月18日の20:15 - 21:00に朝日放送(ABCラジオ)で放送されたラジオドラマ。安部公房が脚本を務め、宇野重吉が主演を務めた。昭和37年度芸術祭賞受賞作品。後にフランスでも放送された。
ドラマ本編は横浜市の放送ライブラリーに所蔵されており、無料で聴取することができる。脚本テキストは、1963年(昭和38年)4月1日、日本放送作家協会「放送作家 現代の放送ドラマ I」に掲載された。
大和サーカスの座長は、サーカスの資金繰りがおぼつかなくなったため、一座の看板のライオン・太郎を売る新聞広告を出した。太郎は、座長が手に入れた時から、すでに右足のない三本足のやせたライオンだったが、座長は並々ならぬ愛着を太郎に持っていた。レストランの看板にしようとライオンを買いに来た男は、吼えない太郎を見て小ばかにしたような態度だった。座長は、「芸なしだろうと、三本足だろうと、ライオンはライオンさ」と気色ばんだ。
座長は、太郎が馬鹿にされて売られていくよりも、華々しく死んでいく方がよほど本望じゃないだろうかと考え、負けを承知で太郎と虎を決闘させるケンカ興行を思いたった。金の匂いをかぎつけた男らが新聞社に手配し、観客が五千人も来場する県の体育館で見世物が行なわれることとなった。一座は太郎の死とともに解散するつもりだったが、太郎のおかげで座員が助かるかもしれない可能性が出てきた。座長は自分達の虫のよさを思い、せめて太郎が勝ってくれればと勝負に期待をかけるようになった。
太郎の相手は、ベンガル・タイガーの錦丸だった。しかし虎とライオンは対面しても、いっこうに戦う構えがなかった。座長は心の中で太郎を応援し、「太郎、吼えろ! 吼えろ!」と叫んだ。しびれを切らした観客はだんだん苛立ち、野次が激しくなってきた。そしてついに、「金を返せ」という罵声で爆発しだした。座長は、ライオンがどんなものか、観客に思い知らせて、這いつくばらせてやるつもりだったが、「奴等(観客)の方が、お前以上に猛獣だったらしい…」と悟った。暴徒と化した観客から逃げるように、座員たちに促された座長は、その場から立ち去る前に、「吼えろ!」と願いながら銃で太郎の眉間を撃った。銃声の後、おそるべきライオンの咆哮が響きわたった。座長は、「私が殺してしまったのは、いったい、なんだったのだろう? ライオン?……いやこんなもの、おれはまだ見たこともないぞ……何が死んだんだ……何が…」と独白する。
ほか
『現代文学の実験室1 安部公房集』(大光社、1970年6月5日)
</doc>
<doc id="2728621" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728621" title="パク・ヨンジュン">
パク・ヨンジュン
パク・ヨンジュン(英語:Park Yeon Jun、1997年1月8日 - )は、大韓民国ソウル市出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。
2011年アジアフィギュア杯優勝。
</doc>
<doc id="2728626" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728626" title="代 (春秋)">
代 (春秋)
代(だい、? - 紀元前458年)は、春秋時代に中国に存在した国。
現在の河北省北西部、山西省北東部に位置していた。中原とは異なる異民族により構成されていた。周代の初期に分封され、都城は河北省蔚県に置かれた。成立年代や始祖などは不明である。
紀元前458年に晋の趙無恤は代への使節を夏屋山(現在の山西省代県北東部)に送り代王を宴席に招待した。その際酒を注ぐ官人が銅杓を以て代王を殺害、そのまま兵を発し代を滅ぼした。
なお、紀元前228年に秦が趙を滅ぼすと、趙王の兄であった趙嘉が代に逃れ、王として自立したが6年後に滅ぼされている。
</doc>
<doc id="2728629" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728629" title="豊岡市立豊岡北中学校">
豊岡市立豊岡北中学校
豊岡市立豊岡北中学校(とよおかしりつ とよおかきたちゅうがっこう)は、兵庫県豊岡市にある公立中学校。2012年(平成24年)現在の生徒数は663名となっている。
</doc>
<doc id="2728632" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728632" title="鹿沼市クレーン車暴走事故">
鹿沼市クレーン車暴走事故
鹿沼市クレーン車暴走事故(かぬましクレーンしゃぼうそうじこ)とは、2011年4月18日に栃木県鹿沼市樅山町(もみやままち)でてんかん患者の男がクレーン車を運転中、てんかんの発作が起きたのが原因で発生した交通事故。
2011年4月18日午前7時45分ごろ、国道293号にて集団登校中だった児童の列(約20 - 30人)に10トンクレーン車(ラフテレーンクレーン)が突っ込み、直後に民家の垣根と作業小屋の一部を破壊して停車した。児童のうち6人がはねられ全員が死亡した。単独事故での6人死亡は、後に発生した京都市東山区でてんかんが原因とされる京都祇園軽ワゴン車暴走事故で8人が死亡した事故に次ぐ惨事となった。
クレーン車を運転していた男(当時26歳 以下、男)はてんかんの持病があった。原付免許を取得したころから事故を起こしており、今回の事故の前にも小学生をはね重傷を負わせる事故を起こしている。この事故で有罪判決を受け執行猶予中だった(この時は居眠り運転として処理された)。過去10年間に12回の事故を起こしていた。
事故を起こしているのにもかかわらず男は運転免許の取得、更新の際に持病を申告せず、薬の服用を怠り、事故前日には深夜までチャットをしており、睡眠時間は約3時間半程度だった。医師からは何度も運転をしないように注意を受けていた。男は母親と同居しており、相次ぐ事故にもかかわらず男に自動車を買い与えていた。事故当日男が内服していないことを知っていながら母親は注意をしていなかった。
男は自動車運転過失致死罪で逮捕、起訴された。重大な結果をもたらした交通事故であり、治療薬の内服を怠った結果であるので、法定刑の上限が懲役20年の危険運転致死罪の適応が検討された。同罪の対象は「故意」による無謀運転であるので、治療を怠っていたのを「故意」と認定するかが問題となった。男が同様の案件で交通事故を繰り返していたことも重要視されたが、最終的に検察側は「故意」の立証を断念し、上限7年の自動車運転過失致死罪の適応に留まった。
宇都宮地裁は男が薬の服用を怠ったこと、過去にも事故を起こしていることを踏まえ、男がてんかんの発作を予兆していたと認定。2011年12月19日に、自動車運転過失致死罪で懲役7年の実刑判決を言い渡した。翌年1月5日までに控訴せず刑が確定した。
遺族らは男が同様の罪で執行猶予中でありながら今回の重大な事故を起こしており、あまりにも軽すぎる罪であると指摘した。
事故の遺族11人は男とその母親、勤めていた会社に対し3億7770万円の損害賠償を求め宇都宮地裁に提訴した。2013年4月24日、宇都宮地裁は、被告3者の責任を認め、合計1億2500万円の賠償を命じた。母親に対して、成人である男の内服管理責任を認めた点は特筆的であった。母親側は「薬を服用するかどうかは本人の責任で、親に注意義務は無い」、「仮に制止しても、本人はクレーン車の運転を決行していただろう」と反論していたが認められなかった。
男がてんかんの持病を有しているのにもかかわらず、それを申告せず運転を続けた結果、今回の事故に至ったとして遺族は「持病を有し、それを申告せず免許を取得、更新した場合の事故」に危険運転致死傷罪を適用すること、てんかん患者が病気を隠して不正に免許を取得できないようにすることを求める署名を法務省に提出した。
その後法務省は危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の中間罪の法案を公表した。これには遺族が望んでいる持病を有する状態での運転で生じた事故を適用条件に入れているが、遺族らは、中間の罪が新設されたことにより逆に危険運転致死傷罪の適応が見送られるケースが増える可能性を指摘する声もあった。
2014年5月20日には、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)が施行され、自動車の運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるものの影響により、その走行中に正常な運転に支障が生じるおそれがある状態で、自動車を運転し、その病気の影響により正常な運転が困難な状態に陥り、人を死傷させた場合に、危険運転致死傷として被害者死亡の場合で1年以上20年以下の有期懲役に問えるようになった。
</doc>
<doc id="2728634" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728634" title="樹木園">
樹木園
樹木園(じゅもくえん、英語: arboretum、複数形 arboreta)とは、狭義では、樹木を収集した園である。関連したものには、fruticetum(ラテン語の低木を意味する"frutex"に由来)であり、ブドウ樹を収集したviticetumがある。今日では一般的に、樹木園は、少なくとも科学的研究の分野に向けられた木本植物を生きた状態で収集している植物園である。針葉樹に特化した樹木園は、pinetumとして知られている。他に特定の樹木に特化した樹木園として、ヤナギに特化したsalicetum、ポプラに特化したpopuletum、オークに特化したquercetumがある。
エジプトのファラオは、スーダンから黒檀、シリアから松や杉の木などのエキゾチックな木々を植え世話をした。ハトシェプスト女王がパントへ遠征したが、その際、31本の乳香の木を持ち帰った。航海の期間は、籠で根を保護した。これが外国の木を移植した初めて記録であった。ハトシェプスト女王が彼女の宮殿であるデル・エル・バハリにて、これらの木を植えていたことが報告されている。
樹木園は多数多様の木や低木(木質植物である)の栽培と展示する場所である。多くの樹木を収集したものは、初期の樹木園であると言われるが、樹木園という用語は、18世紀になって使われるようになった。樹木園は、それらは数種類だけではなく、多種類の様々な植物学的に重要な収集物であることから森林や植林とは異なる。世界のさまざまな部分で18世紀よりずっと古くから多くの樹木の収集が存在するが、おそらく英語圏内の大西洋沿岸で樹木園を初めて提唱した重要な人物は、造園家であり作家であるジョンクラウディウスラウドン(1783~1843)である。彼は、多くの園芸の事業を引き受け、庭師の雑誌「"Encyclopaedia of Gardening"」などを発行した。ラウドンの「"Arboretum et Fruiticetum Britannicum,8 vols"」(1838)は、おそらく英国の歴史の中で最も重要な作品であり、それには、英国の気候に耐えられるすべての樹木や低木、樹木栽培の国際的な歴史、樹木の文化的、経済的および工業的価値の価値も記されていた。ラウドンは、国立の樹木園の造成と、公園、私有地の庭園、栽培地などで樹木の系統的な収集を促した。ロッディジーズ家のハックニー植物園は、1816年に始まった商業的な養樹場であるが、その後、教育上の利益ため、毎週日曜日には無料で開放された。ロッディジース家の樹木園の図面が1834年版の「"The Encyclopaedia of Gardening"」に含まれた。ロッディジース家の樹木園で収集した葉は、樹木の標本として、ラウドンの百科事典「"Arboretum et Fruticetum Britannicum"」のイラストに使用された。また、英国中の他の植物園や公園の図面も本書に含まれた。
初期のヨーロッパの樹木の収集例は、クロアチアのドゥブロヴニク近くにあるステノ樹木園である。創立日は不明であるが、1492年には既に存在していた。樹木園に灌漑するための全長15mの水路が建設されており、それはまだ現在も使われている。その庭園は地元の著名なグッチ家によって造成された。1990年代に2回の大災害に襲われたが、2本のスズカケノキは健在である。
</doc>
<doc id="2728635" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728635" title="ASカザーレ・カルチョ">
ASカザーレ・カルチョ
ASカザーレ・カルチョ(Associazione Sportiva Casale Calcio)はイタリア・ピエモンテ州カザーレ・モンフェッラートを本拠地とするサッカークラブ。2017-18シーズンはセリエD・ジローネAに所属している。
1909年、"カザーレFBC"("Casale Foot Ball Club")として創設。リーグ戦が現在のセリエAの形式になる以前の1913-14シーズンに、1部リーグ優勝を果たしているが、以降トップリーグでのタイトル獲得はない。1920~30年代こそトップリーグに所属していたが、1933-34シーズンを最後にセリエAから遠ざかり、セリエB所属も1946-47シーズンが最後で、以降は下部リーグでの戦いが続いている。
クラブ名は度々変更され、1970年代からASカザーレ("Associazione Sportiva Casale")を名乗っていたが、セリエC2に所属していた1993年にクラブは経営破綻。現在の新会社を設立し、地域リーグのエッチェッレンツァ(当時6部、2014-15シーズン以降は5部)から再スタートを切った。
なし
</doc>
<doc id="2728636" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728636" title="厚岸道立自然公園">
厚岸道立自然公園
厚岸道立自然公園(あっけしどうりつしぜんこうえん)は、北海道釧路郡釧路町、厚岸郡厚岸町・浜中町にある自然公園(都道府県立自然公園)。国定公園化を目指している。
釧路町東部の太平洋沿岸から厚岸町を経て浜中町霧多布にかけての海岸段丘、海食崖、湖沼、湿原などの変化に富んだ地形に恵まれている。釧路町昆布森から尻羽岬にかけての海岸一帯はトド岩、タコ岩などの奇岩を見ることができる。大黒島は海鳥の繁殖地になっており、「大黒島海鳥繁殖地」として国の「天然記念物」、「鳥獣保護区」に指定されている。また、厚岸湖・別寒辺牛湿原と霧多布湿原(藻散布沼・火散布沼を含む)が「ラムサール条約」登録湿地、国の「鳥獣保護区」に指定されている。嶮暮帰島は畑正憲がクマやウマを連れて約1年間移住した島である。
公園区域の植生はトドマツ、ダケカンバ、ミズナラ、シナノキなどの混交林、海岸台地の草原にはヒオウギアヤメ、ヤマブキショウマ、ユキワリコザクラなどが群生している。霧多布湿原では初夏にエゾゼンテイカ、クシロハナシノブ、イソツツジなどの高山植物が開花する。また、オオハクチョウをはじめとしたガンカモ類などの水鳥、タンチョウ、オオワシやオジロワシ、エトピリカなどの希少鳥類も分布している。中でもアイヌ語で「美しいクチバシ」という意味のエトピリカは日本国内では厚岸から根室にかけての沿岸部にしか生息していない貴重な鳥であり、大黒島は日本国内最大となるコシジロウミツバメの繁殖地になっている。春から秋にかけて公園区域の湖沼や湿原に国の特別天然記念物であるタンチョウが生息している。海鳥だけでなく、道東におけるゼニガタアザラシの繁殖地にもなっている。豊富な海産物もあり、森林や湿原によって蓄えられた水が河川の安定的な流量を確保しているため、カキ、アサリ、コンブなどの名産地になっている。
</doc>
<doc id="2728641" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728641" title="長谷川太一 (1982年生のサッカー選手)">
長谷川太一 (1982年生のサッカー選手)
長谷川 太一(はせがわ たいち、1982年5月25日 - )は、兵庫県神戸市出身の元サッカー選手。現役時代のポジションは、主にディフェンダー。
滝川第二高校から、2001年、Jリーグ・大分トリニータへ加入。フォワードとして登録されたが、さまざまなポジションを経験している。しかし、公式戦出場は無く、1年で退団となった。
2002年からJFLへ初参戦となったプロフェソール宮崎FCへ加入。しかし、チームの成績は振るわず、わずか1年で地域リーグへ降格となる。クラブ側との運営方針の相違などが理由で、多くの選手がチームを去ったが、サン宮崎FCとして再出発した後もチームに残りプレーを続けた。
2005年、チームメイトであった4名と共に、FCセントラル中国(現、デッツォーラ島根)へ移籍し、2009年までプレーした。
スピードがあり、突破力を生かしたオーバーラップが持ち味。
</doc>
<doc id="2728643" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728643" title="ブドウネアブラムシ">
ブドウネアブラムシ
ブドウネアブラムシ(葡萄根油虫)は、ブドウ樹の葉や根にコブを生成してブドウ樹の生育を阻害し、やがて枯死に至らせる昆虫である。別名はフィロキセラ(Phylloxera、旧学名の "Phylloxera vastatrix" にちなむ)。19世紀後半、品種改良のためにヨーロッパへ移入したアメリカ原産のブドウ樹に付着していたことで、ブドウネアブラムシへの抵抗力を持っていないヨーロッパブドウ(ヴィニフェラ種)に全滅に近いほどの被害を及ぼし、多くの歴史あるワイナリーがそのワイン畑と共に失われた。
成虫・幼虫が根または葉から樹液を吸うため、虫がついた部分の根や葉にコブができ、開花不良・無核果・葉焼け・葉色減退などの被害が現れる。そして、樹が次第に衰弱して枯死する。根では細根が紡錘形にふくれ、養水分の吸収ができなくなる。また、葉では未展開の若葉に幼虫が寄生し、葉表に口の開いたつぼ状の葉こぶをつくるため、葉は十分に展開せずに生育不良となる。
ブドウネアブラムシは、他のアブラムシと同様、単為生殖と有性生殖を行う。単為生殖の段階では、すべてメスであり、翅のない無翅型である。さらに、ブドウ樹の葉にこぶをつくる「葉こぶ型」と根にこぶをつくる「根こぶ型」がある。有性生殖の段階では、オスとメスが発生し、翅のある「有翅型」である。
昨秋にブドウ樹に産みつけられ、冬を越した卵が孵化すると、葉の裏側に付着して樹液を吸い、葉表に向かって開いた葉こぶを形成する。成虫は葉こぶ内に単為生殖で産卵し、個体数を増やして行く。この状態の成虫は葉こぶ型と呼ばれている。葉こぶ内の卵が孵化し幼虫が葉の表面に這い出すと、一部の幼虫が根に降りて成虫となり、根こぶを形成し、樹液を吸う。この状態の成虫は根こぶ型と呼ばれている。根こぶ型の成虫から有性生殖を行う個体が発生する。その個体は、孵化すると翅のある有翅型(すべてメス)が生まれ、大きさの違う2種類の卵を産卵する。その卵からオスとメスが孵化するが、それらは、交尾をすることだけで、エサを食べる事はない。交尾をするとメスは卵を産卵し、その卵が冬を越し、春に孵化し、葉こぶ型の成虫となる。
1862年、南フランスのガール県で小さなワイン商を営んでいたジョセフ=アントワーヌ・ボルティが、アメリカのニューヨークからブドウの苗木を購入し、自分の小さな畑に植えた。2年後、周囲のブドウがしおれ始め、葉が黄色くなって落葉し、ついには枯死した。その病状は急速に広がり、ローヌ県南部にも被害が確認された。1868年には、ラングドック地方にも広がり始め、その後の10年間でフランス全土に蔓延し、ついにはポルトガル、スペイン、ドイツ、オーストリア、イタリアに広がった。
病気の調査のためフランス政府は調査委員会を設置し、植物学者のジュール・エミール・プランション教授が調査員の一員に任命された。ブランションは、調査のため、まだ枯死していないブドウの根を調査し、ブドウネアブラムシを発見した。1873年、ブランションは、アメリカに渡り、ブドウネアブラムシに耐性のあるアメリカ原産のリパリア種("")、ルペストリス種 ("")、ベルランディエリ種 ("")を発見した。
フランス政府はワイン産業の全滅を受けて、ついに30万フランの賞金を出して解決策を求めた。最初は、被害の拡大を防ぐため、被害に逢ったブドウを引き抜いたり、焼却したりしたが、効果がなかった。二硫化炭素の殺虫作用を利用し、根の周囲に注入することも行われた。しかし、二硫化炭素は、揮発性が高く、引火性が高いという欠点を持っていた。1874年のモンペリエのブドウ栽培会議でアンリ・ブーシェは、アラモン種(ヨーロッパブドウ)がアメリカブドウの台木に接木できることを示した。この方法はまたたくの間に広がり、現在では、ブドウネアブラムシに抵抗をもつブドウ品種を台木として接木をする方法が主流となった。
フィロキセラに遭うことなく200年以上生き延びているブドウの株は、ギリシャのサントリーニ島、イタリアのアマルフィ、フランスのピレネー、スロベニア・マリボルの(400年以上)など、隔離された厳しい条件下で育てられたもののみである。
一部のヴィンテージワイン愛好家の間では、フィロキセラによるヨーロッパブドウの壊滅及び抵抗種導入によりヨーロッパ産ワインの本来の味が失われた、という見解もある。
ヨーロッパブドウを導入し始めた日本でもブドウネアブラムシの被害があった。日本への伝播は、1882年(明治15年)3月、三田育種場が、アメリカのサンフランシスコより購入したブドウ樹(11,558本)に起因するもののようである。1883年(明治16年)秋以後に移植した苗樹にのみ害虫を発見し、その被害痕も同年以後の生じた根に多かったからである。その後、三田育種場のブドウ樹は年を逐って衰弱し、1885年(明治18年)には枯死しそうなものが多くなったので、5月13日に農務局員が同場に派遣に行き、その害状を調査した。すでにコブ状になった被害やネアブラムシが見いだされた。このことは、1885年(明治18年)5月直ちに農務局から播州葡萄園にも知らせがあった。園内各樹で調査したところ、6月19日にブドウネアブラムシが発見され、この近傍のブドウ樹4,642本、面積8反4畝(8,316m)について、株、支柱ともに掘り起こした上、焼却処分した。そして、硫化石灰と大量の石油を注いで駆除した。この被害樹は、1884年(明治17年)の春、三田育種場から移植した樹に限られていたことから、そこから伝播したにちがいないとされている。その後、明治から大正にかけて大発生し、日本中のブドウ栽培が壊滅する危機に追い込まれた。当時山梨県農事試験場に所属していた神沢恒夫は、ブドウネアブラムシの生態を調査し、耐虫性台木の選抜に努め、ようやく被害は治まった。
</doc>
<doc id="2728645" url="https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2728645" title="水戸ご当地アイドル(仮)">
水戸ご当地アイドル(仮)
水戸ご当地アイドル(仮)(みとごとうちあいどるかっこかり)は、茨城県水戸市を拠点に活動している女性ローカルアイドルグループである。
キャッチフレーズは「いま!粘れるアイドル!」。
2012年4月に水戸ご当地アイドル創出プロジェクトがスタート。第1期のメンバー公募には87通の応募があり、中には東京からの応募もあった。同年7月18日に本人・保護者との最終意識調査を行い10名のメンバーを決定した。
「水戸市を元気にすること、そして、水戸市を全国に発信すること」をモットーに活動しグループ自ら「水戸市の元気応援団」を自負。マネージャーは栗原秀典。イメージ・キャンペーンガールなどのモデル業、レポーターなどのタレント業など芸能活動全般を通じて水戸市を盛り上げていた。
2014年には水戸市の「みとの魅力宣伝部長」第1号に委嘱された。
2018年1月14日をもって解散を発表、即日解散となったが、メンバーを全て入れ替え、同年11月25日の『水戸のラーメンまつり 4』に於いて活動再開した。