Permalink
Browse files

add README

  • Loading branch information...
1 parent 7b77654 commit 8ae0556889fc7e7076c06a75ac16d7800f0bafbf @iseroid committed Nov 27, 2011
Showing with 36 additions and 0 deletions.
  1. +36 −0 mb_de0nano/README
View
@@ -0,0 +1,36 @@
+DE0-Nano & USB Host Shield で MicroBridge を実現
+
+ - DE0-Nano の GPIO0 ピンヘッダに USB Host Shield を接続します
+ ピンの割り当ては QSF ファイルを参照してください
+ - USB Host Shield は旧版を改造して使っています
+ 新版でも大丈夫と思います
+ 改造は 5V レギュレータを除去して、DE0-Nano から +5V 供給するようにしています
+ - QuartusII 11.0SP1 Web Edition を使っています
+ - FPGA 内は Nios2/e と標準ペリフェラルの PIO, SPI を使って
+ Host Shield の MAX3421E と通信しています
+
+ビルド~実行の手順
+
+ - まず Quartus でプロジェクト開きます
+ - Quartus から SOPC Builder を起動し、Generate を実行します
+ - NiosII 用 Eclipse を起動します
+ Workspace は適当なパスを指定してください
+ - Import -> Import Nios II Software Build Tools Project で BSP をインポート
+ - Project location: に mb_de0nano_bsp のパスを指定します
+ - Project name: は適当でもいいです
+ - Clean project when importing はどちらでも
+ - Toolchain: は MinGW Nios II GCC4 を選択
+ - Import -> Import Nios II Software Build Tools Project でデモアプリをインポート
+ - Project location: に mb_de0nano_demo のパスを指定します
+ - Project name: は適当でもいいです
+ - Clean project when importing はどちらでも
+ - Managed project は On
+ - Toolchain: は MinGW Nios II GCC4 を選択
+ - BSP を Generate し直します
+ - アプリを Build します (on-chip SRAM の初期化ファイルの生成)
+ - アプリ project 右クリックして Make Targets -> Build... を選択
+ - ダイアログで mem_init_install 選択して Build ボタン
+ - Quartus に戻って論理合成実行します。
+ - sof をダウンロードしてから nios2-terminal 起動
+
+

0 comments on commit 8ae0556

Please sign in to comment.