Permalink
Browse files

READMEを現状に合わせて説明を整理

  • Loading branch information...
1 parent 0ec39bd commit 53cab059aa71a2eddfa5345f3bcee2395f21ca25 @catatsuy catatsuy committed Oct 30, 2016
Showing with 21 additions and 35 deletions.
  1. +21 −35 README.md
View
@@ -1,6 +1,19 @@
# ISUCON6 final
-## 競技用アプリケーション
+[当日のレギュレーション](/regulation.md)も参照してください。
+
+## ディレクトリ構成
+
+```
+├── ansible # 競技者用インスタンスのセットアップ用ansble
+├── azure # 競技者用インスタンスのdeploy to Azure
+├── bench # ベンチマーカーのソースコード
+├── portal # ポータルサイトのソースコード
+├── provisioning # 運営側(portal/bench/proxy)のセットアップ用ansible
+└── webapp # 各言語の参考実装
+```
+
+## 競技者用アプリケーション
<a href="https://portal.azure.com/#create/Microsoft.Template/uri/https%3A%2F%2Fgithub.com%2Fisucon%2Fisucon6-final%2Fraw%2Fmaster%2Fazure%2Fazuredeploy.json" target="_blank"><img src="http://azuredeploy.net/deploybutton.png"/></a>
<a href="http://armviz.io/#/?load=https%3A%2F%2Fraw.githubusercontent.com%2Fmatsuu%2Fisucon6-final%2Ffeature%2Fupdate-readme%2Fazure%2Fazuredeploy.json" target="_blank"><img src="http://armviz.io/visualizebutton.png"/></a>
@@ -9,30 +22,14 @@ DockerだけインストールされていればOS等は問わない。
webapp 以下を競技用マシンの /home/isucon/webapp に置けばセットアップ完成。
-起動方法などは webapp/README.md に書いた。
+起動方法などは [webapp/README.md](/webapp/README.md) に書いた。
## portal, bench, proxy
<a href="https://portal.azure.com/#create/Microsoft.Template/uri/https%3A%2F%2Fgithub.com%2Fisucon%2Fisucon6-final%2Fraw%2Fmaster%2Fprovisioning%2Fdeploy.json" target="_blank"><img src="http://azuredeploy.net/deploybutton.png"/></a>
<a href="http://armviz.io/#/?load=https%3A%2F%2Fraw.githubusercontent.com%2Fmatsuu%2Fisucon6-final%2Ffeature%2Fupdate-readme%2Fprovisioning%2Fdeploy.json" target="_blank"><img src="http://armviz.io/visualizebutton.png"/></a>
-### portal
-
-最初に起動する必要がある。
-
- * [/provisioning/portal/deploy.sh](/provisioning/portal/deploy.sh)を適切な環境変数を渡して実行
- * VM名にはportalと含む
- * portalディレクトリ以下で `make portal_linux_amd64` `make importteams_linux_amd64` をする
- * 立てたサーバーにsshできるように`~/.ssh/config`に書く
- * [/provisioning/portal/](/provisioning/portal/)ディレクトリ以下で`production`というファイル名で、`~/.ssh/config`に設定したホスト名を書いておく
- * `ansible-playbook -i production ansible/*.yml`を実行する
-
-デプロイしたい場合
-
- * portalディレクトリ以下で `make portal_linux_amd64` をする
- * `ansible-playbook -i production ansible/*deploy.yml`を実行する
-
-試しにログインしたい
+portalに試しにログインしたい
* 一般アカウント
* user: 1 pass: y8aaZLdAXAXn
@@ -41,28 +38,17 @@ webapp 以下を競技用マシンの /home/isucon/webapp に置けばセット
編集する場合は、[/portal/cmd/importteams/main.go](/portal/cmd/importteams/main.go) と [/portal/data/teams.tsv](/portal/data/teams.tsv) を参照のこと
-### bench
+### portal
- * `provisioning/external_vars.yml`の`portal_private_ip`をportalのprivate ipにする
- * VM名にはbenchと含む
- * [/provisioning/bench/deploy.sh](/provisioning/bench/deploy.sh)を適切な環境変数を渡して実行
- * benchディレクトリ以下で `make isucon6f` をする
- * 立てたサーバーにsshできるように`~/.ssh/config`に書く
- * [/provisioning/bench/](/provisioning/bench/)ディレクトリ以下で`production`というファイル名で、`~/.ssh/config`に設定したホスト名を書いておく
- * `ansible-playbook -i production ansible/*.yml`を実行する
+最初に起動する必要がある。consulが起動している。
-デプロイしたい場合
+### bench
- * benchディレクトリ以下で `make isucon6f` をする
- * `ansible-playbook -i production ansible/*deploy.yml`を実行する
+最低1台起動している必要がある。
### proxy
- * `provisioning/external_vars.yml`の`portal_private_ip`をportalのprivate ipにする
- * VM名にはproxyと含む(必須)
- * [/provisioning/proxy/deploy.sh](/provisioning/proxy/deploy.sh)を適切な環境変数を渡して実行
-
-proxyは以下のような挙動をする。
+VM名にはproxyと含む必要がある。consulが動くために最低3台必要なので、proxyは2台以上起動する必要がある。proxyは以下のような挙動をする。
* portalと同じconsulのクラスタの一員になる
* proxyはセットアップ時に、portalからnginxの設定を取得して設定を反映する

0 comments on commit 53cab05

Please sign in to comment.